『苦しんでいる人は、低用量ナルトレキソン(LDN)についてよく知っている。なぜそのことを教えてくれないのか?』』
古くからある薬であり、論争の的になっている治療法である。 なぜそのことを知らないのか?なぜ提供されないのか?

オフラベル、再利用薬低用量ナルトレキソン(LDN)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Those Who Suffer Much Know Much

about

Low Dose Naltrexone (LDN)

Why weren’t you told?

an old drug

a controversial treatment benefiting immune system diseases thousands achieving

health success

hundreds of recorded patient testimonies

WHY haven’t you heard of it? WHY won’t you be offered it?

苦しんでいる人は、低用量ナルトレキソン(LDN)についてよく知っている。

物議をかもす治療法であり、免疫系疾患に有効である 何千もの患者が健康上の成功を収めている 何百もの患者の証言が記録されている

なぜそのことを知らないのか?なぜ提供されないのか?

貢献者の利他主義に基づき、ケース・ヘルス社はこの本を無償で提供し続ける。

この第5次改訂版でも、同じ理念のもと、修正することなく、無料で「シェア・フォワード」したり、ウェブサイトに掲載したりすることができる。

Cris Kerr Case Health, Julia E Schopick , Jim Abrahams , Burton M Berkson


51の健康ケーススタディ

免疫系疾患の有益な治療における低用量ナルトレキソン(LDN) 19の医療専門家のインタビューと見解

世界中のeヘルスシステムにおける患者の証言の価値を裏付ける証拠

クリス・カー、ケース・ヘルス

本書のケーススタディの特徴は以下の通りである。

低用量ナルトレキソン(LDN)は古い薬物であり、論争の的になっている治療法であるが、免疫系疾患に有益である。

なぜあなたはLDNを知らないのか?なぜLDNを勧めないのか?

  • 多発性硬化症
  • HIV
  • B型およびC型肝炎
  • 原発性側索硬化症
  • がん、リンパ浮腫線維筋痛症
  • クローン病関節炎
  • パーキンソン病
  • 再発性多発性軟骨炎(RPC)
  • および免疫系機能不全の疾患

は、自らの苦しみを通して、声を上げるだけでなく、利他的な意図をもって、他の人々のために自分の健康への旅を詳細に記録し、共有する必要性を理解するようになった。

惜しみない貢献によって本書が実現したすべての人々へ……。

本書が英語版であることを深くお詫びするとともに、ありがとう。

内容

  • 献辞
  • なぜあなたはLDNについて知らされていなかったのか?
  • 「多くを苦しむ者は多くを知る」クリス・カー著 デイヴィッド・グラック博士(米国)、リンダ・エルゼグッド博士(英国)

ケーススタディ(症状別)

多発性硬化症
  • 1 LDNを受ける前と受けた後の私のMS体験談 – 2003年12月よりLDN – ジム(米国)
  • 2 治るまでLDN-2002年9月からLDN-キャロル(米国)
  • 3 1週間で車いすを降りた-2004年7月からLDN- スコット(米国)
  • 4 MSだが、再び歩き、車を運転できるようになった-2005年7月からLDN-ビル(米国)
  • 5 改善は徐々に、そして微妙に-2005年8月からLDN-ジュリア(英国)
  • 6 LDNでMSと共存しながら働けるようになった-2004年5月からLDN-ニール(オーストラリア)
  • 7 ポールのMSとLDNの物語は2004年に始まった-2005年7月からLDN-アレサ(米国)
  • 8 2007年8月よりLDNを開始-アメリカ、モーレイ
  • 9 LDN、MSと私-2004年4月よりLDN-ジャッキー(英国)
  • 10 2002年5月よりMSとLDN – 2002年5月よりLDN – ジョイス(米国)
  • 11 LDNのおかげで人生を楽しむことができる。- 2007年8月よりLDN – ヴィッキー(米国)
  • 12 LDNは私にとって奇跡 – 2005年3月よりLDN – アート(米国)
  • 13 私のMSとTMの物語-2005年9月からLDN- クリスタル(米国)
  • 14 PPMSに罹患しているが、快方に向かっている。- 2006年4月よりLDNを服用 – エミリー(米国)
  • 15 LDNで親友を取り戻した-2006年9月よりLDN- ナンシー(米国)
  • 16 英国、リンダ・エルゼグッドのMS体験記-2003年12月よりLDNを開始- 英国、リンダ・E さらに… LDNリサーチ・トラストについて
  • 17 私のMSとLDNの旅-2005年10月からLDN-ジジ(米国)
  • 18 LDNは私に未来への希望を与えてくれた-2007年10月よりLDN-アンマリー(英国)
  • 19 LDNは私に希望を与えてくれた-2007年3月からのLDN-オードリー(英国)
  • 20 ノエルのためにサンタの証拠を見つけたメアリー – 2002年9月からLDN – ノエル&メアリー、アメリカ
  • 21 LDNのおかげで入院せずにすんだ-2006年11月からLDN- ジラ、イギリス
  • 22 私の人生で最も素晴らしいこと-2007年1月よりLDN- ジョナサン(英国)
  • 23 SPMSは改善したが、しゃっくりを伴う。- 2008年1月からLDN – オーストラリア、ダイアン
  • 24 私の2つの小さな薬はLDNと呼ばれている。- 2008年3月よりLDN投与 – クリスティ(米国)
  • 25 MSの症状が徐々に改善-2009年1月よりLDNを服用- エレン(米国)
  • 26 MS症状の改善はボーナス-2009年1月よりLDN- シルビア(英国)
  • 27 LDN、信頼と忍耐が私に効いた-2007年12月よりLDN- オーストラリア、サル
  • 28 LDNで昔の自分に戻る-2008年1月からLDN- アイルランド、ローラ
  • 29 MS+クローン病+LDN=喜び-2009年3月からLDN- パット、アメリカ
  • 48 専門家からは嫌われているが、私には効果がある。- 2007年5月からLDNを開始 – オーストラリア、ケリー
  • 49 2003年7月からLDNを開始-2003年7月からLDN- ブレンダ(米国)
HIV
  • 30 HIVウイルス量とT細胞の追跡 – 2004年12月よりLDN – Matt(米国)
  • グラフ-検査結果-CD4、ウイルス量
  • 31 HIV血液と肝酵素が正常値に-2006年1月よりLDN-ノリーン(米国)
  • B型肝炎のケーススタディ
  • 32 娘のB型肝炎にLDNが有効 – 2007年7月よりLDNを開始 – ジョイス・C(米国)
  • グラフ-検査結果-肝酵素、ウイルス量
  • C型肝炎のケーススタディ
  • 50 LDNとALAがHepCに効果-2009年4月よりLDN-クリス(米国)
  • 原発性側索硬化症
  • 33 抗酸化物質とLDNが私のPLSを安定させた。- 2004年2月よりLDN – オーストラリア、ゲーリー
  • 34 LDNは効いていた-転移性IVB癌-2007年2月よりLDNを開始 香港、ディー – 2010年4月22日、残念ながらディーは他界した。
  • 35 あらゆる症状が改善 – 2007年11月よりLDNを開始 – セリア、スコットランド
  • 36 乳がんから解放されて5年-2004年4月からLDN-ローラ(米国)
  • 37 崖っぷちから生還したがん-2007年12月からLDN-アイリーン(英国)
クローン病
  • 38 クローン病と私 – 2007年10月よりLDN – イギリス、ピーター
  • 39 過去最高のクローン病 – LDNは2007年2月または2008年11月から – クラウディア(米国)
  • 40 LDNが息子のクローン病に効いた-2008年1月よりLDNを開始- ポール・B(米国、PA-C
  • 41 私の現在の生活について – 2008年7月よりLDN – レイチェル(米国)
線維筋痛症
  • 42 私のLDNと線維筋痛症の話-2009年1月からLDN- ジャニス(オーストラリア)
  • 43 LDNで線維筋痛症の痛みが劇的に軽減 – 2009年1月よりLDNを開始 – Judy, USA
  • 44 「LDNが関節炎と線維筋痛症に効いた-アメリカ、エドワード」 2005年3月よりLDNを開始 CASE STUDY No.44は2009年版の194ページに掲載されたが、データの見落としにより削除された。
関節リウマチ
  • 45 LDNと私の特異な状況-2009年4月からのLDN-マーガレット、フランス
パーキンソン病
  • 51 ベントレーのパーキンソン病はLDNとHBOの恩恵を受けた。- 2004年10月よりLDN – 米国、ベントレーに代わってデスティニー
複数の症状-複数の恩恵
  • 線維筋痛症、ライム病、クローン病、多発性硬化症、末梢神経障害、橋本甲状腺炎、顕微鏡的大腸炎(MC)、再発性多発性軟骨炎ポリオ後症候群、乾癬、顕微鏡的大腸炎(MC)、甲状腺腫
  • 46 線維筋痛症など – 2007年7月よりLDNを開始 – ビルW(米国)
  • 47 自己免疫疾患とLDN-2008年7月よりLDN- ニュージーランド、ネッティ
  • 52 LDNによる再発性多発性軟骨炎-2009年7月よりLDN-オーストラリア、ナンシー

インタビューと展望-医療関係者

  • バーナード・ビハリ医師(米国)
  • デビッド・グラック医師(米国)
  • トム・ギルフーリー医師(スコットランド)
  • ジャクリン・マカンドレス博士(米国)
  • スキップ・レンツ博士(薬剤師、米国) – 2010年2月更新
  • スキップの薬局 2008年LDN患者調査結果
  • ボブ・ローレンス博士(英国)
  • バートン・M・バークソン博士(米国)
  • ジル・スミス教授(米国)
  • フィル・ボイル博士(アイルランド)
  • アントニー・コンディナ、調剤薬剤師、オーストラリア
  • ラリー・フリーダース(米国、調剤薬剤師
  • パット・クローリー博士(アイルランド)
  • テリー・グロスマン博士(米国)
  • イアン・ザゴン博士(米国)
  • エドモンド・オフラハティ博士(アイルランド)
  • マイラ・ジローニ医学博士(イタリア)
  • ジュリアン・ウィテカー博士(米国)
  • George Jelinek教授(オーストラリア)
  • ポール・バトルPA-C(医師助手)(米国)
  • 関連健康記事米国MS患者、マルコム・ウェスト、「LDNについて聞かない理由」を考える
  • クリス・カーによる『健康のための共有ビジョン』
  • 「良い人が何もしないと悪いことが起こる」 by クリス・カー

ニュース、会議、ビデオ

  • メディア – ニュースにおけるLDN – テレビ、タブロイド紙、オンライン – さらに政治的な議事録アメリカ会議 – ビデオ証言
  • ヨーロッパ会議 – ビデオプレゼンテーション
  • ヨーロッパ会議 – ビデオ証言
  • ビハール語のドキュメンタリー、有名な医学者クリス・スティール博士がLDNを提唱する
  • LDN擁護者
  • ブログトークラジオ、ポール・バトルのプレゼンテーション、ウェブサイトと考察グループ

LDNを特集した他の書籍

  • LDN治療情報
  • LDN研究トラストUKファクトシート2010
  • LDN試験的試験と研究
  • LDNパイロット試験と研究
  • 原発性進行性多発性硬化症における低用量ナルトレキソンのパイロット試験
  • MSにおける低用量ナルトレキソンとQOLのパイロット試験
  • 線維筋痛症の症状は低用量ナルトレキソンにより軽減する:パイロット試験
  • 低用量ナルトレキソン療法は活動性クローン病を改善する
  • 発表待ちの臨床試験
  • 注目のLDN論文と研究
  • 転移性および非転移性膵癌患者に対するALA/N(α-リポ酸/低用量ナルトレキソン)プロトコルの再検討: 新たな3症例の報告
  • オピオイド成長因子は実験的自己免疫性脳脊髄炎の発現を抑制する」
  • 内因性オピオイドは実験的自己免疫性脳脊髄炎の発現を制御する:多発性硬化症治療の新しいパラダイムである」
  • 関連研究/試験
  • 男性における血漿中メトエンケファリンの24時間プロファイルの研究
  • 臨床的に健康な被験者と副腎皮質障害患者の血漿中のβ-エンドルフィンの概日リズム
  • 肥満および非肥満女性における血清レプチンとB-エンドルフィン濃度の概日パターン
  • 内因性視床下部オピオイドペプチドの概日リズムとナチュラルキラー細胞活性の関連性
  • ヒト耳下腺唾液におけるメチオニンエンケファリン様、サブスタンスP様、B-エンドルフィン様免疫反応性
  • 副腎髄質に存在する約50,000ダルトンのタンパク質:[Met]-と[Leu]エンケファリンの共通前駆体’
  • プロエンケファリンのプロセシングは組織特異的である
  • βエンドルフィンとダイノルフィンはメラトニンの概日免疫増強作用と抗ストレス作用を模倣する
  • ヒト口腔上皮における細胞周期タンパク質の発現における概日変動
  • グルココルチコイドは概日細胞周期リズムに重要な役割を果たす
  • β-エンドルフィン:生体内試験における成長ホルモン放出の刺激
  • サーカディアン癌治療
  • 臨床試験:「頭頸部癌患者における早朝と午後の遅い放射線治療に関連する毒性の比較
  • その他のLDN参考文献

なぜ知らされなかったのか?

2001年、クリス・カーは、成功した健康介入に起因する健康成功事例を収集・共有し、健康転帰を改善するための患者の証言の価値の証拠を構築するために、’Case Health – Health Success Stories’ウェブサイトを作成した。オーストラリアのブリスベンを拠点としながらも、このウェブサイトには世界中の事例が掲載されており、検索可能なデータベースを通じてアクセスすることができる。

ケース・ヘルスのウェブサイトは、コミュニティ・サービスとして8年間提供され 2009年5月に閉鎖されたが、患者の証言の価値と、医療制度を強化し、健康アウトカムを改善するその可能性について、長らく認知されずにいたことを達成するという主要な使命は、2010年に改訂された「コンセプトの証明」本『多くを苦しむ者は、多くを知る』(現在第5版)でも継続されている。

私たちの目の前にある健康不公正

私が多発性硬化症(MS)の進行を止めたり遅らせたり、患者の生活の質を高めたりすることができる無名の治療法があることを知ったのは、約7年前の2003年に健康サクセスストーリーの投稿を受けたのがきっかけだった。

それ以来、この無名の治療法がさまざまな免疫系疾患に有効であることが明らかになっており、そのうちの一握りが添付の症例集で紹介されている。

この治療法では、安全性の高い特許切れの古い薬剤を低用量で使用する。その薬とはナルトレキソンであり、説得力のある患者の証言、研究、調査、臨床試験の数が増えてきている。

低用量ナルトレキソン(LDN)療法は治療法ではないし、誰にでも効くわけでもないが、効果はある。

もしあなたの人生が不健康によってひっくり返されたことがあるなら、あるいは愛する人が苦しんでいるのをなすすべもなく見ていたことがあるなら、このような有望な治療法が20年以上も埋もれたままになっているのはどういうことなのか、「ありえたかもしれないこと」の可能性とともにあなたも知りたいと思うだろう。

この低用量ナルトレキソンの話は説得力があり、前方に自由に共有されるべきである。

バーナード・ビハリ博士による低用量ナルトレキソン(LDN)のブレイクスルー臨床研究は、20年以上前の1980年代後半に開始された。しかし、インターネットが誕生するまで、少数ではあるが、免疫系疾患の進行や症状を最小限に抑えるために低用量ナルトレキソン(LDN)の存在を知り、処方する医師が増え始めることはなかった。

ビハリ氏はまずHIV患者の治療に成功し、次に多発性硬化症(MS)患者と癌患者をナルトレキソン3mgから4.5mgの低用量で治療した。その後、LDNは、クローン病、線維筋痛症、B型肝炎、C型肝炎、関節炎、慢性疲労、パーキンソン病など、既知の免疫系疾患やその疑いのある疾患など、より広範な領域で有益であるとされるようになった。

これらすべての病気がどのように関連しているのか不思議に思うのであれば、免疫システムの異常以外には考えられない。

LDNに対する好意的な反応の幅の広さは、私たちに非常に異なること、非常に重要なことを教えてくれている。

アーリーアダプターの支持者たち

この治療法の可能性を認識した一握りの専門家が、患者のためにLDNを採用している: アイルランドでは、Edmond O’Flaherty医師と同様に、Pat Crowley医師が長年LDNを処方し、成功を収めている。イギリスのボブ・ローレンス医師は自身もMS患者であり、スコットランドのトム・ギルフーリー医師は、MS患者の治療にLDNを処方し、成功を収めている。

米国では、ジャクリン・マッキャンドレス博士がLDNが自閉症に効果があることを発見し、コースタル・コンパウンド社のタイラス・スミス博士が、消化器系の問題を回避するために、エミューオイルとナルトレキソンからなるクリームを手首の内側の細かい皮膚に塗るという、初のLDN局所製剤を開発した。タイラス・スミス博士はそれ以来、世界中の患者を助けるために、LDN外用製剤を世界中の調合薬剤師と共有している。

マッキャンドレス博士はまた、時間、専門知識、資金を惜しみなく寄付している。2006年には、夫のジャック・ジマーマンとアフリカのマリを訪れ、HIVに対するLDN臨床試験(間もなく発表される予定)を開始した。

ニューメキシコでは、バートン・バークソン博士がLDNとアルファリポ酸の点滴を組み合わせて膵臓がん患者の治療に成功し、アイルランドのフィル・ボイル博士は不妊症の回復にLDNを処方して成功している。

イタリアでは、Maira Gironi博士が原発性進行性多発性硬化症(PPMS)を対象に行った低用量ナルトレキソンのパイロット試験の結果、PPMS患者におけるLDNの安全性と忍容性が示された。さらに最近では、スタンフォード大学のMackay博士とYounger博士が、LDNが線維筋痛症に有効であることを発見した。

その他にも、Terry Grossman博士、Joseph McWhirter博士などがこの治療法を早くから支持している。これらの専門家は皆、患者のニーズを支持し、それゆえ、この論争の的となる治療法の前向きな進展に貢献してきた。

LDNに精通し処方する医師の数はまだ少ないが、国際的には増加している。英国では、リンダ・エルゼグッドとトラスト・ディレクターのボブ・ローレンスとトム・ギルフーリーの功績により、処方するGPとGPの処方に同意する神経内科医の数は増え続けている。

LDNによってMSの病勢進行が緩和されたクリスタル(13)のような患者は、情熱的な支持者であり、その多くは、この言葉を広めることに特化したウェブサイトや考察グループを形成している。カリフォルニア州のビッキー・フィンレイソンもMS患者であり、知事との面会と、LDNが彼女にどのような恩恵をもたらしたかについてメディアの関心を集めることを期待して、スポンサー付きで国会議事堂まで歩いた。ビッキーは、最初の試みに落胆することなく、2010年にキャピトル・ヒルへの2回目のスポンサー付きウォーキングを計画した。

2005年、LDNの臨床的利点に対する認識を高めることを目的とした、患者と臨床医による初の合同会議がニューヨークで開催された。それ以来、会議は毎年アメリカで開催され、スージー・オマリーのような患者支援者たちがボランティアで時間と組織的なスキルを提供し、会議を実現させてきた。

2009年4月、初のヨーロッパLDN会議がグラスゴーで開催され、その年のアメリカ会議では、英国LDNリサーチ・トラストのリンダ・エルセグッド氏が率先し、ここに名前を挙げるには多すぎるほどのLDN提唱者たちが国際的に支援する国際LDN啓発週間(ILDNAW)が初めて開催された。ILDNAWに先立ち、LDNリサーチ・トラストは、100人の患者の証言を収録した無料のILDNAWブック「100 Reasons Why You Should Know About LDN(あなたがLDNを知るべき100の理由)」を発表し、今年は「201 Reasons Why…(201の理由)」を発表する予定である。

LDN擁護者たちは、情報共有、精神的サポート、臨床試験のための資金集めを通じて、同胞の患者を助けようと努力してきた。その最初の臨床試験は 2007年にカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)で始まり、ビッキー・フィンレイソンが率いる献身的なサポートグループによって開始・資金提供され、SammyJo’s LDNers.orgによってコーディネートされ、AcceleratedCure.orgによって支援され、LDN擁護者たちによって支えられている。

人のアドボケイトが本を出版した: 一冊目は、メアリー・ボイル=ブラッドリー(Mary Boyle-Bradley)著の『Up the Creek with a Paddle』(邦題『パドルを漕いでクリークを上ろう』)(20)、二冊目は、エレイン・ムーア(Elaine Moore)とサマンサ・ウィルキンソン(Samantha Wilkinson)著の『The Promise of Low Dose ナルトレキソン』(邦題『低用量ナルトレキソンの約束』)である。

しかし、認知度の向上にはリスクの増大も伴う。インターネット上でのLDN情報の拡散の利点は、この治療法の選択肢の認知度を高めることであるが、欠点は、誤情報や競合する利害関係者による浸透のリスクを高めることである。

なぜ臨床試験を重視するのか?

臨床試験は、「誰が、何を、なぜ、どこで、どのように、いつ」行うのかという疑問に答えようとするものであり、患者プロファイル、有効性、安全性、最適な投与量と時間を確立するものである。臨床試験は、成功した安全な転帰、あるいは失敗した安全でない転帰の証拠を立証するものである。

臨床試験データは、医薬品が特定された疾患や症状の治療薬として「承認」される前に、連邦医薬品規制当局に提出され、評価される。したがって、医師は当然のことながら、臨床試験が行われた承認薬に基づいて治療を決定する。

低用量ナルトレキソン(LDN)治療プロトコルについては、無作為化臨床試験や公衆衛生制度のデータがないため、MSや他の多くの疾患に対する治療選択肢として、主流の科学的受容は得られていない。現在に至るまで、ナルトレキソンは薬物中毒の治療薬としてのみ認められている。

オピオイドは痛みを和らげるために合法的に処方されるが、娯楽や快楽のために違法に服用されることもある。どちらも中毒を引き起こす可能性がある。ナルトレキソンはオピオイド受容体を遮断する能力があるため、薬物依存やアルコール依存の治療薬として承認されており、その用途では通常、1回50mgを1日数回(1日あたり約150mg)処方される: 低用量域の3mgから4.5mgの30倍である。

オピオイド受容体がブロックされる時間は、投与量の大小や個々の代謝速度など様々な要因に左右されるが、受容体がブロックされたままでは、オピオイド薬は標的のオピオイド受容体に結合できず、したがって身体はオピオイド薬の効果を同化することができない。

唯一知られているナルトレキソンの安全性の問題は、ナルトレキソンを1日300mg投与した研究で、肝臓への悪影響が認められたことである。薬物依存治療に関連するもう一つのリスクは、「回復」した人が「依存」に戻るかもしれないということである。

ナルトレキソンは臨床試験が行われ「承認」された古い薬物であり、それ以来ずっと、標準的な50mgの用量で良好な安全性プロファイルを維持してきたことを考えると、特に不可解である。

多くの管轄区域において、医師はこの薬を「適応外処方」することができる。特に、特定の疾患や症状に対して「承認」された治療法がない場合、あるいは他のすべての治療法が失敗した場合(残念ながら、手遅れになる可能性がある)、同情的な使用のために処方することができる。多くの管轄区域の医師は、「承認」された治療を補完する補助的なものとして、「適応外」の薬剤を処方することもできる。

治療に対する様々なアプローチ

疾患修飾薬は、LDNが恩恵を受けている多くの疾患に対して処方されることが多いが、ある種の疾患修飾薬は、症状を抑制・緩和するために免疫系反応を抑制する。免疫系反応の抑制は症状を緩和することができるが、免疫系に脆弱性をもたらすこともある。免疫系反応の過剰な抑制は、細菌やウイルスの侵入に対する身体の自然な防御力を弱めることになる。

確かに、人体には、必要に応じて免疫系反応を抑制する能力が備わっている: 健康な正期産の妊娠中は、妊娠ホルモンが分泌される。その役割は、成長する胎児を確実に保護し、育てることであり、同様に重要なのは、成長する胎児を、対処が必要な異物、ウイルスや細菌の侵入者として認識させないようにすること: これは、母体にとっても胎児にとっても有益な方法で、免疫系の反応を一時的に変化させ、適応させようとする生来の自然な能力を示す最良の例のひとつである。

ナルトレキソンの作用は異なる。ナルトレキソンがオピオイド受容体を遮断した後、体内の循環センチネルは遮断を内因性エンドルフィンの不足として認識する。遮断が解除されると、身体は内因性エンドルフィン産生(β-エンドルフィンやメトエンケファリンなどのオピオイドペプチド)を劇的に増加させるだけでなく、オピオイド受容体の数(増加したエンドルフィンを同化する能力)も増加させることで反応する。

平たく言えば…身体はエンドルフィンが不足していると「だまされ」、その結果、エンドルフィンの自然産生を劇的に高め、さらにエンドルフィンを採用する能力を高める。エンドルフィンは、免疫系のすべての機能と反応に複雑に関連し、免疫系の健康を制御する重要な物質である。

LDNによるエンドルフィン産生の増加は、他の有益な免疫系反応を組織化し、免疫系機能や反応が過剰であったか過小であったかにかかわらず、免疫系機能を総合的に調節する。言い換えれば、LDNは免疫系機能を正常化する方向に働く。

オピオイド受容体の遮断期間は重要な因子であり、「多ければ多いほどよい」というわけではないことを示すもう一つの例である。ナルトレキソンを低用量で投与すると、オピオイド受容体が短期間遮断され、免疫系に有益な反応をもたらすが、ナルトレキソンを高用量で投与すると、遮断期間が長くなり、異なる反応や結果をもたらす。

Bihari博士はβ-エンドルフィンに関する利用可能なデータを調査し、β-エンドルフィンの産生が朝にピークを迎える概日リズムに従っていることを示す研究を発見した。博士は、エンドルフィン受容体を朝の産生ピーク直前にブロックすることで、最適な利益が得られる可能性のある機会の窓を利用することができると考えた。これが、ビハリ氏がLDNの夜間投与を試み、エンドルフィン産生が約200%増加した理由である。近年まで、患者が彼の推奨する夜間投与プロトコルに忠実に従った理由もここにある。

近年、ザゴン博士は、LDNによって有益な影響を受ける特定の内因性オピオイドペプチド、メトエンケファリンに研究の目を向けている。ザゴン博士の研究の方向性について私が理解しているのは、彼がオピオイド成長因子(OGF)に注目したのは、この因子がLDNを超えるがん治療薬として最も有望であると考えたからである。

研究のニュースはしばしばLDNチャットグループの間で流され、議論される。時には誤解され、時には誤って伝えられることもある。残念なことに、メトエンケファリンとその前駆物質に関する研究が発表された結果、LDNを服用する最適な時間をめぐって対立が長引き、その後、ビハリの夜間服用プロトコルは「科学」に基づいていないと主張された。

ベータエンドルフィンの循環に概日リズムがあることを確認する科学的研究は十分にあり、さらにビハリ氏が主張したように、循環レベルは確かに午前中にピークに達するという観察結果もある(その研究の一部は本書に収録されている)。しかし、残念なことに、LDNを夜間に投与した場合にエンドルフィン産生レベルが高くなることを確認する研究はない。

LDNの最適な投与時間に関する現在までのエビデンスのほとんどは、LDNを服用している患者、その患者にLDNを処方している医師、LDNを調合し、患者と常に接触している薬剤師から得られたものである。そして、これらの経験者の声の大多数は、一部の例外を除いて、夜間投与を支持している-特に、未知の理由で睡眠が妨げられる経験を続けている少数の患者については。

確かに、LDN擁護者の多くにとって、エンドルフィンの産生を高めるのと免疫系の反応を抑制するのでは、どちらがよいかという疑問はない。LDNの熱烈な支持者であるブレン(5)とアート(5)がよく使う言葉を引用すると、「LDNを服用しながら免疫系抑制剤を服用するのは、片足でブレーキを踏み、片足でアクセルを踏んで運転するようなものだ」

商業化された医療規制システム

ほとんどの医療制度は、LDNという臨床革新を支持しておらず、医薬品承認制度は高価な臨床試験データに基づいている。

その経費の高さから、臨床試験は通常、新薬や新薬申請の特許を期待する製薬会社によって開始され、スポンサーとなり、成功した結果から商業化し利益を得ることで費用を回収することを意図している。

それがビジネスであり、あるべき姿である。研究、開発、臨床試験にかかる非常に高額な費用を用意できる組織であれば、その費用を利益を生み出す投資とみなす権利がある。

しかし、ナルトレキソンは特許保護期間を大幅に過ぎた古い薬だ。古い。「特許切れ医薬品」の臨床試験は、従来から臨床試験を実施しているスポンサー企業にとって魅力的な商業的提案とはならない。

これを回避する一つの方法は、古い医薬品をリエンジニアリングし、あちこちの分子を変更し、新薬の特許を申請し、より新しく、より高い価格で新薬を販売することである。その新薬が現在使用されているものよりも有効かどうかは、医薬品の承認プロセスでは考慮されない。比較有効性は試験も測定もされず、新薬が承認される前に提示される必要もない。

もう一つの方法は、希少疾病用医薬品の特許を申請することである。言い換えれば、古い医薬品の新しい治療用途に関する特許を申請することである。

ジル・スミス博士の報告によれば、クローン病に対するLDN治療への患者のアクセスを容易にするために、モシェ・ロゴスニツキー博士、イアン・ザゴン博士、ジル・スミス博士は、クローン病に対するナルトレキソンの使用に関する特許を申請するために、約3年前に会社を設立した。そして、スミス博士がFDAに申請したクローン病の小児に対するナルトレキソンの使用に関する希少疾病用医薬品の認定が最近承認された。

特許が承認されれば、申請書に記載された『新規治療申請』のためにナルトレキソンを低用量で製造する独占的権利を得ることになる。そして、次のステップであるFDAによる製造された医薬品の承認を得るために、認定された医薬品製造業者と契約/ライセンス契約を結ぶ必要がある。

企業がナルトレキソンの低用量製剤の製造ライセンスを取得した後、調剤薬局が指定された疾患であるクローン病に対してナルトレキソンの低用量製剤を調合することは違法となり、代わりに調剤薬局は製造された製剤のライセンス版のみを販売することができるようになる。

クローン病患者にとってLDNへのアクセスがどのように容易になるのか、あるいは他の疾患でLDNの恩恵を受けられる患者全体の数がどのように増加するのか、正確なところは不明である。

長引く不健康は明らかに患者や国家経済にとって得策ではないが、それでも数十億ドル規模の医療産業を支えている。私たちの集団的破滅を目論む悪者は一人も存在しないが、医療規制制度は明らかに、患者の必要性ではなく、商業的利益を満たすことを目的に設計されている。

患者の証言がエビデンスに重みを加えている

このLDNの物語は、イアン・ザゴンとパトリシア・マクラフーリンの研究とバーナード・ビハリのブレイクスルー臨床研究から始まった。

その後、デイビッド・グラック博士やスキップ薬局のスキップ・レンツ博士のような専門家のプロ意識、献身、サポートが続き、不断の努力を続ける自発的なLDN擁護者の助けもあって、LDNを知る人が増え、その後、LDNによって健康が改善したという患者の証言が増えた。

興味深いことに、患者の証言によってLDNの知名度が上がるにつれて、さらなる研究や臨床試験が行われるようになった。

しかし、科学者が患者の証言に科学的価値はないと言っているのに、どうしてそうなるのだろうか?

LDNによって病気の進行を遅らせたり、止めたりし、症状を改善したMSや他の病気の患者たちの証言は、LDNの説得力のあるケースを構築するのに役立ったとして評価されるべきである。彼らの心のこもった証言の量が増えることで、彼らの声の総量が増加している。

ほとんどすべての健康分野の科学者が、患者の証言は科学的価値を持たず、科学的価値を達成することはできないと繰り返し続けている一方で、意識の高まり、調査、研究は、患者の証言が、約束に重みを加える証拠の一形態として認識され、したがって、「量的価値」を持つものとして認識されていることを証明している。

患者の証言は、私たちの医療システムに付加価値を与えるだろう

証言が「健康結果のエビデンス」の一面にすぎないことは事実である。現在のところ、LDNの健康上の成功例や症例研究は、良好な安全性プロファイルとともに、患者にLDNを治療選択肢として提供したいと考える医師にとって、訴訟への恐怖を和らげるにはまだ不十分であることも事実である。

しかし、患者の症例研究の集積は、現状に異議を唱えるのに十分な証拠を提供し、公衆衛生のために臨床試験や試験的臨床ネットワーク研究を開始し、資金を提供するよう政府を擁護するために利用することができる。

患者の証言を公衆衛生システムに組み入れることは、付加価値を生むだろう:

  • (1) 患者の証言が、データの完全性を脅かすような利害の対立のない、十分に構造化された中央集権的な保健システムに組み込まれれば、健康アウトカムに関する他の質的・量的証拠を検証・補完するだけでなく、公的・私的な保健研究や臨床ネットワーク研究の優先順位付けに役立つ、新しく貴重な洞察を提供することができる。
  • (2) また、患者の証言が症例研究として数多く記録されれば、それ自体が統計的に有意な質的・量的証拠となる。数の力によって、症例研究はそれ自体の「ボリューム・バリュー」を達成することができる。

ある治療法が効果的かどうかを検証するのに最も適した立場にいるのは誰だろうか?間違いなく、患者である。

上記の両方の経路は、治療と結果の検証を助け、公衆衛生改善の機会とリスクに関する洞察を提供し、研究と臨床研究の優先順位を正当化するデータを提供することによって、中核的な公衆衛生システムのデータを補完するであろう。

確かに、そのようなシステムがすでに導入されていれば、ナルトレキソンの20年の約束はとっくに守られていただろう。

ナルトレキソンの20年の約束

1980年代、アメリカのニューヨークで、バーナード・ビハリ博士は患者の転帰を改善することに力を注いでいた。彼の研究により、イアン・ザゴン博士に相談することになった。ザゴン博士の研究室では、癌マウスを用いたナルトレキソンの研究はあまり知られていなかったが、有望な結果が得られていた。その結果、80年代後半にビハリは低用量のナルトレキソンの臨床試験を開始し、HIV、後にMSと癌の治療に成功した。

米国では、ビハリ博士の幼なじみでLDNの提唱者であるデビッド・グラック博士が、息子のジョエルの協力を得て、ビハリ博士のウェブサイトlowdoseナルトレキソン.orgとそのサブサイトldninfo.orgの開設を支援した。このウェブサイトは、LDNと、1989年にバーナード・ビハリ医学博士と2人の同僚によって設立された免疫学研究基金(FFIR)に関する重要な情報を掲載している。

ビハリの臨床的成功、グラック博士が管理するウェブサイト、患者の証言、LDN支持者の軍団がなければ、ザゴンとマクラフーリンの重要な研究室での研究は、それに値する注目を浴びることはなく、他の有望な研究と同様に無名のままだったかもしれない。逆に、ザゴンとマクラフーリンの研究室での研究がなければ、LDNがヒトの免疫系疾患に役立つ可能性を知ることはなかったかもしれない。

リンダ・エルゼグッドは、LDNによって人生が好転したMS患者である。リンダは2004年5月に英国でLDN研究トラストを設立し、現在では毎月ニュースレターを発行するだけでなく、国際LDN啓発週間を運営しながら、LDNに関する何百もの電話や電子メールでの問い合わせに対応している。

リンダは長年にわたってLDNの積極的な提唱者であり、信託の理事であるボブ・ローレンス博士、トム・ギルフーリー博士、そしてリンダのようにLDNの認知度を高め、他の人々が恩恵を受けられるようにボランティアとして時間を捧げる信託のボランティアたちによって全面的にサポートされている。彼らはLDNによる治療を成功させ、英国のテレビ番組『This Morning』のパーソナリティ、クリス・スティール博士がトム・ギルフーリー博士からLDNを直接学ぶなど、ヨーロッパ全土におけるLDNの認知度向上に大きく貢献している。

LDNナウは、ジェイン・クロッカーとアンドリュー・バーネットによって2009年に結成されたアドボカシー団体で、LDNを治療選択肢として見直すよう各国政府に請願することに重点を置いている。現在までに、このグループは請願書を提出し、クリス・スティール博士のビデオによる支援を活用している。特に注目すべきは 2009年にスコットランドの議会委員会がビデオ撮影され、その中でスコットランドのLDN提唱者であるボブ、セリア、マーガレットがLDN請願書についての議論を主導したことである(このビデオリンクは「提唱者」のページで見ることができる)。

「LDNストーリー」は国際的な現象であり、LDNを知るすべての人々とLDNの恩恵を受けたすべての患者による世界的な支持運動である。LDNの認知度を高め、さらなる研究や臨床試験を推進するために、誰もができる限りのことをしている。

さまざまな病気の患者たちが、日々の健康上の困難にもかかわらず、資金を集め、支援グループにボランティアとして参加しているのを見ると、感銘を受けずにはいられない。

そして、この集団的なアドボカシー活動により、顕著な進展が見られた: 2009年に行われた世界中の有名な調剤薬局を対象とした擁護者調査によって、メアリー・ボイル・ブラッドリー(LDN放送の天使)は2009年のUSA会議で、推定10万人の患者が国際的にLDNを服用していると発表した。

スキップ薬局(米国フロリダ州)のスキップ・レンツ氏は現在、毎月何万ものLDN3カ月処方を調合している。さらに、スキップは、LDNの有効性のエビデンスベースに貢献したいという思いから、数年前に初めてMS患者集団調査を開始し、最新の結果では、常に高い好意的な回答率が確認され続けている:

2009年のUSAカンファレンスで、フロリダにあるSkips PharmacyのSkip Lenzは、彼の薬局のLDN/MS患者の83%が3年以上再発しなかったと報告した。

明らかに、もしLDNが特許を取得した高コストの新薬やワクチンであれば、初期の発見者や臨床採用者はとっくの昔にノーベル賞を受賞していただろう。

これまで読んできたこと、そしてこのことが何を意味するのか、十分に吸収するために立ち止まってほしい:

この数字は一見高く、増え続けているように見えるが、それは恩恵を受ける可能性のある世界中の患者のごく一部である…この数字はLDNを知り、試した幸運な人たちだけを表している。

HIVやMSの治療に特化した薬が承認されるはるか以前、20年以上も前に臨床的効果が初めて発見されたにもかかわらず、LDNは治療の選択肢として、あなたやあなたの愛する人が容易に利用できる状況にはない。私の知る限り、これは商業化された医療制度を高める一方で、公的医療制度にぽっかりと空いた穴を放置することの弊害を示す最も説得力のある例のひとつであり、なぜ「バランス」が回復され、監視されなければならないのかを示している。

LDNでこのようなことが起こり得るとすれば、他の効果的な治療法も否定されたり、効果のない治療を受けたりする可能性が劇的に高くなる。

助けられるはずの人々が助けられていない

LDNによって救われたかもしれないのに、LDNのことを聞かなかった人たち。

そして今日、LDNが健康上の転帰を改善し、有効かつ経済的で安全性の高い治療法であるという十分な証拠が患者の証言から得られているにもかかわらず、人々はいまだにLDNについて耳にすることがなく、開業医の大多数もLDNを処方していない。この健康不公正のサイクルは続いている。

このような健康状態の何が問題なのだろうか?

LDNのサクセスストーリーを読むと、まず気がつくのは、この増え続けるエビデンスの中に一貫して楽観主義の糸が通っていること:

…LDNを服用して7カ月あまりになるが、LDNは私に人生を取り戻してくれた。ここ何年かで初めて、障害の進行が止まった。…’

…6年前にLDNを開始して以来、新たな症状はなく、それ以上の進行もない。私はまだ車を運転しているし、買い物や掃除などもすべて自分でやっている。LDNを投与していなかったら、私は今ほど活動的ではなかっただろうし、移動もできなかっただろうと思う。すべてのMS患者にLDNを試す機会があればいいのにと思う。… ‘

もうひとつは、この治療法を初めて知り、試してみようとした後に、患者が経験する並外れた困難である。MSは、複数の有害な症状を伴う衰弱性疾患である。MS患者はすでに苦しんでいるのだ。この不公平に憤りを禁じ得ない:

低用量ナルトレキソン(LDN)治療を受けるかどうか、神経科に電話した。彼女はそのことを聞いたことがなかった……彼女はこのことについてとても興奮していた……彼女は法律部門とそれをクリアしなければならなかった……1週間後、彼女は弁護士がノーと言ったことを私に伝えるために電話をかけてきた!……私の健康は、弁護士のグループによって決定されていた!……私は、この治療法について聞いたことがなかった!2005年9月4日: 嬉しいことに、少しだが大きな改善が見られた。昨夜、久しぶりに左足を上げ、かかとからつま先まで2,3歩歩くことができた…足を引きずったり、つま先からかかとまで歩いたりする代わりに。… ‘

見捨てられた患者たち

バーナード・ビハリ博士の患者には、LDN治療を開始した当初、専門家によるサポートがあった。つまり、たとえ彼の患者がLDNについて聞いたことがなかったとしても、彼らは何を期待すべきかを告げられ、専門家によって準備され、モニターされ、サポートされたのである。MS患者が治療開始後3~6カ月の間に増悪(それに伴う不安)を経験した場合、「このようなことは起こりうるが、経験上、それは過ぎ去る」と慰められたようである。

ナルトレキソンとその安全性プロファイルについて知っている医師はほとんどいないし、治療選択肢としてのLDNを知っている医師はさらに少ない。その結果、患者がLDNを服用していることを専門医や開業医が知った後、患者は見捨てられた。ある患者は腫瘍内科医に見捨てられ、MS患者は神経内科医や開業医に見捨てられた。改善後に医師のもとに戻ってきた患者は、最初の診断が間違っていたかもしれない、あるいはMRIが誤って解釈されていたかもしれないと告げられた。

さらに驚くべきことに、改善を経験した患者は、それが何であるかの問い合わせもなく、『今やっていることを何でも続けるように』とアドバイスされた。

過重労働と過緊張の医師が、成功した健康結果や失敗した健康結果を詳細に記録することはほとんどない。

現在、その時間を割く主な動機は、次のような可能性である;

  • a) 一流の科学雑誌に掲載される;
  • b) 商業主催の科学会議に招待されることである。

いずれの場合も、医師にとって、特許を取得し利益を上げている医薬品の売り上げを伸ばしたり、数十億ドル規模の医療産業における新たな商業市場への道を開いたりすることのない、特許切れ医薬品の成功例を記録するインセンティブはほとんどない。

患者の研究、期待、準備

専門家のサポートを受けられない患者は、知識のギャップを埋め、自分でサポートしなければならなかった:

このスペクトルの下側では、「奇跡的な治癒」の熱狂的な話に影響された患者が、非現実的な期待を抱き、事前の調査、知識、準備なしにLDNの旅に乗り出している。大きな期待、ほとんどあるいは全く知らないこと、専門家のサポートもないことが、不必要な不安と失望を招いている。その結果、LDNから恩恵を受けたかもしれない人の中には、恩恵を受けられなかった人もいる。

また、幸運なことに、グラック博士のldninfo.orgを手始めに、幅広く研究し、旅の計画を立て、準備をした人もいる。彼らはまた、先駆的な医師、ヤフーの「lowdoseナルトレキソン」や関連する考察グループ内のボランティア患者チャンピオンの知識とサポート、LDNリサーチトラストのリンダ・エルゼグッドなどを利用し、サポートされ、成功へと導かれた。

デビッド・グラック博士のldninfo.orgのウェブサイトには、調査や準備の助けとなる情報が豊富に掲載されているが、このウェブサイトを一度も見ずにLDNを始める人、急いで始める人、他の相反する薬やサプリメント、治療と同時にLDNを始める人、食事やアルコール摂取量の改善、栄養や食事不足の補充など、補完的なライフスタイルの変更を先延ばしにしてしまう人がまだいる。

私は2001年から健康の成功例を 2003年11月からはLDNの体験談を記録し 2005年8月からはヤフーの「lowdoseナルトレキソン」グループ内のコミュニケーションのやりとりを観察している。それは貴重な学習曲線であり、多くの洞察を与えてくれた: LDNを開始する前に根気よくリサーチし、準備をする人、そして自分の健康の未来に主体性を持つ人は、成功する可能性が最も高い: 患者自身が研究を行うことで、成功の可能性を補完し、高めるような生活習慣の改善に着手することになることが多く、このような全体的な健康改善への前向きな転機は、LDNの効果以上のさらなる症状改善をもたらした。

患者が自ら調査を行うことの欠点は、誤情報や競合マーケティング戦略にさらされること: 効くものを見つけようと必死になるあまり、患者は最新のマーケティングトレンドや「チャットルームでの話題」に応じて、多くの新しい治療法や療法を同時に試すことが多い。これは、治療の衝突や失敗のリスクを増大させ、LDNの効果を妨害したり、否定したりする可能性さえある。

LDNはインパクトの強い治療法ではない。MS患者の多くが数週間以内に効果を実感しているのは事実だが、進行の程度やその他の変動要因によっては、効果が出るまでに6カ月、場合によっては12カ月かかることもある。長期的な結果についての証言もさまざまで、症状の逆転を伴う病気の進行の停止から、膀胱コントロールの改善など軽微な症状の改善を伴う進行の鈍化まで、さまざまである。

患者の証言は、LDN以外の様々な要因が転帰の改善に寄与していること、あるいは転帰が限定的であったり、うまくいかなかったりする要因について洞察を与えてくれるからである。患者の証言とケーススタディから得られた洞察は、すでにLDNの知識ベースに価値をもたらしている。

健康ケーススタディは、成功や失敗の要因をより深く考察する無比の機会を提供し、それゆえ、成功の可能性を高め、後に続く他の人々のリスクを最小限に抑えることができる、進化する知識ベースに洞察を提供し、価値を貢献する。私は、自らの体験談や症例研究を投稿するだけでなく、私たち全体の利益のために、知識ベースに価値を付加し続けるために、その更新に尽力する稀有な患者チャンピオンに大きな尊敬と称賛の念を抱いている。

患者のために行動する公的機関はどこにあるのか?

研究、医薬品開発、臨床試験は通常、新製品を開発する商業スポンサーによって開始される。この健康上の不公正の影響を受けている患者を代表して発言し、行動するために、公式に歩み寄ることができる公認の公平な公衆衛生機関は存在しない。私がこのことを知っているのは、私の国や他の国で公認されている機関を探したが、成功しなかったからである。

医薬品規制当局や国の保健・研究機関は、この情報に基づいて行動する権限を与えられていない。公衆衛生の質や苦情を監視する国家機関も、この情報に基づいて行動する権限を与えられていない。まるで国益のための公衆衛生が孤児であるかのようだ。

患者を代表して行動すべき組織、公的に認められた「疾患専門」学会、その他の「非営利」保健組織、そして一部の患者団体でさえ、個人的、商業的、政治的な動機に基づく利害関係者によって不当に影響されることがある。

実際、「LDNの話」を深く調べれば調べるほど、「利益相反」の触手が、公的・私的な医療制度やそれを支える枠組みのありとあらゆるところに伸びていることがわかる。これに対して何かすべき、あるいはできるはずの組織の多くは、患者を助けるという綱領ではなく、守るべき個人的な綱領があるかのように対応することが多い。

LDNの提唱者は、「専門」学会やその他の非営利医療団体のウェブサイトにLDNに関する情報を掲載したり、ホールやオンラインにかかわらず、支援グループでLDNについて言及したりしたことで、長年にわたって何度も罵倒されてきた。

広い触手と相反する優先順位

この一連の流れを考えてみよう。

  • (1) 新しい健康研究が新しい発見につながる。
  • (2) 新しい発見は新しい特許(発見の所有権)につながる。
  • (3) 新しい特許は、新しい製品と新しい利益の流れにつながる。

では、新製品につながるすべての健康研究に誰が資金を提供しているのだろうか?営利を目的とする健康産業が、その費用を一人で負担しているのだろうか?

私たちの政府の研究機関、研究所、公立大学は、新しい健康研究の高い割合に資金を提供している。非営利の健康専門組織や学会も、総体として、新しい健康研究の高い割合に資金を提供している。

政府の研究機関、研究所、公立大学は、私たちの税金によって公的に資金提供されており、専門家の非営利団体は、私たちの寄付によって資金提供されている。つまり、新しい健康研究のかなりの割合が、産業界ではなく、消費者によって資金提供されているのである。

そして、これらすべての健康研究費の方向性と成果についてはどうだろうか?

オーストラリアの国立保健医療研究評議会は 2000年から2009年の間に多発性硬化症の研究に2400万ドル(税金)を費やしたが、驚くなかれ、そのうちの1ドルもLDN研究には使われていない。過去20年間にMSの研究に費やされた世界的な金額を図にしてみよう。では、何に使われたのか?

LDNの提唱者であるマルコム・ウェスト氏の論文(本書の後半に掲載)では、「……米国のNMSSとNIHは現在 2009年7月に発表された1900万ドルの研究に共同で取り組んでいる: この研究は、2つの確立されたMS治療薬アボネックス(バイオジェン社)とコパキソン(テバ・ファーマシューティカルズ社)を組み合わせたものである。アボネックスもコパキソンも、処方箋が1カ月約2500ドルで、年20%の割合でコストが上昇している。… ‘

政府、『疾病専門家』、その他の研究機関は、どのように優先順位をつけて研究資金を配分しているのだろうか?どの研究が研究費にふさわしく、どの研究がふさわしくないかをどのように評価し、正当化しているのだろうか?研究を必要とする公衆衛生の優先順位を決定するために、どのような階層構造が適用されているのだろうか?

患者の証言を含む公衆衛生システムは、納税者が出資する研究費がどこに使われるかを知らせ、正当化する証拠を提供することによって、そのプロセスを助けることにならないだろうか?

このように懐が深く、収益性の高い業界であれば、この巨大な現金牛から得られるミルクを守り、さらに増やす余裕さえある。

しかし、時代は変わりつつある。この経済情勢の中で、政府は医療業界内の「利益相反」に目をつぶり続ける余裕はない。戦略的な医薬品マーケティングが、他の継続的な医学・薬学教育の形態を追い越して久しく、専門家の「科学的」意見が不当に影響され、科学的データが歪められ、政治的ロビー活動やその他の利益保護・利益創出戦略が、患者だけでなく、国民の健康、生産性、経済にも悪影響を及ぼしているのだ。

考えてみよう

政府の研究機関は、あなた方の税金で賄われた健康研究や発見から開発された新しい健康製品の特許を取得し、販売することはない。

「病気の専門家」協会やその他の非営利団体も、あなた方の寄付金で賄われた健康研究や発見から開発された新しい健康製品の特許を取ったり販売したりはしない。

誰がするのか?

公衆衛生研究の主な原動力は利益の可能性であるが、それは何も変わらない。

伝統的に私たちの道徳的、市民的、人権的権利のために立ち上がり、守ってきた他の組織、個人、そしていくつかの宗教団体でさえ、すでに圧倒され、リソース不足に陥っているか、「専門家アドバイザー」の科学的意見によって束縛されているか、あるいは、私たちの統治システムや枠組みの政治的・規制的環境の中で、道徳的、市民的、人権的憲章を試すことによって、スポンサーシップ、資金提供、税制上の利権を失うリスクを冒す勇気がないかのいずれかである。

切実に必要とされている医療改革を提唱するにも、患者のために採算の合わないジェネリック医薬品の利益を認識し調査するにも、医療制度に対する患者の証言の価値を支持するにも、リスクが大きすぎるか、リソースが少なすぎるかのどちらかであるように思われる。競合する、あるいは相反する影響力が多すぎるか、あるいは危機に瀕しているかのどちらかである。

そして、私自身の個人的な経験から言うと、この健康上の不正の知名度を上げることは、それなりの課題を引き寄せている。

営利目的の医療産業は何十億ドルもの価値がある。市場主導型、市場影響型の医療システムのどの面を変えても、そこで働き、取引する人々の利益や生活に、プラスであれマイナスであれ影響を与えることになる。

歴史的には、このことが深い改革を先延ばしにする強力な商業的論拠を煽ってきたが、人口の高齢化と老齢化、医療インフレの暴走によって、ほとんどの政府が乗り越えがたい経済的負担に直面している現在、この論拠はもはや擁護できない。政府の政策が同じであればあるほど、同じ失敗を繰り返すことになり、この問題を解決することはできないし、健康アウトカムを改善することも、公衆衛生の経済的負担を減らすことも、健康インフレを遅らせることもできない。

政府は、患者や経済にとって最善の利益となる公衆衛生のニーズを満たすために、民間市場ベースの医療制度に頼ることはできない。現実の世界では、民間企業は自らの最善の利益のために需要を満たすために歩み寄り、そうすることで利益を得ることしかできない。なぜか?民間企業には公衆衛生に対する道徳的義務も責任もないからだ。彼らは患者ではなく株主に対して義務を負っているのだ。

ナルトレキソンのような特許切れの医薬品を、それが有益となる可能性のあるすべての疾患に対して試験的に使用しても、ブロックバスター的な利益は得られない。したがって、ナルトレキソンが苦痛を和らげ、生産性を向上させ、経済的な公衆衛生上の利益をもたらすと期待されようとも、過去20年間何も起こらなかったように、何も起こらないだろう。公衆衛生研究の主な原動力が利益の可能性である間は、何も変わらないだろう。

もっと大きな病気の症状

信じられないかもしれないが、このLDNの話は、それが強力であるとしても、私たちの医療制度がいかに私たちの期待を裏切ってきたかを示す、ほんの小さな、たった一つの例に過ぎない。

この点で、LDNの物語は、はるかに大きな病気のひとつの症状にすぎない。

LDNのことを知れば、論理的には、なぜ今までLDNのことを聞いたことがなかったのかを知りたくなる。LDNにまつわる話を隅々まで調べると、また別の競合する影響力を見つけるだろう。

公衆衛生費の上昇を抑制するために、多くの政府は、年を追うごとに公衆衛生の経済的負担の多くを民間部門に静かに移行させることによって、コスト上昇を抑制するための複数の短期戦略を採用してきた。

過去10年ほどの間、どこに住んでいるかにもよるが、政府の政策は、民間セクターの関与に対する政治的・財政的支援をますます増大させることによって、患者ではなく産業界に利益をもたらすという、この静かな進化を積極的に画策してきた。

無防備な消費者は、繰り返し公衆衛生宣伝の「恐怖」キャンペーンにさらされ、健康補助金や利権でおだてられ、仕組まれた「条件付け」プロセスの下で誤った安心感に騙されてきた。私たちは、民間医療セクターが常に手綱を取り、同じかそれ以上の価格で、公的医療システムよりも良い仕事をしてくれると、誤って信じ込まされてきた。これはプロパガンダであり、最上級の誤りである。

その結果、公的医療に対する政府の中核的責任は、私たちの目と鼻の先、公衆衛生メディアのレーダーの下で、消費者である私たちがほとんど異議を唱えないまま、増加する民間の市場ベースの医療と民間医療保険をさりげなく監視するものへと、徐々に堕落してきた。

公衆衛生は政府の責任である!

このような責任転嫁によって公衆衛生費の上昇を抑えようとする政府の必死の対策は、公衆衛生の成果や国民の生産性を向上させたり、健康インフレを遅らせたりすることには何の役にも立っていない。それどころか、公衆衛生の責任とコスト負担を政府から産業界に移し、さらに(丸く)私たち消費者に戻したことが、今日の健康インフレと低生産性経済に拍車をかけているのである。

民間企業の関心は利益であり、公衆衛生ではない。公衆衛生に責任を負っているわけでもなく、したがって公衆衛生の管理者にふさわしいわけでもない。

民間医療保険会社は今日、ロビー活動などさまざまな戦略を駆使して、さらに大きなパイを得ようとしている。しかし、病人から利益を得ることはできない。そのため、彼らは健康保険の公平性の根幹を支える原則である「コミュニティ・レーティング」をとっくの昔に放棄しているか、現在放棄しようとロビー活動をしている。この原則があるからこそ、誰もが平等に扱われるのである。この指針がなければ、誰もが法的に不平等に扱われることになる。

「地域社会格付け」は、今日のリスク・プロファイルにかかわらず、あるいは明日それが悲劇的に変化したとしても–しばしばそうであるように–保険加入を保証するセーフガードである。「コミュニティ・レーティング」の原則を保護する法律がない場合、民間の医療保険会社は、個々の健康リスク・プロフィールを評価し、それに応じて保険料を請求する自由がある。

若さと健康は一瞬のものだ。この不公平からあなたを守ることはできない。事故は起こる。今日ここにあるものは明日にはなくなってしまう。この指導原則がなくなれば、すべての人が、あるいはいずれ不利益を被ることになる。

民間部門は公衆衛生に責任を負わない

もし過去数十年間、公衆衛生に半分の政治的関心が払われていたなら、私たちはすでにすべての人の健康アウトカム改善への道を順調に進んでいただろうし、効果的な公衆衛生データシステムをすでに利用していただろうし、同じ限られた資源からより高いレベルの質と生産性をすでに達成していただろう。

その結果、政府はすでに「規模の経済」の改善から経済的利益を得ていることになる。

ここ数年、健康アウトカムを改善する公的eヘルス・システムの可能性についてのコンセンサスは、多くのところから不承不承ながら高まってきているが、このことは、広く競合する利害関係者からの強い抵抗やロビー活動を鎮めることはできていない。

そうでなければ、改善の機会から最大限の利益を得るために、意味のあるデータを完全な形で保証する1つのコアで、安全で、「目的に合った」公衆衛生プラットフォームの採用よりも、ばらばらで商業的に運営されているeヘルス・サイロに対する影響力のある支持を目撃することになるであろうか?

同じ馬、より多くのパッチ

多くの政府は最近、古い医薬品の再特許(から再利益を得ること)を支持する法制化の圧力を受けている。しかし、LDNの恩恵を受ける可能性のある、現在免疫系機能障害と関連している200以上の病気に苦しむ人々の運命はどうなるのだろうか?また、他の有望な、しかし特許がない、あるいは利益を生まない治療法の可能性はどうなるのだろうか?

このような法案は、産業界の「要望」には応えるかもしれないが、すでに過剰なパッチが貼られた医療規制制度にさらにパッチを追加しても、切実に必要とされている公衆衛生改革には何の貢献もしない。この不発馬にパッチを増やしても、勝馬に生まれ変わることはない。

公衆衛生システムが病めば、国家も経済も病む

政府は往々にして、最新の医療制度の誇大広告や、ニュースの見出しを飾るような失敗に対して、その場しのぎの健康政策を永続させている。短期的な健康政策は、票を獲得するためにその場しのぎで発表される。医療というジグソーパズルの一部分だけが注目され、パズル全体の分断から目をそらさせるのだ。

医療制度の報告もまた、患者数、事故件数、病床数といった断片的な数字にとらわれている。数値の記録と対応だけでは、健康アウトカムを改善し、人々を病院から遠ざけることはできない。質の高いアウトカムよりも数字や運営コストの削減を優先する(質的なシステムや尺度よりも量的なものを優先する)医療システムは、病的で分断されたシステムである。

公衆衛生システムの枠組みの第一の目的は、公衆衛生のリスクを最小化し、患者の健康アウトカムの質と改善を支援することである。

これは、すべての人が同じ目標を共有し、健康アウトカムを改善するためにチームとして働き、透明性をもって、目的意識をもって意味のある方法でデータを提供し、すべての人の現在と将来の利益のために共有/統合される場合にのみ起こりうることである。倫理的な監督と監査分析を加えて、データの価値を失わせかねない「利益相反」の不気味さを防ぐことで、データの完全性は維持され、年を追うごとに価値が高まっていく。

さらに、医療システムに組み込まれた患者の証言は、やはり完全性の保護措置が講じられ、構造化された有意義な方法で、医療結果データを補完し、検証することになり、やがて「ボリューム・バリュー」を達成することで、それ自体が洞察に満ちたエビデンスとなるだろう。

具体的な道筋にある次のポピュリストの亀裂を超え、次の選挙を超え、商業的・競争的な利益や影響を超え、反応的ではなく積極的で、すべての長期的な健康の未来のために公正で正しいものを確保する先見性のある政策を行使するために、政府は顔を上げて地平線を見渡し、立ち上がって一歩前に踏み出す必要がある。

公衆衛生システムは、ジグソーパズルの各ピースが健康アウトカムの改善に向けてシームレスにつながるように、目的を持って設計されなければならない。この基本的な「目的適合性」をクリアできない医療改革案は、真っ向から否定されるべきである。

患者の証言は「ボリューム・バリュー」を達成できる

LDNで成功したという患者の証言はインターネット上に散在しており、散在したままであれば、科学界はそれを無作為の患者の逸話としてより容易に却下することができる。散在しているため、公衆衛生のレーダーには映らない。散在しているため、検証も測定もできない。散在しているため、エビデンスの一面とはみなされず、それ自体が有望な治療法であるという説得力のあるケースを構築することはできない。

しかし、患者の証言は、無視できない説得力のある証拠となる。集団は単独よりも強い。このLDNのストーリーは、数の力の優れた例ではあるが、より大きな患者の支持がまだ必要である。

科学界が、LDNを通じて、公衆衛生システムに対する患者の証言の潜在的価値と、それ自体が「量的価値」を達成する可能性を公式に認識することを私は望んでいる。

公衆衛生データの第一管理者は誰であるべきか?

効果のある治療法、あるいは効果のない治療法に関するデータを含む貴重な公衆衛生情報(データ)は、公共および商業医療システムの非生産的な「サイロ」に隔離され、広く拡散している。患者の証言と同様に、公衆衛生データが広く拡散している場合には、それが一つにまとめられている場合よりも価値が低く、転帰を改善する可能性も低い。

明らかに、患者の証言を含むすべての公衆衛生データを保健システムに一元的に組み込むことは、健康アウトカムを改善し、健康による経済的・地域的負担を軽減し、国民の生産性を向上させ、健康インフレを遅らせる計り知れない可能性を秘めている。

eヘルス・システムを導入する政府は、データが「サイロ」に隔離されたままであり、オペレーティング・システム(ハードウェア、ソフトウェア、フレームワーク、プロセス)に互換性がなく、したがって、集合的な健康知識を拡張するために他のシステムとデータを有意義に統合することができないような、ばらばらで商業的な健康データとITシステムに対するサポートを、どのように正当化できるだろうか?

国民の健康アウトカムの改善に貢献する可能性がこれほどあるにもかかわらず、健康データの「サイロ化」を永続させたり、患者の証言を孤立させたりするような公的eヘルスを、政府が正当化できるだろうか?

また、公衆衛生のパイをまたひとつ営利セクターとその既得権益に委ね、それによってeヘルスの将来の可能性を「利益相反」の崩壊によって確実に死に追いやることに、どのような政府が平気でいられるだろうか。

営利セクターは、貴重な公衆衛生データのアドバイザーや主要な管理者としてふさわしいと証明されただろうか?彼らは、公衆衛生と患者の国益のために、プライバシーを保護したり、情報を自由に共有する能力があることを証明しただろうか?あらゆる機会において、利益よりも質の高い健康成果を優先できることを証明したか?効果的な自主規制機関であることを証明したか?

不正を暴く

私たちの医療経済とシステムの多くは病んでおり、不公正である。コストが高く、不公平だ。健康の成功や健康アウトカムの改善に十分な価値を置いていない。患者を擁護することに十分な価値を置いていない。公衆の利益のための公衆衛生研究や臨床ネットワーク研究の必要性に十分な価値を置いていない。もしそうであれば、この説得力のある証言の数々に対して発言し、行動することを公認された組織がすでに存在しているはずだ。

LDNと同じような体験談は、世の中にどれくらいあるのだろうか?私たちは知らない。なぜなら、それらはすべて収集され、保存され、一元的に共有されていないからだ。

それは私を不安にさせるし、あなた方を不安にさせるはずだ。このLDNの話は氷山の一角に過ぎず、これまで私たちはその下にある不正に目を奪われていた。

政府はまず、患者の証言の価値を認める必要がある

このLDNの物語、その歴史と背景は、なぜ「公衆衛生」とそれを支えるシステムが、公衆衛生システムの天秤を患者に有利なようにリバランスし、健康アウトカムと患者のヘルス・ジャーニーに関する患者の証言に、より多くの重みと信頼性を与えるために、広範な改革が必要なのかを示す、有効で、強力で、説得力のある例である。

公的医療費の増大というプレッシャーにさらされている経済にとって、反応的な医療政策の手当てや短期的な「回避策」による医療制度の修正は、もはや信頼できるものでも、実行可能な選択肢でもない。それらはもはや擁護できない。

アウトカムを改善する強固で有意義な公衆衛生制度の枠組みをもたらす、積極的で倫理的な改革を実施することが、長期的で積極的な公衆衛生解決策に取り組む政府にとって、唯一実行可能な前進の道である。

現在、より長期的な公衆衛生のビジョンを検討中、あるいは実施している世界中の政府が、患者の予後を改善することを目的に設計された公衆衛生ITシステムの重要で、保護された、不可欠な一部として、患者の証言を歓迎し、受け入れ、完全な整合性をもって統合し、公平に、偏見や利害の対立なく、公衆衛生の最善の利益のために監督し、行動することを目的とした公的機関を設立することを私は望んでいる。

私は一個人に過ぎず、この国際的な人権侵害や、より多くのチャンピオンを切実に必要としているこの孤児的な公衆衛生の大義に対して行動を起こすためのロビー活動を行う十分な資源を持っていない。

苦しむ者は多くを知る

この記事で述べられている見解は筆者のものである。

本記事の裏付けとなるデータは、未検証の患者証言、参考文献、リソース、本書に含まれる、あるいは掲載されている記事から得たものである。

###
  • (1) バーナード・ビハリ医学博士は、低用量ナルトレキソンの主な臨床効果の発見者である。マンハッタンの開業医であるビハリ医師は、精神医学と神経学の専門医資格を持ち、139 East 33rd Street, #1 0K, New York, NY 10016に診療所を構えていた。電話番号は(212) 929-4196である。残念なことに、バーナード・ビハリ医師は2010年5月16日(日)に逝去した、

16日曜日に永眠された。78歳だった。ビハリ博士の臨床におけるLDNの使用は、彼自身の患者だけでなく、世界中の患者に希望をもたらし、彼の先駆的な仕事は、何万人もの、そして私たちは今後何十万年もの間に……本当の苦しみからの真の救済と生活の質の改善をもたらした。言葉では言い表せないほど、彼の逝去は、彼が触れた何千もの人々…患者に対する彼の思いやりと、どんな困難にも立ち向かい、患者の集団的最善の利益のために先駆的な仕事をしたことで、彼らの生活の質が劇的に好転した人々…によって、どれほど深く感じられたことだろう。我々は永遠に彼に恩義を感じている。

  • (2) David Gluck医学博士(ニューヨーク州免許番号083512)は、ldninfo.orgとそのミラーサイトlowdoseナルトレキソン.orgの編集者である。彼は内科学と予防医学の専門医である。JCPenneyとMetLifeのメディカル・ディレクターを務め、現在はセミリタイアし、ニューヨークに住み、働いている。
  • (3) イアン・S・ザゴン博士は、低用量のナルトレキソンの可能性を発見し、20年以上にわたってエンドルフィンに関する基礎研究を行ってきた。米国ペンシルバニア州立大学神経・行動科学部教授、H-109、ハーシー・メディカル・センター、ハーシー、ペンシルバニア州17033、オフィス電話:(717) 531-6409、電子メール:isz1@psu.edu。

ウェブサイト www.fred.psu.edu/ds/retrieve/fred/investigator/isz1

  • (4) パトリシア・マクラフーリン(Patricia McLaughlin, D.Ed.)は、低用量ナルトレキソンの可能性の共同発見者としてクレジットされている。パトリシアは医学部解剖学大学院プログラムのディレクターであり、ペンシルバニア州立大学神経・行動科学科教授である(H-109, Hershey Medical Center, Pennsylvania State University)、Hershey, PA 17033, US; office phone 717 531 6414; email: pxm9@psu.edu
  • (5) www.ldninfo.org、ミラーサイトlowdoseナルトレキソン.orgは、息子のJoel Gluckの協力を得て、David Gluck博士が編集している。このサイトのスポンサーはAdvocates For Therapeutic Immunologyである。このサイトの目的は、先端医療免疫学における重要な治療上のブレークスルーについて、患者と医師に情報を提供することである。サイトの作者は、低用量ナルトレキソンの販売やウェブサイトのトラフィックから利益を得ることはなく、いかなる製薬メーカーや薬局とも一切関係がない。スポンサーはまた、ヤフーの「低用量ナルトレキソン」考察・グループも作った。LDNの包括的な概要はldninfo.orgにあり、Q&Aも含まれている。
  • (6) ブレンとアートのケーススタディは本書に含まれている。

さらに読む:

  • (1) レイ・モイニハンの著書/共著書 Too Much Medicine? (1998)、『病気を売る』(2005)、『医者に聞かなければならない10の質問』(2008)、『セックスと嘘と医薬品』(2010年9月)など: 人権メディア賞受賞、1995年ピーター・グリーヴ賞医学ジャーナリズム部門共同受賞、1996年マイケル・デイリー賞科学ジャーナリズム部門優秀賞受賞、医師と製薬会社の結びつきに関するシリーズで英国医学ジャーナリスト協会賞受賞(2) メリッサ・スウィート著・共著書『医者に聞かなければならない10の質問』(2008)、『インサイド・マッドネス』(2006)、『スマート・ヘルス・チョイス;健康アドバイスの意味を理解する』(2008)、『ビッグ・ファット・コンスピラシー;家族の健康を守る方法』(3) Hooked: ハワード・ブロディ著『倫理、医療専門職、製薬業界』ローマン・アンド・リトルフィールド出版 2007年
  • (4) 『製薬会社の真実』: マーシャ・アンゲル著、ランダムハウス 2004年
  • (5) ジェローム・カッシーラー著『オン・ザ・テイク:医療と大企業の共犯関係がいかにあなたの健康を脅かすか』オックスフォード大学出版局 2005年
  • (6) 『サイド・エフェクト検察官、内部告発者、そして裁判中のベストセラー抗うつ薬、アルゴンキン 2008年
  • (7) 利益に耳を傾ける、ニコラス・Z・ローゼンリヒト博士著、2010年5月12日、Inside Story – Essays and Reportage online: inside.org.au/listening-to-profits/

転載許可

「慢性疾患に苦しむ人々は、すべての治療選択肢について、十分な説明を受ける権利がある……たとえ不採算なものであっても」 2007年11月

「LDNは治療薬ではないし、100%効果があるわけでもない。もし患者がLDNから恩恵を受ける可能性があるのなら、LDNを治療の選択肢として考慮しない正当な理由があるだろうか?」” 2007年11月

「商業化、利益、競合する利益を過度に強調することは、基本的人権を危険にさらす。2007年11月」

…健康の成功事例がケーススタディとしてより詳細かつ数多く記録されると、数の力によって統計的に有意な証拠の量となり、それ自体が「量的価値」を達成し、公衆衛生の優先事項や改善の機会に関する洞察を促進することができる。”

2008年8月

「公衆衛生システムが病めば、国家も経済も病む。2009年8月」

クリス・カー

世界中の医療・eヘルスシステムの枠組みにおける患者の証言の価値を提唱する。 米国LDN会議2010 – 計画なし

国際LDN啓発週間 2010年10月18-24日

www.ldnresearchtrust.org

バーミンガムLDNアウェアネス会議 2010年10月23日

birmingham2010.ldnresearchtrust.org/

リンダ・エルゼグッド、英国LDN研究トラスト

www.ldnresearchtrust.org

無料書籍:「LDNについて知っておくべき201の理由

201 LDN患者の証言 www.ldnresearchtrustfiles.co.uk/docs/ebook.pdf

リンダ&レオ 2010

「私は、世界のどこに住んでいても、誰もが簡単にLDNにアクセスできる日を目指して働いている…そして、その日は近づいている」 2009年7月

国際LDN嘆願書 – MSのためのLDNを探すを支持する

…www.thepetitionsite.com/1/sign-support-the-campaign-for-research-trials-in-low-dose-ナルトレキ

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました