サイト概要

サイト概要

因果関係評価「ヒル基準」をアップデートせよ

Bradford Hill基準 21世紀への適用:データ統合が分子疫学における因果推論をどのように変えたか 抄録 古典的な病気の理解に基づくヒルの判定基準 1965年に、サー・オースティン・Bradford Hillは、観察された疫学的関連付けが因果関係にあるかどうかを
2020.06.13
サイト概要

COVID-19 免疫パスポートが悪いアイデイアである10の理由

免疫パスポートが悪いアイデイアである10の理由 仕事や住宅、ローンを組めるかどうかは、血液検査に合格するかどうかにかかっている世界を想像してみてほしい。特定の抗体を欠いていると、家に閉じこもり、社会から締め出されてしまう。 それは以前にも起こりた。
サイト概要

COVID-19 早期介入のための暫定臨床ガイドライン(仮説)

初期の介入はおそらくCOVID-19感染の死亡率を改善する 患者の7割が危篤状態で病院に到着 エビデンスが蓄積されるにつれ、早期介入が重要であることが明らかになってきている。入院から退院、死亡に至るまで191人の患者を追跡調査では、死亡した54人の患者
サイト概要

母が若年性アルツハイマー病と診断されて

認知症回復ブログ アルツハッカー 母が若年性アルツハイマー病と診断されて はじめまして こんにちは アルツハイマーブログ、アルツハッカーの管理人アルハカです。 2009年、当時50代だったわたしの母が、若年性アルツハイマー病と診断されました。 MMSEのスコ
2020.02.01
サイト概要

奇跡ではなかった母の進行抑制

Everyone knows a cancer survivor, but no one knows an Alzheimer's survivor. だれもがガンで生き残った人を知っている。 だが、だれもアルツハイマー病で生き残った人を知らない。 進行抑制
2020.02.01
サイト概要

知っているようで知らない認知症という病魔

「私は母のことを、母の皮をかぶった化け物だと思っていました。」 母を殺害した50代受刑者 真面目な人が加害者になる 親孝行な子ほど親を殺す 介護する方が母親と無理心中をした話を聞くと、、やはりつい、自分と母親の関係を重ね合わせてしまいます。。 そして、「自分
2020.02.01
サイト概要

現代医療と相性が悪い認知症

「試験結果は何かを示唆しているだけで、決して断定しているわけではない」 タフツ大学医薬品開発研究センター(CSDD)所長 ケン・カイティン博士 新薬を待つという偽の希望 新薬承認までの長い道のり よくテレビ番組などで希望を与えるような新薬開発状況が放映されたりし
2020.03.18
サイト概要

リコード法 作用機序・3種類のアルツハイマー病

「おい、アルツハイマーは病気じゃないぞ、これは脳細胞の萎縮プログラムだ!」 ブレデセン博士の研究所にて 概要 日本で近年認知され始めている、カリフォルニア大学(UCLA)ブレデセン博士が開発したリコード法/RECODE-PROTOCOLという認知症の改善回復を目指し
2020.02.09
サイト概要

リコード法 アルツハイマー病には36の穴がある

”核心”の周りをうろうろすればするほど、価値あるものに出くわす確率が高くなる。 ラリー・ペイジ ブレデセンプロトコル 書籍 書籍「The End of Alzheimer's」(英語) 「リコード法」については、ブレデセン博士の出版書籍「The End of Al
2020.02.01
サイト概要

リコード法を構成する3つの軸

天才の特徴は、何を大目に見るかを知っていることだ。 The essence of genius is to know what to overlook. ウィリアム・ジェームズ ブレデセンプロトコルを構成する3つの軸 ポストアミロイドβ仮説 + 多因子・症候群
2020.03.26
タイトルとURLをコピーしました