ビタミン類

栄養素

複合栄養素サプリメント Souvenaid(スーベネイド)の効果

アルツハイマー病患者への複合栄養素の効果 Souvenaidとは アルツハイマー病用医療食品 Souvenaid(スーベネイド)は、アルツハイマー病患者さんの認知機能を改善するために開発されたヨーグルト風味の医療ドリンク。 認知機能に有用と考えられている脂質、ビタ
2019.05.16
ビタミン類

ビタミンA・βカロテン(認知症・アルツハイマー)

ビタミンA・βカロテン アルツハイマー病関連研究 アルツハイマー病患者では血清ビタミンA、カロテン濃度が有意に低い。MMSE、発症年齢、とは相関しなかった。食事による摂取欠乏と関連している可能性がある。 レチノイドはADAM10を介し、APPのαセク
2019.10.19
ビタミン類

ビタミンB6(認知症・アルツハイマー)

ビタミンB6 概要 ビタミンB6は、ピリドキサール(PAL)、ピリドキシン(PIN)、ピリドキサミン(PAM)、またはそれらのリン酸化形態の酵素をまとめた総称。 体内ではそのほとんどが、PALとPAMの活性型であるPLPとPMPの形態で存在する。 体内でビタミ
2019.10.19
ビタミン類

ビタミンB12(認知症・アルツハイマー)

ビタミンB12/メチルコバラミン メチルコバラミン、シアノコバラミン、コバラミン、5-デオキシアデノシルコバラミン(ヒドロキシB12)、アデノシルコバラミン、コバマミド、ジベンコジド、ヒドロキソコバラミン 概要 ビタミンB12は水溶性ビタミンに分類されるコバ
2020.03.13
4型(血管性)

ビタミンC 15の脳保護効果と8つの潜在的リスク

アスコルビン酸・高濃度ビタミンC点滴・認知症・アルツハイマー病関連研究 概要 アスコルビン酸(ビタミンC)は、いちご、ほうれん草、ブロッコリーなどに含まれる水溶性の抗酸化物質で、多くのサプリメントにも配合されている。 中枢神経系の高いビタミンC濃度 中枢神経系のアスコ
2019.10.08
2型(萎縮性)

ビタミンDの神経保護効果と欠乏リスク20の要因

神経ステロイド ビタミンD 概要 ビタミンDは人間に必須の脂溶性ビタミン ビタミンとして分類されているが、体内で多くの代謝過程に関与しておりプロホルモンと見なすこともできる。 ビタミンDは、骨の健康と成長、筋肉や神経の活動に重要なカルシウムとリンのバランスを調
2019.10.18
ビタミン類

ビタミンE(認知症・アルツハイマー)

ビタミンE 目標ビタミンE(αトコフェロール)血清濃度 12-20mcg/ml ビタミンE3号(αトコトリエノール)に、脳の海馬の神経細胞死を抑制する効果がある。 重要度 1. アルファ-トコトリエノール 2. ガンマ-トコトリエノール
2019.10.19
ビタミン類

コエンザイムQ10(認知症・アルツハイマー)

CoQ10還元型・ユビキノール 概要 CoQ10及びユビキノールは、細胞のエネルギー代謝に重要な成分。 電子伝達系の重要な構成要素であり、ミトコンドリア内で酸化還元反応におけるATPの生成を促進する。 CoQ10の単剤投与による認知機能改善の研究報告は
2019.04.19
ビタミン類

アルファリポ酸/αリポ酸(認知症・アルツハイマー・2型糖尿病)

αリポ酸/チオクト酸 概要 αリポ酸は、ミトコンドリアでオクタン酸から合成される天然のジオチール化合物であり、ミトコンドリアのエネルギー代謝において重要な役割を果たす。ミトコンドリアは体内でも合成されるが、肉や一部の果物、野菜にも僅かだが含まれている。 ただし、サプ
2020.01.29
ビタミン類

SAM-e(認知症・アルツハイマー)

SAM-e(サミー/S-アデノシル メチオニン) 概要 SAM-e(S-アデノシル-L-メチオニン)は認知症、神経障害、肝疾患、うつ病、変形性関節症への治療として役立つ可能性がある。 SAM-eは体内に存在し、アデノシンとメチオニンから合成される。 アルツハイマー
2019.04.19
タイトルとURLをコピーしました