感染症・コビッド 予防&治療

がん(ワクチン関連)

ターボ癌の治療 2024年に発表された7つの新しい研究が、イベルメクチンががんに効くことを示す
COVID-19 mRNAワクチン誘発ターボがんに関する推奨プロトコル

Treating Turbo Cancer: Seven New Studies Released in 2024 Show Ivermectin Works Against Cancer ウィリアム・マキス博士著 COVID インテル2024年4月6日 昨年、私はイベルメクチン
イベルメクチン

イベルメクチンががんと闘う「強力な薬」である7つの説得力ある理由
リック・オルダーソンは「歩く死人」で、余命6ヶ月と宣告されていた。しかし、イベルメクチン治療を開始したところ、驚くべきことが起こった。

7 Compelling Reasons Why Ivermectin Is a ‘Powerful Drug’ for Fighting Cancer ザ・ヴィジラント・フォックス 2024年04月06日 イベルメクチンは、ペニシリンに次いで2番目に人間の健康に大きな影響を与え
Long-COVID治療

スパイクプロテイン関連病理の管理戦略

Strategies for the Management of Spike Protein-Related Pathology Matthew T. J. Halma,1 Christof Plothe,2 Paul Marik,3 and Theresa A. Lawrie1
イベルメクチン

イベルメクチンの不正試験 “ビッグ7 “の最後がついに発表された ピエール・コリー博士
オックスフォード大学が長らく延期していたPRINCIPLE試験は、データが非常にポジティブな影響を示しているにもかかわらず、否定的な研究として黙殺され、イベルメクチン研究不正の新記録を打ち立てた。

The Last of The "Big Seven" Fraudulent Ivermectin Trials Has Finally Been Published ピエール・コーリー医学博士、MPA 拙著『イベルメクチンをめぐる戦争』をお読みになった方なら、第25章「偽造試験
FLCCC,ピエール・コリー

mRNAワクチンはスパイクタンパク質をシェディングする
科学的および臨床的証拠の現状 スパイクタンパク質のシェディングが、ワクチン接種を受けた人々のコホートにおいて副作用を引き起こすという科学的および臨床的証拠について、簡潔に整理し、参照できるようにまとめた。

mRNA Vaccine Shedding Of Spike Protein: State Of the Scientific and Clinical Evidence ピエール・コリー医学博士 2024/02/20 読者の皆さんは、11月に私が行ったmRNAワクチンのシェディ
FLCCC,ピエール・コリー

ピエール・コリー博士がCOVID-19ワクチンのシェディングについて説明

この数年、COVID-19ワクチンのシェディングに関する噂を耳にします。ワクチン未接種の女性は、ワクチン接種者と密接に接触した後、月経異常について話しています。最近ワクチン接種を受けた母親の中には、授乳後に赤ちゃんに悪い反応が出たと報告する人もいます。では、この現象は何なのでしょ
FLCCC,ピエール・コリー

FLCCC:I-RECOVER ポストワクチン接種治療プロトコル 2024年2月アップデート
I-RECOVER POST-VACCINE TREATMENT PROTOCOL

I-RECOVER POST-VACCINE TREATMENT PROTOCOL 更新:推奨される治療法の順番を変更した。マスト細胞活性化の治療法、迷走神経刺激、ARCマイクロカレント装置を追加した。 目次 推奨される治療法の要約 免責事項 貢献者 定義 疫学 病因 COVID
FLCCC,ピエール・コリー

FLCCC:I-RECOVER Long-COVID治療プロトコル 2023年10月

I-RECOVER LONG COVID TREATMENT 目次 免責事項 ロング・コビッドについて Long-COVIDが起こる理由についての理論 症状のグループ Long-COVIDの治療戦略 初期スクリーニング検査 治療への一般的アプローチ 組織化肺炎の治療 第一選択療法
うがい 鼻スプ 消毒剤

過酸化水素:小さいが強力な分子
消毒剤以上のものだ!

Hydrogen Peroxide: A small but potent molecule 2024/02/02 これは、第2回目の記事シリーズのトーマス・レヴィ博士の、さまざまな健康状態に対する安全で手頃な価格の効果的な治療法に関する多方面にわたる研究、特にCOVID-19事
COVIDワクチンの有害事象

COVID-19 mRNAワクチン:登録試験と世界的なワクチン接種キャンペーンから得られた教訓

COVID-19 mRNA Vaccines: Lessons Learned from the Registrational Trials and Global Vaccination Campaign M. ナサニエル・ミード- ステファニー・セネフ-ラス・ウォルフィンガー-
COVIDの起源

議論:Covid-19は新しい病原体によって引き起こされたパンデミックなのか、それとも有害な政策と恐怖のプロパガンダによってのみ引き起こされたのか?
What's Appのグループチャットでは、多くのデータ専門家や科学者が第一線の臨床医とこの問題について議論している。ここでは、その議論をまとめてみた。

尊敬に値する科学的討論を促進するという精神と意図の下、同僚のグループが、マーティン・ニール、ジョナサン・エングラー、ジェシカ・ホケットによって書かれた「『Spikeopathy 』はCOVID-19に関連する。『新奇な』症状を説明しない」というタイトルの投稿に対する返答を、私たち
うがい 鼻スプ 消毒剤

鼻のマイクロバイオーム-敵か味方か?
The Microbiome of the Nose—Friend or Foe?

The Microbiome of the Nose—Friend or Foe? オンライン公開:2020年3月13日doi:10.1177/2152656720911605 PMCID:PMC7074508 PMID:32206384 短い要旨 近年、ヒトの微生物叢と疾患発症
イベルメクチン

イベルメクチンの抗寄生虫活性:40年にわたる “驚異の薬”の研究
Antiparasitic activity of ivermectin: Four decades of research into a “wonder drug”

第261巻 2023年12月5日 115838号 ハイライト ヒトと動物におけるイベルメクチンの認可された使用法について説明する。 イベルメクチンの寄生虫関連疾患に対する「適応外」使用について概説する。 実験的治療におけるイベルメクチンの使用について詳述している。 イベルメクチン
テクノクラシー

『ダーク・イオン/ 堕落した女神』(2023)
トランスヒューマニズムと人類との戦い

Dark Aeon: Transhumanism and the War Against Humanity Kindle Edition by Joe Allen ジョー・アレンの『ダーク・イオン』は、計画されているポスト・ヒューマンの未来についての初の包括的な批判的分析である。
FLCCC,ピエール・コリー

ワクチン接種者から非接種者へのコビドmRNAワクチン成分と製品の シェディング-その1
起こっている。製造業者と規制当局は、それがリスクであることを知っていたにもかかわらず、コビッドワクチンmRNA技術の多くの側面と同様に、スパイクタンパク質やLNPの排泄可能性をテストしなかった。

“Shedding” of Covid mRNA Vaccine Components and Products From The Vaccinated to the Unvaccinated - Part 1 ピエール・コーリー医学博士、MPA 2023/11/01 連邦規制当
FLCCC,ピエール・コリー

COVID-19ワクチンのDNA汚染 FCCCウィークリー・アップデート(2023年10月18日)
DNA Contamination in COVID-19 Vaccines: FLCCC Weekly Update (October 18, 2023)

DNA Contamination in COVID-19 Vaccines: FLCCC Weekly Update (October 18, 2023) COVID-19ワクチンにDNAが混入している可能性が最近話題になっていますが、このウェビナーではこの厄介なトピックを取り
イベルメクチン

パンデミックに関する17の嘘
Seventeen Covid Pandemic Lies We’ve Been Told

リチャード・ゲイル、ゲーリー・ナル両博士著 グローバル・リサーチ、2023年10月17日 テーマメディアの偽情報、科学と医学 Seventeen Covid Pandemic Lies We’ve Been Told 武漢でSARS-CoV-2ウイルスが発生して以来、この3年10
イベルメクチン

イベルメクチンには少なくとも15の抗がん作用機序がある COVID-19 mRNAワクチン誘発ターボ癌を治療できるか?
イベルメクチンの論文9本をレビュー

ウィリアム・マキス博士著 2023年10月02日 COVIDインテル テーマ科学と医学 査読された論文 2023 Sep.23 - Man-Yuan Li et al-肺腺癌細胞においてイベルメクチンがPAK1およびアポトーシスをダウンレギュレートすることにより非保護的オートファ
パンデミック 総括・批評

なぜCOVID-19の処理にあのようなひどいやり方が選ばれたのか?
次に同じことが起こらないように、何が起こったのかを理解しなければならない

Why Were Such Terrible Approaches Chosen to Handle COVID-19? 中西部の医師 2023/09/28 注:原文での引用リンクはこの記事ではリンク付けされていません。 一目でわかるストーリー 医療における一般的な問題は、検査や
イベルメクチン

イベルメクチンをめぐる戦い:数百万人を救い、パンデミックを終わらせることができた薬
War on Ivermectin: the Medicine that Saved Millions and Could Have Ended the Pandemic

『イベルメクチンをめぐる戦い』への称賛 「ピエール・コリー博士は現代の英雄の一人である。患者と人類の健康のために、キャリア、名声、友情、地位、生活を犠牲にした勇気ある医師である」 -ロバート・F・ケネディ・ジュニア、Children's Health Defenseの創設者であり
alzhacker.com をフォロー