認知症 医薬

イベルメクチン

SARS-CoV-2パンデミック2年後の免疫、mRNAワクチン、薬物療法、非薬物療法について
Ofeleein i mi Vlaptin—Volume II: Immunity Following Infection or mRNA Vaccination, Drug Therapies and Non-Pharmacological Management at Post-Two Years SARS-CoV-2 Pandemic

Medicina (Kaunas).2022 Feb; 58(2):309. 概要 コロナウイルス感染症2019(COVID-19)の流行が続いていることから、感染、罹患、死亡の抑制に関する研究が始まり、人々の心身の健康 ...
イベルメクチンオフラベル薬パンデミック 総括ロックダウンワクチン メカニズム・耐性ワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ
オフラベル薬

医薬品戦争 | 巨大製薬企業が価格をつり上げ、ジェネリック医薬品を市場から排除する方法 -プロローグ
Drug wars - How Big Pharma raises prices and keeps generics off the market

目次 表と図 謝辞 プロローグ ハッチ-ワックスマンは実に見事な立法であった。 はじめに 「ジェネレーション1.0」 「ジェネレーション2.0 」はペイ・フォー・ディレイを複雑化する ...
オフラベル薬医療・製薬会社の腐敗
オフラベル薬

アルツハイマー型認知症治療薬ピオグリタゾンの再評価
Reassessment of Pioglitazone for Alzheimer’s Disease

2021年6月16日オンライン公開 doi: 10.3389/fnins.2021.666958. Ann M. Saunders,1 Daniel K. Burns,1andWilliam ...
オフラベル薬
オフラベル薬

クレンブテロールについて知っておくべきこと
This Is Everything You Need to Know About Clenbuterol

それでは、クレンブテロールとは何か、体内でどのように作用するのかを、まず最初にお答えします。クレンブテロールは強力な興奮剤で、代謝率や脂肪燃焼を増加させます。ダイエット・アデラル、スピロ・ペント、ベント・トゥ・プルマンなど、さまざま ...
オフラベル薬筋萎縮性側索硬化症(ALS)
オフラベル薬

ALSのためのクレンブテロール オープンラベルの臨床試験から得られた知見
Clenbuterol for ALS: Findings from an Open Label Trial

エブリシングALS チャンネル登録者数 3470人 今後のイベントに登録する Everythingals.org/events ALSの研究に参加する Everythingals.org/researc ...
オフラベル薬筋萎縮性側索硬化症(ALS)
低用量ナルトレキソン(LDN)

「低用量ナルトレキソン療法の可能性」はじめに
The Promise of Low Dose Naltrexone Therapy

目次 謝辞 序文:ヤシュ・パル・アグラワル医学博士 序文 はじめに 1. 薬物との戦い-Naltrexoneの歴史 2. 自己免疫疾患におけるLDN 3. 多発性硬化症におけるLDN ...
低用量ナルトレキソン(LDN)
薬物有害作用

一般的に処方される薬の慢性的な使用による薬物-栄養素の相互作用の証拠 最新情報
Evidence of Drug–Nutrient Interactions with Chronic Use of Commonly Prescribed Medications: An Update

薬剤学. 2018 Mar; 10(1): 36. 2018年3月20日オンライン公開 要旨 処方薬や市販薬の長期使用は、不顕性かつ臨床的に適切な微量栄養素の欠乏を誘発し、それは数ヶ月あるいは数年かけて徐々に進行す ...
薬物有害作用
低用量ナルトレキソン(LDN)

THE LDN BOOK はじめに 第一章 LDNの歴史と薬理学

The LDN Bookへの賛辞 私は15年以上にわたりLDNを基礎療法として使用してきた医師として、LDNは私がこれまでに使用してきた中で最も重要かつ成功した薬であると、公平に言うことができる。私はよく、LDNがなければ住宅ロー ...
低用量ナルトレキソン(LDN)
低用量ナルトレキソン(LDN)

低用量の薬剤は慢性疾患の転帰を改善する可能性がある

Low drug doses may improve outcomes in chronic disease サイモン・B・ディミット、ハンス・G・スタンプファー オンライン公開:2009年11月2日 概要 ...
低用量ナルトレキソン(LDN)慢性疾患毒性学・薬理学
オフラベル薬

COVID-19における低用量ナルトレキソン(LDN)の免疫血栓症予防・治療への再活用について

Repurposing low-dose naltrexone (LDN) for the prevention and treatment of immunothrombosis in COVID-19 概要 コロナウイルス感染症 ...
オフラベル薬低用量ナルトレキソン(LDN)医薬(COVID-19)
Long-COVID治療

オピオイドとアルコール中毒の治療薬が、Long-COVIDの治療に役立っている理由

How a Drug for Opioid and Alcohol Addiction Is Helping Treat Long COVID By Meiling Lee 2022年3月26日 更新 2022年3月26日 ...
Long-COVID治療Long-COVID/後遺症低用量ナルトレキソン(LDN)
オフラベル薬

アルツハイマー型認知症治療薬の再製剤化について

Repurposing Licensed Drugs for Use Against Alzheimer’s Disease 2021年6月1日オンライン公開 要旨 薬物の作用機序,in vivo試験,疫学データなどから,FD ...
オフラベル薬メラトニン
Long-COVID/後遺症

低用量ナルトレキソン(LDN) – 作用機序

Low Dose Naltrexone (LDN) - Mechanism of Action Dr.Been 0:00 さて、今日行う考察は、先ほどのFLCCと同じ考察です。ここでも同じ図を使おうと思いました。今回は、低用量ナルト ...
Long-COVID/後遺症ビーン博士ワクチン後遺症治療低用量ナルトレキソン(LDN)
オフラベル薬

お医者さんに適応外処方をお願いするためのガイドライン

Preparing for and asking a doctor to prescribe an off-label drug 一般的に医療従事者が最も関心を持っていることは、以下のようなことである。 潜在的な利益は何 ...
オフラベル薬
パーキンソン病

低用量ナルトレキソン療法の可能性ー神経変性疾患におけるLDN
The Promise of Low Dose Naltrexone Therapy

目次 謝辞 序文:ヤシュ・パル・アグラワル医学博士 序文 はじめに 1. 薬物との戦い-Naltrexoneの歴史 2. 自己免疫疾患におけるLDN 3. 多発性硬化症におけるLDN ...
パーキンソン病低用量ナルトレキソン(LDN)
オフラベル薬

「適応外処方-未承認薬の正当化」

目次 序文, ix 謝辞, xi 表紙デザインについての著者のコメント, xiii はじめに, xv 1 適応外薬とは何か、どれくらい普及しているのか, 1 「適応外」薬とは何か, 2本号の範囲, 8 ...
オフラベル薬
オフラベル薬

超低用量と生物学的増幅 アボガドロ数に迫る

Ultra low doses and biological amplification: Approaching Avogadro’s number 要約 本論文では、10-18から10-24Mの濃度(例えば、アボガドロ定 ...
オフラベル薬低用量ナルトレキソン(LDN)
医療・製薬会社の腐敗

イアトロジェネシス(Iatrogenesis) 医原性・医原病:医療事故の性質、範囲、分布についてのレビュー

Iatrogenesis: A review on nature, extent, and distribution of healthcare hazards 2018 Mar-Apr 要旨 現代医学では、環境的な決定要 ...
医療・製薬会社の腐敗薬物有害作用
薬物有害作用

サリドマイドによる催奇形性:歴史とメカニズム
Thalidomide‐induced teratogenesis: History and mechanisms

オンライン版2015年6月4日掲載 Neil Vargesson(ニール・ヴァルゲソン)corresponding author 1 概要 約60年前、サリドマイドが妊婦のつわりの治療薬として処方された。その結果、1万人以 ...
薬物有害作用
ワクチン リスク・ベネフィット

薬剤のベネフィット | リスク比の評価-無作為化と自然主義のエビデンス
Assessing the benefit: risk ratio of a drug--randomized and naturalistic evidence

2011 Jun; 13 François Curtin, MD* and Pierre Schulz, MD 要旨 医薬品のベネフィットとリスクの初期および継続的な評価、すなわち治療効果と安全性リスクのバランスをとるため ...
ワクチン リスク・ベネフィット毒性学・薬理学薬物有害作用認知症 医薬
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました