ホルモン・神経栄養因子

小分子

エクソソームとアルツハイマー病

概要 エクソソームとは エクソソームは、あらゆる細胞によって分泌される単一の脂質膜小胞の一種で、細胞および細胞外液中に広く存在する。 エクソソームにはタンパク質、脂質、miRNA、RNA、DNAが含まれ、血液、脳脊髄液、唾 ...
小分子

骨成分オステオカルシンの認知機能への効果 12の増加方法

オステオカルシンとアルツハイマー病 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ ...

骨密度と認知機能を高める運動ホルモンイリシン 10の増加方法

イリシン健康情報と関連研究 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ ...

骨密度(+神経保護)を増加させる8つのアプローチ

骨形成の促進による抗認知症効果 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる8つのアプローチ ...

認知症リスクを高める骨粗鬆症

アルツハイマー病と骨粗鬆症リスクの共通因子 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つ ...
神経伝達物質・シグナル伝達

医療大麻・マリファナの神経保護作用(CBD・THC)

カンナビノイド成分の抗認知症作用 関連記事 カンナビノイドシステムの多彩な神経保護メカニズム 概要 カンナビジオール(CBD)は、麻に含まれるカンナビノイドの一つ。 麻(カンナビスサティバ)には400種類以上の化学物質が含 ...
神経伝達物質・シグナル伝達興奮・攻撃・妄想認知症症状・BPSD
CBDTHCマリファナ
36の発症因子

脳内コレステロール排出酵素 CYP46A1

CYP46A1 は   概要 CYP46A1は、脳のコレステロール分解の律速酵素であり、ハンチントン病、アルツハイマー病と最も深く関わるCYP酵素。 脳のコレステロール制御 コレステロールは、脳以外の場所では細胞内の合成と食事由来 ...
36の発症因子ステロイドホルモン
コレステロールシトクロムP450
ステロイドホルモン

エストロゲン ホルモン補充療法の批判とリスク

エストロゲン・プロゲステロン補充療法 検討 関連記事 エストロゲン・エストラジオール 抗加齢ホルモン エストロゲン 14の神経保護効果  エストロゲン補充療法への批判とリスク エストロゲンレベルを改善する20の方法 ...
ステロイドホルモン
エストロゲンホルモン補充療法
ステロイドホルモン

抗加齢ホルモン エストロゲン 14の神経保護効果

エストロゲンの神経保護効果 関連記事 エストロゲン・エストラジオール 抗加齢ホルモン エストロゲン 12の神経保護効果  エストロゲン補充療法への批判とリスク エストロゲンレベルを改善する20の方法 神経保護 ...
ステロイドホルモン
エストロゲン神経保護
神経伝達物質・シグナル伝達

神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子

関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 概要 Wnt ...
神経伝達物質・シグナル伝達
神経ペプチド

PACAPの多彩な神経保護作用(VIP関連)

PACAP 概要 ※PACAP = Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide 下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチド(PACAP) PACAPは血管作動性 ...
神経ペプチド
神経伝達物質・シグナル伝達

NMDA受容体の光と影(認知症・アルツハイマー病)作成中

NMDA型グルタミン酸受容体 概要 医薬品メマリーの多彩な作用 3種類のグルタミン酸受容体 NMDA型グルタミン酸受容体とは、Nメチル-D-アスパラギン酸受容体の略。3種類あるグルタミン酸受容体のうちの一種。その他の2つはAMP ...
神経伝達物質・シグナル伝達
NMDA受容体
海馬

骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節(作成中)

BMPs(骨形成プロテイン)の多彩な役割 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つの ...
海馬
BDNF

コーヒーフルーツ濃縮物粉末(WCFC)

全粒コーヒー果実抽出物のBDNF増強効果 概要 WCFCとは WCFCはWhole Coffee Fruits Concentrationの頭文字を取った略号で、コーヒー果実から(コーヒー豆ではない)抽出された抽出物のこと。われわ ...
BDNF食品由来ハーブ
ステロイドホルモン

エストロゲンバランスを改善する23の方法

エストロゲン・エストラジオールレベルの改善 関連記事 エストロゲン・エストラジオール エストロゲンレベルを改善する20の方法 神経保護作用をもつプロゲステロンと3つの増強ハーブ エストラジオール:プロゲステロン ...
ステロイドホルモン神経ステロイド
ステロイドホルモン

エストロゲン・エストラジオール(認知症・アルツハイマー)

エストロゲン・エストラジオール17β 関連記事 エストロゲン・エストラジオール 抗加齢ホルモン エストロゲン 12の神経保護効果  エストロゲン補充療法への批判とリスク エストロゲンレベルを改善する20の方法 ...
ステロイドホルモン神経ステロイド
5型 外傷性

神経保護作用をもつプロゲステロンと3つの増強ハーブ

プロゲステロン(認知症・アルツハイマー) 関連記事 エストロゲン・エストラジオール エストロゲンレベルを改善する20の方法 神経保護作用をもつプロゲステロンと3つの増強ハーブ エストラジオール:プロゲステロ ...
5型 外傷性ステロイドホルモン神経ステロイド
36の発症因子

アルツハイマー病における軸索誘導因子ネトリン1の障害と改善方法

Netrin-1 関連記事 PACAPの多彩な神経保護作用(VIP関連) ネトリンとは ネトリン 軸索誘導に関するタンパク質の一種。 サンスクリット語の「netr(ガイドする人)」から名付けられた。 軸索は成長 ...
36の発症因子神経ペプチド
2型 萎縮性

グレリンの神経保護効果(認知症・アルツハイマー)

抗認知症ホルモングレリンを増やす8つの方法 概要 グレリンの役割 グレリンは、視床下部に作用して食欲を誘発し、下垂体に作用して成長ホルモンを分泌させる内因性の神経ペプチドホルモンであり食欲刺激ホルモンでもある。 胃が空になる ...
2型 萎縮性成長ホルモン神経ペプチド
甲状腺ホルモン

脱ヨード酵素の阻害因子・要因(T4→T3変換障害)

脱ヨード酵素の阻害因子 甲状腺ホルモン関連記事 甲状腺ホルモン 概要(アルツハイマー・リコード法) TRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン) TSH(甲状腺刺激ホルモン) T4(サイロキシン)/T3(トリヨードチロ ...
甲状腺ホルモン
タイトルとURLをコピーしました