4. 認知症 予防と治療

運動方法

座ったまま何時間も代謝を促進するブドウ糖と脂肪の燃焼を促す筋肉を研究者が発見
Researcher discovers a muscle that can promote glucose and fat burning to fuel metabolism for hours while sitting

by Laurie Fickman ,ヒューストン大学 ヒューストン大学健康・ヒューマンパフォーマンス学部のマーク・ハミルトン教授は、体重の1%しかないふくらはぎの筋肉を、正しく活性化すれば、体の他の部分の代謝を健全化できる「 ...
運動方法
イベルメクチン

COVID-19の治療について – スイス・ポリシー・リサーチ
On the Treatment of Covid-19

コビッド病 (EVMS)の病期と治療法 更新日2022年4月 利用可能な科学的証拠と現在の臨床経験に基づき、SPR共同研究体は、医師と当局が高リスクまたは高暴露の人々の予防と早期治療のために以下のCOVID-19治療プロトコ ...
イベルメクチンオフラベル薬コロナウイルス予防と治療早期治療・在宅治療治療・補助療法 COVID-19
アドヒアランス(実行力を高める)

座りがちな成人におけるフィットネス技術による行動変容 | 身体活動増加のためのエビデンスのレビュー
Behavior Change with Fitness Technology in Sedentary Adults: A Review of the Evidence for Increasing Physical Activity

Front Public Health.2016; 4: 289. オンライン公開 2017年1月11 日doi: 10.3389/fpubh.2016.00289 概要 身体活動は健康や幸福と密接な関係があるが、 ...
アドヒアランス(実行力を高める)身体活動・アドヒアランス
睡眠

ヒトの睡眠と睡眠障害に進化的な光を当てる
Shining evolutionary light on human sleep and sleep disorders

Evol Med Public Health.2016; 2016(1):227-243. オンライン公開 2016 Jul 28. doi: 10.1093/emph/eow018 概要 睡眠は人間の認知機能と健 ...
睡眠進化生物学・進化医学
オフラベル薬

正常脳と損傷脳における脳可塑性に影響を与える因子について
Factors Influencing Cerebral Plasticity in the Normal and Injured Brain

2010年11月2日オンライン公開、 2010年6月1日オンライン 予稿集 概要 過去20年間における行動神経科学の重要な発展は、実験動物において脳損傷後の機能回復を促すことが可能であることを証明したことである。齧歯類脳損傷 ...
オフラベル薬脳の神経可塑性
アドヒアランス(実行力を高める)

イマジナブル | 未来が見えてきて、どんなことにも対応できるようになる方法 – 今日不可能と思われることでさえも -1
Imaginable: How to See the Future Coming and Feel Ready for Anything―Even Things That Seem Impossible Today

目次 はじめに 第1部 あなたの心を解き放つ 第1章 10年の旅に出よう 第2章 タイムトラベルを覚えよう 第3章 未来のシナリオで遊ぼう 第4章 最初はバカにすること 第5章 世界 ...
アドヒアランス(実行力を高める)心理学
認知症症状・BPSD

尿路のためのハーブ(抜粋)
腎臓結石、膀胱炎、その他の尿路の問題に対するハーブの救済

Herbs for the Urinary Tract: Herbal Relief for Kidney Stones, Bladder Infections and Other Problems of the Urinary Tract ...
認知症症状・BPSD
認知症症状・BPSD

尿量減少について知っておくべきこと
What You Should Know About Decreased Urine Output

概要 無尿症とは、医学用語で尿量が減少している状態を指します。乏尿とは、24時間の尿量が400ミリリットル以下、つまり約13.5オンス以下であると考えられています。 尿が出ないことを無尿といいます。24時間の尿量が50ミリリット ...
認知症症状・BPSD
イベルメクチン

SARS-CoV-2パンデミック2年後の免疫、mRNAワクチン、薬物療法、非薬物療法について
Ofeleein i mi Vlaptin—Volume II: Immunity Following Infection or mRNA Vaccination, Drug Therapies and Non-Pharmacological Management at Post-Two Years SARS-CoV-2 Pandemic

Medicina (Kaunas).2022 Feb; 58(2):309. 概要 コロナウイルス感染症2019(COVID-19)の流行が続いていることから、感染、罹患、死亡の抑制に関する研究が始まり、人々の心身の健康 ...
イベルメクチンオフラベル薬パンデミック 総括ロックダウンワクチン メカニズム・耐性ワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ
オフラベル薬

医薬品戦争 | 巨大製薬企業が価格をつり上げ、ジェネリック医薬品を市場から排除する方法 -プロローグ
Drug wars - How Big Pharma raises prices and keeps generics off the market

目次 表と図 謝辞 プロローグ ハッチ-ワックスマンは実に見事な立法であった。 はじめに 「ジェネレーション1.0」 「ジェネレーション2.0 」はペイ・フォー・ディレイを複雑化する ...
オフラベル薬医療・製薬会社の腐敗
ビタミン 総合

抗酸化物質という枠を超えたビタミンE
Vitamin E beyond Its Antioxidant Label

2021年4月21日オンライン公開 概要 ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールからなり、主に抗酸化剤として知られている。このレビューの目的は、そのビタミンによって調節 ...
ビタミン 総合
栄養素

栄養過多による代謝恒常性への影響
Impact of nutrient overload on metabolic homeostasis

概要 栄養過多は、現代の食事パターンとそれに伴う運動不足の結果として、世界中で発生している。細胞は、上昇した細胞内代謝産物に適応し、代謝の恒常性を回復するために複数の防御機構を開始するが、栄養過 ...
栄養素
オフラベル薬

アルツハイマー型認知症治療薬ピオグリタゾンの再評価
Reassessment of Pioglitazone for Alzheimer’s Disease

2021年6月16日オンライン公開 doi: 10.3389/fnins.2021.666958. Ann M. Saunders,1 Daniel K. Burns,1andWilliam ...
オフラベル薬
若年性認知症・アルツハイマー病

1日36時間労働 | アルツハイマー病、その他の認知症、記憶喪失の人をケアするための家族ガイド -1
The 36-Hour Day

ナンシー・L・メイス(MA) 退職している。アルツハイマー病協会のコンサルタントおよび理事、精神医学の助手、ジョンズ・ホプキンス大学医学部精神・行動科学科のT・ロウ・アンド・エレノア・プライス・ティーチング・サービスのコーディネー ...
6. 医学研究(総合・認知症)若年性認知症・アルツハイマー病認知症症状・BPSD
脂質

黄金の卵 | 栄養価、生物活性、およびヒトの健康に対する新たな利益
The Golden Egg: Nutritional Value, Bioactivities, and Emerging Benefits for Human Health

2019年3月22日オンライン公開 概要 卵は、孵化までの胚の発達をサポートするために必要なマクロおよびミクロ栄養素のカプセル化された供給源である。その栄養素の完璧なバランスと多様性、高い消化率、そして手頃な価格により、卵は人間 ...
脂質食品
脂質

アルツハイマー病の予防としてのコリン
Choline as a prevention for Alzheimer’s disease

2020年2月9日オンライン公開 ラモン・ベラスケスcorresponding author1 ウェンディ・ウィンスロー、1 マーク・A・ミフーリン1 アルツハイマー病(AD)は、現在米国で600万人が罹患しており 20 ...
脂質
オフラベル薬

クレンブテロールについて知っておくべきこと
This Is Everything You Need to Know About Clenbuterol

それでは、クレンブテロールとは何か、体内でどのように作用するのかを、まず最初にお答えします。クレンブテロールは強力な興奮剤で、代謝率や脂肪燃焼を増加させます。ダイエット・アデラル、スピロ・ペント、ベント・トゥ・プルマンなど、さまざま ...
オフラベル薬筋萎縮性側索硬化症(ALS)
バイオフィルム

栄養補助食品としてのモノラウリンの臨床的使用 文献のレビュー
The Clinical Use of Monolaurin as a Dietary Supplement: A Review of the Literature

J Chiropr Med. 2019 Dec; 18(4): 305-310. 2020年9月3日オンライン公開 要旨 目的 本研究の目的は、栄養補助食品としてのモノラウリンの臨床応用、治療用量、生物学的利用能、有効性 ...
バイオフィルム脂質
うがい・鼻スプ

キシリトールの健康効果
Health benefits of xylitol

応用微生物学とバイオテクノロジー Received: 2020年4月9日/改訂:2020年5月23日/受理。2020年 5 月 31 日 要旨 う蝕、慢性炎症性疾患、糖尿病、肥満など多くの疾患は、コントロールされ ...
うがい・鼻スプバイオフィルム糖質・甘味料
サプリメント

牛のコロストラム(初乳)とそのヒトの健康および栄養への可能性
Bovine Colostrum and Its Potential for Human Health and Nutrition

オンライン公開 2021年06月21日 要旨 初乳は、哺乳類が分娩後に最初に分泌する乳汁で、成熟乳とは組成が異なる。牛の初乳は古くからヒトに飲用されており、ヒトの栄養や健康への応用の可能性を探る研究が数多く行われている。 ...
サプリメントマイクロバイオーム
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました