インフラポリティクス / 底流政治と動員 ジェームズ・スコット
Infrapolitics and Mobilizations James C. Scott

レジスタンス・抵抗運動弱者の武器

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.cairn.info/revue-francaise-d-etudes-americaines-2012-1.htm

Infrapolitics and Mobilizations 2012

James C. Scott

これらの独創的で鋭く観察された抗議と抵抗の研究から判断すると、「インフラポリティクス」(底流政治)という概念は「good-to-think-with」(馴染み深い)であるように思われる。適切な用語がないように思われる政治のジャンルを表現するためにこの用語を考案し、同時に、新語が氾濫する社会科学に別の新語を導入することを躊躇していた私は、この巻の研究の著者がこの用語を有用だと感じてくれたことを当然ながら嬉しく思っている。後書きの冒頭で、私は「インフラポリティクス」という言葉の特許を持っているわけではないことを明記しておきたい。ひとたび新しい用語が生まれれば、それは独自の航海に出るものであり、世界での道を切り開くために仲間を選ぶ自由がある。つまり、「インフラポリティクス」という言葉のエキゾチックな使い方を「取り締まる」ことは、やろうと思ってもできないし、絶対にやりたくない。

2しかし、「弱者の武器」(Weapons of the Weak)にあまり馴染みのない読者のために、私は思い出すかもしれない。Weapons of Weak: Everyday forms of Peasant Resistance (Yale UP, 1985)とDomination and the Arts of Resistance (Yale UP, 1985)を思い出してほしい。

この用語が導入された『弱者の武器:農民の抵抗の日常形態』(Yale UP, 1990)と『支配と抵抗の芸術:隠された記録』(Yale UP, 1990)には、「インフラポリティクス」という用語が本来意図していた目的が書かれている。

マレーシアの米作村での民族誌的フィールドワークの過程で、私は富裕層と貧困層の間の高度な緊張と対立を観察した。農民の対立を引き起こした重要な出来事は、地主によるコンバイン収穫機の導入であった。この機械は、刈り取り、束ね(女性の仕事)、手作業による脱穀(男性の仕事)を一掃し、地主が自分の土地を以前より多く耕すことを可能にし、小作人を追い出し、貧しい人たちの収穫をなくしたのである。

しかし、デモ行進や陳情、暴動、マニフェスト、集会など、あからさまな争いは起きなかった。当時のマレーシアは、選挙用の錦織の薄いファサードの下にかろうじて隠されている独裁国家であった。直接、あるいは公然と反対することは許されなかったし、普通の農民は、自分たちの不満が単独あるいは集団で聞き入れられ、ましてや改善されるなどという幻想を抱くことはなかった。政治は、それまでと同様、エリートや町民のための遠く危険な遊びであった。

3フランス革命によって確保され、その後法の支配によって守られた市民としての権利を広く認められないまま、政治は別の形をとるようになった。広く行われた人格攻撃、ささいな窃盗、エリートの祝宴の社会的ボイコット、ゴシップや噂、あいまいな脅し、小さな破壊行為などが、紛争や階級闘争の小銭稼ぎとなったのだ。もし、苦しみが飢餓に近づいていたら、貧しい村人たちはもっと必死の手段をとっただろうと私は信じている。

4公的な記録にはほとんど残っていないこの地下の政治的対立の世界を理解し、記録するようになると、これが政治の一ジャンルであるだけでなく、世界の被差別民のほとんど、独裁的な環境に生きるすべての人々、農民、家父長的家族の下位者として生きる人々の日常的な政治の一般的なジャンルであることに気がついた。いわば、「あえてその名を語らない」政治斜に構えた政治、危険なリスクを避ける慎重で回避的な政治、農民の「狡猾」という評判にふさわしい政治であった。

5 私は、このような政治は、何千もの小さな行為の積み重ねであるにもかかわらず、世界において膨大な総体的影響を及ぼす可能性があることも理解するようになった。3つの簡単な例で十分であろう。

脱税

6 私が住んでいたマレーシアの村では、ザカート(収穫の10%に相当するイスラムの税金)が非合法とみなされるようになって以来、村人たちは集団で脱税してきた。彼らは耕作地や収穫量を偽って申告し、実際に支払われるのはその申告額のごく一部であった。そして、その脱税は罰せられないまま、どんどん拡大していった。実際、数回の起訴によって、農民たちは、たとえ大土地所有者であっても(どんなに少なくても)何か支払えば、当局は嵐を呼ぶことを恐れて彼らを追及しないだろうと信じるようになったが、それは正しい結果だった。この十数年の間に、ザカートは無効とされた。しかし、暴動はおろか、国民の抗議、デモ、陳情は一件もない。大規模で静かな、宣言されていない不遵守によって、実質的な税金が事実上廃止されたのである。

密猟

7 第二の例は、密猟の例である。1650年から1850年までの2世紀にわたって、木材、飼料、ウサギ、魚、その他の狩猟動物の密猟は、イギリスで最も人気のある犯罪だった。大衆的というのは、下層階級の間で最も一般的であり、最も愛されているという意味である。農村の農民や農業労働者は、貴族や王室が改良されていない森林や荒れ地に対する所有権を主張することを、決して正当なものとは考えていなかったことが、他の多くの資料からわかっている。長い目で見れば、イングランド全土で200年にわたり、共有地の所有権をめぐる壮絶な階級闘争が繰り広げられたと言えるかもしれない。この階級闘争は、議会へのデモ行進も、農民の権利を守る社会運動も、請願も、暴動もなく、大々的に報道されることはなかった。

密猟は犯罪とみなされるどころか、農村の貧しい人々が古くから持つ権利を行使するものだと考えられていたことが、狩猟主や森林番が地元の証人に隣人に不利な証言をさせることができなかったことでもわかる。このように、イングランドでは、農民の生産手段である土地をめぐる最後の大きな争いが、通常政治とみなされるものの目立たないところで繰り広げられたのである。

脱走

9軍隊からの脱走は、公然の反乱とは区別されるが、おそらくインフラポリティクスの最も歴史的な形態である。脱走はおそらく、将軍の戦略や戦術よりも、軍隊や国家の運命に大きな影響を及ぼしてきた。多くの例の一つを挙げると、南北戦争における南部連合の敗北は、他のどの要因よりも、奴隷でない丘陵地帯の白人の大量脱走によって決定された。ただし、紛争中に奴隷が足を引っ張って脱走した場合は別で、それ自体、非政治的行為の一種なのである。ここでもまた、貧しい白人と黒人奴隷の両方が、盟約者団の大義に道徳的に反対していたことがわかるが、その反対の形は、公然の反乱や反乱ではなく、より安全な脱走や逃亡というものであった。

10 この巻に収められた小論は、「インフラポリティクス」とでも呼ぶべきものの最前線を探る、心強い機会を私たちに与えてくれる。冒頭で主張したように、「インフラポリティクス」の最前線をパトロールし、何がその見出しに属するか否かを決めるのは私の役目ではない。しかし、これらのエッセイを読むことで、抵抗と抗議の形態に興味深い区別をつけることができるかもしれない、という考えが生まれた。

匿名性

11 そのような区別のひとつは、匿名性の問題に関わるものである。誰が話しているのかを正確に隠すことができない場合、抵抗はしばしば消音され、間接的なものにならざるを得ない。しかし、抵抗する人が匿名であれば、その声は明確で大胆なものになる。つまり、メッセンジャーが知られている場合は、メッセージは曖昧になりがちだが、メッセンジャーが隠されている場合は、メッセージは鋭くなる可能性がある。プロテストグラフィティやゲリラガーデニングの研究もそのようなものであるように思う。

ゲリラガーデニング

ゲリラガーデニングは、村のコモンズを掘り起こして作物を植え、それを取り戻したイギリス内戦のディガーのように、自動車や企業のために都市の不動産を占有する現代の囲い込み屋から都市空間を取り戻そうとしているのだ。少なくとも、彼らは、異なる概念の都市がどのようなものだろうかを示す、短いユートピアの瞬間を作り出しているのだ。彼らはしばしば匿名で、またしばしば夜間に活動するため、強力な敵から完全に身を守ることができる。

合法化された法律破りとしてのゲリラガーデニング 土地所有権と美的秩序への挑戦
Guerrilla gardening as normalised law-breaking: Challenges to land ownership and aesthetic order 概要 本稿では、他人の土地を借りてガーデニングをするゲリラガーデニングについて考察する
グラフィティ

ギヨーム・マルシュが思い起こさせるように、グラフィティは少なくともポンペイとヘルクラネウムまでさかのぼり、他のほとんどの表現手段が遮断されたときに、どこにでもあり、かつ力強い「声」の例となる。ゲリラ・ガーデニングと同様、グラフィティ・アーティストたちは、有名なバンクシーのように、通常、夜間に活動する。昼間が公的な政治の時間的軌跡であるならば、夜間はインフラポリティクスと匿名性の時間的軌跡であると考えることもできるだろう。

落書きの作者は見えないからこそ、散文や罵詈雑言は、いわば大声で叫ぶことができる。ラブレーや彼の文学的後継者バフチンが理解していたように、仮面、カーニバルのバーレスク、ペンネームといった形の匿名性は、純粋なゴシップや中傷だけでなく、社会的あるいは政治的に不承認の意見を吐き出すためのチャンネルであった。

この関連で、密猟や脱走も、それに走る人々の名もなき匿名性に依存していることは注目に値する。大群衆や暴徒でさえ、個々の参加者に匿名性を与え、おそらく彼らの虚勢を際立たせている。匿名性は、インフラポリティクスの特徴的な「声」とさえ言えるほど、独裁的な環境における抗議活動の形態によく見られるものなのだろうか。電子メディアとサイバーコミュニティの現代的な普及は、この意味で、匿名の個人的・集団的行動の広大な新領域を表しているのだろうか。

一方、「タクワコア」(Taqwacores)「チャーチ・レディ」(Church Ladies)は、まったく別の種類のものである。従来の価値観に対する文化的な損傷であり、愉快な遊び心と同時に致命的な深刻さを持つこれらの「インユアフェイス」は、匿名では全くなく、公式の言説に対するかなり包括的な批判を表している。

初期のカーニバルの中核をなすキリスト教のミサのバーレスクと同様、世界を逆さまにしたような批評である。このように、文化的対立の最も破壊的な変種であると言えるかもしれない。彼らは従来のカテゴリーを論じるのではなく、ある種の冒涜によってあざ笑い、嘲笑するのだ。彼らは、あらゆる高貴で神聖な文化的形態が、それらの神聖な形態をひっくり返す「黒ミサ」のための文化的開口部を作り出すという原則の一例である。

1968年の民主党全国大会でのデモに関連して「シカゴ7人組」が裁判にかけられたとき、レニー・デイヴィスは「無罪」を主張するどころか、弁護席であぐらをかいて「ウーム、ウーム」と唱えていた。これは、熱弁をふるうよりも大きな文化的インパクトを与えた。それは、裁判をまともに受けようとしないことで、裁判を冒涜しているのだ。

13一見したところ、このような公然たる文化的対決は、その仰々しさゆえに、ほとんどのインフラポリティクスを特徴づける偽装とは似て非なるもののように思われる。しかし、おそらく私は間違っている! おそらく、ここには別の形の偽装が働いていて、それが彼らの嘲笑の対象から逃れられるのと同じくらい、私を混乱させる。

彼らが爆発させる文化的ダイナマイトは、ほとんどのエリートや国家にとって、たとえ不遜であっても、通常の対立の枠から外れているため、無害でアンチで非政治的に見え、それゆえ、実際には脅威ではないように見えるのだ。エリートが伝統的に危険が生じることを予期しておらず、対応する準備ができていない角度から公式の言説を破壊することで、破壊者は一種の免罪符を手にするのである。

さらに推測するに、こうした深い破壊的な動きが何度も何度も、時間をかけて繰り返されることで、脱走がやがて軍隊を崩壊させるように、深い平等主義社会の道徳的秩序を支える文化的基盤を深刻に侵食する効果がある。それぞれの冒涜は、それ自体決定的なものではないが、ピカドールの槍が繰り返し刺されるように、最終的には転換点に達するまで公式の道徳的秩序を弱めるかもしれない。

「チャーチ・レディース」のベンジャミン・シェパードがこう主張するのは、私には鋭い社会理論家のように思われる。

「不条理な状況に直面したとき、時に不条理な反応は、あなたに反対する人々の力を弱める効果的な方法である」

そして「街は常に理論の二歩先を行っている」

と指摘する彼の言葉は、鋭い社会理論家のようだ。

反搾取工場

14インフラポリティクスとしての反搾取工場は、ジャン=バティスト・ヴェルトによって慎重かつ説得的に行われているが、私の考えでは、やや難しいケースである。彼の主張の論理は、「搾取工場反対学生連合」が国家規制のためのロビー活動を避け、ボイコット、宣伝、学生動員、労働者動員、監視によって企業の責任を追及する、彼が言うところの市場ベースの消費者活動を支持したという事実によって、インフラポリティクスになぞらえることができるだろう、というものである。

この巻で議論されている運動のうち、反搾取工場(スウェットショップ)・キャンペーンが最も明確に焦点を当て、最も明確に公然としており、従来の言葉で言えば、最も成功していたことは間違いないだろう。しかし、それは非政治的なものだったのだろうか。ヴェルトの議論の文脈では、インフラポリティクスという用語は、国家の行動を直接的に訴えることを避けた反対運動の政治形態を説明するのに役立っている。

しかし、このようにカテゴリーを拡大するのであれば、匿名性、文化的反発の程度、動員形態、目標の明確さ、政治化の程度といった観点からインフラポリティックスの様々な変異株を区別するのに役立つ分類をさらに発展させる必要があるだろうことは指摘しておく価値がある。

ヴェルトの主張は説得力があり、私自身、なぜインフラポリティクスの概念を拡大せず、最小限の組織しか必要としない政治運動や、小規模で個人的、安全で平凡な消費者的行為のみを必要とする政治運動を含めなかったのか、と考えてしまうほどである。このようにインフラポリティクスを拡大解釈すれば、United Farm Workersに触発されて成功した食卓用ブドウのボイコットから、顧客や従業員、あるいは食肉の原料となる動物を非倫理的に扱っていると見られるレストランチェーンに対する現代の消費者のボイコットまで、あらゆる種類の消費者不買運動の特徴を明らかにする助けになるだろう。

ズートスーツ暴動

ルイス・アルバレスが微妙に分析した戦時中のロサンゼルスのズートスーツ暴動は、インフラポリティクスの意味と行動を探る上で、おそらく最も豊かな研究領域であろう。それらは、ポール・ウィリスの「文化的形式はその意味を言わないかもしれないし、何を言っているのかわからないかもしれないが、少なくともその実践の論理においては、何をするのかを意味している」という観察を例証している。これは、服装の表示による文化的なシグナリングが比較的無力な集団に容易に利用可能であることと、この場合ロサンゼルス警察を含む支配的な集団にとって、そのような文化的損傷の潜在的な爆発力を同時に示すものである。

ズートスーツは、過剰、超セクシー、怠惰、ジャズ、街角社会と結びつき、戦時中の緊縮財政や愛国主義に対する「面と向かっての」挑戦であったため、それ自体は完全に合法であっても、自己犠牲と労働という戦時中の覇権的パラダイムに対する大胆な挑発であったと言える。アルバレスは、ズート・スーツ着用者のほとんどが、自分たちが送っているシグナルをいかに明確に「意図」していたかを示し、ドレスを超えて、人種的・性的中傷やストリートファイトにまで踏み込もうとしていたことを教えてくれる。

このようなインフラポリティクスは、発信された文化的シグナルが、それが意図する象徴的な損傷として受け取られ、理解されるかどうかにかかっているのだ。この種の最も露骨な象徴的損傷は、象徴的攻撃の原爆のようなもので、スペイン内戦の初期に反宗教革命家が大聖堂に侵入し、大司教、枢機卿、修道女の遺体を掘り出して、教会の階段にばらまいた時であった。保守的なスペイン人にとって、この冒涜は決して忘れることのできない宣戦布告であった。

16これらの素晴らしいエッセイから、読者が私と同じように多くの喜びと教訓を得られることを期待している。運が良ければ、彼らや彼らの後継者が、“politics as usual “(旧態依然たる政治 )の欺瞞的な表面の下に潜む、結果的な政治生活の広大な領域への評価と理解に貢献することができるだろう。

タイトルとURLをコピーしました