認知症 医薬

薬物有害作用

ベンゾジアゼピン:使用法、危険性、臨床的考察
Benzodiazepines: Uses, Dangers, and Clinical Considerations

Benzodiazepines: Uses, Dangers, and Clinical Considerations オンライン公開 2021年11月10日 doi:10.3390/neurolint13040059 pmcid: pmc8629021 PMID:3484281
アミロイド

アルツハイマー病の治療に近づいているのか?
ベータアミロイドとその先

Are we getting closer to curing Alzheimer’s Disease? リン・ニン 2023/02/21 2023年1月6日、FDAはアルツハイマー病(AD)の新薬レケンビ(旧名レカネマブ)を承認した。これは、症状を一時的に和らげるのではなく、病
アンチエイジング・認知機能向上

ニコチンが記憶と認知にもたらす効果の分子生物学的解明
Molecular insights into the benefits of nicotine on memory and cognition

Molecular insights into the benefits of nicotine on memory and cognition 2021年3月25日オンライン公開 doi:10.3892/mmr.2021.12037. pmcid: pmc8025477 PMI
医学哲学

社会の薬物化という文脈で 理論的、実証的、そして健康的な側面から
Pharmaceuticalization of Society in Context: Theoretical, Empirical and Health Dimensions

Pharmaceuticalization of Society in Context:Theoretical, Empirical and Health Dimensions BSA Publications Ltd®Volume 44(4): 603-622 -ジョン・エイブ
薬物有害作用

一般的に処方される薬の慢性的な使用による薬物-栄養素の相互作用の証拠 最新情報
Evidence of Drug–Nutrient Interactions with Chronic Use of Commonly Prescribed Medications: An Update

薬剤学. 2018 Mar; 10(1): 36. 2018年3月20日オンライン公開 要旨 処方薬や市販薬の長期使用は、不顕性かつ臨床的に適切な微量栄養素の欠乏を誘発し、それは数ヶ月あるいは数年かけて徐々に進行する可能性がある。 現在入手可能な医薬品の数が多いにもかかわらず、薬
医療・製薬会社の不正・腐敗、医原病

イアトロジェネシス(Iatrogenesis) 医原性・医原病:医療事故の性質、範囲、分布についてのレビュー

Iatrogenesis: A review on nature, extent, and distribution of healthcare hazards 2018 Mar-Apr 要旨 現代医学では、環境的な決定要因よりも、人体の疾病に取り組むことが包括的に重要視されてい
薬物有害作用

サリドマイドによる催奇形性:歴史とメカニズム
Thalidomide‐induced teratogenesis: History and mechanisms

オンライン版2015年6月4日掲載 Neil Vargesson(ニール・ヴァルゲソン)corresponding author 1 概要 約60年前、サリドマイドが妊婦のつわりの治療薬として処方された。その結果、1万人以上の子供たちが重度で衰弱した奇形を持って生まれてくるという
ワクチン リスク・ベネフィット

薬剤のベネフィット | リスク比の評価-無作為化と自然主義のエビデンス
Assessing the benefit: risk ratio of a drug--randomized and naturalistic evidence

2011 Jun; 13 François Curtin, MD* and Pierre Schulz, MD 要旨 医薬品のベネフィットとリスクの初期および継続的な評価、すなわち治療効果と安全性リスクのバランスをとるためには、臨床試験から得られる無作為化エビデンスと、薬剤疫学や
オフラベル、再利用薬

スタチン療法の副作用:認識 vs. 証拠 – グルコースホメオスタシス、認知機能、腎機能、肝機能、出血性脳卒中、白内障に焦点を当てて

Adverse effects of statin therapy: perception vs. the evidence – focus on glucose homeostasis, cognitive, renal and hepatic function, haemor
医療の偽情報・検閲・汚職

医学界の問題点 処方薬は我々を大量に殺す*。

Our prescription drugs kill us in large numbers オンラインで公開。2014年10月30日 ピーター・C・ゴツシェ(Peter C. Gøtzsche) 北欧コクランセンター、コペンハーゲン、デンマーク キーワード 要旨 薬物、有害性
オフラベル、再利用薬

リラグルチドとその神経保護作用-アルツハイマー病と脳虚血イベントにおける生化学的メカニズムの可能性に着目して

Liraglutide and its Neuroprotective Properties—Focus on Possible Biochemical Mechanisms in Alzheimer’s Disease and Cerebral Ischemic Events
オフラベル、再利用薬

SGLT2阻害による神経細胞の消失に関わる疾患の治療の視点 アルツハイマー病と虚血性脳障害に焦点を当てて

Perspective of SGLT2 Inhibition in Treatment of Conditions Connected to Neuronal Loss: Focus on Alzheimer’s Disease and Ischemia-Related Bra
アミロイド

ICER、FDAによるアルツハイマー型認知症治療薬アデュカヌマブの承認について声明を発表

ICER Issues Statement on the FDA’s Approval of aducanumab for Alzheimer’s Disease 2021年6月7日、ボストン - Institute for Clinical and Economic Revie
アミロイド

アデュカヌマブを投与されたAPOEε4/ε4患者の症候性アミロイド関連画像異常

Symptomatic amyloid‐related imaging abnormalities in an APOE ε4/ε4 patient treated with aducanumab 要旨 はじめに アミロイド関連画像異常(ARIA)は、アミロイド標的抗体の用量依存
ハーブ

ハーブと薬物の相互作用で相反する結果を引き起こす多面的な要因

Multifaceted Factors Causing Conflicting Outcomes in Herb-Drug Interactions オンラインでは2020年12月30日に公開 概要 ハーブと薬物の相互作用(HDI)は,ハーブ製品の併用による代謝酵素やトランスポ
ステロイドホルモン

アルツハイマー病治療薬 ホルミシス用量反応モデルの応用
Alzheimer's Disease Drugs: An Application of the Hormetic Dose-Response Model

米国マサチューセッツ大学公衆衛生学部環境健康科学課、アマースト、マサチューセッツ州、米国 概要 本稿では、記憶力の向上を目的とした薬剤のうち、アルツハイマー病(AD)の治療に用いられている薬剤の用量反応の特徴を評価している。これらの薬剤に共通する特徴は、逆U字型の用量反応で作用す
オフラベル、再利用薬

アルツハイマー病の治療における最新の動向 現在の治療法と薬剤再利用のアプローチ

Recent Trends in the Management of Alzheimer’s Disease: Current Therapeutic Options and Drug Repurposing Approaches 概要 アルツハイマー型認知症は、最も進行性の高い
利益相反

製薬会社からの支払いは日本の医師の医療過誤を助長しているのか?

Are Pharmaceutical Company Payments Incentivising Malpractice in Japanese Physicians? 小橋百合江, 1 , 2 ,* 渡辺誠, 3 木村英明, 3 樋口朝香, 1 and 尾崎明彦, 1 , 4
オフラベル、再利用薬

アルツハイマー病の新規治療法開発の進展

Advances in developing novel therapeutic strategies for Alzheimer’s disease オンラインで公開2018年12月12日 要旨 アルツハイマー病は、老化の最も一般的な神経変性疾患であり、高齢のアメリカ人の8人に
個人輸入・ジェネリック薬

ジェネリック医薬品の生物学的同等性

Bioequivalence of Generic Drugs チッタランジャン・アンドラーデ医学博士 ジェネリック医薬品は先発医薬品と生物学的に同等である 最近の研究では、保守的な数学的モデル化の方法に基づいて、ジェネリック医薬品もほとんどが先発品と生物学的に同等であることが示
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました