治療標的・分子経路

免疫不全と炎症ストーム COVID-19感染症の骨病変に注意

Dysimmunity and inflammatory storm: Watch out for bone lesions in COVID-19 infection 要旨 2019年末、SARS-CoV-2と名付けられた新規コロナウイルスに支えられていることが証明された新しい種類の肺炎が出現し、その臨床経過や管理がより複雑...
身体活動・アドヒアランス

運動は早めにそして頻繁に 身体活動と運動が女性の骨の健康に及ぼす影響

Exercise Early and Often: Effects of Physical Activity and Exercise on Women’s Bone Health 要旨 2011年には170万人以上が脆弱性骨折のために入院し、骨粗鬆症治療に関連した直接費用は米国で700億ドルを超えた。成人期に最適なピーク骨量...

骨成分オステオカルシンの認知機能への効果 12の増加方法

オステオカルシンとアルツハイマー病 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 骨密度を高め記憶力を改善する運動ホルモンイリシン 10の増加方法 骨成分オステオカルシ...

認知症リスクを高める骨粗鬆症

アルツハイマー病と骨粗鬆症リスクの共通因子 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 骨密度を高め記憶力を改善する運動ホルモンイリシン 10の増加方法 骨成分オ...

骨密度(+神経保護)を増加させる8つのアプローチ

骨形成の促進による抗認知症効果 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる8つのアプローチ 骨密度を高め記憶力を改善する運動ホルモンイリシン 10の増加方法 アミロイドβの阻害・除去...

骨密度と認知機能を高める運動ホルモンイリシン 10の増加方法

イリシン健康情報と関連研究 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 骨密度と認知機能を高める運動ホルモンイリシン 10の増加方法 概要 筋肉、骨、脳に発現す...

神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子

関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 概要 Wntという名の由来は、羽のないショウジョウバエ(Wingless)の原因遺伝子として、脊椎動物のホモログ...

骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節(作成中)

BMPs(骨形成プロテイン)の多彩な役割 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 概要 骨形成タンパク質(BMP)は、その名の通り、最初は骨組織や軟骨の分化を誘導、促...