イベルメクチンパンデミック 総括プロパガンダ・全体主義医療の偽情報・検閲・汚職検閲・弾圧

COVID-19パンデミック時の異論弾圧 Mitchell B. Liester
The Suppression of Dissent During the COVID-19 Pandemic, Mitchell B. Liester

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

social-epistemology.com/2022/04/21/the-suppression-of-dissent-during-the-COVID-19-pandemic-mitchell-b-liester/

The Suppression of Dissent During the COVID-19 Pandemic, Mitchell B. Liester

BYSERRCon-(0)

概要

COVID-19の大流行は、増え続ける論争のための肥沃な土壌を提供し、反対意見の弾圧の事例を拡大させている。科学的、医学的論争に拍車をかけているのは、制度的、政治的、文化的、経済的な要因であり、世論と行動に影響を与える目的で、幅広い方法論を駆使して独自の物語を作り上げている。パンデミック時に目立った論争としては、COVID-19ワクチンの安全性と有効性、ワクチン義務化の正当性、COVID-19に対する治療法の使用などがある。COVID-19ワクチンは安全かつ有効であり、ワクチン接種はCOVID-19に関連する罹患率と死亡率を減らすために正当化され、COVID-19に対するFDA認可外の治療法は効果がないか安全でないが、FDA認可治療はCOVID-19に対して有効かつ安全であるという説が支配的である。支配的な物語に異議を唱える個人は、異論として知られるプロセスで、幅広い結果に直面する。支配的な考え方を支持する人々にとっては、反対意見は受け入れがたいもの、あるいは脅威とさえ見なされるかもしれないが、反対意見は、発散的思考を生み出し、意思決定を改善し、イノベーションを高めることができるので、有用であることもある。..[記事の続きは、以下を見てほしい]。

Image credit: JoLynne Martinez via Flickr/Creative Commons

反対意見は諸刃の剣である。反対意見を抑圧したり、受け入れがたいものと見なしたりすると、対立が激化し、解決しなければ闘争や暴力を生み出す可能性がある。一方、異論を受け入れ、建設的なものと見なせば、科学的発見を促進し、新しい治療的介入を生み出すことができる。

COVID-19のパンデミックにおいて、反対意見の弾圧が行われた事例は数多く存在する。このレビューでは、COVID-19のパンデミックにおける反対意見の弾圧とその結果について探っている。

医療における異論反論の重要性

異論は医学において重要な役割を果たす(de melo-Martin and Intemann 2013;Delborne 2016)。誤った事実や時代遅れのパラダイムに挑戦することで、反対意見は新しく、より正確な医学知識の獲得を促進する。医学の歴史は、古いパラダイムへの挑戦がより正確で完全な知識を生み出した例で満ちている。神経細胞は電気ではなく化学物質で通信する(Valenstein and Valenstein 2005)、潰瘍の原因はストレスだけではなく細菌である(Warren and Marshall 1983)、心臓病のリスクを高めるのはコレステロールではなく食事の糖分である(Kearns et al.2016)など、反対意見はほんの一例に過ぎない。

さらに、支配的な物語が、自分たちの個人的な利益によって特定の立場を推進する強力なグループによって作られる場合、その支配的な物語に異議を唱えるために反対意見が重要になる(Angell 2004;Kearns et al. 2016;Martin 2014;Proctor 1995)。例としては、タバコを吸うことは安全であるというタバコ業界の主張や、製品の安全性と有効性に関する製薬業界の物語に対する異議申し立てが挙げられる。これらの見解はすべて、業界が出資する科学研究によって支持され、業界が望む物語を後押しする一方で、反対する見解に異議を唱えた。

医学の世界では、反対意見は他の目的にも役立っている。たとえば、不当な仮定、欠陥のある方法論、問題のある推論、誤った情報、虚偽の事実を明らかにするためには、反対意見が必要である。誤った情報や誤った事実は、公表され、ピアレビューされた調査研究によってもたらされるかもしれない。しかし、公表された文献に頼っていてはいけないのだろうか。Higginson and Muranfo(2016)は、発表された研究の50%が誤った結論を報告していると主張し、スタンフォード大学医学部教授のJohn Ionnidisは、発表された研究結果のほとんどが誤りであると主張している(2005)。

ニッセンら(2016)は、ある主張が広く受け入れられる段階になると、その主張は主張から事実へと移行すると指摘している。この移行は正典化と呼ばれ、誤った結論や誤った知見が正統な見解に転換され、事実として正典化される。ニッセンが適切に指摘しているように、「主張が事実であるのは、それが関連するコミュニティによって受け入れられているからであって、根底にある物理的現実を正確に反映したり表したりしているからではない」(1)。異論は、正統派の誤った事実や誤った情報に対して、代替的な仮説、モデル、説明を生み出すのに役立つ。

異論を唱えることの問題点

医療における重要性にもかかわらず、反対意見も問題となる場合がある(de Melo-Martin and Intemann 2014)。産業界や政府は、経済的あるいはイデオロギー的に望ましくないと考える政策を頓挫させるために、疑念を抱かせ、公共政策を変更し、代替見解を広め、国民が彼らの助言に従うように影響を与えることで、反対意見を利用する。

De Melo-Martin and Intemann(2014)は、反対意見は既存のコンセンサスに対する信頼を損ない、国民を混乱させ、健全な政策を妨げ、世論を動かすために利用される可能性があると指摘している。民間産業やシンクタンクは、疑念を抱かせ、制限や規制を行う規制を引き延ばす目的で、反対意見の研究に資金を提供する。

異論を弾圧する

反対意見は役に立つこともあれば害になることもあるので、反対意見に対処するためにさまざまな戦略が生まれた。そのひとつが弾圧である。Delborne(2016)は、弾圧を「科学的実践の規範に反する方法で、科学者や科学的主張を信用しない、黙らせること」と定義している。

全体主義的な政府では、望まれない情報や思想は政府によって検閲され、抑圧されることは一般に知られている(Moran 1998)。このような検閲や弾圧は、個人の言論、報道、マスメディアを統制する。真実は、政府を支持し、強化する情報の統制よりも重要でないと考えられている。

一方、民主主義社会は、政府を支える情報の抑圧よりも、表現の自由を重視すると主張する。この表現の自由には、情報の自由な流れ、言論の自由、報道の自由などが含まれる。民主主義社会の基本原則の一つは、政府は個人、民間団体、組織の表現の自由を妨げたり、制限したりする権利を持たないというものである。しかし、民主主義社会であっても、反対意見が封じられることがあり、反対意見を弾圧するのは政府だけではない。企業などの特別な利害関係を持つ組織も、反対意見を抑圧する。Rasnick(2015)は、「政府とメガビジネスの利害関係者は常に結託し、破壊的な知識やイノベーションを潰して現状を守ってきた」と述べている。

反対意見を鎮圧するために用いられる一般的な戦術には、排斥、嫌がらせ、検閲、職の拒否、叱責、不本意な異動、終身雇用の拒否、降格、解雇、ブラックリストなどがある(Martin 2014)。個人が反対意見や行動を理由に不当な扱いを受けると、反対意見の抑圧を経験していることになる。

反対意見を抑圧するために、さらなる戦略が採用されることもある。いわゆる「統一戦線」を提示することで、一般市民からの反対意見を覆い隠そうとするものもある(de Melo-Martin and Intemann 2014)。一般市民や政策立案者に対しては、コンセンサスのある主張のみを提示し、意見の対立が存在する部分を省略・最小化することで、意見の対立を最小化することができる。この戦略は、科学的コンセンサスに関する混乱や疑念を防ぐために活用されてきた。

もう一つの戦略は、反対意見を封じ込めることである(Moran 1998)。沈黙は複数のレベルで発生する可能性がある。臨床医や研究者が沈黙させられ、ある考えが沈黙させられ、あるいは証拠が沈黙させられるかもしれない。医学知識の向上を目指して正統派の見解に挑戦する異論者は、その信頼性を損なわれる可能性がある。資金提供の打ち切りや職を失うことになるかもしれない。さらに否定的な結果としては、罵詈雑言、脅迫、正式な苦情、検閲にさらされることがある(Martin 2014)。

査読プロセスは、反対意見を封じ込めるために利用されることがある(de Melo-Martin and Intemann 2014)。あるテーマについて正統派の見解を持ち、反対意見に同調しにくいであろう分野の専門家に反対意見を持つ論文が送られると、査読者は反対意見を持つ研究を不承認する可能性が高く、全面的に拒否する可能性があるこれは、既存のパラダイムに挑戦する革新的なアイデアや、特別な利益団体の望むシナリオを脅かすものから保護する役割を担っている。うまく封じ込められた新しいアイデアや治療法などは、事実上黙殺されることになる。

反対意見を封じるためのもう一つの戦略は、「大嘘」である(Moran 1998)。この戦略は、ある嘘が十分な頻度で繰り返されると、反対意見を圧倒し、真実として受け入れられるようになるという事実を指している。ビッグ・リーは誤ったパラダイムを生み出す可能性があり、医学の歴史には、誤ったパラダイムが長期間にわたって広く受け入れられ、その後、新しい、より正確なパラダイムに取って代わられた例が数多く存在する。

反対意見の影響を減らすことを目的としたこれらの方法は、いずれも弾圧の一形態である(de Melo-Martin and Intemann 2013,2014;Delborne 2016)。しかし、反対意見の弾圧が正当化されることはあるのだろうか。データを開示することが望ましくない効果をもたらすのであれば、データを抑圧することが適切である場合もある(Relyea 1994)。例えば、タバコを吸っても健康上の問題は生じないというタバコ産業の見解を弾圧することは、一見、正当な弾圧の使い方に見えるかもしれない。しかし、正当な科学の境界を取り締まるための正当かつ必要な措置のように見えるかもしれないが、反対意見の抑圧は否定的な結果をもたらすことがある。マーティン(1999b)が指摘するように、弾圧という行為は本質的に善でも悪でもなく、個人の視点に依存するものである。

反対意見を抑圧することの結果

反対意見を標的にすることは、見当違いであり危険だと指摘する著者もいる(de Melo-Martin and Intemann 2014;Moran 1998)。なぜだろうか。反対意見が抑圧されると問題が発生する可能性があるからである。実際、反対意見を封じ込めることは大きな害をもたらす可能性がある。

反対意見を阻止することは、誤ったパラダイムや患者に害を及ぼす危険な治療法の存続を許すことになる。この治療法の発明者がその革新的な業績によりノーベル医学賞を受賞したにもかかわらず、反対意見がこの治療法は益となるよりも害となることを示唆したため、私たちはもはや前頭葉前葉切除術を行っていない(Jansson 2022)。

反対意見を葬り去ることは、患者がより効果的な治療を受けることを妨げることになりかねない(Hess 1999;Moran 1998)。例えば、放射線治療業界と製薬業界は、20世紀において、細菌が癌を引き起こすことを証明する研究を抑圧し、より効果的な治療戦略を提供する機会を逸してしまった。

医師は異論を弾圧されることで被害を受けるかもしれない。1914年にペラグラが流行したとき、公的な研究は、この病気を引き起こす感染因子を見つけることに集中した。ジョセフ・ゴールドバーグが、この病気は感染物質が原因ではなく、栄養不足が原因であると発見したとき、彼は医学雑誌や新聞で厳しく批判された(モラン1998)。

このような反対意見の弾圧は、主要な反対者が経験した問題を被りたくない他の医師を冷え込ませる可能性がある。このように、弾圧は医学の進歩に必要な健全な異論を阻止することができる。

反対意見の抑圧が逆効果になるもう一つの例は、抑圧が著しく不公正な場合である(Martin 1999)。この場合、弾圧はより大きな反対意見を引き起こし、医療に対する国民の信頼を損ねる可能性がある。反対意見を受け入れるのではなく弾圧した場合、国民は医師や医療現場、国民を守る役割を担う政府機関への信頼を失う可能性がある。

ディセンダントとCOVID-19

COVID-19のパンデミックは、支配的な信念に対する大きな反対意見を目の当たりにした。この反対意見は、多くのトピックに焦点を当て、多くの形態をとっている。支配的な見解と反対意見のいくつかを表1に示す。

表1:COVID-19に関する主流の考えと反対の考え

主流の意見 反対意見
SARS-CoV-2ウイルスは人獣共通感染症リザーバーから発生した。
(Garry 2021;Vilcek 2020)
SARS-CoV-2ウイルスは、遺伝子組み換え生物兵器である。
(フレミング2021)
武漢の湿地市場でSARS-CoV-2ウイルスが動物からヒトに飛び火した。
(Qiu 2021)
武漢ウイルス研究所から流出したTHE SARS-CoV-2ウイルス。
(Engber and Federman 2021;Maxmen and Mallapaty 2021)
マスクがCOVID-19の蔓延を防ぐ。
(WHO2022年、CDC2022年2月25日)
マスクはCOVID-19の蔓延を防ぐことはできないので。
(子供の健康を守る会、2022)
6フィート離れて社会的距離を置くことが、COVID-19から身を守ることになる。
(CDC 2022年2月25日)
6フィート離れて社会的距離を置くことは、COVID-19から身を守ることにはならない。
(Graison 2021)
COVID-19ワクチンでパンデミックを終わらせる。
(ピエモンテ)
COVID-19ワクチンではパンデミックを終わらせることはできない。
(国連2021)
COVID-19ワクチンは安全で有効である。
(CDC 2022年2月14日)。
COVID-19ワクチンは効果がなく危険である。
(Stuart and Boxer 2021;Kennedy 2022)。
コビッドワクチンは小児に安全である。
(CDC 2022年1月11日)
コロナワクチンは子どもに害を与え、COVIDよりも子どもの死因が多い。
(デイヴィス2022年、ライフサイト2022)
パンデミックに終止符を打つには、すべての国で、つまりすべての国民にワクチンが行き渡ることが条件となる。
(国際救済委員会、2021)
ワクチンはCOVID-19の発症を防ぐものではない。ワクチン接種率が高い国ほど、COVID-19の発症率も高い。
(Subramanian and Kumar 2021)
ブースターでCOVID-19に感染するリスクを低減する。
(Bar-On et al. 2021)
ブースターはCOVID-19に感染するリスクを高める。
(ロフレド2022)
ワクチンは義務化されるべき
(フラニガン2014)
ワクチン接種の義務化は効果がない
(ベスター2015、サダフ2013)
ワクチンによる集団免疫がパンデミックを食い止める。
(パウエル2021)
集団免疫でパンデミックを止めることはできそうにない。
(アシュヴァンデン2021)
COVID-19のパンデミックは、ワクチン未接種者のパンデミックである。
(カルターとエリス2021)
COVID-19のパンデミックは、ワクチン未接種者のパンデミックではない。
(カンプ2021)
ワクチン免疫の方が自然免疫より優れている
(Cavanaughら2021年、Liuら2021年、Bozioら2021)
自然免疫の方がワクチン免疫より優れている
(アブ・ラダドら2021年、レイディら2021年、ハベリら2021年、ガジットら2021年、シュレスタら2021)
FDAが承認していない治療法は”偽の治療法”あるいは”詐欺的な製品”
(クック2020、CDC2022年3月2日)
COVID-19のFDA承認されていない治療法は安全で有効である。
(Insignares-Carrione et al. 2021;Aparicio-Alonso 2021a,2021b,2021c,;Ashraf et al. 2020;Kalcker 2022)。
ヒドロキシクロロキンはCOVID-19による発病、入院、死亡を予防しない。
(WHO2021年4月30日)
ヒドロキシクロロキンがCOVID-19のウイルスローン、入院、死亡を減少させる。
(Guaret et al. 2020;Derwand 2020)
イベルメクチンはCOVID-19に効果がない。
(Lim et al. 2022;FDA 10 Dec 2021)
イベルメクチンはCOVID-19に関連する感染と死亡を減少させる。
(Morgenstern et al. 2021;Bryant et al. 2021)
レムデシビルはCOVID-19に関連する死亡率を減少させる。
(Biegelら、2020)。
レムデシビルはCOVID-19に関連する死亡率を減少させない。
(Abd-Elsalamら2022年、Piscoyaら2020)。

COVID-19の反対意見に対する弾圧

COVID-19のパンデミックの間、反対意見の弾圧は様々な形で行われた。データの抑圧、データの歪曲、反対者やFDAが承認していない治療法への攻撃、検閲、ワクチンの義務付けや制限、反対者への処罰などである。

データの抑制

COVID-19のパンデミックの間、反対意見が抑圧された方法の1つは、データの隠蔽である。COVID-19の流行期間中、データの隠蔽が行われた例は枚挙にいとまがない。違反した機関のうちの2つは、米国疾病対策予防センター(CD)と米国食品医薬品局(FDA)である。

New York Times紙(Mandavilli 2022)は、パンデミックから2年が経過したが、CDCはCOVID-19について収集したデータのごく一部しか発表していないと報じている。例えば、CDCは1年以上前から、米国におけるCOVID-19の入院に関するデータを収集している。このデータは年齢、人種、ワクチン接種の有無によって分類されているが、この情報のほとんどは一般に公開されていない。また、CDCが65歳未満の成人におけるブースターの効果に関するデータを公表した際、18歳から49歳の統計は省かれていた。この年齢層は、最初の2回の注射でかなりの予防効果が得られているため、ブースターの恩恵を受ける可能性が最も低い年齢層である。

米国ではブースターの有効性に関するデータがないため、FDAのアドバイザーはブースターの推奨を行うのにイスラエルのデータに頼らざるを得なかった。CDCの広報担当者は、CDCが情報公開に手間取ったのは、データが「プライムタイムにはまだ間に合わない」ためで、情報が誤って解釈される恐れがあると説明した。さらに、CDCの職員は、重要な報告書や文書を発表する前に、[同機関を監督する]保健福祉省とホワイトハウスに警告を発しなければならない。ロックフェラー財団のパンデミック予防研究所の病原体監視担当マネージング・ディレクター、サミュエル・スカルピノは、「CDCは公衆衛生組織であると同時に政治組織である」と述べている[Mandavilli 2022]。

CDCは2021年に、すでにCOVID-19のワクチンを接種した人のブレイクスルー症例の報告を停止すると発表し、非難を浴んだ。彼らがこの行動を正当化すると主張した理由は、「臨床的および公衆衛生的に最も重要な症例に焦点を当てる」ことだった(CDC 28 May 2021)。しかし、このような決定は、科学的論理だけでなく、医療倫理にも反している。医学の歴史の中で、新しい介入に伴う副作用を無視し、入院や死亡を引き起こす頻度だけに焦点を当てたことがあっただろうか。CDCは、このデータを隠すための追加的な根拠を何も示していない。

データ抑圧のもう一つの例として、COVID-19ワクチンに関する情報要求に対するFDAの回答がある(Greene 2021)。2020年8月に科学者のグループ[Public Health and Medical Professionals for Transparency]が提出した情報公開法の要請は、FDAによるファイザーバイオテックCOVID-19ワクチンの認可に関連する記録の公開を求めるものだった。ファイザーがFDAに記録を出し始めてからわずか108日でFDAはファイザーのワクチンを認可したものの、この訴訟に対するFDAの対応は、連邦判事に1カ月あたり500ページだけ公開することを認めてもらうことであり、すべてのデータを公開するには75年かかることになる。FDAは、18,000人の職員と年間65億ドル以上の予算を持っているが、リソースが限られているため、1カ月に500ページしか公開できないと主張した。

2022年1月6日、米連邦裁判所はFDAに対し、毎月55,000ページの公開を命じた(シリ2022)。そのわずか2週間後、製薬会社ファイザーの弁護士は、「同社のCOVID-19ワクチンに関連する機密情報」を守るために訴訟に介入したいと連邦判事に伝えた(Scarcella 2022)。つまり、FDAが企業秘密や商業上の機密情報を「不適切に」開示することを回避する手助けをしたいと主張した。連邦判事は2022年2月7日、ファイザーの訴訟参加を認めず、介入の必要性を示すまでその要求を留保するとの判決を下した。

データ抑制のもう一つの例は、COVID-19の治療法に関する情報をブロックすることだ。このような治療法は、世界中で成功裏に使用されている。例えば、ボリビアは2020年8月にCOVID-19の予防・治療法として二酸化塩素[ClO2]を承認した(Insignares-Carrione 2021)。しかし、この措置に関するインターネット上の投稿は急速に削除され、米国の報道機関は、ボリビア人が有毒な漂白剤を飲んでいる(ポーター2020、ガーディアン2021)、あるいは有毒な消毒剤を飲んでいる(ジゴバ2021)と主張することで対応した。これらの誤解を招く発言は、米国環境保護庁[EPA]が飲料水の浄化にClO2を認可した事実と矛盾している。さらに、北米、ヨーロッパ、スカンジナビア(Lenntech 2021)、アフリカ(Parker 2016)、オーストラリア(Natural Water Solutions 2021)では、水の浄化にClO2が使用されている。さらに、承認後、ボリビアにおけるCOVID-19の症例は93%減少し、1日の死亡者数は82%減少した。また、2022年2月11日現在、ワクチン接種率はボリビアよりかなり高いにもかかわらず[64%vs 47%]、米国のCOVID-19患者率はボリビアの4倍以上[10万人あたり62 vs 15]、死亡率も同じく4倍以上[10万人あたり0.78 vs 0.18](New York Times2022)である。ボリビアとホンジュラスは、COVID-19の治療に安全かつ効果的にClO2を使用し続けている。

データ抑制のもう一つの例は、COVID-19の有効な治療法に関する科学的データを査読プロセスが抑制していることである。British Medical Journalの元編集者、Richard Smith(2010)によれば、「おそらく査読の最も重要な問題の1つは、真にオリジナルなものに対するバイアスである」(3)。この種のバイアスの一例として、Sohaib Ashraf博士らが行った二重盲検プラセボ対照試験で、Nigella sativaと蜂蜜がCOVID-19に対して有効であることが示された(Ashraf 2020)ことがある。Ashrafたちは、この治療がもたらしたものを発見した。

  • 1.プラセボと比較して、症状緩和までの時間が50%短縮されたこと。
  • 2.中等症[6日vs 10日]、重症[8.5日vs 12日]の場合、プラセボ群より治療群の方が4日早くウイルスが消失したこと。
  • 3.退院は、重症例では50%対2.8%。
  • 4.重症例では、治療群はプラセボ群に比べ死亡率が4分の1に低下。

こうしたポジティブな発見にもかかわらず、Ashrafの研究は医学雑誌に何度も拒絶され、いまだに出版されていない。現在、この研究はプレプリントとしてのみ公開されている。しかし、2022年2月27日現在、パキスタンのCOVID-19の罹患率は米国の1/40[10万人あたり0.5人vs. 10万人あたり20人]、死亡率は米国の1/50以下[10万人あたり0.01 vs. 10万人あたり0.57]である(ニューヨーク・タイムズ2022.2.27)。パキスタンにおける感染率と死亡率の減少の要因は、ニゲラサティバと蜂蜜だけではないかもしれないが、この研究とその結果は確かに公表に値すると思われる。

異論を唱える人やFDAに承認されていない治療法を攻撃すること

パンデミック時に反対意見を抑圧するために使われたもう一つのアプローチは、反対意見を表明する人や、FDAが承認していない治療法を提案する人を攻撃することだ。反対意見者への攻撃には、COVID-19ワクチンの安全性や有効性に疑問を呈する個人を反ワクチン派(Ashton 2021)や陰謀論者(Hornseyら2021)と呼んだり、ワクチンを接種しないことを選択した人を犯罪者(Lovelace 2021)や殺人者(Schmidtke 2021)と呼んだりすることが含まれる。これらのレッテルは、ワクチンが重大な副作用を伴う可能性があることを示す証拠(VAERS 2021)や、COVID-19のワクチン接種者と非接種者が同等のウイルス量を持ち、したがってウイルスを伝播する可能性が同等であることを示す研究(Acharyaら2021;Singanayagamら2021;Pouwelsら2021;Chiaら2021;Riemersmaら2021)とは矛盾するものである。

COVID-19の治療法としてFDAの認可を受けていない治療法は、馬の駆虫薬(Kertscher 2021)や偽物の治療法(Goodman and Carmichael 2020)といった軽蔑的な呼び名で烙印を押されている。このような蔑称は、このような治療法の価値に関する反対意見を信用させまいとするものである。一方、その安全性と有効性[FLCCC 2021]の証拠は無視されるか(Henderson and Hooper 2021)、出版が繰り返し拒否されることもある(例えば、Ashraf et al.)

Rasnik(2015)は、反体制派が自分たちの主張を切り捨てる方法として、誹謗・中傷されることがあると説明している。彼らは無能であるとか、腐敗しているとか批判されるかもしれない。精神状態や私生活について噂を流されることもある。医師は、仕事や免許を失うと脅かされるかもしれない。アーカンソー州の医師は、勤務先の刑務所で受刑者にイベルメクチンを処方したことで、州の医療委員会から調査を受けている(Sissom 2021)。同様に、メリーランド州の医師で下院議員は、イベルメクチンを処方したことで告訴された(Wiggins and Flynn 2021)。これらの行為は、医師が承認された用途以外の用途で薬を処方することを許可するFDAの規制にもかかわらず発生した(FDA 2018年2月5日)。

臨床的安全性と有効性の報告にもかかわらず、COVID-19と戦うために利用されている新規の非FDA承認治療法は、疑似科学として特徴づけられている(Mostajo-Radji 2021)。二酸化塩素はCOVID-19の治療のためにラテンアメリカ中で採用されているが(Mendoza 2020)(Mostajo-Radji(2021)は、この分子の使用は疑似科学であるという彼の主張を裏付けるために、二酸化塩素の使用に関連する多くの不正確な主張をしている。その一つが「…二酸化塩素は人体に安全ではない」(1)というものである。しかし、この発言は、二酸化塩素が世界中の自治体の浄水場で浄水剤として使用され、アメリカでは浄水剤として小売店で販売されているという事実と矛盾している。FDAは二酸化塩素を抗菌剤として認可し、EPAは二酸化塩素が地表水からウイルス、細菌、寄生虫などの病原体を除去し、飲料水として安全な状態にする能力に基づいて登録している(Liester 2021)。

検閲

反対意見を抑圧するために採用されるもう一つの戦略は、支配的な物語に対抗する情報をインターネットやソーシャルメディアサイトから削除することである(Niemiec 2020)。例えば、YouTubeはCOVIDの「誤情報」を含む80万本の動画を削除したことを認めている(BBC News 2021)。フェイスブック、Twitter、Googleなどのソーシャルメディアサイトは、COVID-19に関する支配的な物語に対抗する意見を提示する個人のアカウントをキャンセルしている。支配的な見方に反対するマコーラ、JFK Jrなどは、フェイスブックのアカウントを取り消された(De Vynck 2021;MuNulty 2021)。また、ボリビアがCOVID-19の予防と治療のためにClO2を承認したことについての情報は、インターネットから急速に削除された。

義務および制限

反対意見を阻止するためのもう一つの方法は、政治的決定へのコンプライアンスを高めるための義務化の利用である(Reuters 2021)。これは、COVID-19ワクチンの義務化に関して発生したものである。

COVID-19ワクチンに関する反対意見は、ワクチン接種へのためらいを助長し(Machingaidze and Wiysonge 2021)、このため多くの政府がワクチン接種を義務付けるという対応をとってきた。これらの義務化には、幅広い制限、罰則、不遵守に対する罰金が伴い(Reuters 2021)、免疫状態、年齢、宗教的信念・慣習、自然免疫にかかわらず、個人がCOVID-19の予防接種を受けることが要求される。場合によっては、免除を支持する医師の書簡があるにもかかわらず、免除が断られることもある。接種を拒否した場合、雇用や教育の機会喪失、レストランやコンサート、旅行などの社会的機会の制限、金銭的罰など、さまざまな制限や罰則が課される。

罰則について

反対意見を抑圧するために使われるさらにもう一つの方法は、罰である。Rasnick(2015)は、異論を唱える者は、昇進や仕事を拒否されたり、法的措置で脅されたり、科学会議への出席を禁止されたり、講座を開くことを禁止されたり、科学や一般メディアで中傷されたり、一般的に追放されることがあると指摘している。

ブルック・ジョンソンは、ファイザーのCOVID-19ワクチン試験場を管理する研究会社、Ventavia Research Groupに地域ディレクターとして勤務していた。ファイザーのワクチン試験で数々の問題を目撃した彼女は、上司に繰り返し問題を伝え、上司が対策を講じなかったため、電子メールでFDAに通告した。彼女はその日のうちに解雇された(Thacker 2021)。

反対意見の弾圧の結果

弾圧は反対意見を封じ込めるのにある程度有効かもしれないが[例えば、仕事を続けるために予防接種を受けることがある]、新たな問題も生む。Martin(2014)は、反対意見の弾圧が反対意見を抑圧し、議論を阻害することを指摘している。COVID-19のパンデミックでは、このことがVinay Prasad博士(2021)の言う「ワクチン部族主義」につながっている。Prasadは、人々をワクチン賛成派や反ワクチン派に括ることは危険だと説明する。実際、彼はワクチン部族主義を、科学の進歩を妨げるので「毒」と呼んでいる。

抑圧は、科学的信頼性をほぼ独占している場合に特に強力になることがある(Martin 2014)。例えば、予防接種の分野では、予防接種は命を救うための安全で効果的な方法であるという見解が、医学界ではわずかな反対意見にしか直面しない。異論者を攻撃することは、批判者の信用を失墜させ、他の人々が彼らの例に倣わないように警告することで、独占を保護する役割を果たす。

しかし、時には反対意見の弾圧が、反対派の知名度や支持を高めて逆効果になることもある(Martin 2014)。歴史的な例としては、「地球は宇宙の中心ではない」という科学に基づく異端的な主張をしたためにカトリック教会から弾圧されたガリレオの事例がある。迫害されたにもかかわらず、あるいは迫害されたからこそ、ガリレオはその後、科学的調査の自由の象徴となった。

反対意見の抑圧は、報復という形で行われることがある。個人が信頼性の破壊を経験したり、キャリアから追い出されたり、職を失うこともある(Flynn 2021;Li 2021;Thacker 2021)。Martin(2014)は、これらの結果を抑圧の主要な効果と呼んでいる。COVID-19パンデミックの例としては、前述のメリーランド州とアーカンソー州の医師が、違法ではなくFDAのガイドラインに該当するイベルメクチンを処方したことで調査を受けていることや、ファイザーのCOVID-19ワクチンの試験で問題を報告し解雇された内部告発者などが挙げられる。

個人に対する報復は、異論や懸念を表明した場合にどうなるかを観察し、その後同じ結果を被ることを恐れる他の人々に強い影響を与える可能性がある。これは、支配的な物語に反対して発言することへの恐怖につながる可能性がある。マーティン(2014)はこれを抑圧の二次的効果と呼んでいる。

反対意見を抑圧しようとする試みは、他の否定的な結果をもたらすこともある。例えば、強制的にCOVIDの予防接種を受けさせようとする取り組みは、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、オーストリア、ドイツ、ベルギー、スペイン、フィンランド、ギリシャ、英国、スウェーデン、米国など世界各国で数万人の大規模な抗議行動を引き起こした(Austen and Asai 2022;Kelly 2022;Olmos 2022;Aljazeera 2022;VOA News 2022;Hart 2022;The Associated Press 2022;Mettler et al. 2022)。イタリアとフランスで行われたワクチンパスポートに対する同様の抗議行動では、10万人以上の抗議者が集まった(Paterlini 2021;Aljazeera 2022)。

反対意見を支持する

制裁や深刻な結果を招くと脅かされると、反体制派の中には黙認する者もいる。例えば、医療従事者や軍人は、当初はCOVID-19のワクチン接種を拒否していたが、最終的には仕事を守るために承諾し、ワクチン接種を受けた。専門機関や政府機関に訴えた者もいたが、このアプローチは概して効果がなかった。

Delborne(2016)は、反対意見の弾圧に対抗するための戦略をいくつか提示している。その中には、直接的に敬意をもって関わること、言論の自由と自由な探究心を育むこと、科学の政治経済を意識し続けること、政策決定において科学者が果たす多様な役割を認識すること、などが含まれる。

もう一つのアプローチは、マーティン(2014)が活動家と呼ぶもので、異論を攻撃する者がより多くの聴衆にさらされ、自分たちが不当であることを示し、脅迫に屈しないようにするものである。しかし、多くの人は、報復を恐れて、雇用主や権威ある立場の人を批判することに抵抗があるかもしれない。

Martin(2014)は、反体制派への攻撃に対抗する最善のアプローチは、敬意ある討論で論争的な考えを受け入れる文化を維持することによって、そもそも攻撃を防ぐことであると指摘している。

なぜ反対意見が抑圧されるのか?

もし異論が医学の正常かつ重要な構成要素であるならば、「なぜ異論を弾圧するのか」という疑問が生じる。いくつかの説明の可能性が存在する。

第一に、異論に対する反対は、医学界ではよくあることだ。適応して変化するよりも、現状を維持することを好む人々が常に存在する。大切にしてきた信念や習慣への愛着を捨てるのは難しいことだ。物理学者のマックス・プランクの有名な言葉に、「新しい科学的真理は、反対者を説得して光を見出させることによって勝利するのではなく、反対者がやがて死に、それをよく知る新しい世代が育つことによって勝利する」(Planck 1949,33-3)がある。(プランク1949,33-34)。変化への抵抗は、正統派の見解を維持するために、反対意見を抑圧することにつながるかもしれない。

医療において反対意見は重要な役割を果たすが、反対意見は不快に感じられることがある。異論がもたらす不快感は、異論を抑圧することでこの不快感に対処しようとする試みを生むかもしれない。しかし、反対意見がなければ、欠陥のあるパラダイムが出現し、それが持続する可能性がある。そのようなパラダイムは、置き換えることが困難な場合もある。Nissini(1989)は、これを概念的保守主義(conceptual conservatism)と呼び、次のように説明している。

私たちは皆、自分の信念を変えることができるのは間違いないのだが、日常の経験から、そのような変更は難しいことがわかる。私たちはしばしば、現実に関する古くて馴染んだ概念に固執し、矛盾する証拠を無視したり説明したりする(19)。

Nissini(1994)も同様に、「…強く信じていた信念が決定的に否定された後も、その信念に執着する人間の傾向」(307)を説明している。ニッカーソン(1998)はこれを信念の持続性と呼び、「いったん信念や意見が形成されると、それが間違っているというかなり説得力のある証拠に直面しても、それを変えることに非常に抵抗することがある」(187)と説明している。

新しい証拠を自分の既存の信念や理論の確認として解釈する一方で、同じ信念や理論を支持しない証拠を割り引く傾向は、確証バイアスと呼ばれる。確証バイアスは、研究者が自分の先行理論を支持する証拠をより重視する一方で、先行理論と矛盾する証拠をあまり重視しない場合に発生する(Schumm 2015)。

反対意見が抑圧されるもう一つの理由は、反対意見の結果として起こりうる否定的な結果を恐れていることだ。CDCは、COVID-19ワクチンに関する情報を抑圧したことを認めている。このデータは、ワクチンが無効であることを示していると誤解され、人々がワクチン接種を受けないようになる可能性があるためである(Mandavilli 2022)。

反対意見を抑圧する第三の原因として考えられるのは、金銭的利益である。現在、COVID-19に関連した罹患率や死亡率を減らすために使われている治療法には、ニゲラサティバや蜂蜜、イベルメクチン、ClO2など安価なものがある。もし、これらの治療法が広く受け入れられるようになれば、ワクチンの必要性は減少するか無くなるだろう。最近、黒死病のワクチンを求める人はいない。なぜか?かつては壊滅的な被害をもたらしたこの病気も、今では簡単に入手できる安価な抗生物質で治療できるからだ。もしCOVID-19に有効な抗ウイルス治療法が見つかったら、製薬会社はどれだけの損失を被ることになるのだろうか?ファイザーとモデルナは、2021年のワクチンによる利益をそれぞれ367億ドル、177億ドルと推定し、すでに世界中で結ばれた契約に基づく2022年の推定利益は、それぞれ320億ドル、190億ドルとしている(キンボール2022)。

反対意見を弾圧する理由として考えられる最後のものは、政治的なものである。米国では、製薬業界は政治家候補に圧倒的に多くの資金を寄付している。したがって、政治家は、これらの多額の寄付者の意向に反する法律を制定したり、政策を支持したりすれば、最も有利な財政的支援を失う立場にあるのだ。

また、米国でCOVID-19ワクチンの承認を行う機関であるFDAは、「業界ユーザーフィー」という形で製薬会社から年間数十億ドルを受け取ている。1992年、米国議会は処方薬ユーザーフィー法(PDUFA)として知られる法律を可決し、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領はその後、この法律に署名した(ホワイト2021)。PDUFAは、FDAの承認を迅速化することを目的としており、FDAは特定の医薬品や生物学的製品を製造する企業から手数料を徴収することができるようになった(FDA 15 Feb 2022)。以前は、FDAの資金はすべて米国財務省が出していたが、PDUFA後に大きく変化した。現在、製薬会社はFDAに医薬品審査の申請を行う際に手数料を支払い、また、承認された医薬品の数に応じて年間ユーザー・フィーを支払ている。この「業界ユーザーフィー」は、FDAの年間予算の大きな部分を占めるようになった。例えば、2019年には、FDAの予算の46%、つまり28億ドルが、製薬会社から業界ユーザーフィーという形でFDAに支払われている(FDA 18 Nov 2020)。医師が給与の46%を製薬会社から受け取っていたら、想像できるだろうか?彼らがどの治療法を勧めるかについて、公平な判断を下すと思うだろうか?

このように、COVID-19の流行に関連した反対意見の弾圧には、いくつかの動機が存在する。これらの動機のそれぞれが、起きている弾圧の全体にどれほど寄与しているかは、まだ解明されていない。しかし、反対意見を弾圧するのではなく、受け入れるためには、これらの動機を無視するのではなく、認めなければならない。

結論

論争の的となる問題について誠実な議論が行われるためには、特に学術的な場において、たとえ不快であったとしても、誰もが自由に表現する権利を大切にし、尊重されなければならない。反対意見を否定することは、医学を宗教的な正統派に変えてしまう危険性がある。

異論を弾圧することは、マイナスの結果を生む。失業、キャリアの喪失、部落差別などはそのほんの一例である。また、反対意見の弾圧は、反対意見の悪影響を目の当たりにした他の人々が、自ら反対意見を表明することを思いとどまらせる可能性もある。また、反対意見の弾圧が逆効果となり、反対派の知名度や支持が高まることもある。このように、弾圧は無差別に行使されるべき武器ではない。

不快ではあるが、異論は科学的探求に不可欠な要素である。私たちが医学的知識を拡大し続け、同時に、私たちが支援を約束する人々の間に信頼を築こうとするならば、異論は抑圧されるのではなく、尊重されなければならず、健全な議論は排除されるのではなく、奨励されなければならない。異論は医学に不可欠な要素である。COVID-19だけでなく、他の病気についても知識を広げ、新しい治療法を発見し続けるためには、異論は受け入れられなければならない。

謝辞

この原稿の作成にあたり、賢明な助言と貴重な編集協力をいただいたBrian Martin博士に深く感謝する。

ステートメントと宣言

著者は、競合する利害関係を宣言していない。

著者情報

ミッチ・リースター(mitchell.liester@cuanschutz.edu)は、米国コロラド大学医学部精神科の臨床助教授であり、以前はカリフォルニア大学アーバイン校医学部の臨床助教授を務めていた。36年以上にわたって精神科医を務め、サイケデリック医薬品、依存症、臨死体験、COVID-19ワクチン接種のためらいを克服するための説得と強制の使用などのテーマで論文を発表している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました