Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

骨密度と認知機能を高める運動ホルモンイリシン 10の増加方法

イリシン健康情報と関連研究

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

関連記事

認知症リスクを高める骨粗鬆症

骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節

神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子

骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ

骨密度と認知機能を高める運動ホルモンイリシン 10の増加方法

概要

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6262319/

筋肉、骨、脳に発現するミオカイン

イリシンとは運動によって誘導される骨格筋由来のホルモン(ミオカイン)

イリシンは、エネルギー代謝に関与する膜タンパク質であるフィブロネクチンIII型ドメイン含有タンパク質5(FNDC5)のタンパク質分解産物として2012年に発見された。

イリシンは当初、骨格筋と脂肪組織から分泌されることが示されていたが、骨や脳を含む多くの組織で発現していることもわかった。

www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S014341791500061X?via%3Dihub

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30550785

イリシンの効果

骨格形成

骨細胞では運動によって増強したイリシンは骨芽細胞形成を増強し、破骨細胞数を減少させ骨形成(皮質骨量)の増加につながることが示されている。

www.pnas.org/content/112/39/12157

イリシンの血中濃度の低下は、骨折の増加および低い股関節骨密度と関連する。

link.springer.com/article/10.1007%2Fs00198-014-2673-x

イリシン投与による骨密度増強

イリシンの外因性投与はマウスの皮質骨の密度と強度を高め、動きを制限されたことによる筋肉萎縮を防ぐことを発見した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28588307

イリシンの認知機能への効果

BDNFの発現

イリシンはBDNF産生の上流のメディエーター。運動による末梢からのFNDC5 /イリシン放出の増加は、ニューロンのFNDC5 /イリシンの増加と、ニューロンのBDNF産生の増加をもたらす。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24120943/

学習と運動のモチベーションを増加させる。

irisin-BDNF軸は、学習の報酬効果を高め記憶機能を強化することができる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27063080/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27793098/

シナプス可塑性と記憶

脳のFNDC5 /イリシンのノックダウンは、マウスの長期増強と新規オブジェクト認識記憶を損う。反対に、FNDC5 /イリシンの脳レベルを高めると、アルツハイマー病マウスモデルのシナプス可塑性と記憶が回復する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6262319/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30617325

イリシン治療は、虚血性脳卒中マウスモデルにおいて神経保護効果を有する。

link.springer.com/article/10.1007%2Fs11064-018-2569-9

イリシンによるWnt /β-カテニンシグナル伝達活性

イリシンがWntシグナル伝達成分であるLRP5、β-カテニン、RUNX2をアップレギュレートし、これらがすべて骨形成を促進することを示した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31507448

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31556133

イリシンはWntに拮抗し骨形成を負に調節する因子スクレロスチンを抑制した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28588307

アンチエイジング・健康効果

テロメアを長くする

イリシンは体細胞のテロメア伸長を促進する

link.springer.com/article/10.1007/s10517-016-3167-y

糖代謝の改善

イリシンはインスリン抵抗性の低下と関連する。

bmcendocrdisord.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12902-016-0123-9

抗癌作用

肝臓がんにおける肝臓障害に対しての保護的役割

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28012856

脂質代謝の改善・体重減少

血中濃度のイリシンの増加はUCP1発現を刺激しエネルギー消費が増加する。

PPARαを介し白色細胞か褐色細胞への変換を促進する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3522098/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22932392

イリシンの概日リズム

ヒトのイリシンレベルは早朝には最低レベルを示し、午後9時にピークを迎える。

academic.oup.com/jcem/article/99/9/3247/2538260

イリシンを増やす10の方法

運動・環境の変化

運動による神経保護効果はBDNFの発現増加によって媒介されると考えられている。運動はBDNFだけではなく、FNDC5遺伝子発現を増加させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24120943

イリシンの外因的投与は、海馬、前頭前野のPGC-1α、 FNDC5、BDNF の遺伝子発現を時間依存的に調節する可能性がある。

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0278584617308254?via%3Dihub

筋力トレーニング

レジスタンストレーニングは、老化マウスのイリシン発現を増加させ筋肉機能を改善させる。

www.researchgate.net/publication/280118238_Resistance_exercise_training_increases_the_expression_of_irisin_concomitant_with_improved_of_muscle_function_in_aging_mice_and_human

筋肉量・筋力

イリシンは筋肉量、筋力、代謝と正の関連がある。空腹時血糖症とは負の関連があった。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24297848/

HIIT

pdfs.semanticscholar.org/c06e/5613b89ba4a4c22593f3fe4836e2635bd7f6.pdf

持久トレーニング + 高強度

17人の肥満成人の、自転車、ウォーキング、ランニング、ダンス、球技、筋力トレなど持久トレーニングと高強度トレーニングを組み合わせた8週間のプログラム

peerj.com/articles/3669/

コールドシャワー(寒冷曝露)

被験者への冷水による寒冷曝露は、イリシン分泌を増加させた。分泌量は震えの強さに比例して増加しており、運動刺激による分泌量と類似していた。

www.nih.gov/news-events/nih-research-matters/shivering-triggers-brown-fat-produce-heat-burn-calories

栄養化合物

運動後のタウリン

タウリンの補給は、肥満女性の高強度の身体トレーニングの後、イリシンのレベルを増加させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31226435

ビタミンD

肥満患者の血清ビタミンDレベルとイリシンレベルには関連性がある。インスリン抵抗性のために代償応答によってイリシンが排出されている可能性がある。

www.clin-lab-publications.com/article/2876

運動とビタミンD

運動とビタミンDの補給は、糖尿病ラットの血清イリシンレベルと脂質プロファイルを改善した。

zumj.journals.ekb.eg/article_42515.html

ハーブ・漢方

ウルソール酸

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5928337/

ウルソール酸+筋トレ レジスタンストレーニングとウルソール酸の併用は、16人の健康な男性参加者の血清イリシンを有意に上昇させた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4211129/

イカリイン(Horny Goat Weed)

イカリインは、AMPK経路を介してイリシン/FNDC5発現を誘導する。in vitro

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31055234

アピゲニン

パセリやセロリなどに含まれる天然のフラボンアピゲニンは、トレッドミルマウスのイリシンを増加させFNDC5のmRNA発現をアップレギュレートさせた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5667963/

栄養化合物

オメガ3脂肪酸

二重盲検無作為化プラセボ対照試験 1日3回1250mgのn-3 PUFA補給は、糖尿病患者の血清イリシンレベルの上昇が示された。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5554612/

ビタミンA誘導体(レチノイン酸)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29587291

薬剤・ホルモン

エストロゲン

安静時のイリシンレベルには性差がある可能性があり、女性でより高いイリシンレベルが報告されている。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24915120/

卵巣切除手術によるイリシンレベルの低下の発見は、17βエストラジオールとイリシンの間に正の関連性があることが示唆される。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5069305/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23018146/

成長ホルモン

www.endocrine-abstracts.org/ea/0037/eposters/ea0037ep344_eposter.pdf

www.researchgate.net/publication/311502221_Growth_Hormone_Treatment_Increases_Plasma_Irisin_Concentration_in_Patients_with_Turner_Syndrome

フェノフィブラート

pdfs.semanticscholar.org/6b3b/d5f95fc7cc03700d99c47e2dff3da6411b7a.pdf

pdfs.semanticscholar.org/86ac/4f4b20ea9e00a2e6f840854b0db386ade360.pdf

メトホルミン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31139382

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25675380

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31121610

イリシン低下要因

カロリー制限・絶食

www.nature.com/articles/srep29898

睡眠時無呼吸症候群

www.ijcem.com/files/ijcem0014306.pdf

respiratory-research.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12931-019-1033-y

低酸素(高地登山)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28732027