リコード法(タイプ別)

3型 (生物毒素・感染症)

ミックスハーブの薬 内在性マイコフローラの成長とアフラトキシン生成の抑制効果 内在性 Mycoflora の成長とアフラトキシン生産に対する抑制効果

Mixed Herbs Drugs: Inhibitory Effect on Growth of the Endogenous Mycoflora and Aflatoxin Production Published online: 8 November 2008 概要 市販の混合生薬20種について、真菌学的プロファイルを調...
3型 (生物毒素・感染症)

一般的なカビ、毒性、症状、治療法のガイド  ニール・ネイサン博士とデイブ・アスプリー ポッドキャスト

The Common Mold: Your Guide to Toxicity, Symptoms and Treatments – Dr. Neil Nathan with Dave Asprey #733 デイブ・アスプリー あなたはデイヴ・アスプリーのバレット・プルーフラジオを聴いています。今日はとてもクールなエピソ...
3型 (生物毒素・感染症)

マイコトキシン(カビ毒)治療ガイドライン/ by ニール・ネイサンプロトコル

ニール・ネイサン博士の著書「TOXIC HEAL YOUR BODY」による、マイコトキシン治療ガイドラインをまとめたもの。ニール・ネイサン博士とは若干アプローチが異なるCIRSによるカビ毒治療などの情報も追加しているため、書籍の内容が100%反映された記事ではない。より詳しく正確な記述については原著を当たってほしい。 なに...
1型(炎症性)

神経変性疾患の病因論的リンクを探る 炎症性サイトカインと生理活性キヌレニン

Exploring the Etiological Links behind Neurodegenerative Diseases: Inflammatory Cytokines and Bioactive Kynurenines 要旨 アルツハイマー病とパーキンソン病(PD)は最も一般的な神経変性疾患(ND)であり、運動...
3型(化学毒素)

毒性試験をすり抜ける低用量化学物質の危険性

「あらゆるものは毒であり、毒でないものなど存在しない。その服用量こそが毒であるかないかを決めるのだ」 毒性学の父 パラケルスス はじめに パラケルススが「毒ではないものは何か」という有名な独白を作った時に、「毒のないものは何もない。すべてのものは毒であり、毒のないものはない。毒でないものは用量だけで決まる」という言葉を残した...
3型(有害金属)

水銀の危険性と診断(認知症・アルツハイマー)

水銀の有害性(認知症・アルツハイマー) その男に魚を与えろ、そうすれば彼は一日飢えないですむ。 だがもし魚の釣り方を教えてしまえば、その男は3年以内に水銀中毒で死ぬだろう。 シャルル・ハース 関連記事 概要 認知症、アルツハイマーと関連して水銀の有害性、危険性についていろいろ調べてみた。 水俣...
3型(有害金属)

ケイ素(認知症・アルツハイマー)

二酸化ケイ素(シリコン) 研究 アルミニウム、鉄、銅のキレート、アルツハイマー患者15人中3人以上が認知機能を改善 鉄キレートなどで、低い血清鉄濃度を維持できた場合、アルミニウムの吸収性が高まるため、ケイ素の日常的な摂取によりアルミニウムの吸収阻害することには合理性があると思われる。 ...
1型(炎症性)

アミロイドβクリアランスを増加させる(覚書き)

タウとアミロイドのクリアランスシステム 関連記事 アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4 雑記 ・脳からの老廃物の除去は、血液脳関門(BBB)からが優勢という見解。 ・タウもアミロイドβもBBBをそのままでは透過しないため輸送体が必要。 ・タウのBBB経路のトランスポーターは同定され...
3型 (生物毒素・感染症)

CIRS 環境のカビ毒汚染と除去方法

カビ毒・マイコトキシンのクリーニング はじめに 環境カビ毒の専門家 ジョン・バンタ カビは屋外のどこにでも存在し、胞子は家の中にも入り込む。胞子が入り込むことができない家はこの世に存在しない。 カビ胞子は、電気スイッチやコンセントの小さな隙間、エアダクトなどの経路を移動することができる。壁、天井、床などにある亀裂は、髪の毛の厚...
4型(血管性)

認知症患者の脳血流は破綻しているのか

脳血流と脳血管(認知症・アルツハイマー) ※ 脳血流の改善は、アルツハイマー病予防または治療するための効果的なアプローチである可能性がある。 ロバート・ヴァッサー 関連記事 認知症患者の脳血流は破綻しているのか 脳血流を改善する9つの戦略 脳血流を改善する40の方法と研究論文 リコード法36の因子の...