論文:COVID-19 恐怖、シミュラークル、現実の時代 2020

COVID 思想・哲学シミュレーション仮説パンデミック・ポストコビッド全体主義・監視資本主義生物兵器ワクチン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

COVID-19: an age of fear, simulacra, or reality?

www.tandfonline.com/doi/pdf/10.1080/21582041.2021.1942964

ザキア・レシド・エセン&クルシド・アラム

Zakia Resshid Ehsen a and Khurshid Alamb aパキスタン、ラホール、リファ国際大学リファ言語文学研究所; bパキスタン、ラホール、パンワクチン大学英語英文学科

論文履歴

2020年10月24日受理

2021年6月8日受理

キーワード

覇権;シミュレーション;恐怖;COVID-19;超現実;メディア

AI解説

AI 要約

  • ジャン・ボードリヤールのシミュレーション・シミュラークルの理論的枠組みを用いて、COVID-19パンデミックに関するマスメディアとソーシャルメディアの報道を分析している。
  • メディアが反応すればするほど国民の恐怖心は高まり、その恐怖を利用して政治的・経済的な利益を得ようとする資本主義勢力がいると指摘している。
  • ロックダウンにより多くの労働者が失業し経済的に苦しむ一方で、億万長者の資産は大幅に増加するなど、パンデミックによって格差が拡大したと論じている。
  • COVID-19の感染者数・死亡者数の統計にも疑問を呈し、飢餓や失業による死というイメージを覆い隠すために操作されている可能性を示唆している。
  • メディアやハイテク企業による監視の強化が、人々の行動パターンに大きな影響を与えていると主張している。
  • グローバル資本主義勢力が、虚偽の知識を生産し恐怖心を煽ることで、COVID-19パンデミックを商品化していると結論づけている。
  • 科学技術の発達によって大衆の行動や思考を巧妙にコントロールする社会が生まれつつあり、人々は無意識のうちにそれに適応させられていると警鐘を鳴らしている。

はじめに

この研究は、ジャン・ボードリヤールの超現実という概念を借りて、技術の進歩がいかに人類の進歩を様々な形で可能にしてきたかを探るものである。T.V.、プライベート・チャンネル、ラジオから、高度なウェブ関連通信技術や、電子新聞、ブログ、テレックス、フェイスブック、インスタグラム、ケーブルネットワークなどのサイバー・ソーシャル・ネットワークへのマスメディア技術の進歩は、権力の再配分と委譲における根本的な変化を意味する(Lucy, 1998)。

書籍『5G The Next Generation Wireless Access Technology』では、将来の無線通信の「広い範囲」と「魅力的な道筋」を開く可能性のある5G NR(New Radio)における技術進化の可能性について論じている(Erik Dahlman, 2018, pp.413-414)。グーグル、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムは、この「ソーシャルメディア革命」(Marr, 2016, p.73)を実証する数多くの世界的な巨大ハイテク企業の中の数社である。

ちなみに、メディア技術の変革は、一般大衆向けの情報生産において、本格的なものよりも不明瞭なものである。民間のテレビ・チャンネル、電子ペーパー・ラジオ放送ネットワーク、そしてYoutube、Google、Facebook、Twitterなどの多くのサイバー・ソーシャル・ネットワークは、「情報の民主化」(Lucy, 1998)の効果を促進し、権力のある一部の小集団による知識統制を強固にするはずである。ボードリヤールは、「テクノロジーの綿密な操作は、社会の綿密な操作のモデルとして機能する」と主張し、透明でありながら複雑な情報の結びつきの逆転した運命的なプロセスに入ると述べている(ボードリヤール、1995,25頁)。それほどまでに、マスメディアやサイバー・ソーシャル・ネットワークを通じて生み出されるグランド・ナラティブの知識や言説のほとんどは、特定の集団に利益をもたらすような偽りの真実や現実をシミュレートした記号やシンボルなのである。

ボードリヤールがシミュレーションとシミュラークルについての考えを発表したのは、1950年代にアメリカでテレビが巨大産業として発展した1980年代のことである。その後、ケーブルテレビとアンテナ技術が導入され、この分野でのデジタル技術の転換の先駆けとなり、複数のテレビチャンネルが爆発的に視聴者に普及した。ボードリヤールは、リアリティ番組の信憑性、広告の新しい手法の導入、ハリウッド映画における映画的美学の取り込みについて推測した。彼は、テレビが映し出すこの種の真実は「もはや鏡の反射的真実でも、パノプティカル・システムの透視的真実でもなく……操作的真実である」(ボードリヤール、1983年、29頁)と表明した。

ボードリヤールは、彼の時代の進化するマスメディア制作会社によって、記号、シンボル、イメージが誤用され、疑似現実が作り出されていることに注目した。ボードリヤールは、「メディアと公式のニュース・サービスは、現実性、利害関係の現実性、事実の客観性の幻想を維持するためだけに存在する」(ボードリヤール、1995年、22ページ)と認めている。彼の批評は、COVID-19パンデミックについての考えを形成する上で、現代のデジタル・マスメディアとソーシャルメディア・ネットワークが果たす重要な役割を分析する上で、最も適切であると思われる。この論文では、テレビ、ラジオ、サイバースペース・ソーシャルネットワークを通じてCOVID-19に関する情報に与えられた現在のマスメディアとソーシャルメディア報道との具体的な関連において、技術の進歩について説明する。研究は、COVID-19に関する超現実化された文献を生み出すことによって、マスメディアがどのようにパニックのシミュラクルを作り出したかを分析する。

この研究は、ジャン・ボードリヤールの「シミュレーション・シミュラークル」のレンズを通して、メディアによって生み出されたCOVID-19に関する知識を分析することを目的としている。シミュラークルとは、生産性のある生活を最適化し、大衆の間に誤った恐怖を伝播させ、社会内の人々を分類するための科学的戦術を導入する手段である。その結果、秩序ある生活をシミュレートした(超現実化された)シミュラークルム社会が生み出される。しかし現実には、それは少数の資本主義的利害関係者によってコントロールされた高度なコミュニケーション・システムの共犯的ネットワークなのである。

研究課題

以下の問いは、グローバル・ノースのTNCと指導者たちが、現実の歪曲を通じて、自分たちの利益のためにメディアをどのように道具化しうるかを浮き彫りにするものである。

  • (1) COVID-19は、グローバル・レベルと国家レベルにおいて、どのように恐怖と権力支配の場を提供しているのか?
  • (2)小規模で強力な資本主義グループは、メディアやその他の技術的媒体をどのように利用して、模倣的な知識を再生産し、現実と模倣された理解の世界の間に不明瞭さを作り出しているのか。
  • (3) ジャン・ボードリヤールの『シミュラークルとシミュレーション』(1983)の理論的含意は、現代のCOVID-19の状況分析にどのように役立ち、メディアやその他の技術進歩の機能不全を浮き彫りにする上で重要な意味を持つのか?

理論的枠組み

シミュレーションの文字通りの意味は模倣であり、ボードリヤールは、物体や物体の投影が明確で確定的な起源を持つが、元の参照元と模倣の区別がつかなくなる過程と定義している。表象的な現れによって現実を置き換える記号や表象の形をしたものをシミュレーションと呼ぶ。ボードリヤールは、シミュレーションのプロセスについて、3段階のシミュラークルを提唱している。

最初のものは、イメージの正確な模倣に基づく自然主義的シミュラークルと呼ばれるものである。この段階では、コピーや模倣されたイメージは現実を反映している(ボードリヤール、1995、p.6)。ボードリヤールはこのシミュラークルの第一段階を秘跡的秩序と呼んでいるが、それはこの段階における模倣は、イメージが模倣されたものの完全な展示であるという楽観的な段階と考えられるからである。

第二段階は、コピー/模倣において現実を覆い隠すことが起こるところである。このシミュレーションの段階では、「真」と「偽」の違い、「現実」と「非現実」の違いが脅かされる(ボードリヤール、1983年、43頁)。現実と真実の存在は侵害され、偽りの真実のコピーや提示であるシミュラークルによって代替される。それは、コピーのユートピア的現れの邪悪な外観である。

次に、表象における現実不在のマスク着用が第三の段階を示す-イメージは外観であることを演じる(Mills, 2004)。このシミュレーション・シミュラークルの段階/局面では、現実と模倣の区別が不可解になる(ボードリヤール、1983年、1168頁)。本稿では、超現実(hyper-reality)と呼ばれるボードリヤールのシミュレーション・シミュラークルの第三段階を通して、現実の仮面化(masking of reality)と呼ばれる第三段階に焦点を当てる(Mills, 2004)。

ボードリヤールは、表象過程が圧倒的に現実を超えるものとなり、何が現実なのか、何が現実のシミュレーションなのかの違いが識別できなくなるとき、それは「本来の参照者」を持たないイメージの表象であるとハイパーリアリティを定義している(ボードリヤール、1995、p.3)。ボードリヤールはハイパーリアリティを、モデルやアイデアの生成によって現実が創造されたりシミュレートされたりする特殊な社会的現実と呼んでいる。この言葉には、過剰な現実という意味合いがある。表面的にはすべてが現実的/本物であるように見えるが、その存在を疑うことは心に起こらないからだそれは「現実よりも現実的」(ボードリヤール、1995、p.4,21)であり、「スキーマは真実であり、現実の上塗りである」(ボードリヤール、1983)。ここでは、COVID-19のパンデミックについて技術的なシミュラークルで作られた情報は、より現実的であると称されるが、しかし、いかなる現実からも乖離している。新聞、メディア、その他の技術媒体は、非現実的な知識を大量に生み出し、超現実的な方法で恐怖をエスカレートさせる。情報が置き換えられ、コピーされ、複製される(シミュラークル)ことは、超現実の現象的投影によって現実に取って代わる。

ボードリヤールの理論は、私たちがさまざまな形で「リアル」との接触を失い、その消失に魅了され続ける以外には何も残されていないと主張し、現在の社会に対する暗い見方、あるいはむしろ虚無的なイメージを投影している。彼のシミュレーションの最終段階は、間違いなく、操作されたシステムの至高の覇権のために、反対や抵抗の余地がないディストピックな世界の提示である。彼の理論は、ポストモダニズムの理論家や西洋の芸術家たちに影響を与えている。彼らはしばしば、「われわれはさまざまな形で『リアル』との接触を失っており、『リアル』の消失に魅了され続ける以外に何も残っていない」(ボードリヤール、1995年、32ページ)と主張する。この研究は、読者が自分たちの行動パターンに影響を及ぼしている現代の問題を理解するための目からウロコのヒントとして、ジャン・ボードリヤールの理論を借りている。シミュレーションされた事実に疑問を抱く意識が刺激されれば、獣が新たな領域に踏み込み、貧困層を踏みにじり、権利や権利を損ない、抵抗を打ち負かすとき、国内の政治的、経済的、法的、イデオロギー的、メディア的圧力を組み合わせ、必要であれば国際的な恐喝や軍事力によってバックアップすることで、獣を認識することは難しくない。(Saad-Filho & Johnston, 2005, p. 2)

したがって、この研究は、表象的事実の落とし穴を明らかにすることとは別に、国内的・国際的な覇権主義的意図に対する抵抗的な物語として立ち上がるものである。

方法論

本研究は、一般大衆の恐怖をエスカレートさせるマスメディアとサイバー・ソーシャル・ネットワークの機能不全を浮き彫りにする。そのため、COVID-19の最新情報については、新聞、研究誌、記事、およびBBCニュース、Foxnews、ABCニュース、Dawn、OXFAMのようなオンライン・ソースから入手可能なデジタル・データを用いて考察する。ソーシャル・メディア・ネットワーク(グーグル、フェイスブックなどのサイバー・ネットワーク、電子ペーパー、ブログ、ウェブサイトなど)とマスメディア(テレビ、ラジオ、雑誌など)が分析の主要な情報源である。COVID-19が始まって以来、これらの媒体は非常に活用されているため、調査では上記の情報源に注目した。さらに、パンデミックに関する最新情報は、これらの電子的情報源から、屋内の多くの聴衆が世界的にアクセスできるようになっている。研究の性質は分析的かつ記述的である。データは、ボードリヤールのシミュレーション・シミュラークルの理論的枠組みを借用した帰納的アプローチを用いた質的分析であり、同化されたコンテンツに適用されている。それによって、メディアの報道が一般大衆の恐怖心を誤って喚起していることを実証している。

アメリカ、フランス、ロシア、ドイツ、日本、中国、イギリスのような技術先進国は、2世紀にわたって広く発展途上国の社会経済的依存の源となってきた。最近の10年間で、アメリカは技術的発明、科学的知識、メディア研究、北からの知識生産において世界的優位を主張している。本稿では、メディア、ウェブサイト、電子出版物を通じてアイデアを生み出す西側と北側の覇権争いを分析する。したがって、ボードリヤールの理論的概念を用いることで、不安が国際的・国家的レベルで引き起こしているパンデミックの理解に役立てる。研究課題は、COVID-19の文脈におけるメディアやその他の技術媒体を支配する資本主義的イデオロギーを解き明かすのに役立つ。

貢献

ボードリヤールは、グローバル化したシミュラークル経済、「私たちの生活のすべてを規定し、その外側に立つものを消し去る、狂気に陥った標識」(Vincent B. Leitch, 2018, p. 1731)というビジョンを提示している。本研究は、彼の考えを借りて、現代のCOVID-19の状況を、グローバル・ノースに位置する資本主義国から現れるグローバル資本主義の欲望を満たすことを目的とした現象の熱狂的なシミュレーションとして論じる。この研究は、COVID-19のパンデミックに使われている技術的監視が、誤った恐怖と曖昧さを広めることによって、国境を越えた社会経済構造にどのような脅威を与えているかを明らかにするために、思索を広げている。メディア報道から発せられる恐怖のほとんどは、グローバル・ノースの先進的なソフトウェア・サイバー組織からもたらされたものであり、グローバル・サウスにある低開発国の経済的搾取の受益者であると想定されている。

本稿で紹介する知見は、COVID-19のパンデミック時に地球南部から提起された現代の社会経済的苦境に声を貸すものである。現代の国際的な経済的・社会政治的状況については、これまでにも多くのことが書かれてきた。本稿は、パキスタンやアフリカのような発展途上国を具体的に参照しながら、地球南部における現代のCOVID-19の状況を分析する。それによって、COVID-19パンデミックに関する海外(グローバル・ノース)のメディア報道と、グローバル・サウスにおける現代の社会問題との比較の視点を与える。

データ分析

現代では、ほとんどのメディア報道が視聴者に恐怖心を喚起している。毎日、COVID-19に関する新しいプレスリリースが作成され、マスメディア、新聞、オンラインWHOのウェブページでは、COVID-19による死亡者数についてセンセーショナルに報道するための見出しやリード文が選ばれている。とはいえ、このような状況では、読者は容易に見出しの報道に従うだろうし、恐怖の中で人々を何でも信じるように仕向けるのはむしろ簡単なことだ。メディアが反応すればするほど、国民の恐怖心は高まる。

争点はあるが、COVID-19に関するメディアの報道が国民に恐怖を植え付けたやり方は、例外的なものではない。その一つは、COVID-19の発生原因がいまだに解明されていないことである。論文Presumed Asymptomatic Carrier Transmission of COVID-19は、コロナウイルスの起源の話がいかにあいまいで、さまざまな仮定が混在したままであるかを強調している(Yan Bai, Lingsheng Yao, & Tao Wei, 2020)。

メルボルンのモナシュ大学の微生物学部長であるスティーブン・ターナー教授は、ウイルスの起源に関連する実質的な話には疑問を示している(DV & G, 2020)。ウイルス学者や科学者がコロナウイルスの起源に関する実質的な証拠を見つけようと懸命になっている間に、メディアはCOVID-19の蔓延が中国湖北省の省都で21万1000人の命を奪っていることを示す見出しをつけ、日を追うごとに世界的に死者数が増加していることを強調している(Ignatius, 2020)。メディアは、苦しみや喪失の感情的なストーリーを加えることで、人々の高騰する不安に応えている。ワイアット博士は、フェイスブックをはじめとするさまざまなソーシャルメディア・プラットフォームが「AI(人工知能)ボット」を使って偽ニュースを広めていると強調する。COVID-19は「偽情報と陰謀論の世界的なデジタル・パンデミックを伴っており」、その対処は極めて困難であることが判明している、と彼は断言する(Wyatt, 2020)。この感覚は、一般大衆の意識的思考パターンを混乱させるレベルまで超現実化している。どの情報が本物で、何が模造品なのかを評価する能力が損なわれているのだ。

一方、アメリカは、COVID-19という生物兵器を世界規模で使用した中国の悪行を非難する報道がなされた。ワシントン・ポスト紙(イグナティウス、2020)は、意図的に世界的な生物戦争を広めた中国の責任を追及し(ポムフレット、2020)、他方、多くの国際的コラムニストは、中国の危機対応に対するアメリカ政府の反応は、ウイルスの蔓延を食い止めるために中国と戦略を練るというよりも、北京に対するPR(個人的関係)ポイントを稼ぐためのものだと批判している(マグレガー、2020)。2020年3月17日、トランプ大統領はCOVID-19を「中国のウイルス」と呼んで怒りを買った(Lindaman, 2020)。マイク・ポンペオ国務長官も同様の戦術を展開し、「武漢ウイルス」と呼んだ(Viala-Gaudefroy, 2020)。言葉の戦いはメディア上で続いており、中国はこれを、「世界中の人命を奪い、経済を犠牲にしている」(BBC、2020)中国の責任に焦点を当て続けるための策略とみなしている。COVID-19での具体的な言葉の使い方が、いかに「恐怖の言説」(2020)を永続させ、大衆の反中感情をエスカレートさせたかを立証している。さらに多くの報道が見出しを飾り、中国とアメリカが戦争に近づいている危険性を煽る(Finnegan, 2020)。このような非難の砲撃の中で、COVID-19発生の真の原因は未解決のままである。

どの国がコロナウイルスを治療するワクチンの発見に成功するか、次の争いが始まる。コロナウイルスワクチンをめぐるメディア討論は、各国が「政治的駆け引き」に参加するボクシングのリングかオリンピックのレース場に変貌する(謝、2020)。2020年6月10日のABCニュース(Deliso, 2020)は、「COVID-19に対して承認されたワクチンや治療法はまだない。BBCのワールドニュースでは、ドナルド・トランプがすでに2020年末までにワクチンを発売すると発表していることが確認された(Smith-Schoenwalder, 2020)。ニュージーランドはすでに発見間近の明るい兆しを見せていた(RNZ, 2020)。2020年5月8日付の『コロナウイルスワクチン狩りでは、あるべき競争』という記事では、食品医薬品局の前長官であるスコット・ゴットリーブ博士の言葉を引用し、どの国が最初にゴールラインに到達しても、「経済と世界的影響力を回復する」のはその国であると強調している(Xie, 2020)。香港大学の法学教授で医薬品特許の専門家であるブライアン・マーキュリオは、競合する国の中で勝者が一人になる可能性が高いと表現する。彼は、『あなたが最初にならない限り』、競争は無意味だと付け加えている(Roy, 2020)。中国は、このコロナウイルスワクチンの開発を「オリンピックゲーム」と同義と見なしている(McGregor, 2020)。不和やこうした劇的なストーリーを独占的に報道するメディアは、感情をあおり立てるよりも、事実に基づいた情報を提示することを最小限にとどめている。メディアがパンデミックの発芽や治療法について明確な答えを提示しないまま、錯綜した事実の迷宮が人々の死への恐怖や落ち着きのなさを刺激している。

おそらく、コロナウイルスの真実や死者数の統計もまた、不確かな事実が混在しているのだろう。多くのアナリストは、メディアで紹介されているほど衝撃的ではないと見ている。ガードナーの著書Risk: The Science and Politics of Fear (2009)は、世界保健機関の広報担当者が、「恐ろしい見出し」やいくつかの「驚くべき事実」がより多くのメディア報道を正当化することをいかに認識しているかを検証している。インターネット、スマートフォン、インスタグラム、フェイスブックで簡単に情報にアクセスできるようになったことで、平常心や思考パターンが悪化している。恐怖に苛まれた人々は家に閉じこもり、社会的なサイバースペースや技術的なガジェットに助けを求め、人々との物理的な接触を避け、COVID-19ウイルスをこれ以上拡散させないために、交流し、仕事上の日常生活を再開するに違いない。『ガーディアン』紙は、COVID-19に対する恐怖を人々に疑似体験させることに、世界的なテクノ組織が加担していると非難している。デジタルの相互接続性は、COVID-19の間にさらに劇的なものとなり、それが人々の行動パターンにどのような影響を与えたかを立証している。

メディア・ネットワークと同様に、アップルとグーグルという2つのグローバルな企業組織が、擬似的な正常性を示す思考パターンの文化を構築する上で極めて重要な役割を果たしている。COVID-19以前の状況であれば、個人のバイオデータを共有したり、ソーシャルメディアやその他のサイバーネットワークによって追跡されることを許容したりする前に、二の足を踏んでいたかもしれない。フォックス・ニュースは、「領土主権への法律」(www.foxnow.com 2020)を企図した大手サイバーネット企業を「グローバル・ジャイアント」と呼んでいる。ジョン・ノートンは、「オンライン開業医と在宅勤務からスマートフォンの追跡まで」(2020)という論文の中で、加速するテクノロジーの受け入れペースに対して人々がいかに目隠しされているかを批判している。ユヴァル・ノア・ハラリは、COVID-19の大流行は、プレコロナ時代には反対や議論にさらされたであろうソーシャル・ネットワーキング・システム全体を一夜にして変えてしまったと観察している(Garcia-Navarro, 2020)。ハラリは、パンデミックの影響を受けた人々のこの変容的な行動は、「歴史の早送りボタン」と同義であると指摘する(The Guardian 2020)。ニューヨーク・タイムズ紙は、パンデミックの間にロンドンがどのように一変したかを伝えるレポートを発表し、1週間で100年の変化を記録した(2020)。この前例のないテクノロジーの信頼性が、不気味な行動であることは注目に値する。通常であれば、監視技術の導入に関する政府の政策の一部となることへのこの恭順は、押しつけがましい政策とみなされ、そうでなければ大衆の怒りをかきたてただろう。フーコーはこの操作を「常識」(Daldal, 2014, p.163)と呼び、ボードリヤールはこの種の常識的行動を「規定パターン」(Vincent B. Leitch, 2018, p.1731)と呼んでいる。おそらく、社会的な設定においては、誰もが現実的な行動様式を前提とする特定の方法で行動することになっている。人々はその行動において共通感覚を共有し、この行動主義の文化から逸脱した者はのけ者にされる。グラムシはこのような社会構成を、現状を維持するために意図的に作られた「文化的ヘゲモニー」(Vincent B. Leitch, 2018, p.2199)と呼んでおり、すべては常態化された見せかけのシミュレーションである。人々は、自分に期待されるような振る舞いを吹き込むことによって、自分の存在を思い描く。

社会的なサイバースペースは、すべての主要な技術組織が主導権を争う場となっているようだ。追跡アプリケーションを通じて戸締まりを緩和するという政府の計画は、人々を技術的監視に同調させるそのような一例である。追跡アプリケーションは、「連絡先追跡のための集中システム」(Bowcott, 2020)を通じて個人情報を追跡するという意味合いは、異なるサイバー企業間の競争の時代を象徴している(Guardian, 2020)。アップルをはじめとするアンドロイド携帯は、専門的なソフトウェア・システムやアプリケーションを備えており、機関や組織がユーザーの位置情報や生体情報に簡単にアクセスできるようになっている。つまりサイバースペースは、政府が「世界中のすべてのスマートフォンに近接追跡アプリを構築し、配備する」ためのプラットフォームとして提供されているのだ(O’Neill, 2020)。世界的に、政府は追跡アプリによるロックダウンを計画している。これは、すべての携帯端末に接触者追跡の集中システムを導入することで、利用者のデータプライバシーへの期待をより大きく阻害することを意味する(AingeRoy, 2020)。ハバード大学の教授はこれを「監視資本主義」(Zuboff, 2019, p.14)と呼んでいる。「あらゆる人間の経験のあらゆる側面に寄生する寄生虫」であり、消費者や資本家に利益をもたらす「原料」として利用している(Zuboff, 2019, p.16)。COVID-19の間の生命の脅威は、人間の管理と監視に凝り固まった生活と、(現実のような)物理空間の仮想シミュレーションの持続的な世界で、人々が互いに交流することを余儀なくさせた。結論的に言えば、この新しい仮想世界での人間の行動を監視することで、バイオデータの蓄積量は飛躍的に増大した。

参考記事
監視資本主義の時代
初回限定版 2019年1月 タイトル The age of surveillance capitalism : the fight for a human future at the new frontier of power / Shoshana Zuboff. CONTENT

人々のCOVID-19恐怖の状況的圧力は、虚偽で矛盾した知識を重ね合わせることで泥沼化している。サイバー世界で採用されている監視の種類は、いかなる死刑の下でも人々に何かを強要する傾向が拡散しているところである。その代わりに、メディアとサイバースペースは人々の行動を陰湿に規律している。ズボフは、現代の監視の世界では資本主義が「テクノロジーに染み込み、それを行動に命じる論理」であると強調している(Zuboff, 2019, p.21)。それはテクノロジーそのものではなく、その戦略的な使用によって、スマートフォンやコンピュータの画面で「好き」「嫌い」ボタンを押すように、人々の意思を監視する私的領域に侵入することである。グーグルは私たちのウェブページ訪問を追跡し、「私たちの閲覧習慣」から私たちについて多くのことを推測することができる(Marr, 2016, p.70)。欧米のソフトウェア・サイバー企業は、ウェブ・クッキーやウェブワームをシステムに忍び込ませ、ウェブ・ユーザーの閲覧履歴の情報を特定・追跡する「監視の基盤」を戦略的に築いてきた。ウェブユーザーがウェブページやウェブサイトにログインしたり訪問したりするたびに、クッキーはデータを収集しパーソナライズし、ウェブアルゴリズムは特定のウェブサイトへの訪問の背後にあるユーザーの行動やニーズを分析する。データは監視され、蓄積され、後に資本を集めるために使われる。人々は知らず知らずのうちに、サイバー・ソフトウェア・ネットワーク、電子ペーパー、サイバー・ソーシャル・スペース、電子メディア・ネットワークが作り出すシミュレートされた現実のマトリックスに浸っている。

マスメディア、ソーシャル・サイバースペース、ソーシャル・ネクサスは、暴力的な画像、悲痛な感動物語、病人のビデオといった形で、死の統計の背後にある現実を誰も疑わない、決まった行動の文化を導入してきた。これらは恐怖を伝播させ、主権者のヘゲモニーを強化することを目的とした一種の知識を生み出す媒体であり、その一方で、人々は素朴さのあまり、シミュレートされた現実の正常化とされるものに、設定された基準を容易に適合させてしまう。フーコーはこの移行を「バイオパワー」と呼んでいる。そこでは、権力が人々の生活を静かに掌握することで、死の脅威が遠ざかっていくのである(Cisney, 2016, pp.12, 13)。権力に圧倒され、利用されることを最も疑っていないときに、人々の生活を支配する方法である。科学的言説や文化的規範が発達した現代は、人々を喜んで参加する者に変えてしまう傾向がある。こうしてボードリヤールは、「表面上にあるものはすべて現実である」(Vincent B. Leitch, 2018, p.1731)と外挿し、その疑念を思い浮かべることはない。真実は「現実がなければないほど現実的」(ボードリヤール、1983年、p.5)であり、超現実化されている。とはいえ、メディアやソーシャルネットワークは、COVID-19の致死的な感染拡大に対して必要な重要な安全対策についての認識を広める上で有益であることが証明された。しかし、メディアやソーシャルネットワークは、人間同士の交流がもたらす健康へのリスクをさりげなく映し出しただけで、資本関係者には何倍もの利益をもたらし、不幸にも失業者を増加させた。世界保健機関(WHO)は、コロナウイルスによる死亡者数の増加を抑制するためには、戸締まりが不可欠であると主張している(UNICEF, 2020)。そのため、ウイルスのさらなる拡散を防ぐため、人々は家にとどまり、人との接触を最小限にするよう要請されている。

パキスタン労働評議会(PILER)の事務局長であるカラマット・アリ氏は、アナドル通信に対し、COVID-19の封鎖期間中、パキスタン国内だけでも失業者が1230万人から1850万人に増加し、数百万人の労働者が職を失ったと語った(ロイター、2020)。政府が全国的な封鎖を行った後、パキスタン全土で飢餓と失業を目の当たりにし、最も深刻な影響を受けたのは労働者階級である。何の事前通告もなく無謀にも解雇された何百人もの無登録の労働者に対する政府の保障はない。全国労働評議会の会長であるシャムス・ウル・レーマン・スワティは、「パキスタン全土の労働者、特に日雇い労働者や契約社員が事前通告なしに解雇された」と述べた(Latif, 2020)。政府はEhsaasプログラムを通じて彼らのニーズに応えることを約束したが、労働者コミュニティには社会保障も法的保障もないため、価値あるものは何も実現されていない(Latif, 2020)。同様に、世界保健機関(WHO)は、COVID-19の状況下で、この問題に対処するための実質的な成果を何ら与えることができなかった。OXFAMの2016年版報告書は、経済危機が深刻化し、発展途上国で疫病が流行している最中、世界的な計画は経済・金融危機に取り組むことに失敗するだろうと予測している。報告書によれば、米国は「2兆ドルの救済パッケージ」(OXFAM, 2016)を持っており、深刻な伝染病流行時の保健上の緊急事態や経済危機を乗り切ることができるかもしれないが、エジプト、バングラデシュ、南アフリカ、南米、中東のような国々は、伝染病流行時に最悪の経済的後退と死亡率の上昇を目の当たりにするかもしれない(OXFAM, 2016)。現在のCOVID-19の状況下で発展途上国が直面している経済危機は、前述の命題の実質的な証拠を示している。現在、世界保健機関(WHO)は、COVID-19が蔓延している状況下で、この問題に対処するための実質的な成果を何一つ与えていない。

人間の生存を強調するロックダウンの背後にあるロジスティックスは、逆に、世界的な重要技術協力に有利な現状を維持する戦略であるように見える。世界保健機関(WHO)は現在、コロナウイルスによる死亡者数の増加を抑制するための緊急措置の一つとして、ロックダウンを主張している(UNICEF, 2020)。ウイルスがこれ以上蔓延しないよう、人々は家にとどまり、人との接触を最小限にするよう要請されている。2020年5月22日木曜日、ガーディアン紙は米国の億万長者の資産が4340億ドル増加したと報じた。以前、2020年3月18日には、ウイルスの蔓延を遅らせるために国民の大半がシャットダウンした際、Tax FairnessとInstitute for Policy StudiesのProgram for Inequalityの調査結果によると、COVID-19の発生中、アメリカ経済は大恐慌以来最悪の急降下を目撃したが、アメリカの最も裕福な人々は「総資産が指数関数的に増加した」(Robtfrank, 2020)。ベゾス、ビル・ゲイツ、ザッカーバーグ、ウォーレン・バフェット、ラリー・エリソン、すなわち最も裕福な5人の億万長者は、「合計で760億ドルの富を得た」と報告されている(Robtfrank, 2020)。

オックスファム・インターナショナル事務局長のウィニー・ビャニマは、「貧しい人々を助けるために使われるはずの資源が、トップにいる人々に吸い取られている」と述べている(OXFAM, 2016)。彼はさらに、「最近の富裕層の富の爆発的増加は、大多数、特に最貧困層の犠牲の上に成り立っている」と指摘する(OXFAM, 2016)。彼は、エリート層が「自分たちの利益に有利なグローバルルールを確保するために、莫大な資源を動員している」と強調している。OXFAMの2016年版報告書は、2016年に億万長者たちがワシントンとブリュッセルの政策立案者にロビー活動を行うために、世界で5億ドル以上を費やしたことを強調している。また、製薬・ヘルスケア分野における世界中の億万長者の総資産が47%増加したことを記録している。それに関連して、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が大手製薬会社9社の株式を約2億500万ドル分購入したことがウォール・ストリート・ジャーナル紙で明らかになった。COVID-19の間にこの投資は、COVID-19ワクチンを仕入れ、後に採算の取れる価格で世界的に販売することで、多額の利益を得る可能性が高い。東洋における搾取と現状維持の条件も、これと変わらない。パキスタン政府は、COVID-19の損失を軽減するためにIMFから54億ドル(2020年、Lipton)を受け取る予定であり、この金額はIMFからの支援プログラムのために同国がすでに消費した金額に加えている(2020年、DAWN NEWS)。

ここで主張したいのは、COVID-19ウイルスと闘うために病院に与えられる財政援助は、政府からの財政援助に対する医療機関の請求が、COVID-19の登録症例数のみに依存することを意味するということである。つまり、各保健所は資金を請求するために、正式に約10万件のCOVID症例を登録しなければならない。2020年4月5日、海外パキスタン人のアラムダール氏はDaily Dawnに対し、あるテレビ局がコロナウイルスによる妻の死亡という偽ニュースを放送したと主張した。事実は、患者が長年肺の慢性患者で、ニューヨークで治療を受けていたことだった(Butt, 2020)。同様に、COVID-19による死者が数カ月で36,788人に達したというメディアの記録は、飢餓や失業による死というイメージを覆い隠している。COVID-19が健康に及ぼす世界的な影響は消えない。それにもかかわらず、COVID-19の感染者数と死亡者数791人(WHO、2020)が急激に増加しているという図も、操作されているように見える。パンデミックの根底に流れる覇権主義を正当化するために、現実は白塗りされているのだ。

ダン・ガードナーはその著書『リスク:恐怖の科学と政治』(2009)の中で、「活動家、非政府組織、政府部門、慈善団体は皆、自分たちの利益を持っている。そして、恐怖を利用して会員数を増やし、寄付金を配り、恐怖と死のリスクを超現実化した感覚を刺激することによって、『メディアの知名度と政治的影響力を高める』(Gardner, 2009)ことによって、その利益を守っている」。監禁中、貧困と飢餓によって引き起こされる高騰する死者を軽減する緊急性は軽視され、人々は資本主義的利害関係者にとって広範な生産力と社会文化的統制の形成様式として機能する。活動家やNGO、その他の慈善団体を恐怖の市場へと導くのは、まさにこの原動力となる意図なのだ。

結論

したがって、グローバル資本家と土着資本家は、虚偽の知識を生産し、虚偽の恐怖感覚を広めることによって、社会的結びつきとマスメディアを監視するCOVID-19を商品化している、というのが調査の結論である。ボードリヤールのシミュラークルとシミュレーションの概念は、啓蒙以来の西洋科学の進歩に私たちの注意を向けさせ、「グローバル化した標識の経済が私たちの生活のすべてを規定し、その外側に立つものを消し去るように、狂気化した」(Vincent B. Leitch, 2018, p.1731)を構想している。超現実とシミュラークルと呼ばれるジャン・ボードリヤールのシミュレーション・プロセスの概念の最終段階は、社会におけるこれらの象徴的表象の間の関係に合致している。文化産業と消費社会のシミュレートされた表象が、現代の資本主義を安定させるのに役立っている。同様に、現代においては、覇権を強化するための知識を生産するために、技術的媒体が絶えず使用されている。

このように、この分析では、現代におけるメディアとサイバー社会空間が、覇権主義が周辺に集まり、周辺にいる無力なものを疎外する傾向のある仮想領域であることが浮き彫りにされた。ケーブルテレビ、家庭用テレビ、ファックスなど、知識を生み出すためにコントロールされた技術進歩に関連するあらゆるものの出現は、現実よりも見かけ倒しになりがちである。この論文は、COVID-19に関するメディアの知識が、適切な技術者を選ぶことによって、現状を維持するために構築された管理された「文化的ヘゲモニー」(Vincent B. Leitch, 2018, p.14)をいかにシミュレートしているかを強調している。政治的ファシズムの極限と、技術先進国から発せられるブルジョア資本主義の日常的な社会病理との間の鋭利な境界線は消滅する。一方、特に第三世界の一般大衆は、COVID-19の起源やその予防措置に関する文献が氾濫する中、宙ぶらりんな状態に置かれ、インスタグラムやフェイスブックの通知を追いかけたり、何らかの突破口を期待してテレビに釘付けになったりしている。I.T.、サイバースペース技術、メディアチャンネルを専門とする国々は、ヘゲモニーが形成され、そのイデオロギーや思想を主張する収束点として機能する「社会科学的権力」(Alatas, 2003, pp.603, 604, 606)である。ボードリヤールは、このシミュレーションのプロセスが「現実の裏切り」に相当することを認め、それを「シミュラクルムの下に真実を隠すことを目的とした現実の短絡」と同義の現実の複製と呼んでいる(McLaverty-Robinson, 2012)。こうした知識生産倉庫は、基礎となる現実の存在を世界に示すために、人々の恐怖心をかき立てる。世界保健機関(WHO)、新聞、ホワイトハウス、あるいはパキスタンのニュースチャンネルによって作られた文献は、権力と本質的に結びついた知識をシミュレートしており、人々は提示されたものを信じるように仕向けられる。同じように、COVID-19で作成された文献は、「真実」という権威を持ち、それ自身を真実であるとする力を持っている。したがって、それに関するどんな情報がリアルワールドで適用されようとも(Foucault, 1979, p.22)、真実になることによって真実をシミュレートすることで、人々に影響を与えているのである。

最後に、この論文は、科学がいかに人々を組織化し、一般大衆の行動や思考をコントロールすることによって、人々を客観視する新しい方法を導入してきたかという仮説を立てている。COVID-19は、人々が無意識のうちに支配的な思考と行動のパターンに没頭する大衆文化によって生み出された、監視と偽りの恐怖のテクノシミュラークルとなった多くの例の中のひとつである。こうして、誰もがお互いを取り締まるようになれば、厳密な監視は必要なくなる。

それゆえ、この作品は、フェイクニュースの存在下での不確実性と恐怖を増幅させる上で重要であり、それ自体がパンデミックを構成し、社会、指導者、国家、国際関係に有害な影響を及ぼす。その上、現在の現実がシミュレートされ、超操作化され、仮想のボイド・シミュラークルムとして超実現されているために、物理的な現実がいかに災いに向かっているかを客観的に登録するための自己反省的分析でもある。

寄稿者

ザキア・レシド・エフセンは博士課程の奨学生であり、現在はパキスタンのリファ国際大学英語英文学科の助教授として勤務している。国内外の学会で論文を発表している。5年前から南アジア文学協会とNeMLAに所属し、ポストコロニアリズム、シェイクスピア研究、批評理論に関心を持つ。

Khurshid Alam博士は、パンワクチン・パキスタン大学英語学・人文科学研究所で助教授を務める。聖典、特にコーランの研究に強い関心を寄せている。また、南アジアの文学的主観性、ポストコロニアルな知識生産、現代ドラマ、批評理論に関心を持つ。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました