オフラベル、再利用薬

イベルメクチン

イベルメクチンががんと闘う「強力な薬」である7つの説得力ある理由
リック・オルダーソンは「歩く死人」で、余命6ヶ月と宣告されていた。しかし、イベルメクチン治療を開始したところ、驚くべきことが起こった。

7 Compelling Reasons Why Ivermectin Is a ‘Powerful Drug’ for Fighting Cancer ザ・ヴィジラント・フォックス 2024年04月06日 イベルメクチンは、ペニシリンに次いで2番目に人間の健康に大きな影響を与え
オフラベル、再利用薬

がん治療における慢性的に使用されている薬剤の再利用: つかむチャンス

Repurposing of Chronically Used Drugs in Cancer Therapy: A Chance to Grasp オンライン公開 2023 Jun 15. PMCID: PMC10296024 PMID: 37370809 要旨 簡単な要約 癌
オフラベル、再利用薬

膵臓癌の分子サブタイプと遺伝的背景を探る:有効な治療薬を見つけるための探求
Exploiting the molecular subtypes and genetic landscape in pancreatic cancer: the quest to find effective drugs

Front Genet.2023; 14: 1170571. オンライン公開 2023年9月18日 . PMCID: PMC10544984 PMID:37790705 要旨 膵管腺癌(PDAC)は非常に致死的な疾患であり、一般的に進行した病期で発症し、ほとんどの治療が無効である
オフラベル、再利用薬

癌治療における共補助薬としての抗糖尿病薬、駆虫薬、スタチン、β遮断薬
Antidiabetics, Anthelmintics, Statins, and Beta-Blockers as Co-Adjuvant Drugs in Cancer Therapy

オンライン公開 2022年9月7日 doi:10.3390/medicina58091239 PMCID: PMC9503803 PMID:36143915 要旨 ここ数年の間に、抗マラリア薬、駆虫薬、抗生物質、抗炎症薬、降圧薬、抗高脂血症薬、抗糖尿病薬など、リパーポーズされた薬
オフラベル、再利用薬

『苦しんでいる人は、低用量ナルトレキソン(LDN)についてよく知っている。なぜそのことを教えてくれないのか?』』
古くからある薬であり、論争の的になっている治療法である。 なぜそのことを知らないのか?なぜ提供されないのか?

Those Who Suffer Much Know Much about Low Dose Naltrexone (LDN) Why weren’t you told? an old drug a controversial treatment benefiting immun
オフラベル、再利用薬

ベンゾイミダゾール系駆虫薬のリパーポーズによる抗腫瘍効果
The Antitumor Potentials of Benzimidazole Anthelmintics as Repurposing Drugs

The Antitumor Potentials of Benzimidazole Anthelmintics as Repurposing Drugs Immune Netw.2020 Aug; 20(4): e29. 2020年8月4日オンライン公開。 PMCID: PMC7
ウイリアム・マキス

素晴らしいフェンベンダゾール:進行性癌に対する医師の投与量
Fabulous Fenbendazole: Doctor’s Dosage For Aggressive Cancers

5.4Kビュー修正2023年10月24日 - 公開2023年10月 9日 ByJacqueline Fabulous Fenbendazole: Doctor’s Dosage For Aggressive Cancers (画像出典) はじめに 犬の寄生虫感染症の治療薬である抗
KD論文

がんに対する認知度の低い補助療法のレビュー
Review of Under-Recognized Adjunctive Therapies for Cancer

Review of Under-Recognized Adjunctive Therapies for Cancer オンライン公開 2022年9月29 日 PMCID: PMC9563303 PMID:36230703 要旨 簡単なまとめ 本総説は、がん医療およびプライマリ・ケ
オフラベル、再利用薬

歯周病治療におけるアジスロマイシン:単なる抗生物質ではない
Azithromycin in periodontal treatment: more than an antibiotic

歯周病研究ジャーナル R. Hirsch, H. Deng, M. N. Laohachai アデレード大学歯学部、アデレード、サウスカロライナ州、オーストラリア 2011年8月23日掲載 要旨 アジスロマイシンはマクロライド系抗生物質で、上気道感染症、中耳炎、性感染症、トラコー
オフラベル、再利用薬

犬用駆虫薬の特異な再位置づけ:フェンベンダゾールへの熱狂
Exceptional Repositioning of Dog Dewormer: Fenbendazole Fever

オンライン公開 2022年10月17日 要旨 フェンベンダゾール(FZ)は、ベンゾイミダゾールカルバメート系薬剤であり、ヒトおよび動物において幅広い抗寄生虫活性を有する。FZの作用機序は、微小管重合阻害とグルコース取り込み阻害に関連しており、その結果、感受性寄生虫の成虫段階におい
イベルメクチン

2種類の安価な薬、1種類のビタミン剤、重曹でどんなガンも殺せるか?
イベルメクチン、フェンベンダゾール、ビタミンC、重炭酸ソーダ。しかし、FDAがそれを許可するはずがないので、あなたのガンは安全だと心配しないでほしい

Can 2 Cheap Meds, 1 Vitamin & Baking Soda Kill Any Cancer? サイード・ハイダー博士 2023/02/26 がんの発生率が過去100年間に急上昇した理由はいくつかあるが、とりわけ環境中にまき散らされ、食品に取り込まれた信じら
うつ病・統合失調症

オレキシン / レセプターシステム:その分子機構と神経疾患への治療可能性
The Orexin/Receptor System: Molecular Mechanism and Therapeutic Potential for Neurological Diseases

Front Mol Neurosci.2018; 11: 220. オンライン公開 2018 Jun 28. doi:10.3389/fnmol.2018.00220 The Orexin/Receptor System: Molecular Mechanism and Ther
イベルメクチン

COVID-19に対するイベルメクチンの細胞・分子生物学に基づく最新情報:有効か非有効か?
A cellular and molecular biology-based update for ivermectin against COVID-19: is it effective or non-effective?

A cellular and molecular biology-based update for ivermectin against COVID-19: is it effective or non-effective? Inflammopharmacology.2023 J
イベルメクチン

がんを飢え死にさせる方法 動画テキスト
テスは、がんサバイバーであり患者の支援者であるジェーン・マクレランドと対談します

How to starve cancer Tess Talks with cancer survivor and patient advocate Jane McLelland テス・ローリー  0:00 こんにちは、テス・ローリー博士です。テスの家へようこそ。今日は、がんサバイ
オフラベル、再利用薬

あらゆる困難を乗り越えて ジェーン・マクレランド – ライフエクステンション・マガジン
Life Extension Magazine Against All Odds

ジェーン・マクレランドは、癌に打ち勝つためのミッシングリンクである「飢餓」を利用して、子宮頸癌、肺癌、血液癌を克服した。彼女はLife Extension®と提携し、他の患者が同じ結果を得られるよう支援している。 2022年5月、ゲイリー・ゴンザレス医学博士による科学的なレビュー
がん(ワクチン関連)

メトホルミンとその各種疾患に対する効果について
Metformin and Its Benefits for Various Diseases

Metformin and Its Benefits for Various Diseases Front Endocrinol (Lausanne).2020; 11: 191. 2020年4月16日オンライン公開 doi:10.3389/fendo.2020.00191 pm
オフラベル、再利用薬

中国での抗議デモは、歴史の重要な瞬間である
経済封建主義入門-私たちの生活と医療を形作る力

The Current Protests In China Are A Pivotal Moment in History A Midwestern Doctor 中西部の医師 11月28日 私は、アメリカ帝国の最大の失敗の多くは、私たちの外交政策の結果として生じたものだと考えて
イベルメクチン

COVID-19の治療について – スイス・ポリシー・リサーチ
On the Treatment of Covid-19

コビッド病 (EVMS)の病期と治療法 更新日2022年4月 利用可能な科学的証拠と現在の臨床経験に基づき、SPR共同研究体は、医師と当局が高リスクまたは高暴露の人々の予防と早期治療のために以下のCOVID-19治療プロトコルを検討することを推奨する。 数多くの国際的な研究により
オフラベル、再利用薬

正常脳と損傷脳における脳可塑性に影響を与える因子について
Factors Influencing Cerebral Plasticity in the Normal and Injured Brain

2010年11月2日オンライン公開、 2010年6月1日オンライン 予稿集 概要 過去20年間における行動神経科学の重要な発展は、実験動物において脳損傷後の機能回復を促すことが可能であることを証明したことである。齧歯類脳損傷モデルは、このようなリハビリテーションプログラムを開発す
イベルメクチン

SARS-CoV-2パンデミック2年後の免疫、mRNAワクチン、薬物療法、非薬物療法について
Ofeleein i mi Vlaptin—Volume II: Immunity Following Infection or mRNA Vaccination, Drug Therapies and Non-Pharmacological Management at Post-Two Years SARS-CoV-2 Pandemic

Medicina (Kaunas).2022 Feb; 58(2):309. 概要 コロナウイルス感染症2019(COVID-19)の流行が続いていることから、感染、罹患、死亡の抑制に関する研究が始まり、人々の心身の健康に関してバランスのとれた医療政策を導くための包括的なアプロー
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました