口腔衛生

口腔衛生

慢性的で修正可能な認知症の危険因子としての口腔衛生不良 文献のレビュー

Poor Oral Health as a Chronic, Potentially Modifiable Dementia Risk Factor: Review of the Literature 要旨 虫歯、歯の喪失、歯周炎などの口腔内の健康状態の悪さは、世界中に遍在しており、治療や予防が可能である可能性がある。口腔内の...
腸内微生物叢

アルツハイマー病と口腔保健 微生物内分泌と栄養の関連性を探る

Exploring the Association between Alzheimer’s Disease, Oral Health, Microbial Endocrinology and Nutrition アリス・ハーディング、1 ウルリケ・ゴンダー、2 サリタ J. ロビンソン、3 セントジョン・クリーン、1 シム K. シ...
コロナウイルス

COVID-19と歯周病

歯周ポケット SARS-CoV2の潜在的なリザーバー? 概要 歯周ポケットは、歯を支える組織に影響を及ぼす慢性炎症性口腔疾患である歯周炎の主要な臨床症状であり、成人人口に高い有病率を有している。歯周ポケットは、歯肉上口腔、ポケットの粘膜組織および末梢循環系と相互作用する歯肉下細菌のバイオフィルムにとって理想的な環境である。歯周ポケ...
口腔衛生

歯周病(P.ジンジバリス)とアルツハイマー病 36の予防・治療方法

歯周病菌 P.ジンジバリスの原因と改善方法 Porphyromonas gingivalis ポルフィロモナス・ジンジバリス(P.ジンジバリス) 概要 歯周病菌の親分 P.ジンジバリス WHOによると歯周病は世界中で成人の10~15%に影響を及ぼしている。 歯周病菌は500種類を超えると言われており、その中でもP.ジン...