口腔衛生・咀嚼機能

オフラベル、再利用薬

歯周病治療におけるアジスロマイシン:単なる抗生物質ではない
Azithromycin in periodontal treatment: more than an antibiotic

歯周病研究ジャーナル R. Hirsch, H. Deng, M. N. Laohachai アデレード大学歯学部、アデレード、サウスカロライナ州、オーストラリア 2011年8月23日掲載 要旨 アジスロマイシンはマクロライド系抗生物質で、上気道感染症、中耳炎、性感染症、トラコー
PBMT LLLT /光生物調節

低レベルレーザー治療:口腔内の不調を改善する万能薬
Low Level Laser Therapy: A Panacea for oral maladies

Laser Ther.2015 Oct 2; 24(3):215-223. 要旨 目的 様々な軟・硬口腔組織に対する低レベルレーザー治療の応用について検討する。 低出力レーザー治療は、様々な疾患に対して、様々な治療効果が報告されている。口腔内の硬組織だけでなく軟組織も含め、歯科用
PBMT LLLT /光生物調節

歯科における低レベルレーザー治療の実施:レビュー
Implementation of Low-Level Laser Therapy in Dentistry: A Review

オンライン公開 2022年9月5日 要旨 低レベルレーザー治療(LLLT)と呼ばれる光治療の一種は、1つの波長の光だけを使用する。低レベルレーザー(LLL)は、組織を温める効果はなく、代わりに光生物刺激と呼ばれる効果がある。LLLは、組織を蒸発させることはない。LLLを使用してさ
医療・感染症の歴史

人類の進化における栄養と健康-過去から現在へ
Nutrition and Health in Human Evolution–Past to Present

ニュートリエント(Nutrients)2022 2022年8月31日オンライン公開 doi:10.3390/nu14173594 pmcid: pmc9460423 PMID:36079850 Kurt W. Alt,1,2,*Ali Al-Ahmad,3andJohan Pet
メラトニン

COVID-19と歯周炎におけるNLRP3インフラマソームの役割 メラトニンによる保護効果の可能性

Role of NLRP3 inflammasome in COVID-19 and periodontitis: Possible protective effect of melatonin 2021年3月30日オンライン公開 概要 世界的なパンデミックといわれるSARS-C
口腔衛生・咀嚼機能

認知機能低下と咀嚼機能障害の関連性の再検討

Revisiting the link between cognitive decline and masticatory dysfunction オンラインで公開2018年1月5日 要旨 加齢に伴う認知機能の低下と認知症は、老人医療における大きな課題である。臨床研究、疫学研究、
口腔衛生・咀嚼機能

成人の認知機能低下の保護因子としての咀嚼 質的系統的レビュー

Mastication as a protective factor of the cognitive decline in adults: A qualitative systematic review はじめに 咀嚼機能と認知の関係が報告されている。咀嚼は脳の血流を変化させ、
口腔衛生・咀嚼機能

歯科用アマルガムのジレンマの再考:統合的毒性学的アプローチ

Rethinking the Dental Amalgam Dilemma: An Integrated Toxicological Approach Hector Jirau-Colón,1,2 Leonardo González-Parilla,1,2 Jorge Marti
口腔衛生・咀嚼機能

口腔内健康状態と認知症との関連を検討する 全国規模のネステッド症例対照研究

Examining the association between oral health status and dementia: A nationwide nested case-controlled study 2020年2月10日 要旨 口腔内マイクロバイオームを含む感染
口腔衛生・咀嚼機能

口腔内感染はアルツハイマー病の危険因子になりうるか?

Can oral infection be a risk factor for Alzheimer's disease? オンラインで公開2015年9月17日 Ingar Olsen1,* and Sim K. Singhrao2 要旨 アルツハイマー病(AD)は、将来、公衆衛生
うがい 鼻スプ 消毒剤

歯の健康を超えたキシリトールの健康効果 総合的なレビュー

Xylitol’s Health Benefits beyond Dental Health: A Comprehensive Review 要旨 キシリトールには虫歯のリスクを減らすなど、歯の健康効果があることが広く報告されている。ここでは、キシリトールについて調査された他の健
口腔衛生・咀嚼機能

歯周ポケットとCOVID-19 関連性がある可能性は?

Periodontal pocket and COVID-19: Could there be a possible link? 要旨 COVID-19は、個人の健康を破壊し、世界経済を壊滅的な打撃を与える、新たな健康上の緊急事態である。このウイルスに焦点を当てた継続的な研究が世
リスク因子(認知症・他)

慢性的で修正可能な認知症の危険因子としての口腔衛生不良 文献のレビュー

Poor Oral Health as a Chronic, Potentially Modifiable Dementia Risk Factor: Review of the Literature 要旨 虫歯、歯の喪失、歯周炎などの口腔内の健康状態の悪さは、世界中に遍在してお
口腔衛生・咀嚼機能

アルツハイマー病と口腔保健 微生物内分泌と栄養の関連性を探る

Exploring the Association between Alzheimer’s Disease, Oral Health, Microbial Endocrinology and Nutrition アリス・ハーディング、1 ウルリケ・ゴンダー、2 サリタ J. ロビ
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

COVID-19と歯周病

歯周ポケット SARS-CoV2の潜在的なリザーバー? 概要 歯周ポケットは、歯を支える組織に影響を及ぼす慢性炎症性口腔疾患である歯周炎の主要な臨床症状であり、成人人口に高い有病率を有している。歯周ポケットは、歯肉上口腔、ポケットの粘膜組織および末梢循環系と相互作用する歯肉下細菌
バイオフィルム

歯周病(P.ジンジバリス)とアルツハイマー病 36の予防・治療方法
歯周病菌 P.ジンジバリスの原因と改善方法

Porphyromonas gingivalis ポルフィロモナス・ジンジバリス(P.ジンジバリス) 概要 歯周病菌の親分 P.ジンジバリス WHOによると歯周病は世界中で成人の10~15%に影響を及ぼしている。 歯周病菌は500種類を超えると言われており、その中でもP.ジンジバ
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました