アドヒアランス(実行力を高める)認知症予防(総論)

認知症リスク低減のためのライフスタイルの変化 英国全国調査の帰納的内容分析

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Changing lifestyle for dementia risk reduction: Inductive content analysis of a national UK survey

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7228104/

要旨

目的

認知症のリスクを減らすために、個人が行動を変えようとする動機は何かを探る。

方法

認知症リスク低減のためのライフスタイルや健康行動の変化へのモチベーションに関する英国のオンライン調査の二次質的分析を行った。参加者はソーシャルメディア、Join Dementia Researchネットワーク、National Institute for Health Research Portfolioを通じて募集した。50歳以上の人々からのフリーテキストコメントを、帰納的内容分析を用いて2人の研究者が独立して分析した。評価者間の一致度はコーエンのカッパ係数を用いて測定した。

結果

調査を完了した3,948人の参加者のうち、653人が自由記述のコメントを提供し、分析に含めた(平均年齢=64.1歳、SD=8.3歳)。サンプルの大部分は女性(n=459,70.3%)白人(n=625,95.7%)既婚者/パートナー(n=459,70.3%)でした。3つの包括的なテーマが明らかになった。(1)ライフスタイルを変える動機、(2)ライフスタイルを変えるための障壁、(3)受け取った情報の質である。コーディングの信頼性は高い(k=0.7)。認知症の家族歴を持っていることや、すでに健康的なライフスタイルを持っているように感じていることが、行動変容の動機付け要因となっていた。認知症や介護以外の健康上の優先順位が競合していることは、自分の健康に専念できる時間を減らし、モチベーションを下げる要因となっていた。認知症予防に関するエビデンスに基づいた情報は動機付け要因となったが、一般的に情報は信頼されていなかった。

議論

認知症予防に関する世界保健機関(WHO)の指令に沿って、行動変容と認知症の危険因子の低減に関する住民の意識向上を目的とした地域保健キャンペーンが緊急に必要とされている。このようなキャンペーンを成功させるためには、年齢に関連した障壁や、モチベーションのレベル、個人的な障壁、受け取った情報への信頼における個人差を克服できるような個別のアプローチを伴う必要がある。

はじめに

認知症に関連する疾患の世界的な負担を軽減するために、修正可能な危険因子を標的とした予防戦略は、緊急の公衆衛生上の優先事項である[1]。これには高血圧、運動不足、肥満、喫煙、うつ病、低教育レベル、糖尿病などが含まれる[2,3]。これらの危険因子を10%減らすことで、2050年までに世界の認知症患者数を半減させることができる可能性がある[3]。しかし、認知症リスクを減らすために必要なライフスタイルの変化を促進する要因を理解するためには、研究が必要である。

世界的な調査研究では、認知症の主な危険因子に対する認知度の低さが一貫して報告されている[4, 5, 6, 7, 8]。英国では、15歳以上の成人2,361人を対象とした全国調査では、ライフスタイルの変化によって認知症リスクを軽減できると考えている人は34%にすぎず、22%が認知症は加齢の必然的な結果であると考えていることがわかった。対照的に、4分の3近くが医療専門家から認知症の個人的な危険因子について、より多くの情報を得たいと考えていた [4]。

認知症のリスクを減らすための認知症予防や健康増進のための行動についての見解を調査した研究はほとんどない[9]。高齢者(85歳以上)や黒人、少数民族を含む「手の届きにくい」高齢者では、健康的な生活選択(アルコール摂取量を減らす、身体活動レベルを上げるなど)への意欲は、現在の活動、社会的関与のレベル、健康増進に対する既存の信念と関連している[10]。さらに、複数の疾患を抱えている人や社会的に孤立した地域に住んでいる人は、健康増進のための活動に従事することに消極的であった [10]。このように、高齢者が認知症予防に関する情報を処理し、行動する方法は複雑であり、外的要因だけでなく内的要因も関与している[11]。

認知症予防に関する公衆衛生キャンペーンは、混雑したメディアの中で行われている。エビデンスに基づいた情報は、信頼性が低く、しばしばセンセーショナルなニュースと競合しなければならない。キャッチーなフレーズや簡単な言葉で提供され、多くの視聴者を対象としたテレビ番組を通じて、放送されるメッセージの質にはほとんど、あるいは全く注意を払わずに提供される。Cationsら[9]による最近のレビューでは、信頼できないメディアからのメッセージを否定するための公衆衛生上の努力にもかかわらず、認知症は通常の老化の一部であると考えられていることがわかった。Kesslerら[12]は、個人が正常な老化と認知症の区別があることを理解するまでは、認知症のリスクを減らすために個人の責任を取り、意義のあるライフスタイルの変化に取り組むことに消極的になるだろうと指摘している。

WHOのグローバルアクションプラン[1]では、例えば、健康促進のメッセージをクリエイティブに活用した地域や国の人口に特化したキャンペーン(移民グループなど)をデザインすることで、信頼できない情報源からもたらされるノイズを緩衝することができる可能性があるキャンペーンを提唱している。しかし、それが可能になる前に、認知症リスク低減のための生活習慣に基づいた公衆衛生プログラムの有効性と実現可能性をどのように改善するか、また、何が生活習慣の改善を促すのかを理解する必要がある。そこで、この定性的研究の目的は、50歳以上の人の将来の認知症リスクを減らすために、ライフスタイルや行動因子を変える意欲を探ることである。

研究方法

これは、認知症リスクを減らすために生活習慣を変える意思があるかどうかについて、匿名のオンライン調査の二次質的内容分析を行ったものである。調査方法の詳細は公表されている(査読のために盲検化された参考文献)。この研究は、(査読の盲検化された参照先と番号)から倫理的承認を得ている。

サンプル
5

0歳以上の参加者3,948人(平均値62.0,標準偏差(SD)=8.0,範囲50~93歳)が、ソーシャルメディア、Join Dementia Researchプラットフォーム(認知症のない人を中心とした認知症研究への参加を目的とした英国のオンラインプラットフォーム)国立保健研究所(NIHR)ポートフォリオを介して全国的に募集された。大半が白人(n=3,805,97.1%)イギリス在住(n=3,586,90.8%)女性(n=2,880,72.9%)であった。研究への参加に興味を持って登録した人は、募集時に認知症でない限り、すべての人を対象とした。

質的質問(フリーテキストコメント)

社会人口統計学、現在のライフスタイル、健康状態に関する情報が収集された。5段階のリッカート尺度を用いて、参加者は自分の行動を変える意思を評価するように求められた。例えば、喫煙者の場合、将来認知症になるリスクを減らすために、喫煙をやめる意思がどの程度あるかを評価してもらった。

調査の最後には、「この調査に参加した経験について何かお聞かせください」という質問があった。各参加者は800字で自分の経験を報告することができた。参加者には追加の質問はなく、この質問への回答は必須ではなかった。全サンプルのうち、1,158人(29.3%)がこの質問にフリーテキストで回答し、そのうち653人が認知症リスク軽減のために行動を変えることについての意見や経験を述べ、本稿で報告されたデータ分析に含まれている。健康という概念は社会的に構築されたものであるため、この用語の先入観的な定義は適用せず、結果のセクションでは、行動変容とリスク低減に関する回答者の具体的なコメントを記述するために、逆コンマを用いて用語を強調した。

データ分析

データの分析は、反復的および帰納的な内容分析技術を用いて行った [13]。データ分析は(AB)が行い、各段階で共著者の支援と助言を得た。

準備段階では、調査コメントをExcel®ファイルにエクスポートし、複数回読み込んだ。認知症リスクの低減と行動変容に関する参加者の見解を含むナラティブのみが本論文に関連すると考えられた(n = 653,56.4%)。興味のあるトピックに関係のないコメント(n = 368, 31.8%)は、コメントボックスの大きさや調査の質問(n = 152)調査の包括性(n = 111)調査の質問に答える準備(n = 38)調査に参加して認知症予防の知識が向上したと感じたこと(n = 32)その他のコメント(n = 35)であった。

準備段階に続いて、各テキストボックスの横にメモを追加してオープンコーディングを行った。これは、テキストの意味を凝縮した単位を表すものである。似たような内容を共有しているノートは、コード(意味の単位を表すラベル)を開発するために、高次の見出しの下で照合される。次に、新たに形成されたコードを NVivo® 12 [14] にエクスポートし、データを属する特定のグループに応じてクラスタリングすることで、高次のカテゴリを作成した。最終的な抽象化段階では、開発した各カテゴリの説明が生成され、含まれる情報に基づいて各カテゴリに名前が付けられた。似たような内容を共有するデータがあり、さらに分類を進めることができる場合には、各カテゴリ内にサブカテゴリが形成された。

調査結果の外部的な信頼性を向上させるために、コードブックを作成し、2 人の評価者間のテキストにインデックスを付けるために使用した。データの約10%は、2人の研究者(ABとCDL)によって独立してコード化された。2つの分析セット間の一致度はカッパ係数(k)を用いて測定され,0.8-1.0 = ほぼ完璧,0.6-0.8 = 相当,0.4-0.6 = 中程度,0.2-0.4 = 公正を含むLandis & Koch [15]によって提案されたパラメータに沿って分類された。

社会統計学的情報は、SPSS®バージョン24を用いて記述的に分析した。分析に含まれたものと分析から除外されたものの間の差を検定するために、カイ二乗検定(χ2)をカテゴリー変数に、Mann-Whitney U 検定を連続変数に使用した。表示されたすべてのp値は、統計的有意性を示すp<0.05の両側検定についてのものである。

所見

人口動態

分析対象者は653人(全研究サンプルの16.5%)であった。解析対象者の平均年齢は64.1歳(SD=8.3)で、376人(57.6%)が65歳以下であった。解析対象から除外された人と比較して、解析対象者は有意に高齢であった(U = 907221,p<0.001)が、性別の分布に差はなかった(p = 0.31)。

表1に参加者の社会統計学的データを示す。参加者の大半は女性であった(n = 459,70.3%)。女性は男性よりも有意に若かった(U = 32503,p<0.001)。参加者のほとんどが白人であった(n = 625,95.7%;男性185,28.3%;女性440,67.4%)。多くは大卒(n = 394,60.3%)で、272人(41.6%)は雇用されていた。喫煙を報告したのは24人(3.7%)のみであったが、310人(47.5%)は週に1~14単位の飲酒が多いと報告した。

表1参加者の社会統計学的データ

人口統計 総サンプル(n = 3948)(N、%) 分析サブサンプル(n = 653)(N、%)
年齢(平均、SD) 62(8.0) 64.1(8.3)
性別(女性) 2880(72.9) 459(70.3)
民族性(白人) 3835(97.1) 625(95.7)
関係の状況
既婚/パートナーシップ 2933(74.2) 459(70.3)
シングル/セパレート/離婚/未亡人 1008(25.5) 192(29.4)
報告されていない 7(0.2) 2(0.3)
教育
大学院および大学院 2297(58.2) 394(60.3)
非卒業生 1651(41.8) 178(27.2)
作業状況(はい) 1958(49.6) 272(41.6)
認知症の人を知ったことがある(はい) 3085(78.1) 607(93.0)
認知症の人の介護者になったことがありますか?(はい) 1776(45.0) 368(56.3)
喫煙者(はい) 126(3.2) 24(3.7)
アルコール使用(週単位)
低リスク(1〜14ユニット) 2732(69.2) 310(47.5)
危険にさらされている(> 14ユニット) 795(20.1) 274(42.0)

定性的結果

質的分析から、3つの包括的なテーマと8つのサブテーマが同定された。評価者間の信頼性は高かった(k = 0.7)。テーマには、生活習慣を変える動機、生活習慣を変えるための障壁、認知症の危険因子や行動変容に関する知識に関するコメントが含まれていた。

テーマ1:生活習慣の変化への動機付け

このテーマには 319 名(48.8%)の参加者からのコメントが含まれていた。ほとんどの人(n=179,56.1%)が65歳以下、21.6%(n=69)が女性であった。動機となった要因は、内面的なもの(例:生活を変えることで認知症を予防できると感じたこと)と、外面的なもの(例:家族歴)であった。ほとんどの回答者(n=174,54.5%)は、家族に認知症の人がいると認知症になりやすいと感じており、82人(25.7%)の回答者は、認知症の遺伝的素因があれば、今後の生活習慣の変化に取り組む可能性が高いと感じている(小テーマ1:既知の家族歴)。

母が 49 歳でアルツハイマー型認知症になったので、自分がアルツハイマー型認知症になるリスクが高いのではないかと心配しています。認知症になるリスクが高いのではないかと心配しています。女性・53歳

 

母が4年間苦しんでいるのを見てきて、これは生きることへの意識を変えるための警鐘だったと思います。男性、62歳

ライフスタイルの変化への意欲は、そのような変化の利点や自分の人生をコントロールできることへの肯定的な認識と関連していた(サブテーマ2:「健康的な」ライフスタイルの利点の認識)。例えば、71人(22.2%)の回答者は、すでに「健康的」な生活を送っていると感じているにもかかわらず、認知症に関する新たなアドバイスを喜んで受け入れると回答している。

一般的に効果がある可能性のある方法のほとんどは実行しています。もしわかるのなら認知症に関する新たなアドバイスを喜んで受けます。女性、67歳

 

健康的な生活をしていると思う(少しお酒と甘いものの食べ過ぎかもしれない)。専門家から、実際には生活習慣をかなり変える必要があると言われたら、そうする。男性・57歳

テーマ2:ライフスタイルを変えるための障壁

このテーマには168名(25.7%)の参加者からのコメントが含まれており、そのうち102名(60.7%)が65歳以下、98名(58.3%)が女性であった。認知症は参加者のほとんどが脅威と感じていたが、59人(35.1%)は糖尿病、神経障害、慢性疼痛などの他の疾患よりも健康を優先しており、これらが認知症に関連した行動変容の障壁となっていると報告した(サブテーマ3:競合する健康の優先順位)。

私は23歳の時から糖尿病患者なので、私のライフスタイルを変えるのは難しいです。私は糖尿病と神経障害と一緒に生活しています。歩くのが大変なので、運動はほとんどできません。女性・70歳

 

認知症のことは考えていません。腰痛と膝の故障で、サッカーなどの激しい運動を控えざるを得なくなりました。癌になるのが何よりも怖い。男性、63歳

参加者の中には(n = 63, 37.5%)介護をすることで、身体活動や社会参加などの健康的な行動をするための体力や意欲、自由な時間が奪われてしまうと報告した人もいた(小テーマ 4:介護の責任による時間の制約)。

認知症になる可能性があるかどうかはわからりません。睡眠不足、ストレス、疲労などがありますが、それは私が進行性の症状を持つ夫のフルタイムの介護者だからです。女性、67歳

 

もう少し激しい運動をしてもいいのですが、親や孫の介護や仕事が忙しくて時間がありません。女性・61歳

何人かの参加者(n=79,47.0%)は、認知症予防のための危険因子に焦点を当てることに懐疑的であると報告した。回答者は、エビデンスのほとんどが決定的なものではなく、他の健康状態(糖尿病や心臓病など)の危険因子と差がないと感じていた。例えば、砂糖の摂取量をコントロールすることで、糖尿病や認知症のリスクを減らすことができると感じている参加者もった(サブテーマ5:危険因子に対する猜疑心)。

認知症にならないように生活習慣を変えることに積極的になるのは難しいと感じた。女性 66 歳

 

心臓発作の可能性を減らす、身体の衰えを減らす、関節など、他の病状に関連していたとしても、私の回答はほとんど同じになります。男性 63歳

一部の回答者(n=16,9.5%)は、すでに「健康的な」生活を送っているため、認知症リスクを軽減するためにこれ以上の生活習慣の改善をすることはないと感じている(小テーマ6:すでに健康的な生活を送っているため、これ以上の努力をすることに抵抗感を持っている)。

 

すでにかなり健康的な生活を送っていると感じているので、これ以上の努力をして健康的な生活を送れるかどうかは疑問です。女性 57 歳

 

瞑想もしているし、運動もしているし、食事も炭水化物が少なくしている、オメガ3も十分に摂れているので、これ以上変化を起こせる自信がない’ (男性・60歳)

テーマ3:受け取った情報の質

このテーマには179名(27.4%)の参加者からのコメントが含まれており、104名(58.1%)が65歳以下(平均=57.7,SD=4.3)78名(43.6%)が女性であった。このテーマは、医療専門家、健康関連や主流のテレビ番組、週刊誌など、さまざまな情報源から受け取った危険因子に関する情報の質と信頼度を指している。認知症の危険因子に関するエビデンスに基づいた情報を得ることは、認知症リスクを減らすためにライフスタイルを変えるための鍵であると回答した人もいた(n=57,31.8%)(サブテーマ7:エビデンスに基づいた情報)。

論文、本、ビデオ、オンラインなどで、このテーマを幅広く研究していた。この2~3年でライフスタイルを大きく変えたが、その多くは認知症リスクの軽減に適している。例えば、ケトン体を中心に脳を動かすためにケトジェニックダイエットをしている。男性・70歳

 

提案されていることについての研究が証明されているかどうかによる。GP は 60 歳以上の人を対象に認知症啓発の予約をして、個別のアドバイスをするべきかもしれない。女性 63歳

一方、同数の参加者(n=63,35.2%)は、特に認知症発症のリスクや予防策の必要性について、受け取ったメッセージが信用できないと感じている。そのため、ライフスタイルを変えることには懐疑的であった(小テーマ8:メディアからの情報への信頼度の低さ)。

認知症にならないように生活習慣を変えることに積極的になるのは難しいと感じた。女性 66 歳

 

メディアでは認知症とその原因についての情報が氾濫している。何が本当なのか、何を真に受けるべきなのか、読み解くのが難しい 男性 55歳

議論

この大規模な定性分析は、行動変容と認知症リスクに関する根本的な見解をよりよく理解するのに役立つ。3つの主要テーマと8つのサブテーマが特定された。これらは、認知症リスクを軽減するためのライフスタイルの変化を促進するだけでなく、障壁をも反映していた。認知症の家族歴があること、健康的なライフスタイルの利点を肯定的に認識していること、様々な情報源から提供される認知症に関する情報を信頼していることが、行動を変える動機となっているようである。

対照的に、介護の責任による時間的制約他の健康状態があること、認知症の危険因子に懐疑的であること、認知症に関する質の低い情報を受け取っていること、健康的な生活習慣がすでに確立されていると感じていることなどは、行動を変える意欲を減退させた。

その結果、「健康的な」ライフスタイルを持つことは、認知症を減らすための将来の行動(例えば、より多くの身体活動に積極的に取り組むこと)を促進するか、あるいはさらなる予防策に取り組むための動機付けを弱めるかのどちらかの役割を果たす。

 

我々の結果は、行動変容のための健康信念モデル[16]と部分的に一致している。これは、より健康的なライフスタイルをすでに実行している場合、人は小さな調整を行うことをコミットしやすいと認識する可能性があるのに対し、多数の健康リスク行動をとっている人(例:肥満、喫煙、過度のアルコール摂取)は、変化に対するより大きな障壁を認識する可能性があるという仮説を立てた。

 

認知症リスク低減のためにアルコール摂取量を減らす意思を調べた以前の調査結果(査読のため参考文献は省略)では、健康的なライフスタイルを持っていることとアルコール摂取量を減らす意思(身体活動への参加など)との間には正の関係があることが示されている。しかし、すでに健康的なライフスタイルを送っていると考えている人の中には、さらにライフスタイルを変えようとする意欲が低いと感じている人もいたと報告されている。このような人たちは、実際にはすでにリスクの低いライフスタイルを送っている可能性があり、そのようなライフスタイルを続けるように医療提供者に奨励されるべきである。しかし、現在の身体活動レベルと期待される身体活動レベルと食事の質との間に誤解があることは、これまでの集団研究で、特に低学歴の高齢者で発見されている[17,18,19]。したがって、医療専門家は、彼らが現在の健康行動の正確なビューを持っており、必要に応じて改善を実装できるように、これらの個人と密接に連携する必要がある。

 

研究では、変化への障壁が多数確認された。行動の変化のための線形傾向(健康的な人があるように自分のライフスタイルを報告し、それが簡単に彼らが他の変更を行うためのものである可能性がある)が潜在的にあるが、参加者の少数(n = 16)は、これ以上の調整が必要と考えられていなかった以上の健康のための飽和点を自己報告した。しかし、認知症リスクを最大化するには「どの程度で十分」なのかは明らかではなく、特に健康行動変容のための具体的なパラメータ(例:1日の歩行マイル数、1週間のアルコール単位数)に関しては、エビデンスに基づくガイダンスが不足しているためである。一つの説明は、Kesslerら[12]は、危険へのファイトorフライト反応に似ているように、 “認知症の心配 “として定義されたものである可能性がある。

つまり、恐怖や刺激(危険)に対処するために必要なエネルギーが高すぎなければ、人は戦う(またはライフスタイルを変える)ことを厭わないのかもしれない。逆に、恐れている刺激(認知症リスクの軽減に取り組む)によって生じる不安が高すぎる場合や、消費するエネルギーが高レベルである場合には、人は逃避反応(行動変容の否定や回避)を選ぶことを好むかもしれない。

もう一つの説明は、健康行動変容のための社会感情的選択性理論[20]にリンクされる可能性がある。この理論によると、人々が自分のライフスタイルを変えようと決心するときには、人生全体にわた りかなりの年齢に関連した変化がある。人は年齢を重ねるにつれて、未来志向の目標よりも現在志向の感情的な目標を好む傾向がある。したがって、高齢者ほど認知症のリスクを減らすために変化を起こす可能性は低い。複数の健康上の優先順位があり、疾病予防に関する様々なメッセージにさらされている中で、50歳以上の人がライフスタイルの変化を促す要因や意思決定のプロセスをより明確にする必要がある。

 

また、認知症を優先事項と考えていないことが、ライフスタイルの変化の障壁になっていることもわかった。しかし、何十年も先のことかもしれない病気、特に認知症の原因がまだ完全に解明されていない場合に、生活習慣の変化を促すのは非常に難しいことである。最近アメリカで行われた健康状態に対する個人の認識に関する全国調査[21]では、回答者4,033人を対象にした調査で、最も恐れている病気は、認知症(17.5%)に比べてがん(40.3%)であることが明らかになった。しかし、最近の死因の第一位の変化は、認知症ががんや心血管疾患を抜いて認知症になったことを示しており、将来的にはこのような認識が変わるかもしれない[22, 23]。

疾患の併存もライフスタイルの変化の障壁となっていた。我々は、がんの参加者が認知症の予防対策に取り組まないケースを特定したが、これは、がんの方が認知症の即時性の低いリスクよりも優先されているからである。このような健康状態間の優先順位の階層化は、行動変容への個人の傾向に関する「今ここ」の仮説[24]で説明できるかもしれない。既存の健康状態に対処することに夢中になることは、認知症の発症を予防するためにどの程度の予防措置をとるかと直接関連していると論じられる。言い換えれば、既存の健康状態(例:がんや糖尿病)への先入観が強ければ強いほど、将来の健康問題(例:認知症)のための行動リスク管理に適切に取り組むモチベーションが低下するということである。いくつかの危険因子が複数の健康状態と関連している可能性があることに注意すべきである。したがって、がんの一つの危険因子に取り組んでいる人が、すでに認知症の予防に向けて積極的に取り組んでいる場合と、その逆の場合があるかもしれない。また、認知症は人生のごく遅い時期にしか発症しないと考えられているため、何歳になっても発症することが知られているがんに比べて、すぐに行動を起こす必要性が低くなっているのかもしれない。

最後に、情報源とその完全性が行動の変化に影響を与える可能性があることがわかった。この結果は予防のための「今ここ」の仮説を支持するもので、既往症のある人に認知症発症のリスクについての情報が少なければ少ないほど、「今ここ」(既往症)の状態に焦点を当てることで、認知症に対処しようとする意欲が減退するというものである。認知症に関する公衆衛生キャンペーンのほとんどが60歳以上の人を対象としている[25]ことは、認知症予防は後年になってからでなければならないという誤った考えを強めている可能性があることを認識しておくべきである。また、高齢者は併存診断を受ける可能性が高く、認知症に特化した危険因子に適切に対処することが困難である(例えば、身体障害がある場合には身体活動を増やすなど)。また、他の健康状態への対応に追われていると感じることがあるため、既存の不適応行動を代替しようとする動機にも影響を与える可能性がある。

認知症に関する誤解を招くような情報が、認知症リスクを軽減するための健康的なライフスタイルの実践に悪影響を及ぼす可能性が、今回の調査では強く指摘されている(小項目8)。このことは、認知症に関する否定的なメッセージがスティグマ化や誤報を招き、認知症を「殺人者」と「被害者」の二分法で表現することを促進している可能性があるという英国のメディアの認知症表現に関する過去の分析結果[23, 26]の結果を裏付けるものである。我々の研究は、このようなメッセージを「パニック非難」と定義したPeel [27]の研究を発展させたものであり、我々の調査で得られたものと同様に、個人の過失責任につながる可能性がある。今後の研究では、認知症の表現が時間の経過とともにどのように変化しているかについてメディア分析を行う必要がある。また、メディアの分析は、認知症の人の積極的な関与がメディアの報道ではほとんど促進されていないため、認知症予防や行動変容に関する報道を裏付ける認知症の人の実話の存在を確認するのにも役立つだろう。

多くの参加者は、メディアは信頼できないと感じていた。このことは、健康情報に関する世論に関するこれまでの文献[28]を裏付けるものであり、高齢者が健康情報の信頼度が高い順(信頼度が高い順から低い順)に、

  1. 医療提供者
  2. 薬剤師
  3. 友人や親戚
  4. 退職者コミュニティのスタッフ
  5. 新聞
  6. インターネット
  7. テレビ
  8. ラジオの順

で報告している[27]。我々は、公衆衛生キャンペーンは、メディアで認知症に関するエビデンスに基づいた情報を提供するように努力すべきであり、信頼できるオンライン情報源へのアクセスをより良くするためのサポートを提供すべきであると主張する。

強みと限界

本調査の強みは、回答者のサンプルが多く、分析のためにフリーテキストのコメントを提供していることと、ライフスタイルを変えるための動機や障壁となり得るものについての参加者の認識に関する情報が豊富であることである。調査にこのようなボックスを使用することで、標準化された質問票による制約を受けることなく、参加者の意見を収集するための集 中地として機能した。

いくつかの限界があり、この調査では生活習慣や認知症リスクに対する意識を理解することができたが、公衆衛生上のより良いアプローチに貢献するためには、より詳細な研究が必要である。参加者はリスク低減や行動変容について特別な教育を受けていなかったが、この研究に参加する前に、いくつかのライフスタイルの側面について具体的な質問をするアンケートに回答しており、これが回答に影響を与えている可能性がある。

サンプルは自分で選択したものであり、高学歴であり、大多数は白人である。したがって、結果を解釈する際には注意が必要である。認知症リスク低減のための行動変容に関する意見を述べたのは、調査回答者全体の20.0%にすぎない。このことは、調査結果の一般化の可能性を制限する可能性がある。コスト(例:健康的な食事、ジムの会員/運動器具)や座り仕事など、他の変化の障壁となりうるものが調査結果に反映されておらず、回答者の中には意見の開示に消極的な人もいたのではないかと思われることは興味深い。また、テキストボックスの文字数制限が、回答者が記入できる情報量に影響を与えた可能性がある。また、回答者は調査への回答を求められた時点では、行動変容やリスク低減に関する特定のアイデアを思い浮かべていなかった可能性がある。

さらに、我々の解釈は時間的なものであり、行動変容や認知症リスク低減に関する個人の認識や信念は、時間の経過や経験によって変化する可能性がある。フリーテキストボックスの使用は、標準化された質問の行が実行されず、回答者からより豊かな物語を引き出すための追加のプロンプトが行われなかったため、内容分析から得られた知見の妥当性が制限された可能性がある。今後の研究では、より多様な人々から詳細な情報を収集するために、半構造化インタビューを用いてこれらのテーマを探求することが望まれる。

認知症予防への示唆

加齢は認知機能低下の強い予測因子であるが、認知症は加齢の結果ではなく、非修正可能な危険因子(遺伝的背景、性別、民族性など)と修正可能な危険因子(飲酒、肥満、高血圧など)が関係している。修正可能な危険因子が公衆衛生予防プログラムを通じて適切に対処されれば、将来の認知症のリスクは減少する可能性がある[29, 30]。認知症への公衆衛生対応に関する世界行動計画2017-2025 [1]では、認知症が認知症の人やその家族、コミュニティレベルに与える影響を対象とし、認知症を長期的に発症するリスクを低減させるための7つの優先分野が挙げられている。これらの領域とは、

  1. 「公衆衛生の優先事項としての認知症」
  2. 「認知症の認知度と親しみやすさ」
  3. 「リスクの軽減」
  4. 「診断・治療・ケア」
  5. 「介護者のサポート」
  6. 「認知症の情報システム」
  7. 「研究とイノベーション」

である。私たちの調査結果は、簡単にアクセスできるメディアプログラム(テレビの健康番組やソーシャルメディアの広告など)を通じて、エビデンスに基づいた情報を人口レベルで提供することの重要性を指摘している。これらの健康番組の必要性は、認知症のリスク低減に関する研究を効果的に支援し、他の非伝染性疾患に関連する修正可能な因子(例えば、運動量の増加)を中心とした具体的な集団ベースの介入を提供するために、保健・ソーシャルケア担当者の能力を向上させるためのリスク低減ガイドラインやWHOのマンデートと一致している。このような情報は、いくつかの修正可能因子が複数の疾患と重複している可能性があることへの混乱を軽減するであろう。エビデンスに基づいた情報は、認知症予防に役立つ健康的な生活習慣についての教育にも役立つ。例えば、アルコールの摂取量が安全なのか、脳の健康を維持するためにはどのような運動が最も効果的なのかなどの情報を提供することである[1]。集団ベースのキャンペーンには、症例の多様性(既往症や併存する病状など)や時間的制約(介護の責任など)を考慮したプログラムが必要である。

結論

この研究では、認知症の個人的な経験や「健康的な」ライフスタイルを送っていると認識することなど、認知症のリスクを軽減するための予防策に人々が従事するのに役立つものを特定した。後期には、長期的な状態での生活や介護の責任など、行動変容の可能性と相互作用する独特の課題があるかもしれない。

認知症予防に関する情報の質は、エビデンスに基づいたデータに裏打ちされている場合にはモチベーションの要因となり、情報源が信頼できない場合(テレビ、ラジオ、新聞など)には変化の障壁となる。

後者は、認知症に対する否定的な表現を広め、自分のライフスタイルを変えようとする人の罪悪感を拡散させることがわかった。認知症リスクを軽減するための行動変容には個人差が大きく、認知症を取り巻くメディアの情報のばらつきが大きいことを考えると、認知症のリスクや発症を避けるためにはどのような予防法があるのかについての知識を得るために、予防プログラムでは信頼できる情報源へのアクセスを改善する必要があると考えられる。

 

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました