神経ペプチド

36の発症因子

アルツハイマー病における軸索誘導因子ネトリン1の障害と改善方法

Netrin-1 関連記事 PACAPの多彩な神経保護作用(VIP関連) ネトリンとは ネトリン 軸索誘導に関するタンパク質の一種。 サンスクリット語の「netr(ガイドする人)」から名付けられた。 軸索は成長する過程において、高濃度のネトリンに近付いたり離れて動いたりする。 ネトリンは成長因子としても...
神経ペプチド

PACAPの多彩な神経保護作用(VIP関連)

PACAP 概要 ※PACAP = Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide 下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチド(PACAP) PACAPは血管作動性腸管ペプチド(VIP)と類似する作用をもつ、神経ペプチドの一種。 PACAPに対応するPAC1...
2型(萎縮性)

グレリンの神経保護効果(認知症・アルツハイマー)

抗認知症ホルモングレリンを増やす8つの方法 概要 グレリンの役割 グレリンは、視床下部に作用して食欲を誘発し、下垂体に作用して成長ホルモンを分泌させる内因性の神経ペプチドホルモンであり食欲刺激ホルモンでもある。 胃が空になるとグレリンは分泌され、食事などにより胃が拡張すると分泌が止まる。 食欲の調節以外にもATP産生...