医薬

適応外薬

ラパマイシンとアルツハイマー病 臨床試験の時期か?

Rapamycin and Alzheimer’s disease: Time for a clinical trial? 要旨 ラパマイシンは、アルツハイマー病のマウスモデルを含む多くの神経変性や老化の動物モデルにおいて有益な効果を示する。しかし、前臨床試験の記録にもかかわらず、アルツハイマー病患者を対象としたラパマイシンや...
適応外薬

認知症 1000の治療方法 覚書 編集中

認知症・神経変性疾患 サプリメントリスト はじめに アルツハイマー病を中心に個人でも実行可能な、多因子標的を前提とした認知症・神経変性疾患への改善効果の可能性がある治療手段をサプリメントを中心にピックアップしてみた。 抗認知症薬に関しては病院または個人輸入などを通して、ぎりぎり入手可能なもの(と思われるもの)を記載してい...
適応外薬

神経変性疾患におけるメトホルミンの治療効果

The Therapeutic Potential of Metformin in Neurodegenerative Diseases 要旨 神経変性疾患の治療法の研究は、高齢化が進み、個人、家族、社会への負担が増大している今日、大きな関心事となっている。この数十年の間に、これらの疾患の根本的な遺伝的・生物学的原因を理解する...
薬物有害作用

プロトンポンプ阻害剤はアセチルコリン生合成酵素の阻害剤として前例のない効力を発揮する-認知症発症率との関連性を明らかにするミッシングリンク

Proton pump inhibitors act with unprecedented potencies as inhibitors of the acetylcholine biosynthesizing enzyme—A plausible missing link for their association with inci...
薬物有害作用

薬物有害反応(ADR)を避けるための精密投与

Precision dosing to avoid adverse drug reactions 要旨 薬物有害反応(ADR)は、従来、患者に危害が及んだ場合に薬剤や用量の選択を反応的に調整するという試行錯誤によって管理されていた。しかし、ADRの理解が深まり、感受性を高める患者の特性を理解することで、精密医療技術はADRへの積極...
薬物有害作用

アルツハイマー病認知症の危険因子としてのベンゾジアゼピン系薬剤と関連薬物

Benzodiazepines and Related Drugs as a Risk Factor in Alzheimer's Disease Dementia 要旨 ベンゾジアゼピン(BZD)およびZ-drugsは、抗不安作用、催眠作用、筋弛緩作用があるため、医療現場で広く処方されている化合物である。しかし、慢性的な使用...
薬物有害作用

注意! この10の薬は記憶障害を引き起こす可能性がある

Caution! These 10 Drugs Can Cause Memory Loss 物忘れや混乱がある場合は、薬棚をチェックしてみよう。 丸薬箱、健康、薬剤および補足で分類されるさまざまな錠剤は、10 の薬剤記憶損失を引き起こすことができる。 長い間、医師は物忘れや精神的な混乱は加齢によるものと見なしていた。...
3型 (生物毒素・感染症)

毒素結合剤コレスチラミン 効果・メカニズム・摂取方法・副作用(CIRS、カビ毒、マイコトキシン)

概要 コレスチラミン コレスチラミンのオフラベル使用 コレスチラミンは、FDAに承認されたコレステロールの上昇を抑えるために用いられる。商品名はクエストラン。40年以上の間、何百万人という患者で使用されてきた安全なコレステロール低下薬。 非常に広範囲の生物毒素、化学毒素を除去する作用があり、他の毒素結合剤と比べて強力であること...
標準治療薬

アルツハイマー病患者におけるコリンエステラーゼ阻害薬の睡眠への効果:観察的前向き研究

The effect of cholinesterase inhibitors on sleep in the patients with Alzheimer’s disease: an observational prospective study 概要 序論 本研究の目的は、病歴のない患者、睡眠に影響を与える薬を...
2型(萎縮性)

神経保護ホルモン プレグネノロン 

プレグネノロン情報 認知症・アルツハイマー 神経ステロイド 中枢神経内のステロイドホルモンは一般的に神経ステロイド、または神経活性ステロイドと定義される。 神経ステロイドはグリア細胞、ニューロンでコレステロールからデノボ合成される。副腎や生殖腺による抹消でも合成されるが、神経ステロイドの濃度は末梢よりも中枢神経系が高い。...