イベルメクチンががんと闘う「強力な薬」である7つの説得力ある理由
リック・オルダーソンは「歩く死人」で、余命6ヶ月と宣告されていた。しかし、イベルメクチン治療を開始したところ、驚くべきことが起こった。

イベルメクチンウイリアム・マキスオフラベル、再利用薬癌・ガン・がん

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

7 Compelling Reasons Why Ivermectin Is a ‘Powerful Drug’ for Fighting Cancer

vigilantfox.news/p/7-compelling-reasons-why-ivermectin

ザ・ヴィジラント・フォックス

2024年04月06日

イベルメクチンは、ペニシリンに次いで2番目に人間の健康に大きな影響を与えたとしてよく知られている。その発見はノーベル賞を受賞したほどである。

タイレノールよりも安全で、河川盲目症を絶滅寸前まで追い込んだが、宣伝担当者は「危険な馬の駆虫薬」だと言った。

イベルメクチンはCOVID-19の有効な治療薬であるだけでなく、がんと闘うための「強力な薬」にもなりうることがわかった。その7つの理由がここにある。

7つの理由

1. 複数の抗がん作用:

腫瘍学者で上級研究員であるアルフォンソ・ドゥエニャス・ゴンサレス博士によれば、イベルメクチンは少なくとも9つの明確に定義された癌の標的に影響を与える。彼は、”イベルメクチンの影響を受ける、少なくとも9つの完全に定義されたがん標的がある。”と述べている。

2. 化学療法と放射線療法の効果を高める:

イベルメクチンは腫瘍幹細胞を標的とし、がん細胞の死を促進するだけでなく、「化学療法や放射線療法の効果を高める」

このように免疫系に幅広い影響を与えることで、ガンに対する攻撃力を高め、従来の治療法の補助として多目的に利用できる。

3.がん細胞のサイクルを抑制する:

この薬剤は、がん細胞サイクルを阻害し、ミトコンドリアストレスを誘導することでがん細胞を死滅させ、新たながん細胞の形成を阻止する。このメカニズムは、がん細胞の増殖を止めるために極めて重要である。

4.がん細胞の近くに新しい血管ができるのを防ぐ:

イベルメクチンは、がんにエネルギーと燃料を運ぶ新しい血管の形成を阻害することにより、がんの生存を妨げる。この作用により、がん細胞は飢餓状態に陥り、成長と拡散が妨げられる。

5. 免疫療法との相乗効果:

シティー・オブ・ホープの免疫腫瘍学部長であるピーター・P・リー博士は、イベルメクチンが免疫チェックポイント阻害剤である抗PD1と相乗効果を発揮し、がんと闘うための身体の免疫反応を強化することを発見した。

「私たちが学んでいるのは、イベルメクチンは慎重に開発された免疫療法との組み合わせにおいて、非常に強力な薬剤になるということです」

6.がん幹細胞を標的とする:

イベルメクチンは、がん腫瘍と再発の原動力であるがん幹細胞を優先的に標的とする。これらの細胞に焦点を当てることで、イベルメクチンはがんの回復力と再発能力の根源を攻撃する。

7. リック・オルダーソンの不思議な事件

製材所を引退したオルダーソン氏は、「歩く死人」、末期の大腸がんが肝臓に転移し、25個の腫瘍ができたため、余命6カ月と宣告された。

イベルメクチンの投与開始後、リック・オルダーソンの腫瘍活性のマーカーであるカルサイノエンブリオニック抗原(CEA)値は、数ヵ月で1,498ng/mLから13.9ng/mLへと大幅に低下した。

オルダーソン氏の肝臓にあった25個の腫瘍のうち、イベルメクチンと化学療法による治療後に残ったのは3個だけであり、腫瘍の負担が大幅に軽減したことを示している。

オルダーソン氏は当初の6カ月の予後からさらに2年間生存したが、これは化学療法と並行してイベルメクチンを使用したためであると彼の妻は考えている。

イベルメクチンと癌 パート2 – ターボ癌の治療(ウィリアム・マキス博士)

新しい記事 イベルメクチンと癌 Part 2 – ターボ癌の治療 – 2024年に発表された7つの新しい研究が、イベルメクチンが癌に効くことを示している – COVID-19 mRNAワクチン誘発ターボ癌のプロトコルを提案した

昨年10月、私はイベルメクチン(IVM)とがん治療について、これまでに発表された記事の中で最も人気のあるものを書いた。

その記事の後、がんに対するIVMの作用機序についてではなく、プロトコール、投与量、製剤-どのイベルメクチンをどのように使用するか、投与量はどのくらいか、投与期間はどのくらいか、など-について1000件もの質問が殺到した。

この記事は、そのような疑問をすべて解決する実践的なアプローチである。

市販されているイベルメクチン製剤には3種類ある:

  • 錠剤:3mg、6mg、12mgのものがある。
  • 液剤:通常、10mgのIVMあたり1mLである。
  • ペースト剤:通常、IVM 120mgあたり6.4gである。

(錠剤を使用しない場合は、必ず用法用量を確認すること)

イベルメクチンを癌(特にターボ癌を発症したCOVID-19 mRNAワクチン接種者)に使用するための4つの「実験プロトコル」を提案する:

マキス博士のイベルメクチンがんプロトコル

低用量(<0.5mg/kg)
  • 寛解期にある癌
  • 強い家族歴
  • 遺伝的素因
  • 予防的使用
中用量(1.0mg/kg)
  • mRNAワクチン誘発ターボがん(リンパ腫、乳がん、結腸がん、肺がん、メラノーマ、精巣がん/子宮頸がん/卵巣がん、腎臓がん等)を含むほとんどのがんに対する開始用量
高用量(2.0mg/kg)
  • 攻撃的なターボ癌、特に白血病、膵臓癌、脳腫瘍に対する開始用量
  • 腫瘍の侵攻性は病理学的に決定されることが多い(例えばKi67染色が80%以上)。
  • 非常に侵攻性の高い稀なタイプ(虫垂、胆嚢、胆管癌、血管肉腫、その他の肉腫)もある。
非常に高い投与量(2.5mg/kg)
  • 非常に絶望的な状況
  • 余命わずか
  • 極度の腫瘍転移負荷
  • 予後が極めて悪い
  • 特定の侵攻性脳腫瘍や非常に大きな脳腫瘍?

思考実験をしてみよう:

30歳の教師(体重60kg)がCOVID-19 mRNAワクチンを4回摂取し、ステージ4のターボ大腸がんで肝転移が数個あると診断されたところである(ファイザーやモデルナの後に非常によくあるシナリオ)。

この人は、標準的な化学療法/放射線療法に加えて、中用量1mg/kg/日のIVERMECTINレジメンを考えている。

1日12mgの錠剤を5錠服用することになる。

またはIVM液(10mg/1mL)を1日6mL服用する。

液剤の方がはるかに安く、1日あたり1ドル程度で済む。錠剤の値段はピンキリで、どこから輸入するかにもよるが、1日10ドルから50ドルになることもある。

別の思考実験をしてみよう:

COVID-19 mRNAワクチンを3回接種した25歳で、癌の家系に強い罹患歴があり、ターボ癌の発症を非常に心配している。

この人物は予防のために低用量のイベルメクチンの投与を希望している。彼女は1日12mgを服用する。彼女は、現在イベルメクチンを癌の予防薬として検討した臨床試験はないことを理解している。

別の思考実験をしてみよう:

45歳のカナダ人医師がCOVID-19 mRNAワクチンを8回接種し、野球ボール大のグレード4の脳腫瘍(膠芽腫)と診断され、余命数週間と宣告された。彼は2.5mg/kg/日を摂取することに決め、いくつかの視覚症状が現れたが、数日後には治まった。腫瘍は数週間かけて縮小し始め、カナダ人医師の同僚は困惑している。特に脳腫瘍の場合、問題は脳腫瘍に影響を及ぼすのに十分なIVMを血液脳関門を通過させることである。そのため、より高用量が必要となる。

このような場合、腫瘍内科医は困惑し、患者を家に帰して死なせることになる(カナダの医師は、診察室でその場で医療的自殺幇助を行う。)実際、「イベルメクチン」という言葉を聞いただけで、目に見えて震えだし、胎児のような姿勢で机の下に隠れる腫瘍医もいるだろう。

「ファウチ先生を助けてください」と、彼らは前後に揺れながら繰り返し唱えるだろう。瀕死の患者にイベルメクチンを投与しなかったことで、医師会から祝電が届き、社会的信用度は飛躍的に高まるだろう。がんに少しでも関心があるなら、この画期的な記事を見逃す手はない。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました