弱者の武器

弱者の武器

書籍:『力なき者たちの力』
The Power of the Powerless

The Power of the Powerless 本について ヴァーツラフ・ハヴェル(Václav Havel)による、無関心の専制に関する驚くべきエッセイ。 共産党支配下の生活に怯える八百屋が、店の窓にプラカードを掲げている: 世界の労働者よ、団結せよ!それは八百屋の確かな
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

なぜ強者は敗れるのか
Why the Strong Lose

1 November 2005 Why the Strong Lose 要旨 イラクで続く反乱は、弱者が強者に軍事的・政治的に多大な痛みを強いることができることを浮き彫りにしている。このような痛みが、米国にイラクでの計画を放棄させるかどうかは、まだわからない。 1945年以降、ベ
弱者の武器

反乱の生きた精神:アナーキズムのインフラポリティクス
A living spirit of revolt: the infrapolitics of anarchism

A living spirit of revolt: the infrapolitics of anarchism 反乱の生きた精神への賞賛 「ジガ・ヴォドヴニクの偉大な貢献は、彼の著作がアナキズムをそのドグマ、硬直性、人類の大多数からの孤立から救い出すことである。彼は私たちの日
弱者の武器

インフラポリティクス / 底流政治と動員 ジェームズ・スコット
Infrapolitics and Mobilizations James C. Scott

Infrapolitics and Mobilizations 2012 James C. Scott これらの独創的で鋭く観察された抗議と抵抗の研究から判断すると、「インフラポリティクス」(底流政治)という概念は「good-to-think-with」(馴染み深い)であるように
弱者の武器

弱者の武器、あるいは権力関係への日常的な抵抗の文化
Weapons of the Weak or The Culture of Everyday Resistance to Power Relations

Weapons of the Weak or The Culture of Everyday Resistance to Power Relations エイタン・ギンズバーグ博士 イスラエル、テルアビブ、キブジム教育大学人文科学部 サピル・アカデミック・カレッジリベラル・アーツ
弱者の武器

弱者の武器 | 農民の日常的な抵抗のかたち
Weapons of the Weak- Everyday Forms of Peasant Resistance

解説 弱者の武器-農民の日常的な抵抗のかたち "Weapons of the Weak: ジェームズ・C・スコットが1985年に出版した本。本書は、マレーシアの農村で、地主や国家権力に抑圧された農民が日常的に行っている抵抗の形を考察したものである。 スコット氏は、農民の抵抗は伝統
弱者の武器

生き残り、そして抵抗する
ディストピア政治への決定的なガイド

Survive and Resist 権威主義が台頭し、ディストピア小説も台頭している。新しい21世紀には、「ハンガー・ゲーム」や「ダイバージェント」といったヤングアダルト・シリーズが大ヒットした。ドナルド・トランプの選挙後、ディストピアの古典である「1984」と「ハンドメイズ・
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました