検閲・弾圧

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

抑圧された原爆
占領下の日本におけるアメリカの検閲

The Atomic Bomb Suppressed: American Censorship in Occupied Japan 目次 図 序文 略語 第2版への謝辞 謝辞 1. はじめに 2. 世界に提示された原爆 3. 米国の占領計画と検閲の理想と目標 4. SCAPが日本
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

シェレンバーガー:「米英の軍事請負業者」は、アメリカ国民に対して「高度な心理作戦と偽情報戦術」を展開した。
Shellenberger: "US and UK military contractors" deployed "sophisticated psychological operations and disinformation tactics... against the American people."

スクリプト 9ヶ月前、私は、国土安全保障省を含む政府機関、政府請負業者、大手メディア・プラットフォームが共謀して、一般アメリカ人や選挙で選ばれた議員を、好ましくない意見を持つという理由で検閲する「検閲産複合体」の存在について、議会で証言し、証拠を提出しました。 検閲産業複合体の範
メディア、ジャーナリズム

間抜けなアイデアが、なぜ賢い成功者を惹きつけるのか?
知的な人ほど、自分の信念が風評に及ぼす影響を理解する能力に長けている

Why Dumb Ideas Capture Smart and Successful People 2023/11/19 多くの人が議論ハックを発見した。何かが間違っていると主張する必要はない。それが低い地位と関連していることを示せばいいのだ。逆もまた真なりである。それが高い地
検閲・弾圧

「偽情報」を武器にする偽専門家と官僚: 連邦政府はいかにして大学と提携し、アメリカ人の政治的言論を検閲したか
米国下院司法委員会および連邦政府の兵器化に関する特別小委員会中間スタッフ報告書

「偽情報」を武器にする偽専門家と官僚: 連邦政府はいかにして大学と提携し、アメリカ人の政治的言論を検閲したか 米国下院司法委員会および連邦政府の兵器化に関する特別小委員会中間スタッフ報告書 THE WEAPONIZATION OF “DISINFORMATION” PSUEDO-
PANDA,PROPAGANDA IN FOCUS

『構造的深層事象」の理解: JFKから9.11、COVID-19まで|ピアーズ・ロビンソン|23年9月30日
Understanding ‘Structural Deep Events’: From JFK through 9/11 to COVID-19 | Piers Robinson | 9/30/23

先月、IC911理事会のメンバーであるピアーズ・ロビンソン博士と9.11ファミリーのマット・キャンベルが、ロンドンで開催された『Peace, War and 9/11』(- Redacted Presents: Peace, War and 9/11)の上映後、約50人の聴衆を前
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

諜報機関とビッグテック:彼らの関係はあまりにも親密すぎるのか?
Intelligence Agencies and Big Tech

Intelligence Agencies and Big Tech ジェシカ・J・アッシュ 2023/07/28 ケネディ・ビーコン特派員ジェシカ・アッシュ 「ひとたび国家が批評家を黙らせることができれば、それは全体主義から一歩前進したことになる」と、大統領候補のボビー・ケネデ
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

ハリウッドにおけるブラックオプス 検閲からノーマライゼーションへ
Black Ops in Hollywood: From Censorship to Normalization

Black Ops in Hollywood: From Censorship to Normalization トム・クランシーのリメイク版『クリア・アンド・プレゼント・デンジャー』(1994)で、CIAカードをちらつかせるジャック・ライアン役のハリソン・フォード。。 CIAは
RFK Jr.、子どもの健康防衛(CHD)、JFK

「一度検閲を始めてしまえば、ディストピアと全体主義への道を歩むことになる」RFKジュニアが下院委員会で語る
‘Once You Start Censoring, You’re on Your Way to Dystopia and Totalitarianism,’ RFK Jr. Tells House Committee

07/20/23 連邦政府の兵器化に関する小委員会が主催した米下院の公聴会で、「子どもの健康防衛」委員長を務めるロバート・F・ケネディ・ジュニアが証言した。 マイケル・ネブラダキス博士 米下院の「連邦政府の兵器化に関する小委員会」が主催した公聴会で、「子どもの健康防衛(CHD)」
ロバート・マローン

検閲産業複合体に関する報告書:知るべき組織トップ50
新しいグローバル情報カルテルを理解するための市民のスターターキット

Report on the Censorship-Industrial Complex: The Top 50 Organizations to Know スーザン・シュミット アンドリュー・ローエンタール トム・ワイアット テクノフォグ 他4名 2023/05/11 クロスポス
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

マイク・ベンツ(後編) 「ダーティー・トリック部門」はいかにしてアメリカ人に牙を剥いたか
Mike Benz (Part 2): How the ‘Department of Dirty Tricks’ Turned on Americans

Mike Benz (Part 2): How the ‘Department of Dirty Tricks’ Turned on Americans ヤンキレック 前回、マイク・ベンツ氏とのインタビューのパート1では、欧米における「社会全体」の検閲産業の存在について説明しまし
エポックタイムズ

マイク・ベンツ(前編) 欧米で急成長する検閲産業と注ぎ込まれる政府資金-DHSからDARPA、国立科学財団に至るまで
Mike Benz (Part 1): The West’s Burgeoning Censorship Industry and the Government Funds Pouring In–From DHS to DARPA to National Science Foundation

Mike Benz (Part 1): The West’s Burgeoning Censorship Industry and the Government Funds Pouring In–From DHS to DARPA to National Science Foun
スパイクプロテイン

検閲の時代におけるクリティカル・シンキング パート2
ファクトチェッカーへの対応

Critical Thinking in The Age of Censorship Pt. 2 A Midwestern Doctor 中西部の医師 このシリーズの第一回目では、私がこの社会で観察している批判的思考における一般的な誤りのうち、学術界が是正せず、代わりに強化してき
FLCCC,ピエール・コリー

検閲の時代におけるクリティカル・シンキング パート1
医学認識論入門

Critical Thinking in The Age of Censorship Pt. 1 ピエール・コーリー,MD,MPAピエール・コリー医学博士、MPA The Forgotten Side of Medicine Substackから、このエッセイは、COVID-19
医療の偽情報・検閲・汚職

科学における抑圧と異論
Suppression and dissent in science

Suppression and dissent in science ジェイソン・A・デルボーン ノースカロライナ州立大学准教授(科学・政策・社会担当) 科学的論争の最中には、科学者やその味方、反対者が知識の主張の信憑性や重要性をめぐって争うため、学問的誠実性はより困難なものとな
GMO、農薬

科学的異論と公共政策
反対意見を標的にすることは、健全な政策決定を守るための合理的な方法なのだろうか?

Scientific dissent and public policy 科学の発展には異論が不可欠である。意見の相違はピアレビューの核心であり、不当な仮定、誤った方法論、問題のある推論を明らかにするために重要である。また、反対意見を可能にし、奨励することは、代替的な仮説、モデル
イベルメクチン

COVID-19パンデミック時の異論弾圧 Mitchell B. Liester
The Suppression of Dissent During the COVID-19 Pandemic, Mitchell B. Liester

The Suppression of Dissent During the COVID-19 Pandemic, Mitchell B. Liester BYSERRCon2022年4月21日-(0) 概要 COVID-19の大流行は、増え続ける論争のための肥沃な土壌を提供し、反
ロバート・マローン

検閲と誹謗中傷-支配の武器
学術出版社シュプリンガー、語られざる真実の査読出版を許可

Censorship and Defamation- Weapons of Control 学術雑誌『ミネルヴァ』に掲載された衝撃的な論文で、学術出版の主流であるシュプリンガー社が真実を語ることを許した。ミネルヴァはあまり知られていないかもしれないが、決して「無名」ではない。5年
パンデミック 総括・批評

COVID-19の異端への検閲と弾圧 戦術と反戦術
Censorship and Suppression of Covid-19 Heterodoxy: Tactics and Counter-Tactics

公開日:2022年11月01日 概要 COVID-19の出現は、COVID関連の知識や政策をめぐる数々の論争を引き起こした。政府や政府間の保健当局の公式見解に異議を唱える医師や科学者が脅威と見なされたため、この正統派の支持者の中には、反対意見を推進する人々を検閲する動きを見せる者
検閲・弾圧

善良な人々が抑圧者に加担すると何が起こるか
What can happen when good people become complicit with their oppressors

What can happen when good people become complicit with their oppressors 2021年4月15日(木) ゲイリー・G・コールズ医学博士 「例えば、43年のユダヤ人ガス処刑の直後に、33年にユダヤ人以外の店の窓に『
ビッグテック・SNS

調査会社EDIFY | 決定的なつながり:ツイッター、WSGR、マクギリス、ホワイトハウス
EDIFY: CRITICAL NEXUS: TWITTER, WSGR, MACGILLIVRAY & WHITE HOUSE

2022年9月16日|COVID-19, EDIFY INTEL 15 9月22日/アメリカ・モンタナ州 主な対象Wilson Sonsini Goodrich & Rosati, Twitter, Biden White House, Obama White House, Ja
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました