Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

グレリンの神経保護効果(認知症・アルツハイマー)

抗認知症ホルモングレリンを増やす8つの方法

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

概要

グレリンの役割

グレリンは、視床下部に作用して食欲を誘発し、下垂体に作用して成長ホルモンを分泌させる内因性の神経ペプチドホルモンであり食欲刺激ホルモンでもある。

胃が空になるとグレリンは分泌され、食事などにより胃が拡張すると分泌が止まる。

食欲の調節以外にもATP産生、脂肪貯蔵、グリコーゲンの貯蔵などによりエネルギーの入出力を調整する重要かつ複雑な役割をもっている。

en.wikipedia.org/wiki/Ghrelin

脳内のグレリン

グレリン細胞は主に胃に見出されるが、空腸、肺、膵島において、十二指腸、生殖腺、副腎皮質、胎盤、腎臓にも存在する。

脳内においてもグレリン受容体(GHSR1a)が、海馬および視床下部核に高度に局在している。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26490687

グレリンの高次脳機能への関与

グレリン受容体であるGHS-R1aは、視床下部以外の領域で広範囲に発現している。

そのためグレリンの生理学的役割は代謝機能のみならず、記憶、報酬、気分、睡眠など、数多くの高次脳機能に関与していることが示されている。

これらの機能のうちのいくつかは、パーキンソン病、アルツハイマー病、およびハンチントン病を含む神経変性障害において破壊されていることが多くの研究によって支持されている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26809582

www.avivahealth.com/article.asp?articleid=334

グレリンの神経保護・抗認知症効果

記憶能力

グレリンは空腹時に主に胃酸合成細胞によって産生され、血中を介して海馬へ到達することができる。海馬に到達したグレリンは、海馬のシナプス密度および記憶能力を調節する。

www.nature.com/articles/nn1656

ijbms.mums.ac.ir/article_11597.html

シナプス可塑性・シナプス形成の促進

グレリンの注入はラットの歯状回、海馬シナプス可塑性および空間記憶の増強を促進する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21219473

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24742241

www.pnas.org/content/111/1/E149

ミトコンドリア機能不全の予防

グレリンおよびレプチンはADマウスのミトコンドリア機能不全、ROS産生、カルシウムの上昇を抑制する。

www.endocrine-abstracts.org/ea/0029/ea0029p990

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19906954

グレリンによるBDNF産生の誘導

journals.lww.com/alzheimerjournal/Abstract/2011/10000/Ghrelin_Attenuated_Cognitive_Dysfunction_in.10.aspx#O21-10

diabetes.diabetesjournals.org/content/65/8/2169

ドーパミン作動性ニューロンの保護作用

グレリンはドーパミン作動性ニューロンに対する防御効果を有するため、食後のグレリンの減少は、神経保護の低下とドーパミンニューロンの長期にわたる増加により、脆弱性の原因となり得る。

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0969996114002575#bb1230

ijbms.mums.ac.ir/article_11597.html

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19906954

セロトニン作動性ニューロンの活性

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S002839081300590X

オートファジー・プロテアソームの活性

グレリンは神経細胞のプロテアソームを活性化し、UPSとオートファジーの相互作用への役割をもつ。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26033219

「ghrelin hippocampus autophagy」の画像検索結果

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1550413118301190

グレリンを増やす

BDNF

グレリンはGHSR-1aおよびERK1 / 2経路の受容体に依存し、海馬のBDNF発現を増加させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22005105

カロリー制限

カロリー制限は、高齢者のインスリン感受性を改善し、炎症応答を低下させ、シナプスの可塑性と脳の神経保護経路を刺激することと関連して、記憶を改善する。

www.pnas.org/content/106/4/1255.full

睡眠不足!

健康な人ではグレリンは夜間に上昇、朝に近づくにつれ減少する。

www.scopus.com/record/display.uri?eid=2-s2.0-79951703161&origin=inward&txGid=10d11561dba3c7b9b1375ac3df9b1a8c

軽度の睡眠不足はマウスの視床下部グレリンにおいて二相性の変化を促進した。

www.physiology.org/doi/full/10.1152/ajpregu.00294.2004

睡眠障害のある夜間労働者ではグレリンは増加している。

www.scopus.com/record/display.uri?eid=2-s2.0-2442691893&origin=inward&txGid=7fec7e7ae36e2d0f7f3f8ca09bd6d7e3

食物繊維

肥満女性の食物繊維摂取によりグレリンレベルを増加させた。

www.eje-online.org/content/161/1/65.long

フィッシュオイル・オリーブオイル

フィッシュオイル、オリーブ油、大豆油、バター、対照群の5グループ無作為化試験

フィッシュオイル、オリーブ油摂取グループにおいてグレリンにもっとも高い刺激効果を与えグレリンレベルの調節に重要な役割を果たす。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22842192

水素水

www.nature.com/articles/srep03273

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25649854

炭酸飲料(二酸化炭素)

炭酸飲料に含む二酸化炭素が、ラットのグレリンを放出させることにより食欲の増加を誘発する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28228348

GHRP-2/ 成長ホルモン放出ペプチド2

グレリンの合成アゴニスト

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2824650/