リコード法 難易度・課題

リコード法 難易度・課題

リコード法 進行ステージにおける改善可能性と課題

MCI・初期・中期・末期でのリコード法 概要 リコード法の効果を判断することの難しさ リコード法が難しいという以前の問題として、リコード法を行って本当に改善するのかどうか、多くの人が気になるところだろう。 しかしリコード法の改善可能性は、いわゆる36の穴がどこにあるのか、どれだけあるのかを知る検査を行うことは当然のこととして、...
リコード法

アルツハイマー病に勝つ? アン・ドレッジの「大きな改善」とデール・ブレデセン治療

Beating Alzheimer's Disease? Anne Dredge's 'huge improvements' with Dale Bredesen treatment ピーター・ドレッジさんの妻アンさんは、60歳でアルツハイマー病と診断された。昨年の今頃、夫婦は神経科医からアンの余命は半年以内と告げられていた。 ...
リコード法 難易度・課題

アミロイド仮説 36の誤り

 をお読みください。 ある公園の街灯の下で、何かを探している男がいた。 そこに通りかかった人が、その男に「何を探しているのか」と尋ねた。 すると、その男は、「家の鍵を失くしたので探している」と言った。 通りかかりの人はそれを気の毒に思って、しばらく一緒に探したが、鍵は見つからなかった。 そこで通りかかりの人は、男...
リコード法(タイプ別)

リコード法の難易度を決定する10の要因

36の因子に対応する実行量と検査 リコード法で想定されているアルツハイマー病障害の数が多ければ、やはりそれだけ治療方法の数や継続的な検査も増加する。 日本においてはリコード法で想定されている検査項目のすべてを行うことは不可能。 半分の検査ができれば良いほうで、国内では8割程度が限界となる。 特に毒素、CIRS関連の検査...
リコード法 難易度・課題

ブレデセンプロトコル(リコード法)への批判 (専門的)

「宗教と科学の違いは、科学では初めの期待に反した結果が出たときに、それを 受け止めることが出来るかどうかにある」 湯川秀樹 ReCODEプロトコル(MENDプログラム)への批判を片っ端から集めてみた。 ブレデセンプロトコル(リコード法)への批判 ・ケーススタディとしては少しばかり有望だが、臨床研究の専門家からすれば、さらなる...