認知症予防(総論)

政策・公衆衛生(感染症)

予防に対する集団レベルのアプローチを擁護して:なぜ今日、公衆衛生が重要なのか

In defense of a population-level approach to prevention: why public health matters today 要旨 集団に焦点を当て、それに対応する集団レベルの介入アプローチを行うことは、公衆衛生の基礎であり、今日の公衆衛生が重要である理由の一つである。しかし...
認知症の社会的課題

認知症の予防、介入、ケア:ランセット委員会の2020年報告書

Dementia prevention, intervention, and care: 2020 report of the Lancet Commission 報告書 概要 若年死亡率の低下に伴い、認知症を含む高齢者の数は増加している。しかし、教育、栄養、ヘルスケア、ライフスタイルの変化などの改善により、多くの国で認知症の...
政策・公衆衛生(感染症)

ローズの予防パラドックス

Rose’s Prevention Paradox クリストファー・トムソン 概要 Geoffrey Roseの「予防のパラドックス」は、集団ベースの予防的健康対策がコミュニティに大きな利益をもたらすときに起こる。予防のパラドックスは、哲学者がこの用語を理解している意味では明らかにパラドックスではないが、重要な規範的な問題を...
政策・公衆衛生(感染症)

予防パラドックスの歴史的視点:人口が全体として動くとき

Historical perspectives on prevention paradox: When the population moves as a whole 要約 ローズの予防医学の戦略は、公衆衛生の学生や教師だけでなく、家族と予防医学の実践者のための重要な読書である。彼の古典の中で、Geoffrey Ros...
認知症予防(総論)

アルツハイマーの「予防」対「リスク低減」 臨床実践のための意味論を超えて

Alzheimer's “Prevention” vs. “Risk Reduction”: Transcending Semantics for Clinical Practice 要旨 「予防」と「リスク軽減」という用語は、医学ではしばしば互換的に使用される。しかし、臨床的ケアを求める患者の認知的健康の維持および/またはア...
アドヒアランス(実行力を高める)

認知症リスク低減のためのライフスタイルの変化 英国全国調査の帰納的内容分析

Changing lifestyle for dementia risk reduction: Inductive content analysis of a national UK survey 要旨 目的 認知症のリスクを減らすために、個人が行動を変えようとする動機は何かを探る。 方法 認知症リスク低減のためのライフ...
認知症予防(総論)

認知症予防のための母集団の視点

A Population Perspective on Prevention of Dementia 要旨 世界の認知症患者数は2050年には1億3,000万人に増加すると予測されている。観察研究から得られた広範なエビデンスに基づいて、認知症患者の約30%は潜在的に修飾可能な危険因子に起因していると推定されている。このこと...