PFAS(有機フッ素化合物)の身体的負担を軽減する可能性のある医療介入
MEDICAL INTERVENTIONS FOR POTENTIALLY REDUCING PFAS BODY BURDEN

デトックス化学毒素

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK584691/

コレスチラミン

PFASは胆汁中に分泌され、腸肝循環を起こす。したがって、研究者はPFASの体内負担を軽減するための潜在的アプローチとして、胆汁封鎖を強化する薬剤に関心を持ってきた。

コレスチラミン

PFASは胆汁中に分泌され、腸肝循環を起こす。したがって、研究者はPFASの体内負担を軽減するための潜在的アプローチとして、胆汁封鎖を強化する薬剤に関心を持ってきた。コレスチラミンは、主に低比重リポタンパク質(LDL)コレステロールを減少させるために使用される胆汁隔離剤である。

C-8ヘルスプロジェクト参加者の横断的研究では、56,175人の成人のうち36人がコレスチラミンで治療を受けており、この薬を服用していない人と比較してPFASのレベルが低いことが判明した)。

もう一つの薬物であるプロベネシドは、この研究では血清PFAS濃度と有意な関連は見られなかった。コレスチラミンも、1~20人の小規模なケーススタディで評価されている)。

これらの研究の結果は、コレスチラミンがPFASの糞便排泄を促進する有効な治療法である可能性を示唆しているが、より多くの参加者による研究での再現が必要である。コレスチラミンによる治療を中止したときに、PFASレベルがリバウンドするかどうかを評価した研究はない。

瀉血

PFASの体内負担を軽減する方法として、瀉血が議論されている。)は、PFASに高濃度に暴露された家庭の16~53歳の患者6人に、最長5年間、定期的に採血(500 mL)を行ってもらい、その結果、累積2~12 Lの血液が採取された。

PFOA,PFOS,およびPFHxSの濃度は、一次排泄速度論によれば、予想よりも速い速度で、その間にこれらの個人において減少した。消防士285人を対象とした最近の無作為化比較試験では、12カ月にわたって定期的に献血または血漿を提供した被験者では、対照群と比較して血清PFOSおよびPFHxS濃度が有意に減少した。減少は血漿提供群でより顕著だった)。

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35394514/

 

 

iffmag.mdmpublishing.com/reducing-pfas-levels-in-firefighters-by-blood-and-plasma-donation/

血液と血漿の提供は、PFASの血中濃度、特にPFOSとPFHxS、ひいてはPFASの体内負担を減らすのに効果的である。血漿の提供は、バランスよく、全血の提供よりも好ましいとされている。血漿提供は、赤血球に含まれるPFASの約2倍の濃度を持つため、PFAS除去に効果的であり、全血の4~6週間と比較して24~48時間以内にレベルが回復するため、より頻繁に大量摂取することが可能である。さらに、血漿の提供は、循環から赤血球、白血球、血小板を除去せず、循環中の鉄レベルを低下させない 。


これらの研究は、瀉血が血中PFAS濃度の低下に有効であることを示しているが、この介入の利益が害を合理的に上回るPFASの血清濃度は確立されておらず、このアプローチの安全性と有用性は不確かである。

タイトルとURLをコピーしました