ケイトー研究所

ケイトー研究所

CATO研究所:中国とインドにおける新マルサス主義と強制的な人口抑制
人口過剰の懸念はしばしば強制につながる

Neo‐​Malthusianism and Coercive Population Control in China and India: Overpopulation Concerns Often
ケイトー研究所

ジュリアン・サイモンは正しかった:人口増加、繁栄、商品価格下落の半世紀
Julian Simon Was Right: A Half‐​Century of Population Growth, Increasing Prosperity, and Falling Commodity Prices

Julian Simon Was Right: A Half‐​Century of Population Growth, Increasing Prosperity, and Falling Com
アンチウォードットコム

報道機関のウクライナ白書はますます悪化する
The News Media’s Ukraine Whitewash Grows Worse

by Ted Galen Carpenter 投稿日: 2022年5月17日 米国の報道機関によるウクライナ問題の扱いは、長い間、明らかに好意的であることが特徴であった。ヒューマン・ライツ・ウォッチ、
アンチウォードットコム

アメリカ人はロシアとの戦争を望んでいない
Americans Don’t Want War With Russia

by Doug Bandow 投稿日: 2022年5月11日 ニューヨークタイムズのコラムニスト、トム・フリードマン氏でさえ、アメリカがロシアとの戦争に突入することを心配するようになっている。問題はそ
ケイトー研究所

ウクライナ戦争は北京、台北、そしてワシントンに教訓をもたらす
ワシントンはウクライナの経験から、非現実的な期待を抱くような顧客国家を奨励することは、関係者全員にとって悲劇的であることを学ぶ必要がある。

The Ukraine War Has Lessons for Beijing, Taipei, and Washington 2022年5月6日-解説 テッド・ガレン・カーペンター著 ロシアのウクラ
ケイトー研究所

もしロシアがウクライナとの戦争に勝ったらどうなるか

What if Russia Wins Its War Against Ukraine by Doug Bandow 投稿日: 2022年4月27日 ウクライナは、ロシアの侵略から身を守ることで、世界
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

ケイトー研究所/米軍は再び第三世界のクーデター指導者を訓練している

The US Military Is Training Third World Coup Leaders Again 米当局者が民主化へのコミットメントを促進することに誠実に取り組んでいたのか、それと
ケイトー研究所

ケイトー研究所/米国の報道機関が再び戦争推進プロパガンダの導管となる

The US Press Again Becomes a Conduit for Pro‐​war Propaganda ウクライナ戦争は、アメリカの報道機関の一部が外国の偽情報のために喜んで導管とな
ケイトー研究所

ケイトー研究所/ウクライナの腐敗を白日のもとに晒す。この国は、自由と自由民主主義の象徴ではない。

Whitewashing Ukraine’s Corruption 2022年4月6日-解説 テッド・ガレン・カーペンター著 この記事は2022年4月6日付のThe American Conserva
alzhacker.com をフォロー