骨から脳へ 機械的刺激への適応における往復運動
Bone-to-Brain: A Round Trip in the Adaptation to Mechanical Stimuli

2021年4月28日オンライン公開 要旨 骨組織には、古典的な役割(支持・保護、造血、カルシウムの貯蔵、リン酸の貯蔵)のほかに、複数の役割があり、臓器としての性格が強くなってきている。特に内分泌機能、より一般的には様々な刺激を感 ...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

免疫不全と炎症ストーム COVID-19感染症の骨病変に注意

Dysimmunity and inflammatory storm: Watch out for bone lesions in COVID-19 infection 要旨 2019年末、SARS-CoV-2と名付けられた新規 ...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路
身体活動の効果

運動は早めにそして頻繁に 身体活動と運動が女性の骨の健康に及ぼす影響

Exercise Early and Often: Effects of Physical Activity and Exercise on Women’s Bone Health 要旨 2011年には170万人以上が脆弱性骨折 ...
身体活動の効果身体活動・アドヒアランス

骨成分オステオカルシンの認知機能への効果 12の増加方法

オステオカルシンとアルツハイマー病 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ ...

骨密度と認知機能を高める運動ホルモンイリシン 10の増加方法

イリシン健康情報と関連研究 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ ...

骨密度(+神経保護)を増加させる8つのアプローチ

骨形成の促進による抗認知症効果 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる8つのアプローチ ...

認知症リスクを高める骨粗鬆症

アルツハイマー病と骨粗鬆症リスクの共通因子 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つ ...
神経伝達物質・シグナル伝達

神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子

関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 概要 Wnt ...
神経伝達物質・シグナル伝達
海馬

骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節(作成中)

BMPs(骨形成プロテイン)の多彩な役割 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つの ...
海馬
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました