倫理・思想・ニューノーマル

政策・公衆衛生(感染症)

COVID-19 不確実性の認識

Covid-19’s known unknowns COVID-19について確信を持っている人ほど、あなたはその人たちを信用すべきではない 2019年、医学史家のマーク・ホニグスバウム氏は、著書『パンデミックの世紀』の最後に次のように述べている。「唯一確かなことは、新しい疫病と新しいパンデミックが発生するということである。...
コロナウイルス

実用本位の医療(センシブル・メディシン) COVID-19パンデミック時の介入と非介入のバランスをとる

Sensible Medicine—Balancing Intervention and Inaction During the COVID-19 Pandemic 世界中で3,800万人以上が重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス2に感染しており、患者に最先端の救命治療を提供しなければならないという臨床医への強いプレッ...
COVID-19 概要

パースペクティブ:栄養学研究における無作為化対照試験メソッドの根本的限界 プロバイオティクスを例に

Perspective: Fundamental Limitations of the Randomized Controlled Trial Method in Nutritional Research: The Example of Probiotics 要旨 健康と栄養の関係についての研究は、多くの場合、結論が出ていない。多...
政策・公衆衛生(感染症)

パンデミック 6つのサバイバル・チェーン:私たちの社会を復活させるために力を合わせる

Pandemic chain of survival: Gathering strength to revive our societies 2020年4月9日、世界保健機関(WHO)の事務局長は、コロナウイルス病2019(COVID-19)について、「このパンデミックは健康危機をはるかに超えている。政府と社会全体の...
政策・公衆衛生(感染症)

予防措置の補償:高感染性疾患の規制のための経済的洞察

Indemnifying precaution: economic insights for regulation of a highly infectious disease 要旨 経済的洞察は、COVID-19のような高感染性疾患を、社会的距離を含む行動上の予防措置を通じて管理するという課題を理解するための強力なものである。問...
コロナウイルス

パンデミックに直面したときの認識論的責任

Epistemic responsibility in the face of a pandemic ニール・レヴィとジュリアン・サヴレスク 要旨 コロナウイルスパンデミックへの対応について、非専門家は疫学者に従うべきか? 私たちは、解決された科学に関しては尊重が必要だと主張する。非専門家(つまり、自分の専門知識を持っ...
コロナウイルス

証拠の統合:COVID-19象との対決

証拠の統合:COVID-19象との対決 Integrating the evidence: confronting the COVID-19 elephant コロナウイルス病2019(COVID-19)は、壊滅的な結果をもたらす可能性のある、よく知られていない病気である。パンデミックは、広い地理的分離と一見不規則な発現を伴う異なる速...
政策・公衆衛生(感染症)

COVID-19パンデミックを緩和し遅らせるための自主的な予防策と短期的な政府主導による社会的距離の影響 モデル化研究

Impact of self-imposed prevention measures and short-term government-imposed social distancing on mitigating and delaying a COVID-19 epidemic: A modelling study Alex...
コロナウイルス

COVID-19時代の不確実性の管理

Managing uncertainty in the covid-19 era 著者らは、パンデミックでは不確実性が避けられないと主張し、そのような状況下でより良い意思決定を行うための簡単なルールを提示している。 COVID-19パンデミックは成熟しつつあるが、個人にとっても政策立案者にとっても不確実性が増大し続けている...