癌・ガン・がん

イベルメクチン

イベルメクチン錠剤へのアクセスと研究、癌の記事とプロトコル ウィリアム・マキス博士

低用量 中用量 高用量 超高用量 ≤0.5mg/kg 1.0mg/kg 2.0mg/kg ≥2.5mg/kg - 寛解期の癌 - 家族歴が強い - 遺伝的素因 - 予防措置 ほとんどの癌の開始用量 非常に進行した癌 (白血病、膵臓癌、脳腫瘍)の用量 - 広範な転移性疾患 - 予後
ウイリアム・マキス

がんのサクセスストーリー ステージ4の膵臓がん – フェンベンダゾールプロトコルで腫瘍が縮小し、がんマーカーが減少した

Cancer Success Stories: Stage 4 Pancreatic Cancer – Fenbendazole Protocol Shrinking Tumors and Dropping Cancer Markers 私のがん体験談私は2023年8月にステージ
イベルメクチン

インタビュー イベルメクチンとターボガンを中心に ウイリアム・マキス博士

INTERVIEW - TNT The Pelle Neroth Taylor Show - Focus on Ivermectin and Turbo Cancer (June 20, 2024) ペレ・ネロス・テイラー 21:30 木曜日の午後、北半球の夏至の日、テイラーのペ
FLCCC,ピエール・コリー

FLCCC:がんについて知っておくべきこと ポール・マリク博士

Cancer, What You Need To Know !function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=function(){(r._=r._||._.length==1){l=u.createElement(m),e=u.getElemen
オフラベル、再利用薬

論文:治療標的としてのがん代謝と介入のレビュー 2023

Cancer Metabolism as a Therapeutic Target and Review of Interventions オンライン公開 2023年10月1日 Matthew T. J. Halma,1,2 Jack A. Tuszynski,3,4,5 and
Long-COVID治療

書籍:『The LDN Book 3』低用量ナルトレキソンの本3

The LDN Book 3: Low Dose Naltrexone: The Latest Research on: Viral Infections, Long COVID, Mold Toxicity, Longevity, Cancer, Depression and
ウイリアム・マキス

メベンダゾールと癌  ウイリアム・マキス博士
Episode 020: MEBENDAZOLE and CANCER

ハイライト COVID-19ワクチン接種者に「ターボがん」と呼ばれる非常に攻撃的ながんが発生している。 メベンダゾールはフェンベンダゾールのFDA承認済みヒト用バージョンであり、ガンに対して広範な効果がある。 メベンダゾールの作用機序には、アポトーシス、オートファジー、細胞周期停
FLCCC,ピエール・コリー

癌に対するイベルメクチンの驚くべき可能性: キャスリーン・ラディ博士
The Surprising Potential of Ivermectin Against Cancer: Dr. Kathleen Ruddy

The Surprising Potential of Ivermectin Against Cancer: Dr. Kathleen Ruddy イベルメクチンに抗癌剤としての可能性があるとは、誰よりも驚きました。彼女は、重度の末期がん患者がイベルメクチンを服用した後、好転し始
メラトニン

メラトニンは放射線腫瘍治療に役立つか?

Can Melatonin Help Us in Radiation Oncology Treatments? 総説|オープンアクセス 2014年|論文ID 578137 受領 2014年2月24日 受理 2014年4月15日 掲載 2014年5月11日 要旨 今日、放射線治療は
癌・ガン・がん

症例報告: 転移性前立腺癌患者に対する二酸化塩素溶液の人道的使用

Case Report: Compassionate application of chlorine dioxide-based solution in a patient with metastatic prostate cancer マヌエル・アパリシオ-アロンソ1 *, ベ
イベルメクチン

査読論文:イベルメクチン抗寄生虫療法を超える可能性を秘めた多面的薬剤

Ivermectin: A Multifaceted Drug With a Potential Beyond Anti-parasitic Therapy オンライン公開2024年3月12日。 PMCID:PMC11008553 PMID:38606261 モニタリング・エディ
イベルメクチン

イベルメクチンががんと闘う「強力な薬」である7つの説得力ある理由
リック・オルダーソンは「歩く死人」で、余命6ヶ月と宣告されていた。しかし、イベルメクチン治療を開始したところ、驚くべきことが起こった。

7 Compelling Reasons Why Ivermectin Is a ‘Powerful Drug’ for Fighting Cancer ザ・ヴィジラント・フォックス 2024年04月06日 イベルメクチンは、ペニシリンに次いで2番目に人間の健康に大きな影響を与え
パーキンソン病

神経変性疾患とがんの治療のための代替ミトコンドリア電子伝達: メチレンブルーが点と点を結ぶ

Alternative Mitochondrial Electron Transfer for the Treatment of Neurodegenerative Diseases and Cancers: Methylene Blue Connects the Dots 20
フェンベンダゾール

膵臓癌の分子サブタイプと遺伝的背景を探る:有効な治療薬を見つけるための探求

Exploiting the molecular subtypes and genetic landscape in pancreatic cancer: the quest to find effective drugs オンライン公開 2023年9月18日 . PMCID:
伝統医療・民間療法

『炭酸水素ナトリウム』自然のユニークな救急薬
Sodium Bicarbonate: Nature's Unique First Aid Remedy

Sodium Bicarbonate: Nature's Unique First Aid Remedy マーク・サーカス博士 カバーデザイナー:ジーニー・テューダー エディター:エリカ・シュール タイプセッター:ゲイリー・A・ローゼンバーグ 本書に含まれる情報と助言は、著者の研
癌・ガン・がん

統合腫瘍学 第2版
Integrative Oncology (Weil Integrative Medicine Library) 2nd Edition

Integrative Oncology (Weil Integrative Medicine Library) 2nd Edition 統合腫瘍学 統合医療ライブラリー シリーズ編集者 アンドリュー・T・ワイル医学博士 ドナルド・I・エイブラムス、アンドリュー・T・ワイル:統合
オフラベル、再利用薬

がん治療における慢性的に使用されている薬剤の再利用: つかむチャンス

Repurposing of Chronically Used Drugs in Cancer Therapy: A Chance to Grasp オンライン公開 2023 Jun 15. PMCID: PMC10296024 PMID: 37370809 要旨 簡単な要約 癌
オフラベル、再利用薬

膵臓癌の分子サブタイプと遺伝的背景を探る:有効な治療薬を見つけるための探求
Exploiting the molecular subtypes and genetic landscape in pancreatic cancer: the quest to find effective drugs

Front Genet.2023; 14: 1170571. オンライン公開 2023年9月18日 . PMCID: PMC10544984 PMID:37790705 要旨 膵管腺癌(PDAC)は非常に致死的な疾患であり、一般的に進行した病期で発症し、ほとんどの治療が無効である
オフラベル、再利用薬

癌治療における共補助薬としての抗糖尿病薬、駆虫薬、スタチン、β遮断薬
Antidiabetics, Anthelmintics, Statins, and Beta-Blockers as Co-Adjuvant Drugs in Cancer Therapy

オンライン公開 2022年9月7日 doi:10.3390/medicina58091239 PMCID: PMC9503803 PMID:36143915 要旨 ここ数年の間に、抗マラリア薬、駆虫薬、抗生物質、抗炎症薬、降圧薬、抗高脂血症薬、抗糖尿病薬など、リパーポーズされた薬
オフラベル、再利用薬

ベンゾイミダゾール系駆虫薬のリパーポーズによる抗腫瘍効果
The Antitumor Potentials of Benzimidazole Anthelmintics as Repurposing Drugs

The Antitumor Potentials of Benzimidazole Anthelmintics as Repurposing Drugs Immune Netw.2020 Aug; 20(4): e29. 2020年8月4日オンライン公開。 PMCID: PMC7
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました