ホルモン・神経栄養因子

神経ステロイド

神経ステロイド プレグネノロンとその代謝物の非ゲノム作用
Nongenomic actions of neurosteroid pregnenolone and its metabolites

Accepted Date:2016年1月25日 - 中央研究院分子生物学研究所、台北、115,台湾 - ハーバード大学医学部システムバイオロジー学科、マサチューセッツ州ボストン 要旨 ステロイドは、臨床の場 ...
神経ステロイド
神経ステロイド

神経ステロイドのプレグネノロンは、自然免疫シグナル伝達における重要なタンパク質の分解を促進し、炎症を抑制する
The neurosteroid pregnenolone promotes degradation of key proteins in the innate immune signaling to suppress inflammation

J Biol Chem. 2019 Mar 22; 294(12): 4596-4607. 2019年1月15日オンライン公開 要旨 プレグネノロンは、ステロイドホルモン前駆体であり、様々なステロイド生成組織、脳、 ...
神経ステロイド

骨から脳へ 機械的刺激への適応における往復運動
Bone-to-Brain: A Round Trip in the Adaptation to Mechanical Stimuli

2021年4月28日オンライン公開 要旨 骨組織には、古典的な役割(支持・保護、造血、カルシウムの貯蔵、リン酸の貯蔵)のほかに、複数の役割があり、臓器としての性格が強くなってきている。特に内分泌機能、より一般的には様々な刺激を感 ...
甲状腺ホルモン

「甲状腺疾患を自然に回復させる」第1~3章
Reverse Thyroid Disease Naturally

目次 序文:シェリル・セルマン博士(ND) 序文 はじめに 第1章 甲状腺 甲状腺の役割 過去の世代にはなかった甲状腺の問題 TSH検査:その精度は? FT4、FT3、RT ...
甲状腺ホルモン
甲状腺ホルモン

生後1000日の必須栄養素としてのヨウ素

Iodine as Essential Nutrient during the First 1000 Days of Life 2018年3月1日オンライン公開 イネス・ヴェラスコ1,*サラ・C・バス2,マーガレット・P. レイ ...
甲状腺ホルモン
甲状腺ホルモン

アルツハイマー病患者における甲状腺ホルモンプロファイルの変化

Altered thyroid hormone profile in patients with Alzheimer’s disease ハイライト AD患者36名と健常対照者34名を対象とした横断的研究。 ...
甲状腺ホルモン
ステロイドホルモン

健康、老化、そしてホルモンバランス Robert Malone

Health, Aging, and Hormonal Balance ゲスト論説 簡単なプロローグ COVID-19,早期治療の有効性、ワクチンのリスクとベネフィットの比率に関する従来のメディアのプロパガンダと検閲を打破する ...
ステロイドホルモン環境リスク
ステロイドホルモン

閉経後女性のエストロゲンと脳構造、認知機能の関係

Estrogen, brain structure, and cognition in postmenopausal women オンラインで2020年9月10日に公開 Christina P. Boyle, 1 , † ...
ステロイドホルモン
ステロイドホルモン

デヒドロエピアンドロステロン(DHEA):期待と挫折

Dehydroepiandrosterone (DHEA): Hypes and Hopes 概要 デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)とその硫酸化デヒドロエピアンドロステロン(DHEAS)は、ヒトの体内に最も多く存在す ...
ステロイドホルモン
その他の疾患

神経性食欲不振症の新しい知見

New Insights in Anorexia Nervosa 公開オンライン2016 Jun 29 Philip Gorwood,1,2,3,* Corinne Blanchet-Collet,4 Nicolas Chart ...
その他の疾患その他の症状ホルモン・神経栄養因子
ホルモン・神経栄養因子

トランスフォーミング成長因子(TGF-β1)とその受容体の不足が、高齢化でのアルツハイマー病危険因子を説明する

Ineffective levels of transforming growth factors and their receptor account for old age being a risk factor for Alzheim ...
ホルモン・神経栄養因子神経伝達物質・シグナル伝達
ホルモン・神経栄養因子

内因性の神経保護メカニズム 増やすべきか、増やさざるべきか

Endogenous Mechanisms of Neuroprotection: To Boost or Not to Be オンラインで2021年2月10日公開 Sara Marmolejo-Martínez-Arteser ...
ホルモン・神経栄養因子
ステロイドホルモン

アルツハイマー病治療薬 ホルミシス用量反応モデルの応用
Alzheimer's Disease Drugs: An Application of the Hormetic Dose-Response Model

米国マサチューセッツ大学公衆衛生学部環境健康科学課、アマースト、マサチューセッツ州、米国 概要 本稿では、記憶力の向上を目的とした薬剤のうち、アルツハイマー病(AD)の治療に用いられている薬剤の用量反応の特徴を評価してい ...
ステロイドホルモンホメオスタシス・ホルミシス神経ステロイド認知症 医薬
ホルモン・神経栄養因子

アルツハイマー病における神経炎症とニューロン新生、およびその治療法の可能性

Neuroinflammation and Neurogenesis in Alzheimer’s Disease and Potential Therapeutic Approaches オンラインで公開2020年1月21日 概要 ...
ホルモン・神経栄養因子海馬
ステロイドホルモン

パッケージのリーフレット ユーザーのための情報 オエストロジェル(oestrogel)ポンプパック エストラジオール 750マイクログラム/ゲル

Package Leaflet: Information for the User OESTROGEL PUMP-PACK 750 MICROGRAMS/ACTUATION GEL Estradiol はじめに このリー ...
ステロイドホルモン
ホルモン・神経栄養因子

IGF-1:老化脳のジキル&ハイド

IGF-1: The Jekyll & Hyde of the aging brain 要旨 IGF-1シグナル伝達経路は、げっ歯類からヒトに至るまで、老化プロセスの主要な調節因子として浮上している。しかし、IGF-1の ...
ホルモン・神経栄養因子
甲状腺ホルモン

全身疾患時の甲状腺ホルモン代謝異常 さまざまな臨床環境における低T3症候群
Abnormalities of Thyroid Hormone Metabolism during Systemic Illness: The Low T3 Syndrome in Different Clinical Settings

Int J Endocrinol. 2016; 2016: 2157583. 2016年10月10日オンライン公開 要旨 甲状腺ホルモン異常は、重症患者によくみられる。30年以上前から、外来診療中のいくつかの疾患患 ...
甲状腺ホルモン
甲状腺ホルモン

低T3症候群 クリス・クレッサー

Low T3 Syndrome クリス-クレッサー、M.S. それは甲状腺のことではない! 甲状腺機能低下症は、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が高く、甲状腺ホルモンのT4とT3が低い状態である。 しかし、私の臨床では、T3のレ ...
甲状腺ホルモン
BDNF

神経可塑性のモジュレーターとしての植物 BDNFに注目

Botanicals as Modulators of Neuroplasticity: Focus on BDNF 要旨 脳由来の神経栄養因子(BDNF)が様々な中枢神経系(中枢神経系)疾患に関与していることは、この神経栄養因子が興味 ...
BDNF
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました