外傷性脳損傷・5型

パーキンソン病

書籍:『The LDN Book – Volume Two』 低用量ナルトレキソンの本 第2巻
低用量ナルトレキソンがPTSD、疼痛、IBD、ライム病、皮膚疾患などの治療に革命をもたらす可能性に関する最新研究

The LDN Book, Volume Two: The Latest Research on How Low Dose Naltrexone Could Revolutionize Treatment for PTSD, Pain, IBD, Lyme Disease, De
外傷性脳損傷・5型

外傷性脳・脊髄損傷に対する免疫療法の可能性

Potential immunotherapies for traumatic brain and spinal cord injury オンラインで2018年4月18日に公開 Raj Putatunda,a John R. Bethea,b and Wen-Hui Hua,∗.
外傷性脳損傷・5型

傾いた軸:不適応性炎症とHPA軸機能不全は外傷性脳損傷の結果に寄与する

A Tilted Axis: Maladaptive Inflammation and HPA Axis Dysfunction Contribute to Consequences of TBI 要旨 毎年、米国だけで約170万人が外傷性脳損傷(外傷性脳損傷)を受けている。これ
外傷性脳損傷・5型

外傷性脳損傷 病態生理学と治療標的の可能性

Traumatic Brain Injuries: Pathophysiology and Potential Therapeutic Targets Si Yun Ng1,Alan Yiu Wah Lee1,2,*。 要旨 外傷性脳損傷(TBI)は、世界的に見ても、民間人や軍人
ステロイドホルモン

神経保護作用をもつプロゲステロンと3つの増強ハーブ

プロゲステロン(認知症・アルツハイマー) 関連記事 エストロゲン・エストラジオール エストロゲンレベルを改善する20の方法 神経保護作用をもつプロゲステロンと3つの増強ハーブ エストラジオール:プロゲステロン比 E2/P4 バイオアイデンティカルホルモン補充療法(BHRT) 概要
36の発症因子

ミクログリア クリアランス・活性化を調節する32の因子

概要 アミロイドβは脳内において平衡バランスを保っており、アミロイドβの恒常性バランスが崩壊することによってアルツハイマー病を発症するという仮説が存在する。 アミロイドβのクリアランスメカニズムは複雑で複数の経路が存在するが、ミクログリアの食作用が、アミロイドβ原繊維、可溶性アミ
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました