ミトコンドリア

36の発症因子

ミトコンドリア・ホルミシス(ミトホルミシス)の効果と活性方法

ミトホルミシスの健康効果   お前を殺さないものはお前を強くする。 ニーチェ 概要 ミトホルミシス 過去の研究において「活性酸素」は酸化ストレスを引き起こし、多くの病気につながる悪者とみなされてきた。 一方で、スーパーオキシド、過酸化水素などの活性酸素(ROS)は単なる悪者ではなく、多くの慢性疾患の予防や発症を遅らせる...
慢性疲労・ME/CFS

老化の原因としての不完全治癒 ミトコンドリアの役割と細胞の危険反応

Incomplete Healing as a Cause of Aging: The Role of Mitochondria and the Cell Danger Response ロバート・K・ナヴィオー 要旨 生物学的老化の速度は、環境条件の変化と、それらの変化を感知して対応する発生制御された生物学的システムに応答して...
治療標的・分子経路

細胞危険応答(CDR)の代謝的特徴

Metabolic features of the cell danger response ハイライト 細胞危険応答(CDR)は、脅威に対する古代の代謝反応の観点から定義されている。 CDRは炎症、自然免疫、酸化ストレス、ERストレス反応を網羅している。 CDRは細胞外ヌクレオチド(プリン作動...
COVID-19 メカニズム

パースペクティブ 細胞危応答の生物学ーミトコンドリアと環境の健康を結びつける新しい科学と慢性疾患の上昇気流

Perspective: Cell danger response Biology—The new science that connects environmental health with mitochondria and the rising tide of chronic illness ハイライト ミトコン...
ビタミン類

ニコチンアミド・リボシド

Nicotinamide Riboside 関連記事 概要 ニコチンアミド・リボシドはニコチンアミドの前駆体 ※ニコチンアミドリボシド(ニコチンアミド・リボシド)はニコチンアミド(NAM)に、リボース、ピロリン酸、リボース、アデニンが結合した、ピリジンヌクレオチド 研究 細胞外からのニコチンアミドリボシドの適用...
認知症のリスク因子

NAD+の代謝と制御 酵母からの教訓

NAD+ Metabolism and Regulation: Lessons From Yeast 要旨 ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド(NAD+)は、様々な細胞内プロセスに関与する必須代謝物である。細胞内のNAD+プールは3つの生合成経路によって維持されており、細菌からヒトに至るまで大部分が保存されている。NAD+代...
3型(有害金属)

細胞危険応答 / Cell Danger Response (CDR)

慢性疾患と細胞危険応答(CDR) Self-defense is Nature's eldest law.   John Dryden 自己防衛は自然界最古の法である。 ジョン・ドライデン 概要 細胞危険応答(CDR)とは 細胞危険応答(CDR)とは、宿主を侵入者から保護するための進化的に備わった細胞およびミトコンドリア...
身体活動・アドヒアランス

運動の健康効果を損ねる10のサプリメント

運動前の摂取を避けるべき10の抗酸化剤 はじめに 運動効果を損ねる抗酸化剤 運動の健康効果の多くは、酸化ストレスなどの運動ストレスを与えることによって身体が回復しようとする恒常性機能を利用したものであることが多くの基礎研究で示されている。 そのため運動前後の抗酸化剤の摂取は運動ストレスを相殺することで運動から得られるベネフ...
ビタミン類

PQQ(認知症・アルツハイマー)

PQQ / ピロロキノリン・キノロン 概要 PQQは体内にくまなく偏在し、多くの生理学的な影響を与える分子であることが示されている。 PQQは経口投与では毒性、遺伝毒性が示されておらず、脂質血漿、血糖コントロール、心臓血管、神経変性疾患の予防、脳機能の改善と関連した潜在的利益があることが示されている。 これまでの研究で...
アミノ酸

クレアチン(認知症・アルツハイマー)

クレアチン 概要 Lアルギニン、グリシン、メチオニンで構成されるアミノ酸ペプチド 牛肉1kgあたり約5gのクレアチンを含む。 細胞のエネルギー通貨であるATPを細胞がエネルギーとして使用すると、ADPが代謝されるがクレアチンはそのADPをATPに戻して、リサイクル使用することができる。 クレアチン補給は2...