科学主義・啓蒙主義・合理性

ゲーム理論・進化論

『気候、カオス、集団行動』 高まる気まぐれ(2021)
Climate, Chaos and Collective Behaviour

Climate, Chaos and Collective Behaviour 気候、カオス、集団行動 高まる気まぐれ ヤープ・ヴァン・ギンネケン グローバリゼーションのフロンティア シリーズ・エディター ヤン・ネデルヴェン・ピーターセグローバル・スタディーズ学部 カリフォルニア
グローバルリサーチ

『文化的マルクス主義』 資本主義世界危機の舞台でのポスト真実
今日の知の3大潮流を概観する

ユーリ・マルティンス・フォンテス著 グローバルリサーチ2019年8月28日号 最近、「文化的マルクス主義」がブラジルを支配しているという言説が、実際の検証や合理性はないものの、ブラジルの教養の乏しい中産階級を構成する大規模な反動層を席巻している。 この現象は、貧しくなった文化的景
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

AIの夢と悪夢を支える頭字語 TESCREAL
AIブースターと破滅論者の間に深まる溝を理解するためには、TESCREALとして知られるイデオロギーの束に共通する起源を紐解く必要がある。

イメージTruthdig / Adobeこれは「21世紀の優生学」のパートII:「新名称、旧思想」ディグ・シリーズ The Acronym Behind Our Wildest AI Dreams and Nightmares エミール・P・トーレス / TRUTHDIGTESC
アーユルヴェーダハーブ

アライメント頭、心、腹
私たちは身体化された認知の存在である 認知、感情、直感が一致しているとき、私たちは最も効果的で最高の状態になる

Alignment: Head, Heart, and Gut 2023/12/19 ある種の左脳的な科学者タイプは、次のようなことに反発する。彼は、そうでなければ単純で古くからある区別、つまり人間の複雑な動機を整理するための枠組みに対して、科学的根拠や実証的研究を求めるだろう。
ロバート・マローン

犬とバスケット 第21話 ロバート・W・マローン博士–意識の本質
Dogs and Baskets Ep. 21 Dr. Robert W. Malone -- The Nature of Consciousness

Dogs and Baskets Ep. 21 Dr. Robert W. Malone -- The Nature of Consciousness 2023/07/25 マローン博士と私は、現代科学の失敗、トランスヒューマニズムの愚行、意識の本質、そしてイデオロギーの落とし穴
GMO、農薬

人間の介入が自然に及ぼす差別化された影響
遺伝子技術の規制に関する会話の規模を拡大する

ポリシーブリッジ 2021年3月17日 Differentiated impacts of human interventions on nature: Scaling the conversation on regulation of gene technologies Jac
デジタル社会・監視社会

「ニュー・アブノーマル」 アーロン・ケリアティ
バイオメディカル・セキュリティ国家の台頭

The New Abnormal: The Rise of the Biomedical Security State Aaron Kheriaty, M.D. 目次 タイトルページ 献辞 プロローグ 1947年、ニュルンベルク 第1章 監禁される-バイオメディカル・セキュリティ
対立・深い意見の不一致

深い不一致とは?
What is Deep Disagreement? | SpringerLink

発行:2018年10月29日 概要 深い意見の相違とはどのようなものだろうか。この論文では、この問いに対する、一見対立するように見えるが、二つの類似した答えを検討する。すなわち、深い意見の相違は蝶番命題に対する意見の相違であるとするウィトゲンシュタイン説と、深い意見の相違は基本的
ゲーム理論・進化論

私たちの成功の秘密
文化はいかに人類の進化を促し、種を家畜化し、人間をより賢くするのか?

The Secret of Our Success: How Culture Is Driving Human Evolution, Domesticating Our Species, and Making Us Smarter タイトルページ 著作権ページ 献辞のページ 目次
科学主義・啓蒙主義・合理性

ガットフィーリング 無意識の知性
Gut Feelings: The Intelligence of the Unconscious

Gut Feelings 目次 第1部  無意識の知性 1.直感 2. より少ないことは(時には)より多く 3.直感のしくみ 4.進化した脳 5. 適応した心 6.なぜ良い直感は論理的であってはならないのか? 第2部 直感を働かせる 7. 今まで聞いたことある...? 8. 良い
科学主義・啓蒙主義・合理性

生態学的合理性 | 世界の中の知性
Ecological Rationality | Intelligence in the World

総編集長スティーブン・スティッチ(ラトガース大学) オックスフォード大学出版局は、研究、学術、教育におけるオックスフォード大学の卓越した目的を推進する著作物を出版している。 発行:Oxford University Press, Inc. リアルワールドにおける合理性の研究のパイ
LLM - LaMDA, ChatGPT, Claude3

スマートな世界でスマートに(賢く)あり続けるには
なぜ人間の知性はアルゴリズムに勝てるのか? ゲルト・ギゲレンザー

How to Stay Smart in a Smart World 目次 はじめに 第1部 AIと人間の関係 1.真実の愛はクリック一つで手に入るのか? 2. AIが得意なこと安定世界原理( The Stable-World Principle) 3. 知性に対する考え方に影響
EBM・RCT

合理性・信頼性・臨床的不一致
Reasonableness, Credibility, and Clinical Disagreement

Reasonableness, Credibility, and Clinical Disagreement Mary Jean Walker, PhD and Wendy A.ロジャース、BMBS、PhD 2017 Feb 概要 医学における証拠は、多かれ少なかれ信頼できる情報
テクノクラシー

テクノクラシーとトランスヒューマニズムの邪悪な双子 パトリック・ウッド
The Evil Twins of Technocracy and Transhumanism

The Evil Twins of Technocracy and Transhumanism 目次 1.コンバージェンス(収束)。科学なのか科学主義なのか? 2. テクノクラシー。文明の再構築 3.テクノクラシーの今と昔 4.トランスヒューマニズムの発生と進展 5. グレート・
ワクチン倫理・義務化・犯罪・責任問題

ワクチン接種プログラムをめぐる不一致 | 深いのか、単に複雑なのか、なぜそれが重要なのか?
Disagreement over vaccination programmes: deep or merely complex and why does it matter?

2014年3月 Disagreement over vaccination programmes: deep or merely complex and why does it matter? 概要 本稿では、ワクチン接種の議論の重要な側面は、Robert Fogelinらが述べ
シェディング、自己拡散型ワクチン

アーロン・ケリアティ博士 自己拡散するワクチン、トランスヒューマニズムのイデオロギー、政府の禁止命令
ヒポクラテスの医学とニュルンベルク綱領を脅かす新たなテクノクラシー

Dr. Aaron Kheriaty: Self-Spreading Vaccines, Transhumanist Ideology, and Government Gag Orders—The New Technocracy Threatening Hippocratic M
合成生物学・ゲノム

不当なリスク | 国家による極秘の人体実験
Undue Risk: Secret State Experiments on Humans

Undue Risk: Secret State Experiments on Humans 著者のジョナサン・D・モレノは、原子、生物、化学実験が長い間人体に対して行われてきたこと、そしてその実験が今日まで続いていることの説得力のある証拠を示している。これは並外れた重要な年代記
科学主義・啓蒙主義・合理性

ハーバート・サイモンの静かなる革命
Herbert Simon’s Silent Revolution

ハッセルト大学理学部(ベルギー)、同上 コンラート・ローレンツ進化認知研究所アルテンベルクオーストリア 要旨 サイモンの限定合理性(BR)は、意思決定者の認知的限界を真剣に考慮した最初の科学的研究プログラム(純粋に哲学的なものとは異なる)であるが、しばしば、より限定された「満足」
官僚主義、エリート、優生学

コモンセンスを働かせよう | 右翼と左翼の失敗したイデオロギーを置き換える
Try Common Sense: Replacing the Failed Ideologies of Right and Left

フィリップ・K・ハワード ユージン・ウィグナー、ケント・バーウィック、ジョン・ウォーデン、アーサー・シュレシンジャーJr.に感謝の意を表して。 目次 はじめに 第一部失敗した哲学の代わりとなるもの 1.実践的なアメリカ 2.正しさへの固執 3.基本に立ち返る責任の所在を明確にする
科学主義・啓蒙主義・合理性

「医療科学主義」良い実践か致命的な誤りか?
Medical scientism: good practice or fatal error?

J MレゲットFRCS J R Soc Med 1997;90:97-101 医学の実践は、芸術から科学的な芸術へと進歩してきた。この進歩を継続し、応用科学のレベルに到達することを望む人々がいる。特に、医療に資金を提供する責任者はそうであるが、それは可能なのか、望ましいのか? 病
alzhacker.com をフォロー