マルチビタミン/マルチミネラルサプリメントの使用は、米国の中高年および高齢者における微量栄養素摂取量とバイオマーカーの増加、および不足や欠乏の有病率の低下と関連している

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ビタミン類ミネラル

Multivitamin/Multimineral Supplement Use is Associated with Increased Micronutrient Intakes and Biomarkers and Decreased Prevalence of Inadequacies and Deficiencies in Middle-Aged and Older Adults in the United States

概要

微量栄養素の不足は高齢者に多く、マルチビタミン/マルチミネラルサプリメント(MVM)を使用することで栄養状態が改善される可能性がある。国民健康・栄養調査のデータを分析し、51歳の成人の食事とマルチビタミン・マルチミネラルサプリメント(MVM)の使用に基づいて微量栄養素の摂取量を決定した。

欠乏は、栄養バイオマーカーを用いて評価した。国立がん研究所法を用いて、18種類の微量栄養素の通常摂取量を年齢およびMVMの使用頻度で層別化して推定した。MVMの定期的な使用(16日/月)は、ビタミンB6とDの臨床的欠乏(バイオマーカーの状態によって定義される)の確率を低下させたが、葉酸の許容上限摂取量を超える割合を増加させた。MVM非使用者におけるビタミンB6欠乏症は一般的であり、年齢とともに増加した。

キーワード

バイオマーカー;葉酸;微量栄養素;マルチビタミン・ミネラルサプリメント;NHANES;栄養;ビタミンD;ビタミンB6

1. 序論

マルチビタミン/マルチミネラルサプリメント(MVM)は、少なくとも米国(米国)人口の3分の1から半分の人が散発的に使用していることが報告されており、食事からの摂取量が不十分であることが多いいくつかの微量栄養素の通常の摂取量を増加させることに貢献している1,2。しかし 2015年の食事療法ガイドライン諮問委員会(DGAC)の報告書では、特定の微量栄養素(ビタミンA、C、D、E、カルシウム、マグネシウム、カリウムなど)の摂取が不足していることが多く、一部の集団や特定のライフサイクル段階では、栄養補助食品が推奨される可能性があることを認識している3,4。また、DGACの報告書では、米国小児科学会5,内分泌学会6,全米骨粗鬆症財団7を含む複数の国内外のグループが、現在の政府推奨摂取量以上のビタミンD摂取量を達成するための戦略を推奨していることも認められている4。

加齢に伴い、特定の微量栄養素を効率的に吸収する能力が低下するため、必要とされる栄養所要量も変化する。例えば、カルシウム、ビタミンD,ビタミンB12の推奨摂取量は中高年になるにつれて増加し、ビタミンB6とタンパク質の必要量も増加することが示唆されている。9 このような変化には、代謝機能の低下、栄養素の吸収と利用の低下、栄養所要量や状態に影響を与える病状やその治療のリスクの増加、運動能力の低下、その他の生理的変化(食欲の低下、感覚の変化など)が含まれる。したがって、食事を通じて微量栄養素の摂取量を増やすこと、強化食品の摂取量を増やすこと、および/または栄養補助食品を使用することは、高齢者の栄養状態を改善するための実行可能なアプローチとなりうる。(Bailey et al 2012)は、葉酸とビタミンA、B6,C、Eの補給は、51~70歳および71歳の高齢者における食事不足の有病率の低下と有意に関連していることを明らかにした13。同様に、(Blumberg et al 2017)はさらに最近、食品のみの場合と比較して、任意の頻度でのMVMの使用は、19歳の米国の成人集団で調査された17種類の微量栄養素のうち15種類の栄養素の不備による有病率の低さと関連していることを報告している14。

高齢者は一般的に様々な栄養補助食品を摂取していると報告されている15。個別のサプリメントやMVMを含む栄養補助食品を摂取している71歳の成人では、葉酸(7%)ビタミンA(5%)ビタミンB6(6%)の許容上限摂取量(UL)を超えることが示されている13。鉄の摂取量がULを超えることは、この集団の男性(19%)と女性(8%)でも、栄養補助食品の総摂取量(MVMと個別のサプリメント)を考慮した場合に実証されているが、MVM単独で評価するとULを超えるリスクは低いようである16。MVMの使用は、成人では年齢とともに増加することも示されており、その主な動機は「全身的な健康の改善」である2,17。強化食品を含む食物摂取と組み合わせて使用すると、カルシウム、葉酸、鉄、亜鉛を含む一部の微量栄養素の過剰摂取につながることが示されているが、観察されている有病率は控えめであり(各微量栄養素について、女性では約4%、男性では約6%)約半数以上の人がULの10%以内である14。これらのデータと、高齢者では処方薬の同時使用率が高いことから、医療専門家(医師、登録栄養士など)と栄養補助食品の使用について定期的に話し合うことが奨励されるべきである。18-20 この集団では、摂取量の不足または過剰に関連した影響を受けやすくなっているため、中高年から高齢者の通常の微量栄養素の摂取量と関連するバイオマーカーの両方をモニタリングすることが重要である。

今回の研究の目的は、国民健康・栄養調査(NHANES)のデータを用いて、中高年(51歳)における微量栄養素の総摂取量、栄養バイオマーカーのレベル、および不備、欠乏、ULを超える摂取量の有病率に対するMVMの使用の寄与を評価することであった。本研究の長期的な目標は、この人口の微量栄養素の状態に対する認識を高め、医療従事者や栄養政策立案者に、微量栄養素の不足や欠乏を減らすためにMVMが果たす役割を知らせることである。

2. 方法

2.1. 研究デザインと母集団

NHANESは、米国疾病対策予防センター国立健康統計センター(NCHS)が実施している共同生活者のアメリカ人を対象とした全国代表的な調査である21 。これらのデータ公開サイクルを選択したのは、相対的に最新であること(2013-2014年は分析時点で最新の食事摂取量が公開されているため)および3つのサプリメント摂取グループの分析および年齢・性別による層別化のために、より大きなサンプルサイズを提供するためである。組み合わせた食事摂取サンプルには、51歳で、24時間食事摂取データを提供し、完全な人口統計学的特徴データを持っている9901人の参加者が含まれており、表1に示されている。すべてのバイオマーカーがNHANESデータのすべてのリリースで測定されたわけではなく、また、特定のデータサイクル内のすべての個人で測定されたわけではないので、評価されたバイオマーカーの個々のデータの頻度には差があった。この情報はすべてのデータリリースで利用できるわけではないため、以下のデータサイクルが栄養バイオマーカーの評価に使用された。NHANES 2007-2008および2009-2010:血清4ピリドキシ酸および血清ピリドキサール50リン酸塩(n¼ 5169);NHANES 2007-2008,2009-2010および2011-2012:血清4ピリドキシ酸および血清ピリドキサール50リン酸塩(n¼ 5169)。血清 25-ジヒドロキシビタミン D2(25(OH)D2)血清 25-ジヒドロキシビタミン D3(25(OH)D3)および赤血球(RBC)葉酸(n¼ 7180);NHANES 2007-2008,2009-2010,2011-2012,および 2013-2014:血清非ヘム鉄(n¼ 5169)。血清非ヘム鉄(n¼ 9901)および尿中ヨウ素(n¼ 2522);NHANES 2011-2012 および 2013-2014。血清ビタミン B12(n¼ 4661)セレン(n¼ 1547)銅(n¼ 1547)および亜鉛(n¼ 1547)。上記の複合サンプルには、24時間食事摂取データを提供し、栄養バイオマーカーデータが利用可能な生物試料採取(採血など)を完了した参加者が含まれている。食事摂取データに加えて、参加者には、年齢、性別、人種またはヒスパニック系民族、所得および家族規模(貧困と所得の比を計算するためにNHANESによって使用される)学歴などの人口統計学的および社会経済的特徴について対面面接で尋ねた。

2.2. 食品およびマルチビタミン/ミネラルサプリメントからの微量栄養素摂取量

NHANESの参加者には、2回の食生活回想面接を行ってもらい、1回目は訓練を受けた面接官が健康診断の際に直接面接を行った。2回目の食事想起面接は、健康診断後3-10日後に電話で行った。22,23 アンケート、データセット、関連文書はNCHS NHANESのウェブサイトに掲載されている。

24 消費頻度(30日間に製品を摂取した日数)使用期間(製品を何日、何週間、何ヶ月、何年摂取したか)通常摂取した量を含む、報告された各栄養補助食品について詳細な情報が得られた。インタビュアーはまた、各栄養補助食品の容器を調べ、製品情報を完全に記録して、それぞれを照合したり、データベースに入力したりした。MVMの使用頻度は、報告された消費量に基づいて以下のように分類された。0日(つまり非消費者)1~15日(散発的な消費者)16日(通常の消費者)に分類した。

MVMは、DRIが確立されている9種類のビタミンとミネラルについて、推奨食事摂取量(RDA)の100%、またはRDAがない場合は適正摂取量(AI)を提供する栄養補助食品として定義された。1,14 MVMの使用者は、過去30日間にMVMを服用したことを報告した者として定義され、非使用者は30日間の研究期間中にMVMを服用したことを報告しなかった者として定義された。MVMの基準を満たしていないサプリメントからの摂取データは、これらの分析には含まれていない。過去24時間以内に報告されたMVMからの微量栄養素摂取量を、24時間の食事記録から計算された摂取量に加えて、食品とMVMからの通常の総摂取量を決定した。

2.3. 通常の平均微量栄養素摂取量

外部情報源に詳細に記載されている国立がん研究所(NCI)法25 を使用して、MVMの使用者と非使用者の食事からの微量栄養素摂取量の推定値を決定した。平均摂取量の計算は、SASバージョン9.4ソフトウェア(SAS Institute Inc, Cary NC USA)を使用して行われた。多変量測定誤差モデルの適合および多変量通常摂取量分布の推定のためのSASマクロ(MULTIVAR_MCMC、STD_COV_BOX24_CONDAY_MINAMT、MULTIVAR_DISTRIB、およびBRR_PVALUE_CI)を使用して、通常摂取量の平均値を推定し、二分法群間の検定比較を計算した26,27。NCIモデルで使用された共変量は、24時間リコールのシーケンスと週末/平日指標でした。このモデルを適合させ、通常摂取量分布の推定を実行するために必要なSASマクロ、およびNCI法に関する追加の詳細とリソースは、NCIのウェブサイトで入手可能である。栄養補助食品の質問票から収集したMVMからの微量栄養素摂取量を通常の食品からの摂取量に加えて、食品+MVMからの定量的な摂取量を求めた。各栄養素について、64個の重複重み(NHANESデータの4サイクルに対応)と250回のモンテカルロシミュレーション27を実施した。計算は、各層別グループ(年齢層別、MVM利用者の状態別性別)について別々に実施した。

2.4. DRI値との比較

DRIは、米国科学アカデミーの食品栄養委員会によって定義された微量栄養素の基準摂取量のセットであり、米国とカナダの両方で食事のガイドラインを作成するための基礎となることを目的としている。この値は性と年齢に基づいて個人で異なり、妊娠中および授乳中の女性と51歳未満の人のための明確な値がある;しかしながら、これらの集団は今回の分析には含まれていない。28,29 EARが現在定義されていない微量栄養素(コリン、カリウム、ビタミンKなど)については、同じ方法を用いて、この値をAIで代用した。葉酸の摂取量は、食事性葉酸当量(DFE)の計算に基づいており、食品からの天然葉酸 1 lg と、強化食品(0.6 lg)または栄養補助食品(0.5 lg)からの合成葉酸 30 と定義されている。18種類の微量栄養素(カルシウム、コリン、銅、葉酸、鉄、マグネシウム、ナイアシン、リン、カリウム、リボフラビン、セレン、チアミン、亜鉛、およびビタミンB6,B12,C、D、K)のEARまたはAI未満の人口の割合が、UL以上の割合と同様に報告されている。NCI Usual Dietary Intake法(MIXTRANおよびDISTRIB SASマクロ)27を使用して、通常の平均摂取量とDRI値を比較した。年齢と性別のサブグループ分析は事前に決定しなかった。

2.5. 栄養状態のバイオマーカー

NHANESの対人健康診断の一環として、参加者は血液、尿、およびその他の生物学的サンプルを提供し、検査室での分析を行った。ピリドキシ酸、ピリドキサール50リン酸、ビタミンB12,25(OH)D2,25(OH)D3,葉酸、鉄、セレン、銅、亜鉛、およびヨウ素の値は、実験室のファイルから得られた31。ビタミンB6,B12,およびDの欠乏(またはビタミンDの場合は不備)を同定するために使用された微量栄養素のカットオフ値は以下の通りであった:血清ピリドキシ酸およびピリドキサール50リン酸(すなわちビタミンB6)<20 nmol/L;血清コバラミン(すなわちビタミンB12)<200 pmol/L;および25(OH)D2þ25(OH)D3(すなわちビタミンD)<30 nmol/Lであった。 すなわちビタミンD)<30 nmol/L(医学研究所[IOM]32で定義されたような欠乏)<50 nmol/L(内分泌学会の臨床実践ガイドライン6で定義されたような欠乏、IOM32で定義されたような不全[insuquacy])および<75 nmol/L(不全

内分泌学会の臨床実践ガイドラインで定義されている[不備]。

2.6. 統計解析

食事摂取量およびバイオマーカーデータは、性別(男性または女性)および年齢サブグループ(すなわち51-60歳、61-70歳、または71歳)別に分析された。人種/民族は、NHANESでは非ヒスパニック系白人、非ヒスパニック系黒人、メキシコ系アメリカ人またはその他のヒスパニック、またはその他に分類された。教育到達度は、高卒以下、高卒以上、高卒以上、一部の大学または準大学レベルの学位、大卒以上に分類された。家族内貧困率は、低(1.25未満)中(1.25~3.0未満)高(3.0)に分類された。バイオマーカーは権利歪曲され、自然対数変換が使用された。幾何学的平均は、これらのバイオマーカーについて示されている。対数変換されたバイオマーカーの線形回帰分析は、MVM使用グループ間で比較するために実行され、ロジスティック回帰はMVM使用グループ間で欠乏状態を比較するために使用された。通常の微量栄養素摂取量のNCI法評価のためのSASマクロの実装にはSAS(バージョン9.4,SAS、米国)を使用し、バイオマーカー分析および研究集団の個人特性の頻度集計にはStata(バージョン15.0,StataCorp、米国)を使用した。有意性はp値<0.05とした。

3. 結果

3.1. 人口統計学的特徴

51歳の総人口における男性と女性のMVM使用パターンは類似していたが、男性では散発的に(1~15日/月)MVMを使用している割合が高く、女性では非使用者の割合が高かった(表1)。MVMの使用は、中年成人(すなわち51~60歳)でも、高齢者(すなわち61~70歳および71歳)と比較して、より多く見られた。非ヒスパニック系の白人は、非ヒスパニック系の黒人、メキシコ系またはその他のヒスパニック系、およびその他の人種/民族のカテゴリーと比較して、MVMの主な使用者であった。また、教育水準の高い個人では、定期的に服用している割合が高く(例:16日/月)MVMの使用率も高いことが報告されている。MVMの使用はまた、貧困率の高い人々の間でより一般的であった。

3.2. MVMの利用による栄養素の通常摂取量

MVMの散発的な使用は、食品のみからの摂取と比較して、評価対象となった18種類の微量栄養素のうち、銅、葉酸、鉄、マグネシウム、ナイアシン、リボフラビン、セレン、チアミン、亜鉛、ビタミンB6,B12,C、Dの13種類について、通常の摂取量を有意に増加させた(p < 0.05)。MVMの定期的な使用はまた、上記の13種類の微量栄養素に加えて、カルシウムとビタミンKの通常の摂取量を、食事のみの場合と比較して有意に増加させた(p < 0.01)。コリン、リンおよびカリウムの摂取量は、MVMの使用によって有意に増加しなかったが、これはMVMが一般的にこれらの栄養素の有意な量を提供しないという事実に起因していると考えられる。MVMの定期的な使用は、913 mcg/日DFEに葉酸の通常の摂取量を増加させた;ほとんどの個人は、食品だけから400 mcg/日DFE33のRDAを満たしている。

3.3. 男女別の栄養素の通常摂取量

3.3.1. 男性

食事からの摂取のみの場合と比較して、散発的なMVMの使用(1~15日/月)は、10種類の微量栄養素(銅、葉酸、鉄、ナイアシン、リボフラビン、チアミン、亜鉛、ビタミンB12,C、D)の通常の摂取量を増加させ(p < 0. 05)12種類の微量栄養素(カルシウム、銅、葉酸、マグネシウム、ナイアシン、リボフラビン、チアミン、亜鉛、およびビタミンB6,C、D、K)のEAR(またはAI)を満たしていない男性の割合を減少させた(補足表1)。ULを超える過剰摂取は、カルシウム(食品+MVMと食品単独の男性の3.7 vs. 1.9%)葉酸(5.4 vs. 2.5%)および亜鉛(0.5 vs. 0.0%)について指摘された。

MVMを定期的に(16日間/月)服用すると、カルシウム、銅、葉酸、鉄、マグネシウム、ナイアシン、リボフラビン、セレン、チアミン、亜鉛、およびビタミンB6,B12,C、D、Kの15種類の微量栄養素の通常摂取量が増加し(p<0.05 vs. 食品のみ)鉄を除く同じ微量栄養素のEAR(またはAI)を満たさない男性の割合が減少した。カルシウム(4.0 vs. 1.2%)葉酸(9.9 vs. 1.5%)セレン(0.4 vs. 0.0%)亜鉛(1.9 vs. 0.0%)については、ULを超える過剰摂取が指摘された。過剰摂取量は、これらの微量栄養素のULを超えた男性のほとんどでULの10%以内であった。

3.3.2. 女性

食品からの摂取のみの場合と比較して、散発的なMVMの使用は、11種類の微量栄養素(銅、葉酸、鉄、ナイアシン、セレン、亜鉛、ビタミンB6,B12,C、D、K)の通常摂取量を増加させ(p < 0.05)12種類の微量栄養素(カルシウム、銅、葉酸、マグネシウム、ナイアシン、リボフラビン、チアミン、亜鉛、ビタミンB6,B12,C、D、K)のEAR(またはAI)を満たさない割合を減少させた。 05)12種類の微量栄養素(カルシウム、銅、葉酸、マグネシウム、ナイアシン、リボフラビン、チアミン、亜鉛、およびビタミンB6,C、D、K)のEAR(またはAI)を満たしていない女性の割合を減少させた(補足表1)。このグループの女性では、鉄とセレンの食品からの単独摂取は十分に十分であった(0.0%がEARを満たさなかった)ため、散発的なMVMの使用は影響を与えなかった。カルシウム(4.0対2.1%の女性、食品とMVMを併用した場合、食品のみの場合)葉酸(5.8対2.6%)セレン(0.1対0.0%)および亜鉛(0.6対0.0%)については、ULを超える過剰な摂取が認められた。

MVMの定期的な使用は、カルシウム、銅、葉酸、鉄、マグネシウム、ナイアシン、リボフラビン、セレン、チアミン、亜鉛、ビタミンB6,B12,C、Dの14種類の微量栄養素の通常摂取量を増加させ(p<0.05 vs. 食品単独)摂取率を低下させた。カルシウム(4.1 vs. 1.2%)葉酸(9.9 vs. 1.5%)セレン(0.4 vs. 0.0%)亜鉛(2.0 vs. 0.0%)については、ULを超える過剰摂取が指摘された。過剰摂取量は、これらの微量栄養素のULを超えた女性のほとんどでULの10%以内であった。

3.4. 年齢別の通常の栄養素摂取量

3.4.1.  51~60歳

51~60歳の個人において、散発的なMVMの使用(1~15d/mo)では、銅、葉酸、リボフラビン、亜鉛、ビタミンB6,B12,C、Dの8つの微量栄養素の通常摂取量が増加した(p<0.05;表2)。MVMを定期的に使用すると(16日間/月)同じ微量栄養素に加えて、カルシウム、鉄、マグネシウム、ナイアシン、セレン、およびチアミンの通常摂取量が増加した(p < 0.05)。MVMの使用により、評価したほとんどの微量栄養素の摂取量がEAR(またはAI)を下回っていた人の割合が減少し(図1aおよび2a)カルシウム、葉酸、亜鉛、セレンの4つの微量栄養素の摂取量がULを上回っていた人の割合が増加した(表3)。

3.4.2.  61-70 歳

61~70歳の個人において、散発的なMVMの使用により、銅、葉酸、鉄、マグネシウム、ナイアシン、リボフラビン、セレン、チアミン、亜鉛、およびビタミンB6,B12,C、D、Kの14種類の微量栄養素の通常摂取量が増加した(p<0.05;表2)。MVMの定期的な使用は、同じ微量栄養素とカルシウムの通常の摂取量を増加させた(p < 0.05)。MVMの使用により、評価されたほとんどの微量栄養素の摂取量がEAR(またはAI)を下回っている人の割合が減少し(図1bおよび2b)カルシウム、葉酸、亜鉛、セレンの摂取量がULを上回っている人の割合が増加した(表3)。

3.4.3.  71歳

71歳の個人では、散発的なMVMの使用により、銅、葉酸、ナイアシン、リボフラビン、セレン、亜鉛、ビタミンB6,B12,C、Dの10種類の微量栄養素の通常摂取量が増加した(p < 0.05 表2)。MVMを定期的に使用すると、同じ微量栄養素に加えて、カルシウム、鉄、マグネシウム、チアミン、ビタミンKの通常摂取量が増加した。MVMの使用により、評価されたほとんどの微量栄養素の摂取量がEAR(またはAI)を下回っている人の割合が減少し(図1cおよび2c)カルシウム、葉酸、亜鉛、セレンの摂取量がULを上回っている人の割合がわずかに増加した(表3)。

MVMの使用と微量栄養素の摂取不足の減少やULを超える人の割合の増加との関連性については、年齢層間で明らかな違いは見られなかった。

3.5. MVM使用が栄養バイオマーカーに及ぼす影響

51歳の総人口において、散発性(1~15日/月)と定期的(16日/月)の両方のMVM使用者は、非使用者に比べて以下の栄養バイオマーカーのレベルが高かった:血清4ピリドキシ酸およびピリドキサール50リン酸(ビタミンB6)血清25(OH)D2þ25(OH)D3および血清25(OH)D3(ビタミンD)RBC葉酸、血清セレン、および尿中ヨウ素(調整済みp<0.05)(表4)。 05)(表4)。MVM常用者のみが、血清コバラミン(ビタミンB12)および血清25(OH)D2のレベルも有意に高かった(p<0.05)。MVMの使用は、散発的または定期的であっても、銅、鉄、または亜鉛の血清レベルに影響を与えなかった。MVM非使用者の平均RBC葉酸値(1156 nmol/L; 95% CI: 1115, 1198)と比較して、MVM常用者のレベルは有意に高かったが(1647 nmol/L; 95% CI: 1595, 1669)臨床的基準範囲である505-2490 nmol/Lの範囲内であり、NHANES 2005-2010で報告されている90%未満であった34。

全体的に、ビタミンB6とビタミンDを除いて、本研究で評価されたほとんどの栄養バイオマーカーの臨床的欠乏の有病率は低かった。MVM非使用者ではビタミンB6欠乏症の有病率が高く、年齢が上がるほど顕著であった(51-60歳:16.0%、61-70歳:20.1%、71歳:23.3%)。IOMの定義に基づくと、MVM非使用者におけるビタミンD欠乏の有病率は25.2~26.6%、欠乏の有病率は4.9~7.2%であったが、年齢層間では目立った差は認められなかった。非使用者と比較したMVM使用者は、ビタミンB6欠乏症とビタミンD欠乏症のオッズが低く、正規使用者は散発的な使用者と比較して有意に低いORを示した。MVM非使用者におけるビタミンB12欠乏症の有病率は1.6~3.9%と低く、被験者数が少ないためにMVM使用者のORは決定できなかった。

4. 考察

今回の研究では、MVMを使用していない米国の中高年では、カルシウム、コリン、マグネシウム、カリウム、ビタミンC、D、Kなどの微量栄養素の摂取不足の有病率が高いことが明らかになった。また、栄養バイオマーカー分析によると、MVMを使用していない人はビタミンB6とビタミンDの欠乏を経験していた。しかしながら、MVMを使用していた人では、これらの微量栄養素のほとんどで欠乏や不足の有病率が有意に低かった。例外はリン、コリン、カリウムであり、これらの微量栄養素は、摂取量を大幅に増加させるのに十分な量のMVMサプリメントには含まれていない可能性が高い。注目すべきは、散発的(1~15日/月:5~6%)および定期的(16日/月:10%)なMVM利用者の間で、葉酸のUL値を超えた参加者の割合が、非利用者の1%未満と比較して増加していることである。

(Wallace et al 2014)1および(Blumberg et al 2017)が発表したデータと同様に、我々の研究では、MVMの使用は、評価されたほとんどの微量栄養素の通常の摂取量の増加と関連していた。MVMの常用者は、散発的な使用者と比較して、非使用者よりもライフステージ別のEAR(またはAI)を満たす可能性が高かった。食物とMVMからの通常の摂取量には、いくつかの性差があることが指摘された。例えば、女性は男性と比較して、特定の微量栄養素、特にビタミンKとマグネシウムのEAR/AIに到達する可能性が高かった。さらに、カルシウムについては、男性の方が女性よりもEARに到達する可能性が高かったが、これは中年女性の方が必要量が多いことと、一般的にMVMに含まれているカルシウムの量が少ないことが原因と考えられる。微量栄養素の摂取量に類似性があり、場合によっては女性の摂取量が高いのは、中年期と高齢期の性別間での食事摂取量に類似性があるためであると考えられる。(Blumberg et al 2017)39が実施したNHANESデータの以前の分析では、異なる年齢層の微量栄養素摂取量を評価したが、カルシウム、葉酸、マグネシウム、ナイアシン、チアミン、亜鉛、およびビタミンB6とB12について、食物だけでは不足している人の割合が年齢とともに増加していることが示されている。今回の研究では、19~50歳の参加者と比較して、食事だけではビタミンB6,マグネシウム、カルシウム、亜鉛の不足を経験する可能性が高くなった。この中高年の集団では、年齢別の微量栄養素の通常の摂取量に大きな差は見られなかった。不足の有病率とULを超える有病率も年齢層間で同程度であった。

MVMの使用量が増加すればするほど、摂取される製剤に含まれる微量栄養素の通常摂取量も増加することは理にかなっている。本研究で示された通常摂取量のデータは、評価対象となったビタミンおよびミネラルのいくつかについて、投与量に依存した方法(非使用者 vs 散発的使用者 vs 常用者)で栄養バイオマーカーのレベルと有意に相関しているため、特に説得力のあるものとなっている。したがって、これらの分析は、栄養体の状態を向上させる上でのMVMの有効性を示す追加の証拠を提供するものである。しかし、MVMの使用は、銅、鉄、および亜鉛の通常の摂取量の増加と関連していたが、これらのミネラルの栄養バイオマーカーレベルには影響がなかった。これらの不一致は、MVMからのこれらのミネラルの吸収不良、またはボディステータスの指標としてのこれらのミネラルの血清レベルの制限など、さまざまな要因によって説明される可能性がある。銅や亜鉛などの血清ミネラルバイオマーカーの有効性にもかかわらず、37,38 血清鉄バイオマーカーには、主に日々の変動による制限がある。

我々は、通常の摂取量と特定の微量栄養素のバイオマーカーとの相関に関して、いくつかのユニークな知見を指摘した。2015年のDGACの報告書でも指摘されているように、VMの使用は51歳のビタミンDの通常摂取量を増加させるのに特に有用である可能性がある。MVMを常用している人も散発的に使用している人も、25(OH)Dの血清レベルが高く、ビタミンD欠乏症の発生率が低下していることがわかった。MVMの使用は、ビタミンD欠乏症(<30 nmol/Lと<50 nmol/L、それぞれ)とビタミンD不足(<50 nmol/Lと<75 nmol/L、それぞれ)のためのIOMと内分泌学会のカットオフポイントの両方を満たす可能性が高くなった。ビタミンD不足を回避することは、骨の健康維持や加齢に伴う転倒の予防につながることに加え、いくつかのポジティブな健康効果があることがわかっている。

我々のデータはまた、米国の中高年のかなりの部分でビタミンB6の摂取が不十分で、血清中の4ピリドキシ酸とピリドキサール50リン酸の状態が低いことを示している。MVM非使用者のうち、51歳の成人の19.8%がビタミンB6のEARを満たしておらず、19.1%が臨床的な欠乏を示す血清4pyridoxic acidおよびpyridoxal 50phosphateレベル(すなわち、20nmol/L未満)を有していた。(Blumberg et al 2017)は、19歳の一般成人集団において、MVM非使用者の8.6%がビタミンB6のEARを満たしておらず、17.5%がバイオマーカーで定義された欠乏症を有していたことを示している14。しかし、MVM非使用者では、51~60歳、61~70歳、71歳では、ビタミンB6欠乏症の有病率がそれぞれ16.0~20.1%、23.3%と年齢とともに増加していることがわかった。これらのデータは、(Blumberg et al 2017)のデータと相まって、ビタミンB6の吸収が年齢とともに障害されることを示唆しているかもしれない。高齢者にビタミンB6のより高い摂取量が推奨されるべきかどうかを決定するために、追加の研究が必要である。重要なことに、我々は、MVMの使用が血清4ピリドキシ酸およびピリドキサール50リン酸の状態を増加させ、MVMの使用が増加するにつれてビタミンB6欠乏症のリスクを劇的に減少させることを発見した。ビタミンB6欠乏症への影響は、ビタミンB6の摂取量の少なさとピリドキサール5リン酸の状態と高齢者の認知機能低下リスクの有意な増加との関係が観察されていることから、この集団では特に顕著である41。

我々はまた、MVM使用者ではかなり高い葉酸摂取量が観察されたが、非使用者では観察されなかった。自然食品由来の葉酸は本質的に不安定で、バイオアベイラビリティが限られており、摂取前の食品加工および/または調理によって大きな損失を被る可能性があるため、十分な葉酸の状態とそのバイオマーカーを達成することは困難である42 。43 葉酸の状態の改善が健康にプラスの効果をもたらすことを示す心強いデータがあるにもかかわらず、葉酸の過剰な摂取はマイナスの効果をもたらす可能性がある44 。しかし、より最近の研究とメタアナリシスでは、様々な癌の発症リスクの増加はなく、リスクは減少していると報告されている47,48。同時に、MVMの常用者における葉酸のULを超える発生率は約10%であった。これらの知見は、葉酸強化食品の摂取に関して、この人口集団における食事相談が必要であることを示唆しており、さらに、サプリメントメーカーは、51歳の人口集団に販売されているMVM製剤中の葉酸の量を変更することを検討する必要があるかもしれない。このライフステージの女性の食品供給量と受胎可能な状態を考えると、このような措置は正当なものである。

我々の研究にはいくつかの強みと限界がある。我々はNHANESのデータを分析したが、その大きな強みは、全国的に代表的な大規模なサンプルサイズであることである。制限事項としては、自己報告された食事データとMVMの使用頻度に依存していることが挙げられる。また、適用されたモデルは、24時間リコールで報告された食品源からの栄養摂取量が偏りがないこと、および自己報告された栄養補助食品の使用が真の長期的なMVM摂取パターンを反映しているという仮定に依存している。栄養補助食品のデータは自己報告であるが、NHANESのインタビュアーは85%の時間、正確性を確認するために参加者が使用していると報告した栄養補助食品のボトルとラベルを見た。さらに、MVMが寄与するビタミンとミネラルの推定値は、分析値ではなくラベルの宣言に依存している。最後に、本研究で提示されたバイオマーカーデータは横断的なものであり、これらのデータを用いて因果関係を決定することはできない。

5.結論

米国の51歳人口の大部分は、微量栄養素の摂取不足と加齢に伴う生理的変化の結果、栄養不足に陥っており、このような人口ではMVMの使用が一般的である。NHANESのデータを分析したところ、散発的かつ定期的なMVMの使用は、本研究で評価されたほとんどの微量栄養素の性別および年齢別の栄養所要量を満たしている中高年の割合が高いことが示された。さらに、栄養バイオマーカーのデータから、微量栄養素は、銅、鉄、亜鉛を除いては、MVMから効果的に吸収され、身体の状態を向上させることが示唆されているMVMの常用者は、ビタミンB6とDの臨床的な欠乏を経験する確率が有意に低かったが、葉酸のUL値を超える可能性が高かった。米国の中高年人口にMVMを推奨することは、長期的に最適な栄養状態を確保し、健康維持に貢献する可能性がある。

6. テイクアウトポイント

散発的かつ定期的なMVMの使用は、本研究で評価されたほとんどの微量栄養素について、中高年の成人が性別および年齢別の栄養所要量を満たしている割合が高いことと関連している。中高年および高齢者のビタミンB6欠乏は、以前に考えられていたよりも顕著である可能性がある。

MVMの常用者は、臨床的にビタミンB6とDが不足している可能性は低いが、葉酸の許容上限摂取量を超える可能性が高い。