パンデミック 総括医療の偽情報・検閲・汚職検閲・弾圧

COVID-19の異端への検閲と弾圧 戦術と反戦術
Censorship and Suppression of Covid-19 Heterodoxy: Tactics and Counter-Tactics

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

link.springer.com/article/10.1007/s11024-022-09479-4#additional-information

公開日:2022年11月01日

概要

COVID-19の出現は、COVID関連の知識や政策をめぐる数々の論争を引き起こした。政府や政府間の保健当局の公式見解に異議を唱える医師や科学者が脅威と見なされたため、この正統派の支持者の中には、反対意見を推進する人々を検閲する動きを見せる者も出てきている。

本研究の目的は、COVID-19に関連して公式見解に異議を唱える出版物や声明を発表し、弾圧や検閲の対象となった各国の優れた医師や研究科学者の経験や反応を探ることにある。私たちの発見は、COVID-19の政策と措置に関する議論を抑制しようとするメディア組織、特に情報技術企業が果たす中心的な役割を指摘するものである。

代替的な声を封じ込める努力の中で、検閲だけでなく、反対意見を持つ医師や科学者の評判とキャリアを傷つける弾圧戦術が広く用いられた。それは、学問的・医学的地位や反対立場を表明する前の身分にかかわらず、である。オープンでフェアな議論の代わりに、科学的な反対意見を検閲し弾圧することは、医学、科学、公衆衛生にとって有害で広範囲な影響を及ぼすものである。

はじめに

COVID-19の出現により、SARS-CoV-2ウイルスの起源(van Helden et al.)、COVID関連の知識や政策に関する論争や意見の相違が急増した(Liester2022)。2021)、社会的分散、戸締まり、接触者追跡、マスク義務など、ほとんどの政府がとった制限的措置(Biana and Joaquin2020)、この病気の特定の治療法の使用とその他の除外(Mucchielli2020)、COVID-19に対するワクチンの安全性と効果、多くの国における「ワクチンパス」の実施(Palmer2021)。Harambam(2020)はこれらの紛争を「Corona Truth Wars」(コロナ真実の戦い)と呼んでいる。

パンデミック発生当初から、政府や保健当局がパンデミックに対処し死者を出さないために制限的なロックダウン政策が必要だと主張する一方で、多くの科学者や医療従事者は、ノーベル賞受賞者や一流の医師・学者を含め、そうした戦術の倫理・道徳性に疑問を呈していた(例:AIER2020;Abbasi2020;Bavli et al.2020;Brown2020;Ioannidis 2020a;Lenzer2020;Levitt2020).さらに、2020年初頭から、パンデミックや罹患率・死亡率の数値が誇張・拡大されている(Ioannidis2020;Brown2020、過激な政策や規制は基本的権利を侵害している(Biana and Joaquin2020;Stolow et al2020、政府は推測の前提や信頼できない予測モデルに基づいて恐怖キャンペーンを行っている(Brown2020;Dodsworth2021と論じる科学者や医師が増えてきた。一部の学者、医療従事者、弁護士は、COVID-19の罹患率と死亡率に関する重要な情報の偏り、隠蔽、歪曲が政策立案者と国民を欺いたと指摘している(AAPS2021;Abbasi2020;AIER,2020;Fuellmich2020;King2020)。

COVID-19パンデミックをめぐる議論の多くが政治化されており(Bavli et al.2020)、科学と科学者が政治的・経済的利益のために抑圧されていると主張されている(Bavli et al.2020;King2020;Mucchielli2020)。この批判は、特にCOVID-19ワクチンキャンペーンの開始後、大きくなっている。mRNAワクチンが小児用であってもFDAから緊急使用許可を受けた早さ、ワクチンの承認に至った臨床試験の質(研究プロトコル違反や不正の証拠など)、承認に至ったプロセスやデータに関する透明性の欠如、効果予測のインフレ、有害事象の最小化または無視などについて批判がなされた(Doshi2020,2021;Fraiman et al.2022;Thacker2021)。

批評家たちは、COVID-19をめぐる科学的・政策的言説は、医学や政府当局が支持する見解に反する検閲や弾圧により、公平な競争の場で行われてこなかったと主張している(Cáceres2022;Cadegiani2022;Liester,2022;Mucchielli2020)。一部の政府やフェイスブック、グーグル、ツイッター、リンクトインなどのハイテク企業は、政府の政策に挑戦する意見は危険な誤情報であり、したがって公衆衛生を守るために検閲が正当化されると主張して、反対の意見を検閲する措置をとっている(マーティン2021)。

本研究では、COVID-19に関する異端的な見解を理由に検閲された著名な科学者や医師の視点から、異論に対する検閲という現象を探り、彼らを検閲し黙らせるために用いられた様々な戦術と、それらに対抗するために彼らが用いた反戦術について学ぶことを目的としている。

COVID-19異端児の検閲

COVID-19に関する見解や立場を異端と表現することは、正統派の立場が存在することを意味し、ここではほとんどの主要な政府および政府間保健機関によって支持されている支配的な立場を指している。Liester(2022)は、COVID-19に関して支配的な見解と反対意見を比較したリストを提供している。その中には、

  • SARS CoV-2の起源(動物由来か実験室由来か)、
  • マスク義務(拡大を防止するかしないか)、
  • ヒドロキシクロロキンやイベルメクチンなどの薬剤による早期治療(効果がなく危険か、効果があり安全か)、
  • SARSの予防接種の有用性(効果がなく安全か)
  • ロックダウン措置やその他の制限の有用性(有効かつ有益vs. 無効かつ有害)、
  • COVID-19ワクチン(安全かつ有効vs. 危険かつ有害)、
  • COVID-19ワクチンの義務付けとパスポート(必要かつ倫理的vs. 有害かつ非倫理的

などが挙げられる。これらの支配的な立場が、世界中のすべての政府によって同じ程度に、あるいは細部に至るまで普遍的に採用されていないことは事実かもしれないが、それでもこれらの問題すべてについて支配的あるいは正統的な立場が国ごとに確認でき、国境を越えて強い類似性が見られる。

注目すべきは、オーソドックスな立場が変わることがあるということだ。例えば、2020年春の半ばまでに、SARS-CoV-2の実験室起源に関する議論は、TwitterやFacebookなどの特定のソーシャルメディアサイトで禁じられた(Jacobs2021)。最近になって、ラボリーク説は、特に『米国アカデミー紀要』の記事を受けて、より正当性を増してきている。また、ゲブライエソスWHO事務局長は、新型病原体の起源に関する科学諮問委員会の中間報告について、すべての仮説を検討する必要があると述べ、ラボリーク仮説の評価が不十分であると批判している(WHO2022年)。もう一つの例は、マスク着用の必要性に関連するものである。米国アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長などの米国高官は、2020年3月に普遍的なマスク着用に反対することを推奨した記録を持っているが、4月には立場を変えて普遍的なマスク着用と義務化を推奨している(Roche2021)。

2020年初頭から、異端的なCOVID関連の視点や情報を提示する個人やグループによる検閲に関する苦情が急増し、2021年にはCOVID-19ワクチンの展開に伴いさらに多くの苦情が寄せられている。多くの事例では、アカウントの削除(「デプラットフォーム」)や、ユーザーに知らせずにユーザーのコンテンツの可視性をブロックする(「シャドーバンニング」)など、ソーシャルメディアの検閲が行われている(マーティン2021年)。

科学的検閲や弾圧に関する苦情はパンデミックに先行していたが(Elisha et al.2021,2022;Martin2015)、COVID時代の新しい特徴は、FacebookやGoogleなどの情報技術企業が果たす役割が顕著であることである(Martin2021)。顕著な例としては、グレートバリントン宣言のウェブサイトがGoogleによってランキングダウンされたことが挙げられる(Myers2020)。この宣言は、ハーバード大学、スタンフォード大学、オックスフォード大学の3人の疫学者が中心となって、2020年10月に発表され(Kulldorff et al.2020)、ノーベル賞受賞者のマイケル・レヴィットを含む多くの著名な科学者や医師が署名している。その中で、普遍的なロックダウンに反対し、脆弱なグループの保護に重点を置くことを主張している。しかし、露出を減らすために、Googleは検索アルゴリズムを変更した(Myers2020)。2021年2月、Facebookは宣言に関わった科学者のグループが開設したページを削除した(Rankovic2021)。2021年4月、YouTubeは、フロリダ州知事ロン・デサンティスとグレートバリントン宣言の執筆者が登場したパンデミックに関する公式公聴会の録音を削除した。そのうちの一人、世界で最も引用されている疫学者・感染症専門家の一人であるクルドルフ教授は、2021年3月に自らツイッターで検閲を受けた(Sarkissian2021)。すべての人にCOVID-19ワクチンが必要なわけではない、という彼のツイートは取り下げられなかったものの、警告を受け、ユーザーはその投稿に「いいね」やリツイートをすることができなくなった(Tucker2021)。

似たようなケースはたくさんある。例えば、研究用ネットワーキング・サイトResearchGateは、物理学者のデニス・ランクールのマスクに関する論文を削除し(Rancourt2020)、2021年には彼を完全に追放した(Jones2021)。2021年7月、LinkedInは、国際的に著名なウイルス学者・免疫学者であるロバート・マローン博士の運営するアカウントを停止し、この措置は2021年12月にTwitterによって繰り返された(Pandolfo2021)。

これらは、COVID-19に関連する検閲の多くの例の一部に過ぎない。検閲現象の規模が大きいこと、それに技術系企業が広く関わっていることに加え、COVID関連の検閲のもう一つの特徴は、その対象である。世界最大のテクノロジー企業によって検閲されている医師や研究者の多くは、フリンジ・ピープルではない。上記の例のように、これらの人々は主流の科学者であり、その多くは一流大学や病院で働く第一人者で、中には本を著し、何十、何百もの論文を発表し、その研究が広く引用されている人々もいる。中には科学・医学雑誌の編集者や、病棟やクリニックの責任者もいる。

このような激しい検閲は、フェイスブック、ツイッター、グーグルなどのテック企業に協力する各国政府の働きかけによって行われた(Bose2021;O’Neill2021)。例えば、2022年3月7日、米国外科長官ビベック・マーシーは、テック企業に対し、「健康上の誤情報」を連邦政府に報告し、それを除去する努力を強化するよう求めた(Pavlich2022)。その後、法的手続きから公開された電子メールには、政府高官がツイッターやフェイスブックなどのテック企業と直接連携し、医師や科学者、ジャーナリストを検閲する方法が記録されている(Lungariello and Chamberlain2022;Ramaswamy and Rubenfeld2022)。2021年12月、2020年秋の電子メールが情報公開法(FOIA)請求により公開された。それは、当時の国立衛生研究所(NIH)所長フランシス・コリンズが、同僚のNIAID所長アンソニー・ファウチに対して、グレートバリントン宣言を信用せず、その著者を貶めようとする水面下の努力を明らかにしたものである。コリンズ氏はファウチに、「この3人のフリンジ疫学者の提案は。..かなり注目されているようだ」と言い、「その前提を破壊する迅速な発表が必要だ」と付け加えた。そのようなものはまだオンラインで見かけないが、進行中なのだろうか?(と述べている(Wall Street Journal2021)。

また、イスラエル保健省(IMOH)やメディアは、組織的な正統性に反する見解を持つ医師や研究者に対して検閲を行っている。その一例が、イスラエルの「COVID-19危機対策公的緊急会議」である。有力な医師や科学者からなるこの組織は、IMOHやメディアから何度も標的にされ、組織のメンバー個人への攻撃も行われた(Reisfeld2021)。

検閲、逆効果、世間の怒り

COVID-19の検閲は、標準的な立場に疑問を呈する市民だけでなく、反体制的な専門家の見解も排除するものであるという側面がある。この種の検閲は、エイズ、環境研究、フッ素塗布、ワクチン接種など、科学や医学の他の多くの議論のある分野の特徴である(Delborne2016;Elisha et al.2021,2022;Kuehn2004;Martin1991,1999;Vernon2017)。実際、検閲には長い歴史があり、その目的は、政府や企業などの権力組織にとって脅威と感じられるような、望まない考えや立場の自由な発言や出版などの表現を抑制することである。

反対意見や代替意見を検閲することは、重要な意見,情報,科学的根拠が無視されることにつながるため、特に大きな不確実性を特徴とする伝染病のような危機的状況においては、公衆にとって有害となりうる(Elisha et al.2022)。さらに、反対意見の否定や黙殺は、国民の不信感を引き出す可能性がある(Gesser-Edelsburg and Shir-Raz2016;Wynne2001)。研究により、リスクの状況、特に不確実性を伴うリスクでは、国民は異なる見解を含む情報の完全な透明性を好み、それを提供することで行動面でネガティブな反応が生じるのではなく、むしろネガティブな感情を軽減し、リスク評価機関に対する国民の敬意を高めることができるとされている(De Vocht et al.2014,Lofstedt2006,Slovic1994)。Wynne2001)が警告するように、制度科学がその限界を無視して知的支配力を誇張し、知識を政策コミットメントの正当化に利用しようとすることは、国民を疎外し不信感を増大させるだけである。

さらに、検閲は、検閲された情報により大きな注目が集まり、検閲される側への同情を醸成し、検閲に携わる行為者や機関への国民の不信感を助長するため、逆効果、要するに裏目に出ることもある(Jansen and Martin2003,2004,2015)。このことは、特にインターネット時代において顕著である。政府や当局がCOVID-19に反対する立場を検閲しようとする際に、グーグルやフェイスブックなどの情報技術企業が目立つ役割を果たすが(マーティン2021)、これを完全に実現するのは深刻な課題である。主流メディアやウェブ検索結果における彼らの可視性は抑制することができるが、反対派の立場が伝わらないようにするには、代替的なコミュニケーションの選択肢が多すぎる(Cialdini2016)。したがって、批評家を黙らせ、検閲しようとする試みは、時に裏目に出ることがある。

COVID-19の時代に報告された検閲の程度、特に検閲され、沈黙させられた優秀な医師や科学者の数、また一方ではハイテク企業、他方では政府が広く関わっていることを考慮すると、この現象を調査することは価値があると思われる。本研究では、COVID-19のパンデミックへの対応に関して、非正統的な立場を表明した後に検閲や弾圧を経験した、十分な資格を持ち、非常に優れた主流の医師や科学者の主観的認識と、それにどう対処したかを探ることを目的としている。インタビューを通じて、医学界やメディア(主流派とソーシャルメディア)が用いた検閲の戦術と、そのターゲットが用いた対抗戦術を検証している。

方法

本研究は、対象となる現象を経験した人の視点から内的認識を明らかにすることを目的とした定性的なものである(Aspers2004)。

参加者

研究参加者は、世界各国(オーストラリア、カナダ、チェコ共和国、ドイツ、イスラエル、英国、米国)から集まった13名の医師および科学者(男性12名、女性1名)である。このうち、11人は様々な分野(疫学、放射線学、腫瘍学、心臓学、小児科学、婦人科学、救急室管理など)の正式な医学教育を受けており、2人は医学の学位を持たない研究者(リスクマネジメントと心理学の分野)である。参加者全員が医学博士または博士号を持ち、4人がその両方を取得している。彼らのほとんどは、それぞれの分野で有名であり、多くの学術論文を発表しているなど、研究経歴が証明されている。私たちは、目的サンプリング法、すなわち、研究対象の現象について教えてくれる可能性のある個人を意図的に選択する非確率的サンプリング法を使用した(Creswell2012)。回答者の匿名性を保持するため、回答者の特定につながるような詳細は省略した。

調査ツールおよび手順

この研究は、半構造化インタビューガイドを用いた詳細なインタビューに基づいている。質問は、賛否両論あると見られるCOVID-19に対する回答者の姿勢、その姿勢のために経験した出来事、これらの出来事が仕事や私生活に及ぼす影響、これらの出来事に対する回答などに焦点を当てた。

募集はいくつかの方法で行った。まず、COVID-19のパンデミック対策や政策に批判的な姿勢で知られる医師や研究者の連絡先をGoogle検索で探し出した。次に、「雪だるま方式」で他の回答者にコンタクトを取った。回答者との最初のコンタクトは電子メールで行い、研究の目的を説明し、匿名でのインタビューに同意してもらった。インタビューはSkype、Zoom、電話などで行い、平均1時間半程度であった。各回答者には、インフォームド・コンセント用紙に署名してもらった。インタビューは録音され、文字化された。

データ分析とコーディングは、インタビューから浮かび上がった重要な問題を特定することに基づき、それらを意味のあるカテゴリーに分類・グループ化しながら行いた。異なる方法を適用することで、研究の信頼性と妥当性を保証した。データの分析は、専門家のピアグループとして全員で議論し、異なるデータソースはデータの三角測量として機能した(例:インタビュー対象者から提供された文書や通信)。本文中の引用は、説明のために行っている(Creswell2012)。

所見

研究参加者は、COVID-19に批判的で異端的な立場をとったために、医学界とメディアの両方からさまざまな検閲と弾圧を受けたと報告している。彼らはまた、それに対抗するために用いた戦術についても述べている。この調査結果を2つのセクションに分け、1つ目は検閲と弾圧の戦術について、2つ目は参加者が用いた対抗戦術について述べる。

異論を封じる。検閲と弾圧の戦術

回答者が語る検閲と抑圧の戦術には、主流派と社会派両方のメディアによる排除、軽蔑的なレッテル貼り、敵対的なコメントや脅迫的な発言、回答者の雇用者による解雇、公的な問い合わせ、医師免許の取り消し、訴訟、科学論文の出版後の撤回が含まれる。

除外

流行のごく初期に、批判や自分とは異なる立場を表明し始めたばかりに、それまで望ましい取材対象者と見ていた主要メディアが、取材や意見書の受理をやめてしまったことに驚いたという報告があった。

XもYも(回答者の国の中央紙2紙)私の記事を掲載したがらなかった。適切な説明もなくただ記事を受け取るのをやめただけだ。.保健省(MOH)と異なる意見を表明する記事を受け付けないというのは、かなり露骨なことだった。本当に話ができるジャーナリスト、別の意見に耳を傾けて出版しようとするジャーナリストの数は大幅に減少し、今日のほとんどの健康レポーターは保健省に非常に偏っている(#10)。

中傷

回答者は、排除は最初のステップに過ぎず、その直後にメディアから中傷の対象となり、「反ワクチン接種派」「コビッド否定派」「偽/誤情報拡散者」「陰謀論者」と蔑まれるようになったと報告した。

あのレポートが出た後、私はサンデー・タイムズの一面を飾りました。..A[この回答者が勤務する機関]の教授であるX[回答者の名前]は反ワクチンレポートの共著者だと。..私は今、ええ。..、私が反ワクチンだと言われた(#9)。

私は、ヤブ医者と呼ばれ。..、反ワクチン派とCOVID否定論者、陰謀論者(その13)と誹謗中傷されてきた。

信用失墜を支援する「第三者」の募集について

回答者が、マスコミが自分たちの信用を落とすために使ったと主張する顕著な手口のひとつが、他の医師など一見独立した「第三者筋」を使って、中傷的な記事を書くなどして、自分たちを貶めることであった。

翌日のウォール・ストリート・ジャーナル紙に掲載された内容にはショックを受けた。何百もの論文を発表し、科学的な信頼を得ている最も年長の医師が3人もいるのに、大手メディアが、学歴も実績もない若い医師に中傷的な論文を発表させた。..(#6)。

回答者によれば、メディアが利用するもうひとつの「第三者」の情報源は「事実確認」団体で、表向きは報道の真実性をアピールするために発表された情報を検証することを目的としている。しかし、回答者の中には、事実確認団体が企業やその他の利害関係者によって募集・運営され、その信用を失墜させ、発表する情報の信憑性を高めようとしていると主張する人もいた。

…ファクトチェッカーは誤情報の元なので、何かをレビューしてX医師が何か言ったと言うことはあっても、…反論をする。その反論は決してデータに引用されることはなく、すべてワクチンメーカーやワクチン関係者(#6)に辿り着くのである。

彼らはSの信用を落とそうとしたし、私が共著者であることから、私をいじめることもした。…..こういうことで、連想で信用を落とすのである(#4)。

上記2番目の例に見られるように、それらの「事実確認」グループは、反対意見や情報を提示した研究者や医師だけでなく、それらと関係のある他の人々の信用や名誉を傷つけるために利用されているという声もあった。

職場で黒塗りにされるほどマスコミに迫害され、解雇された」「退職に追い込まれた」という回答もあった。

私は職を失った。..過去20年間、X(施設名)で働いていた。..それで、マスコミがXに来るようになった。..私の評判を落とそうと、協調して努力した。..信じられないことだが、基本的に世界で最も死亡率の低いところなのに、それをもたらした医師は中傷されて、誹謗されたのである。それで、私は自分から辞めた。..私の評判は誹謗中傷された。予想外の扱いと虐待と言うべきレベル(その1)。

オンライン検閲

ソーシャルメディアネットワーク(Facebook、Twitter、TikTok、YouTube、Google、LinkedInなど)で検閲を受けたという回答もあり、投稿、ツイート、ビデオ、あるいはアカウントの一部がネットワークによって削除されたとも述べている。

私のYouTubeの動画は削除されていた。Facebookは私を「Facebook Jail」という刑務所に入れた。そして私はあらゆるところで脱プラットフォームをされていることに気づいた(その1)。

私はいつもYouTubeにビデオや教材をアップしていたが、この頃、いくつかの研究結果やワクチンの有効性に関するデータを紹介するビデオをアップするようになった。..YouTubeはそれを削除し始めた。なぜなら、動画をアップロードしようとすると、すぐにYouTubeはこの動画はガイドラインに反していると言うからだ。

TikTokを解約された。.. 突然、コミュニティ違反(その2)があったと推定され、永久追放された。

現在6つ目のtwitterアカウント…前作はXの研究室【研究室名】のつぶやきで閉鎖されたはずなのだが、戻ったようだ。羽目を外しすぎた(その2)。

上記の例に見られるように、回答者は、ソーシャルネットワークから自分の資料が削除される際に、「コミュニティのルール」に違反したと主張する通知が添付されていたことを指摘している。彼らは、これらが科学的に裏付けられた学術的な資料であることを強調している。

私がXXX誌の論文についてまとめた学術的なYouTube動画がYouTubeによって削除され、YouTubeコミュニティの規約に違反しているという通知を受けたことに気づいた。..4枚のPowerPointスライドの科学動画にどんな種類の規約が適用されるか説明するようなYouTubeの利用規約を持ったことがないのに。..(#6)。

回答者の中には、Googleドキュメントでも検閲が行われているとの報告もあり、私的なコミュニケーションまでもが検閲されていることになる。

Google Docsがドキュメントを共有する能力を制限し、検閲し始めた。..これはTwitterがやったような、私を投げ飛ばすようなことではない。これは、同僚や友人、家族にプライベートな通信を送ることはできないと、組織が私に言っている。..(#1)。

医学・学術界のエスタブリッシュメントによる検閲と弾圧

回答者の中には、自分の評判やキャリアを傷つけることを明らかに意図して、所属機関から誹謗中傷を受けたと報告した人もいる。例えば、以下のようなものである。

…[私の国]には、約55,000人の医師がいる。私の名前は保健省の公式サイトに掲載され、偽情報を配信しているのは私一人、一人の医師であると。..(#12)。

信じられないことだが、私の勤務する病院は、基本的に世界で最も死亡率が低いが、私の評判を落とそうとする協調的な努力があった(#1)。

また、インタビューや証言、意見表明をする際に、勤務先の機関から、場合によっては契約更新の条件として、その機関であることを名乗ってはいけないという明確なメッセージを受け取ったという参加者もいた。

私がX(ある治療法)を行ったという証言が、ある種、広まってしまった。病院側は、私の所属が明らかになったことで不機嫌になり。…..私に新しい契約を提案してきた。彼らはこう言った。…..、あなたのために新しい条件を用意した、以前の契約は制約がなかったからだ。新しい契約は、基本的に私の憲法修正第1条の権利を7つか8つ制限するものだった。..基本的に私は報道機関に話すことができず、公の場で話すこともできないので。..これらは私の雇用主の意見ではなく私の意見であると言わない限り。..。比較的短い会話だった。私は、それは絶対にありえない、そんなものにサインするつもりはない、と言って、さよならを言った(#9)。

また、自分の発言や批判をきっかけに、所属機関から解雇された、あるいは契約更新をしないよう通告されたとの回答もあった。

私は、(診療所の)契約が更新されないと言われた。..契約が更新されないためには、様々なチェックリストがあり、デュープロセスが必要であるが、最初の赤旗は、デュープロセスがなかったということだ。具体的に理事会の投票があったのかと尋ねると、答えはノーだった。そして、なぜこのような措置がとられるのかと尋ねると、彼らの答えは「理由なし」でした。..【その後】私は【X】大学から、適正手続きも教授会も何もなく、教授職を剥奪されたという手紙を受け取った。..。その後、[Y]大学から手紙を受け取りましたが、これもまた正当な手続きもなく、教授会もなく、何の説明もなかった(#6)。

同様に、回答者は、正当な手続きや透明性なしに、主要な保健または科学委員会の委員や医学雑誌の編集などの権威ある地位から即座に解任されたり失脚させられたりしたと述べている。

…【X】省の局長が私に近づいてきて。..大臣が厚生省と合意に達し、【処方薬】のバスケット委員会に代表を置くと言った。..そして彼女はすべての指が私を指していると言った。..。そして1週間後に電話がかかってきて、「いいですか、あなたの名前はすでに大臣の要請としてバスケット委員会に伝えられていて、あなたが子供の(コロナワクチン接種に反対しているという理由で、無条件に失格になった」と言われた。.. ショックを受けた。.. それまで私が受け取った回答は、下からのものだった。これは上からの回答である(#11)。

私が編集長を務めていた雑誌からは、編集長職を剥奪されるという手紙が届いたが、これも正当な手続きや電話連絡はなく、説明もなかった。国立衛生研究所から、長年務めた委員会の役職を剥奪されたという手紙を受け取りました。私は数十年間委員会のメンバーでしたが、そこから剥奪された。

あるケースでは、回答者は自国の疾病管理センター(CDC)と並行する機関が介入し、大学に自分の「ケース」を「検討」するよう依頼したことを知った。

…大学の学長から「コロナ」について話をしないかと誘われた。その会議で私は、[インタビュー対象者の国のCDCに相当する保健当局]が学長宛に手紙を書き、私のケースを調査するよう要請してきたことを知らされた。大臣からの手紙によると、私は方法論的に疑問のあることを公表しているからだ。学長によれば、大学はこれまで同様の要請を受けたことはないそうだ。…..(#12)。

インタビューに答えてくれた人の中には、保健所が彼らの評判を落とし、重大な対策を講じただけでなく、マスコミと協力し、マスコミを通じてそれらの対策に関する情報を広めるようにしたと言う人もいた。

ニュースリリースが出たのは知っているだろう、私は米国で著名な医師であるから、実際、医療制度が私を訴えるというプレスリリースを起草して出したと思う。それで(記者会見で)話題になったのは、「それであなたは訴えられたのですか、そして。..あなたの反応はどうですか」ということだった。(#6).

公式の問い合わせ先

医師によっては、自分に対して調査や医師免許の取り消しなどの公的な問い合わせが開始されたことを報告している。

…免許が調査された。..その時、私は医師会が武器にされていると感じた。..私の免許は結局調査された。..今まで3回、毎回…何の処分も懲戒も何もなく。..である。..。しかし、それは単に、検閲や取り消しを受けるのは非常に簡単だという事実を示しているに過ぎない(#2)。

有害事象について書いた投稿に続いて・・・。X[委員会の名前]の委員会から手紙が来た。彼らは私にこれらの患者(取材者が投稿で報告した有害事象のある患者)の詳細を求めたとされるが、もしそれが本当に彼らの側の希望であったなら、私に詳細を求めたのは実際にはY[委員会の活動の定義]を扱うこの委員会ではなく、厚生省の本物の役人であったはずだ。私はA(私の弁護士)を通して、より法的で医学的でない返事をした。これは基本的に権限のない委員会である。患者の名前を彼らに渡すことさえ許されないと思う。関係者、地区の医師に渡すことは可能である。..喜んで話をする(#2)。

回答者の一人が、100万ドルの訴訟を起こされたことを報告している。

そして妻から電話があり、医療制度が100万ドル以上で私たちを訴えていると言うので、私は弁護士チームを編成し、法廷に奔走した。..。そして。…..私が別居契約の条件に違反しているということで、特に、私のメディア発表に医療制度が持ち込まれているということなのだが、私は一度も(そのような)発言をしたことがない(#6)。

また、別の回答者は、自宅の個人診療所で警察の捜索を受けたことを報告している。

ある日突然、医師会が令状もなしにやってきて、私のオフィスとして記録されている私の家を捜索した。私は彼らに、そこは私のビジネスオフィスであり、私はそこで患者を診ていないので、彼らがそこに入ってくる筋合いはないと言った(#7)。

科学論文の撤回

研究者や医師の中には、自分の研究が出版後に雑誌に撤回されたことを語る人もいた。

そして、ワクチン接種に関するFDAの小児科会議の5日前に、(出版社は)国立医学図書館から論文を引き揚げ、撤回すると言い出した。数日後に発表されたその説明では、そもそもこの論文を招聘したのは自分たちではないと考えているそうである。編集者として言えることは、この論文は明らかに歓迎され、標準的な査読プロセスを経たということだ。国立医学図書館から合法的に論文を引き揚げることができるのは、その論文が科学的に無効である場合だけであり、そのような主張はなかった(#6)。

それで、私はそれをX(ジャーナルの名前)に投稿した。..そしてまあ、これは机上の空論だった。.実際、少なくとも私にとっての議論は、私の観点から言って、確かな議論がなかった。..なぜこれが拒絶されたのか分からない、そして私はそれを他のいくつかのチャンネルに投稿した。..そして私はそれを科学文献で発表しようとすることを止めた。プレプリント(#8)として公開されている。

インタビュー中に繰り返し出てきたもう一つのテーマは、COVID-19の方針や正統性に批判的な研究が、インタビューに応じた人々のキャリアにおいてこれまで遭遇したことのないような扱いを受けたということだ。これには、査読なしで論文がジャーナルからリジェクトされること(多くは複数回)、ジャーナルの査読と出版プロセスがそのジャーナルの通常よりも何ヶ月も長くかかること、さらにはMedRXivなどのプレプリントサーバーから論文がリジェクトされることも含まれる。

パンデミックの初期には、私たちは多くの論文を発表していた。しかし、正統派のシナリオに挑戦するような内容ではなかった。..。その作品は出版されなかった。私たちは、症例データに関する他の研究を発表していたが、どの医学雑誌からも自動的に拒絶されていたから。その頃、arXivやmedRxivからも拒絶されるようになり。..唯一出版できたのが、ResearchGate(#4)に載せることだった。

あるインタビューでは、医学界の権威に脅威を感じて、他の研究者と共著した論文に自分の名前を載せるのを控えた、論文に名前が載る人は、論文が出版されるまで隠れるか目立たないようにしている、と言っていた人がいた。

重要な雑誌に)載る寸前の論文があるが、それを発表したグループが1年間も隠れていて。..。今、私はあなたが知っている論文に参加することはできないので(#5)。

反撃の狼煙反撃

回答者は、攻撃や検閲に対する最初の反応は衝撃と驚きであったと述べている。なぜなら、人生で初めて科学・医学界から排除され、メディアや時には雇用主から攻撃され、公衆衛生を脅かす「陰謀論者」と蔑まれたと感じたからだ。しかし、検閲、個人攻撃や中傷、解雇、評判の失墜、経済的な代償にもかかわらず、回答者全員が、それにもめげず、さまざまな対抗手段を用いて反撃することを決意したと述べている。

最初の反応衝撃と驚き

ほとんどの回答者は、自分たちが経験した迫害や検閲に対する最初の反応をショックと表現している。中には、脅威を感じ、初めて科学・医学界から排除されたと言う人もいた。

言葉を失った。私の身に起こることではない。想像もしていなかった。あの攻撃は私にとってひどく脅威でした・・・これが私たちの住んでいる国だと理解して回復するのに1カ月かかりました・・・私はショックでした・・・驚きました・・・。私の心拍数は1分間に200回だったと思う(#11)。

医療)システムに不可欠な存在であり、個人的に役割の担い手を知っている者として、私が感じる溝は非常に重い(1人目)。

回答者は、自分に対する脅迫、解雇、攻撃は、自分たちの意見が当局の指示と一致しないという理由だけで、実際には自分たちを黙らせようとする試みだと感じたと述べている。

…最初は、私だけが叫んでいたので、私の声を抑えるためにすべてが行われた(#1)。

自分たちが経験した検閲や前代未聞の攻撃は、それを行う者が自分たちを評価し、影響力があると知っていたからこそ、特に悪質だと感じたという回答もあった。

私はFox Newsに頻繁に出演し、米国上院で証言し、私の助言は世界中で評価されている。

闘志を燃やす

回答者は、検閲や弾圧を経験したことで、言論の自由や公衆衛生への懸念から、もっと反撃して声を上げたいと思うようになったと述べている。

私が何を支払っていると感じているのか、興味深い質問だ。なぜなら、私は[コスト]があると感じているからだ。事実、私はほとんど去ろうとしていた。なぜ留まったか?なぜなら、私が払いたくない代償があることに気づいたからだ–彼らが私を黙らせるということに。(…)(#11).

私にとって最も重要な問題は、なぜ私は(これを)続けるのか、ということだ。なぜなら、自分の価値観や言論の自由に従って生きなければ、私は生きていけないからだ。だから、私はそれをやっている(#9)。

中には、自分たちの評判が攻撃されたことで、検閲されている情報を暴露しようという決意と意欲がさらに強くなったと指摘する人もいた。

実は、その方が決意が固まるのだ。私は闘犬のようなところがある。だから、これからも情報を発信していくつもりだ(#2)。

検閲を行った組織に対して、公式または法的な措置を取ることを決めたという回答もあった。

出版契約があり、彼らはそれに署名し、受け入れたのであるから、契約違反で訴えるつもりだ。..彼らは、有効な科学情報を出版するというビジネスを実際に妨害したという不法妨害で訴えるつもりである。..。これは(出版社にとって)かなり傷害的で注目されることになると想像している(#6)。

私は、このような事態を引き起こした原因を明らかにするために、私の資格や地位を剥奪したすべての組織に対して情報公開請求をしている。..(その2)。

検閲という行為と、検閲された情報のうち証拠に基づくものを公開したいという願望、COVID-19に関連した自分たちの立場や見解を公に広めるための代替チャンネルの使用、同僚との支援ネットワークの確立、代替医療・健康情報システムの開発などである。つまり、彼らは主流のエスタブリッシュメントに対する一種のパラレルワールドを作り出した。

検閲を暴く

「検閲行為そのものを暴きたい」と強調する回答もあった。たとえば、以下のようなものだ。

何人かの有力者と連絡を取り、検閲と戦うための非営利団体であるワシントンのメディア・リソース・センターを紹介してもらいた。私は彼らに何が起こったかを話した。そして、彼らはすでにそれについての記事を書き上げた。その記事は、現在、さまざまなサイトに掲載されている。私はOne American News Networkでインタビューを受けた。私はそれを世界に広めたようなものだ(#1)。

代替チャネルの利用

回答者は、主流メディアによって検閲されていることを理解すると、ソーシャルメディア・プラットフォームなどの代替チャネルを使って、自分たちの立場や反対情報を広め、公の場で意見を述べることにしたと述べている。

幸いなことに、TwitterのFollowingを少し。..34,000とか。..築いたので、メッセージを発信することができる(4位)。

中には、自分の身を守るために、「秘密の」電報や匿名のTwitterアカウントを開設せざるを得なかったという人もいた。彼らは不満を口にしながらも、情報を広めるためにそれを続けている。例えば、ある参加者は、政府が免許を剥奪したり評判を落としたりしないように、科学者が秘密の電報アカウントを持つのは不合理だと指摘した。

…その点では私の資格は本当に珍しい。..。その組み合わせの勤務医…だからツイッターをやるときは気をつけないと。..その組み合わせを持っている医師は世界でもほんの一握りだと、賢い人ならわかるはず。..私はツイートして、それを秘密のテレグラムチャンネルにも載せました。..。バカバカしい!私たちは秘密の電報のアカウントを持ている。つまり、私たちは科学者で、政府に連れ出されないように秘密の電報のアカウントを運用している。どうなってるんだ?(#5).

ソーシャルサポートネットワークの構築

回答者の中には、同じような考えや意見を持つ科学者、医師、弁護士、政治家仲間でサポートネットワークを作っていることを明らかにした人もいる。これらのネットワークは、情報交換のためだけでなく、自分と同じ「部外者」から支援や共感を受け、新しい友人を作り、新しいコミュニティを作るために利用された。

…このような真実を知っている、人生の友人たちのネットワークが全体的に広がっているのは、本当に素晴らしいことだ。世界を理解し、腐敗を理解し、このようなことを本当にナビゲートできる友人と話せる新しいコミュニティができたような気がしている。だから、まったく新しい同僚や友人の集まりで目が覚めたと同時に、私たちの多くは科学の外にいる。..(#9)。

そして、何人かの同僚が賛同してくれて。…..突然、私の研究を支持してくれる大物研究者たちが現れたのである(#1)。

代替医療・健康情報システムの開発

回答者の中には、情報やデータを発信する活動だけでなく、健康情報や医療を開発・提供するために、失敗し失望させられたとする既存の団体ではなく、新しいジャーナルや非営利団体など、新しいオルタナティブなプラットフォームや組織を設立しようと活動していると指摘する人もいる。これは、自分たちが反対する立場から経験した検閲や弾圧に対処する手段であり、希望と「新しい世界」を築いているという感覚を与えてくれるものだと説明している。

私は人生で新しいことを始めた。Nと私、私たちはXという組織を立ち上げたが、その唯一の使命はCOVIDを解明し、人々の治療に役立てることだ。そして、私たちは世界に対して本当のサービスを提供できたと思う(#9)。

…ジャーナルを始めようという話が増えている。.. Tess LawrieがThe World Council for Healthを立ち上げた。新しい医療システムを立ち上げようという話も増えている。人々は、医師が医師であることができる病院に行きたいのであって、規制や腐敗した機関とは別の役割があるわけではありませんから、新しい世界が形成されるかもしれないね。..(#4)。

考察

本研究の目的は、COVIDに関する異端的な見解を表明した後に検閲や弾圧を受けた経験のある、実績と信頼のある主流の医師や科学者の主観を探り、医学界やメディアが用いた戦術とその対象が用いた反戦術を検証することである。

本調査の回答者は、メディア(主流メディアやGoogle、Facebook、Twitter、Instagram、LinkedIn、TikTokなどのソーシャルメディア企業を含む)や医療機関によって彼らに対して使われた多種多様な検閲や弾圧の戦術について報告している。メディアによる戦術には、しばしば匿名の「ファクトチェッカー」や他の医師など、表向きは独立した「第三者」の情報源を使った軽蔑的なコメントやレッテル貼り、ソーシャルメディアやインターネットのコンテンツやアカウントの削除を含むオンライン検閲があり、場合によっては新しいアカウントを開設しても何度も削除されることがある。中には、職場で名前を黒く塗りつぶされるほどの迫害を受けたという回答もあった。

また、中傷や脅迫、科学論文の出版後の撤回、解雇や雇用契約の不利益変更、重要な委員会への参加や科学雑誌の編集者など、個人の重要な役割を妨害することを目的とした積極的な行動も、医療関係者によって用いられた手口である。回答者の中には、長年にわたって築いてきたキャリアを狙い撃ちされ、評判を傷つけられ、一貫してすべての役職を剥奪されたと報告した人もいる。また、調査や医師免許の取り消しなど、乱暴な手続きを取られたり、あるケースでは多額の賠償金を請求されたりしたと報告している人もいる。

こうした検閲戦術に対する回答者の反応については、「反科学」や「反ワクチン派」とマークされることを恐れて、医師や科学者の一部がワクチンなどの議論を呼ぶ問題に対して批判的な立場を表明することを控えると答えた先行研究に見られるものとは異なり(例えば、Elisha et al.2022;Kempner2008;Martin2015)、本研究の科学者や医師は、彼らの多くが職業的にも経済的にも大きな代償を支払ったにもかかわらず、自己検閲はしなかった。回答者によると、最初の衝撃の後、自分たちに対して行われた行為を検閲と決めつけ、検閲された情報や検閲行為そのものを暴露しようとしたり、支援を動員したり、友人、同僚、フォロワーの支援ネットワークを構築したりと、さまざまな方法を用いて反撃を決意し、それは常に拡大していたと報告されている。さらに、回答者は、代替的な医療システムや、自由な情報発信を可能にする代替的なチャンネルや専門的な立場を開発していることを発表した。このサンプリング方法では、目立たないようにしたり、危険な兆候があるとすぐに沈黙したりする医師や科学者を拾い上げることはできないだろう。また、公式の正統派の側面に同意できないが、怖くて発言できない医師や科学者をも拾い上げることはできないだろう。

政府や企業が持つ権力にもかかわらず、検閲の能力は限られており、特にデジタル時代においては、従来の「門番」である一般メディアのジャーナリストや科学雑誌の編集者が反対意見や情報を検閲したとしても、反対者は代替の出口を通じてそれらを拡散することができるからだ。Jansen and Martin(2003,2004,2015)が示したように、検閲を暴露することは時に国民の怒りを招き、それを引き受ける強力な利益団体はしばしば、主に検閲の対象を中傷し、委縮させることで様々な方法を用いてこの怒りを阻止または軽減しようとする。

実際、回答者が報告した検閲の戦術は、Jansen and Martin(2015)の検閲の力学に関するフレームワークで確認されたものと一致する。

  1. 隠蔽-私たちの調査結果によれば、この戦術は非常に顕著だった。JansenとMartinが指摘したように、人々が検閲を意識しなければ、それに対して動揺することはないから、これは驚くことではない。隠蔽戦術には様々な方法があった。例えば、他の医師や「ファクトチェッカー」といった第三者の情報源を用いて、反体制的な科学者や医師の信用を落とすことだ。これらの情報源は独立したものとして描かれているため、検閲の背後にある本当の情報源を隠すのに役立つ。
  2. 評価減-この戦術には、回答者に関する虚偽の評判や中傷の発表、学術機関や医療機関での職務からの解任、さまざまな上級職の剥奪など、さまざまな側面があり、回答者はこれらの行為が彼らの信頼性や正統性を損なうことを意図していると感じている。「ネガティヴ・キャンペーン」や「中傷キャンペーン」とも呼ばれる切り崩し戦術は、企業がよく用いる手法であり、その目的は、個人や集団の評判を落とすことにある(Griffin2012;Lau and Rovner2009)。中傷キャンペーンは、ターゲットのメッセージの内容から世間の注意をそらし、提起された批判や疑惑から議論をそらし、代わりにこれらの疑惑を提起した人々に注目させるのに役立つ。
  3. 再解釈-この戦術は、検閲を反対する医師や科学者から「公衆を守る」手段であるとし、彼らを危機の際に公衆衛生を危険にさらす「誤情報の拡散者」として描き出すものである。この枠組みは、矛盾する情報が国民を混乱させ、パニックを引き起こすかもしれないと主張して検閲を正当化しようとする他の分野の政策立案者の試みと呼応する(Clarke2002;Frewer et al.2003;Sandman 2007;Gesser-Edelsburg and Shir-Raz2016)。
  4. 公式チャンネル回答者が述べたように、彼らに対する検閲行為は、より広範な口封じや抑圧行為の一部に過ぎず、そこには医師免許の調査や取り消し、告訴、警察の家宅捜索命令といった正式な手続きも含まれている。
  5. 脅迫回答者は、上記のすべての手口を、自分の見解や批判を発表し続けることを脅かし、阻止することを意図していると解釈し、また、暗に他者からの嫌がらせを招き、他の医師や科学者の手本となるように彼らを孤立させることも意図していると述べている。回答者の中には、ソーシャルメディア上で活動し続けるために偽名を使う必要があると感じたり、共著の論文に自分の名前を載せないようにするほど脅迫されたと指摘する人もいた。

研究参加者が検閲戦術にどう対応したかに関する私たちの知見は、Jansen and Martin(2015)が説明したカウンター戦術とも一致する。

  1. 暴露回答者は、ソーシャルメディアのアカウントや他のプラットフォームを通じて、自分への攻撃について警鐘を鳴らすなど、検閲された情報と検閲自体の両方を暴露しようとした。何度もアカウントが削除されても、新しいアカウントを開設したり、他のチャンネルやプラットフォームに移ったりしているとのことだ。さらに、拒絶や撤回にかかわらず、また、たとえ出版物のクレジットを得ることなく研究に携わったとしても、科学文献に論文を発表する試みを続けることを主張した。
  2. 検証回答者は、証拠に基づく情報と信頼できるデータの使用、および資格認定を繰り返し強調し、それによって自分たちを科学と結びつけている。彼らは、自分たちを、医療や公衆衛生の権威による誤った情報や検閲と戦うことを使命とする戦士として描いている。
  3. 解釈回答者は、メディアや権力者の努力を検閲ととらえ、自分たちの努力は、関心を持つ読者のために有効な情報を提供しようとする試みだと言及した。
  4. リダイレクション-個人的・職業的な攻撃を受けた、回答者の中には、支持者を動員し、同僚の科学者や医師を頼り、同盟や協力ネットワークを構築して、公的な対応を調整した人たちがいる。
  5. 抵抗最初の衝撃にもかかわらず、回答者全員が屈せず、抵抗し、反撃することを決意したという。

私たちの研究結果は、ワクチン接種(Elisha et al.2021,2022;Cernic2018;DeLong2012;Gatto et al.2013;Martin2015;Vernon2017、AIDS、環境研究、フッ素添加など、論争の的になる分野での異論弾圧に関する先行研究でなされた議論を反響するものである(例:Delborne2016;Kuehn2004;Martin1981,1991,1999).それらの研究と同様に、私たちの研究結果は、メディアと医療機関が異論者の検閲と抑圧に大きく関与していることを示している。

しかし、大きく3つの違いがある。まず、COVID関連の知識に関して言えば、反対者に対する検閲戦術は、科学雑誌、そして学術・医療機関が批判的な声の検閲に積極的かつ関与しており、その激しさと広がりは前代未聞のものとなっている。実際、回答者の一人が示すように、プレプリントサーバーや学術SNSでさえ、主流のシナリオに沿わない科学論文を検閲しており、この傾向はますます強まっているように思われる。最近の例としては、COVID-19ワクチンを接種しないことを選択した175カ国の30万人以上を対象にした調査を分析したVerkerkらの研究報告(2022年)があるが、これは規約違反を理由に9日後にResearchGate.netから削除されている(世界保健機構2022年)。さらに、私たちの回答者が述べていることは、検閲をはるかに超えて、医学界の権威が指示する立場とあえて異なる立場をとったという理由だけで、彼らの評判とキャリアを破壊することを意図した幅広い弾圧方法が含まれている。

第二に、これまでの研究でも、完璧な履歴を持ち、上級の学者や医学者の地位さえある研究者や医師が、あえて反対意見を表明すると検閲されるという個別の事例が示されていたが、今回の研究は、COVIDの場合、このような身分の医師や研究者への検閲が常態化していることを示すものであった。今回の参加者は、冒頭で述べた人たちや、サンプルに含まれていない多くの人たちと同様、フリンジサイエンティストではない。彼らのほとんどは、COVID-19時代以前には、科学文献に多くの論文を発表し、ある者は著書や数百の出版物を持ち、ある者は学術・医学部門のトップを務め、ある者は医学雑誌の編集者を務め、ある者は重要な賞を受賞していた、それなりの地位にあった研究者や医師たちである。にもかかわらず、私たちの調査結果が示すように、彼らは検閲からも、彼らに対して仕掛けられた弾圧や中傷キャンペーンからも保護されなかった。この事実は、誰も検閲から免れることはできないし、学問的・医学的地位も、それが上級であっても、検閲に対する保証された盾にはならないというメッセージであることを示唆している。

本研究で見出された第三の顕著な違いは、COVID流行時に報道機関、特にハイテク情報企業が、反対の立場を検閲する上で大きな役割を果たしたことである。現実的なレベルでは、権力を持つ者は知識と情報発信をコントロールする能力と機会が大きく、これを通じてアジェンダを設定しコントロールすることが可能である。今回の調査結果は、これらの利害関係者の関係の方向性を示すものではないが、医療機関とこれらの企業との間の協力関係を示すものである可能性がある。最近公開された裁判の文書によれば、この検閲の少なくとも一部は、政府関係者によって組織されている(Lungariello and Chamberlain2022;Ramaswamy and Rubenfeld2022)。また、私たちの発見は、現在の危機で明らかになった検閲現象に関与している他の利害関係者、特に製薬会社を間接的に指摘している。私たちの研究は、利害関係者や他の利害関係者の関与ではなく、検閲の対象となった人々の主観的な認識を調べたものであるが、私たちの回答者の報告は、COVID-19時代以前(Ravelli2015)および最近(Mucchielli2020)の両方で行われた他の研究からの知見を反映し、彼らに不都合な情報や研究を黙らせるために製薬会社や情報技術企業が広く関わっていることを示すものである。これらの企業は、世界の保健当局や政府の政策立案者と並んで中心的な役割を担っていることを考えると、抑制努力の背後には、評判やキャリアに関する利益だけでなく、金銭的・政治的なものを含む実質的な利益が存在することが大きな懸念される。COVID-19に関する言説を統制する製薬会社の利害は自明である。例えば、参加者の何人かが指摘したように、COVID-19の未解決の主な論争の1つは、再利用薬による早期治療に関連しており、医師がそれを使用できないよう極めて異例の措置がとられたと主張されている(医師宣言2021)。Cáceres(2022)が指摘するように、その最初の議論のこの不当な終了とされるものは、膨大な経済的(例:緊急使用許可の下でのワクチンや新薬へのグリーンライト)、財政的(例:大企業への巨額の利益)、政治的(例:個人の自由への世界的制限)結果をもたらした可能性がある。

ハイテク情報企業も、COVID-19パンデミックに関する言論統制に強い関心を持っている。例えば、2021年6月、武漢ウイルス研究所からSARS-CoV-2ウイルスが流出したという説を黙殺したと非難されたグーグルが、武漢と関係のある科学者、ピーター・ダスザクが行うウイルス研究に慈善団体「Google.org」を通じて10年以上資金援助していることが明らかになった。また、Googleは、疫学者とビッグデータ解析を使って病気の発生を予測・追跡する会社に100万ドルを投資している。British Medical Journalは、FacebookとYouTubeの「事実確認」プロセスが、International Fact-Checking Network(クラーク2021)の傘下に招集された第三者の事実確認者とのパートナーシップに依存していることを明らかにした。この組織は、GoogleとFacebookを主な財政的支援者とする非営利のジャーナリズムスクール、ポインター・メディア研究所によって運営されている。

政策立案者の個人的利益については、米国政府の監視団体が、「パンデミックの間、ファウチ博士は連邦政府の雇用、印税、旅行特典、投資利益から多大な利益を得た」として、アンソニー・ファウチ博士の財務・職歴に関する重要データを要求しているが、この2年間の彼の給与はどうだったのか、彼がCOVID方針に影響を与えた2020,2021年にどんな株や債券を売り買いし、印税で何を受け取った、受け取らなかったのかは公開されてない。先に述べたように、米国での情報公開請求により、ファウチは当時のNIHのトップであったフランシス・コリンズから、グレートバリントン宣言の信用を落とし、その著者を貶めるように言われていたことが明らかになった(ウィルソン2021)。Roussel and Raoult(2020)は、ヒドロキシクロロキンの使用に反対の公的立場をとったフランスの医師たちの間に、同様の利益相反があることを発見した。

特に、病気や治療法、ワクチンが関わるパンデミック時など、隠され、後に明らかになった情報が人命を奪ったかもしれない場合、検閲は当局に対する国民の信頼を損なう(Gesser-Edelsburg and Shir-Raz2018)。また、科学的な探求には言説や活発な議論が必要であるため、検閲や情報操作は科学の本質と矛盾している。実際、研究者たちは、COVID論争が議論される代わりに、分極化を煽るために利用され、しばしば代替的視点の悪魔化・検閲や、主流派の見解が絶対的真理であるかのような押し付けにつながると警告している(Cáceres2022;Marcon and Caulfield2021)。

カセレス(2022)は、議論が封じられ、代替的な立場が検閲されたことは、実は「通常の科学」(Kuhn 1962)からの逸脱であると主張している。科学的に関心のある事実に対する異なる説明や答えが通常生まれ、従来の科学の議論において解決する機会があると想定されているのだ。このような「正常な」科学的実践からの逸脱は、「非科学的な」影響が働いていることを示唆しているとカセレスは主張する。このような転換は、沈黙させられた声が、多くの著名な科学者や医師のものである場合、特に問題となる。反対意見を「誤情報」というレッテルを貼って検閲し、排除しようとする動きは、科学的な境界作業」( boundary-work)と密接な共通点がある。境界作業とは、科学的調査の特定の分野を境界から排除し、本質的に非科学的であると信用を落とすことによって、科学的な権力と権威を維持するものである(Gieryn1999;Harambam2014も参照)。情報を検閲し、科学的な議論を妨げることによって誤ったコンセンサスを作り出すと、科学者、ひいては政策立案者も支配的なパラダイムに沈み、危機に対処する、あるいは危機を防ぐための他の、より効果的な選択肢を無視することになりかねない。このような「コンセンサス」は狭い世界観につながり、一般市民の情報に基づいた意思決定能力を損ない、医学や公衆衛生に対する国民の信頼を損なう(Cernic2018;Delborne2016;Martin2014,2015;Vernon2017)。

この研究の主な限界は、調査結果がインタビュー対象者の主観的な視点に基づいていることである。もし、もっと異質なグループが含まれていれば、多少異なる解釈に至る可能性がある。したがって、私たちは、検閲を受けた専門家の大きなグループを対象にさらなる研究を行い、知識を広げ、一般的に、特に危機の時代において、情報の自由をめぐる闘いを調停する効果的な方法を提案することをお勧めする。

この研究は、公衆衛生や科学における論争の的となる分野で、特に危機の時代に疑問や疑念、批判を提起する科学者や医師に声を与えることに大きな貢献をしている。同時に、私たちは、独裁的な「コンセンサス」を批判したり疑ったりする勇気のある有力者をも標的とした、検閲の実践や積極的な抑圧戦術の利用が増加していることへの認識を高めようとしている。検閲や口封じは、言論の自由や倫理原則の侵害、科学への危害、公衆衛生や安全へのリスクなど、広範囲に及ぶ結果をもたらす可能性がある(Elisha et al.2022)。研究者たちはすでに、COVID-19の危機が検閲の有害な影響に関するこれまでの懸念を裏付けるものであると警告している(Cáceres2022;Mucchielli2020)。私たちは、検閲とドグマは真の科学とは異質であり、これを放棄してオープンで公正な議論に置き換えなければならないというCáceresの主張に同調する。

関連記事
検閲と誹謗中傷-支配の武器

 

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました