認知症 予防と治療

瞑想・呼吸

ストレス、瞑想、そしてアルツハイマー病予防 証拠のあるところ (キルタンクリヤ)

Stress, Meditation, and Alzheimer’s Disease Prevention: Where The Evidence Stands 要旨 瞑想は5,000年以上前からあると考えられているが、それに関する科学的研究は乳児期にある。ストレスの広範な負の生化学的影響を緩和することは、表面的にはアルツハ...
食材

生野菜はあなたの甲状腺の健康を害するか

Do Raw Vegetables Hurt Your Thyroid Health? ゴイトロゲンとは、ヨウ素の取り込みを阻害して甲状腺の働きを抑制する物質のことで、甲状腺の腫れである甲状腺腫を起こしやすいことから、ゴイトロゲンと呼ばれています。食品の中には、過剰に食べたり、ヨウ素の摂取量が少ないとゴイトロゲンになることがわか...
アーユルヴェーダハーブ

ベルベリン(認知症・アルツハイマー)

ベルベリン(黄檗)/Berberine 関連記事 ベルベリンは中国、アーユルヴェーダ医学において、3000年以上使われてきた歴史がある。 効果・作用機序 中国では抗菌剤、抗寄生虫、下痢の緩和剤として使用されてきた。(これら、ジアルジア、赤痢、サルモネラ、ランブル鞭毛虫症、マラリア) ...
食材

牡蠣は体に良い?メリットと危険性

Are Oysters Good for You? Benefits and Dangers 牡蠣は、湾や海などの海洋生息地に生息する海水性の二枚貝である。 牡蠣は、水中の汚染物質をろ過し、フジツボやムール貝などの他の種に生息地を提供するなど、生態系の重要な部分を担っている。 牡蠣には多くの種類があり、光沢のある風味豊か...
ハーブ

気分障害に対するベルベリンの薬理作用

Pharmacological effects of berberine on mood disorders 要旨 天然のイソキノリン系アルカロイドであるベルベリンは、漢方薬として使用されており、最近では気分障害の治療にも効果があることがわかっていた。さらに、ベルベリンは中枢神経系の神経伝達物質とその受容体系を調節する。しかし...
コロナウイルス

大豆と葉酸を中心とした認知障害・認知症の栄養学的研究(豆腐とテンペ)

Nutrition research in cognitive impairment/dementia, with a focus on soya and folate 「食と栄養と心の健康とウェルビーイング」会議 シンポジウム1:栄養と脳機能:エビデンスの強さは? 葉酸と大豆と認知症に焦点を当てて、栄養と認知機能を調査した...
食材

レクチンが多い6つの食品

6 Foods That Are High in Lectins レクチンは、あなたが食べる食品を含む生命のすべての形態に見られるタンパク質の一種である。 少量であれば、いくつかの健康効果が期待できる。しかし、多量に摂取すると、体の栄養素を吸収する能力を低下させる可能性がある。 この記事では、レクチンを特に多く含む6つの食品...
認知症 食事と栄養

緑茶、黒茶、ウーロン茶の組成、抗酸化特性、色におよぼす代替的な淹れ方の影響

--- ffects of alternative steeping methods on composition, antioxidant property and colour of green, black and oolong tea infusions 要旨 冷水抽出はお茶の健康効果を最大化することが報告されて...
ハーブ

薬物膜透過と全身前代謝を調節する天然由来の薬剤バイオアベイラビリティー向上剤(バイオエンハンサー)の開発

Drug Bioavailability Enhancing Agents of Natural Origin (Bioenhancers) that Modulate Drug Membrane Permeation and Pre-Systemic Metabolism 要旨 多くの新しい化学物質が高い治療可能性で発見...
アミノ酸

高アンモニア血症に対する薬理学的アプローチ

The Pharmabiotic Approach to Treat Hyperammonemia 要旨 アンモニアは、哺乳類ではアミノ酸の異化から代謝廃棄物として常に生成されている。有害廃棄物代謝物であるアンモニアは、遊離アンモニアを尿素サイクルが尿素に変換する肝臓で分解される。肝臓の機能不全は高アンモニア血症を引き起こ...