マイクロバイオーム

うがい 鼻スプ 消毒剤

査読論文:健康と疾患における上気道のマイクロバイオーム

The microbiome of the upper respiratory tract in health and disease オンライン公開 2019年11月7日. doi: 10.1186/s12915-019-0703-z Christina Kumpitsch,1
うがい 鼻スプ 消毒剤

鼻のマイクロバイオーム-敵か味方か?
The Microbiome of the Nose—Friend or Foe?

The Microbiome of the Nose—Friend or Foe? オンライン公開:2020年3月13日doi:10.1177/2152656720911605 PMCID:PMC7074508 PMID:32206384 短い要旨 近年、ヒトの微生物叢と疾患発症
オフラベル、再利用薬

歯周病治療におけるアジスロマイシン:単なる抗生物質ではない
Azithromycin in periodontal treatment: more than an antibiotic

歯周病研究ジャーナル R. Hirsch, H. Deng, M. N. Laohachai アデレード大学歯学部、アデレード、サウスカロライナ州、オーストラリア 2011年8月23日掲載 要旨 アジスロマイシンはマクロライド系抗生物質で、上気道感染症、中耳炎、性感染症、トラコー
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

心の軍事化: 究極の戦場における武器の評価(2019)
Militarising the Mind: Assessing the Weapons of the Ultimate Battlefield

Militarising the Mind: Assessing the Weapons of the Ultimate Battlefield ロバート・C・ブルーナー1 - フィリッパ・レンツォス1,2 要旨 行動神経科学の進歩により、人間の行動や認知を支えるメカニズムが解明
PBMT LLLT /光生物調節

低レベルレーザー治療:口腔内の不調を改善する万能薬
Low Level Laser Therapy: A Panacea for oral maladies

Laser Ther.2015 Oct 2; 24(3):215-223. 要旨 目的 様々な軟・硬口腔組織に対する低レベルレーザー治療の応用について検討する。 低出力レーザー治療は、様々な疾患に対して、様々な治療効果が報告されている。口腔内の硬組織だけでなく軟組織も含め、歯科用
PBMT LLLT /光生物調節

歯科における低レベルレーザー治療の実施:レビュー
Implementation of Low-Level Laser Therapy in Dentistry: A Review

オンライン公開 2022年9月5日 要旨 低レベルレーザー治療(LLLT)と呼ばれる光治療の一種は、1つの波長の光だけを使用する。低レベルレーザー(LLL)は、組織を温める効果はなく、代わりに光生物刺激と呼ばれる効果がある。LLLは、組織を蒸発させることはない。LLLを使用してさ
マイクロバイオーム

合成生物学時代のバイオディフェンス | ヒト宿主を変化させる生物兵器に関する懸念の評価
Biodefense in the Age of Synthetic Biology.

6 Assessment of Concerns Related to Bioweapons that Alter the Human Host バイオディフェンスについては、通常、病原体(第4章)または生化学物質(第5章)の観点から考えるが、技術の進歩により、人体そのものに密接
COVIDワクチンの有害事象

危険なmRNAワクチン汚染物質が発見される
生産品質管理、細菌の進化、スパイクプロテインと抗生物質についての考察

Dangerous mRNA Vaccine Contaminants Were Just Discovered A Discussion on Production Quality Control, Bacterial Evolution, Spike Proteins and
腸内微生物叢

ガット・フィーリング マイクロバイオームと私たちの健康
Gut Feelings The Microbiome and Our Health

Gut Feelings The Microbiome and Our Health 目次 序文 I ミクロの種の叡智 1 進化生物学が解き明かすバクテリアの適応力 2 祖先のマイクロバイオーム 3 ヒトのマイクロバイオームに影響を与えた初期の要因 4 コードを解読する。ヒトゲノ
医療・感染症の歴史

人類の進化における栄養と健康-過去から現在へ
Nutrition and Health in Human Evolution–Past to Present

ニュートリエント(Nutrients)2022 2022年8月31日オンライン公開 doi:10.3390/nu14173594 pmcid: pmc9460423 PMID:36079850 Kurt W. Alt,1,2,*Ali Al-Ahmad,3andJohan Pet
アミノ酸

食餌性タンパク質と加工が腸内細菌叢に及ぼす影響-システマティックレビュー
Effect of Dietary Protein and Processing on Gut Microbiota—A Systematic Review

ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8840478/ ニュートリエント.2022 Feb; 14(3):453. 2022年1月20日オンライン公開 doi:10.3390/nu14030453 pmcid: pmc8840478 PMID:3527
腸内微生物叢

腸内細菌と健康 メカニズム的な洞察
Gut microbiome and health: mechanistic insights

Gut.2022 May;71(5):1020-1032. 2022年2月1日オンライン公開doi:10.1136/gutjnl-2021-326789 pmcid: pmc8995832 PMID:35105664 Willem M de Vos,#1,2Herbert Til
サプリメント

牛のコロストラム(初乳)とそのヒトの健康および栄養への可能性
Bovine Colostrum and Its Potential for Human Health and Nutrition

オンライン公開 2021年06月21日 要旨 初乳は、哺乳類が分娩後に最初に分泌する乳汁で、成熟乳とは組成が異なる。牛の初乳は古くからヒトに飲用されており、ヒトの栄養や健康への応用の可能性を探る研究が数多く行われている。初乳を構成する画分の広範な特性評価により、潜在的な生物活性分
発酵

発酵させたものを食べる:乳酸菌発酵食品の健康効果
Eating Fermented: Health Benefits of LAB-Fermented Foods

2021年10月31日オンライン公開 要旨 乳酸菌(LAB)は、世界中で消費される非常に多くの発酵製品の生産に関与している。これらの乳酸菌発酵食品の多くは、食品発酵中または食品消化後に産生されるプロバイオティック乳酸菌またはその代謝物によって、人間の健康に有益であると認識されてい
うつ病・統合失調症

書籍:『The LDN Book』 低用量ナルトレキソンの本
自己免疫疾患、癌、自閉症、うつ病などの治療に革命をもたらす低用量ナルトレキソンという未知のジェネリック医薬品について

The LDN Bookへの賛辞 私は15年以上にわたりLDNを基礎療法として使用してきた医師として、LDNは私がこれまでに使用してきた中で最も重要かつ成功した薬であると、公平に言うことができる。私はよく、LDNがなければ住宅ローンが払えないと冗談を言う。LDNを使って人生が劇的
微生物叢(免疫)

COVID-19患者におけるヨーグルト由来の生理活性ペプチドとプロバイオティクスの理論的効果-ナラティブレビューと仮説

Theoretical benefits of yogurt-derived bioactive peptides and probiotics in COVID-19 patients – A narrative review and hypotheses 概要 現在、世界では
メラトニン

COVID-19と歯周炎におけるNLRP3インフラマソームの役割 メラトニンによる保護効果の可能性

Role of NLRP3 inflammasome in COVID-19 and periodontitis: Possible protective effect of melatonin 2021年3月30日オンライン公開 概要 世界的なパンデミックといわれるSARS-C
口腔衛生・咀嚼機能

認知機能低下と咀嚼機能障害の関連性の再検討

Revisiting the link between cognitive decline and masticatory dysfunction オンラインで公開2018年1月5日 要旨 加齢に伴う認知機能の低下と認知症は、老人医療における大きな課題である。臨床研究、疫学研究、
口腔衛生・咀嚼機能

成人の認知機能低下の保護因子としての咀嚼 質的系統的レビュー

Mastication as a protective factor of the cognitive decline in adults: A qualitative systematic review はじめに 咀嚼機能と認知の関係が報告されている。咀嚼は脳の血流を変化させ、
口腔衛生・咀嚼機能

歯科用アマルガムのジレンマの再考:統合的毒性学的アプローチ

Rethinking the Dental Amalgam Dilemma: An Integrated Toxicological Approach Hector Jirau-Colón,1,2 Leonardo González-Parilla,1,2 Jorge Marti
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました