微生物叢(免疫)

微生物叢(免疫)

COVID-19を中心としたウイルス感染症対策におけるプロバイオティクスの役割

Role of probiotics to combat viral infections with emphasis on COVID-19 要旨 動物とヒトとの間でのウイルスの種間伝播は、予測不可能な病原性の可能性と新たな感染性疾患をもたらす可能性がある。このメカニズムは、最近、新規な重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SA...
微生物叢(免疫)

トキシコマイクロバイオミクス ヒトのマイクロバイオームと医薬品、食事、環境中の異種生物学的物質との比較

Toxicomicrobiomics: The Human Microbiome vs. Pharmaceutical, Dietary, and Environmental Xenobiotics 要旨 しかし、ヒトの個人間および個人内の遺伝的変異は、主に外来生物の代謝と解毒の結果を調節することによって、害の程度を調節している。...
微生物叢(免疫)

SARS-CoV-2感染症における腸と肺の免疫学的調整/腸肺軸、IBD

Immunological co-ordination between gut and lungs in SARS-CoV-2 infection ハイライト SARS-CoV-2は現在、COVID-19と呼ばれる大規模なパンデミックを引き起こしている。 SARS-CoV-2は ACE2受容体の存在に...
免疫

コロナウイルス感染に対する免疫システムを高めるには?

How to Boost our Immune System Against Coronavirus Infection? 要旨 コロナウイルス2019(COVID-19)のような新しい新興ウイルスの感染は、常に恐ろしいものである。私たちは、それらの感染、行動、臨床症状、転帰についてほとんど知らない。これらの感染症に対処するための...
食事・栄養素(免疫)

COVID-19とハートナップ病:腸内アミノ酸吸収不良の問題

COVID-19 and Hartnup disease: an affair of intestinal amino acid malabsorption 要旨 COVID-19の発生以来、臨床家はこの病気と闘うためにあらゆる努力を試み、複数の薬剤が提案されてきた。しかし、効果が証明された治療法は現在のところ存在せず、異なる臨床...
微生物叢(免疫)

加齢に伴う併存疾患を有するCOVID-19患者の予後不良の鍵となるACE2不均衡 – 腸内細菌叢異常の役割

ACE2 imbalance as a key player for the poor outcomes in COVID-19 patients with age-related comorbidities – Role of gut microbiota dysbiosis ハイライト ・COVID-19の患者で加齢に伴う併存...
コロナウイルス

COVID-19 プロバイオティクス

プロバイオティクスは、COVID-19患者のアジュバント療法の選択肢として有効か? ACE2は腸内のアミノ酸輸送を調節し、トリプトファンレベルの低下は小腸におけるmTOR経路活性の低下につながる。mTORの異常な活性化は、小腸パネス細胞からの抗菌ペプチドの発現を変化させ、その結果、腸内細菌叢の組成を変化させ、悪循環を...
コロナウイルス

COVID-19 腸内微生物叢

コロナウイルス 腸内細菌・乳酸菌 腸内微生物叢 CD4・CD8 共生微生物叢の組成が、ウイルス特異的CD4およびCD8 T細胞の生成と呼吸器系インフルエンザウイルス感染後の抗体反応を決定的に調節する。 抗生物質治療は、マウスの呼吸器インフルエンザウイルス感染に対する免疫応答を減少せる。 共生微生物叢が呼吸粘膜...
コロナウイルス

COVID-19 消化器系症状

コロナウイルス 消化器症状 消化器症状のあるコロナウイルス病(COVID-19)患者の臨床的特徴:164症例の報告 過去のコロナウイルス コロナウイルスは、鳥類や哺乳類を宿主とするウイルスの一群である。コロナウイルスは、宿主の呼吸器系、消化器系、神経系に急性または慢性の損傷を引き起こす可能性がある広範な組織トロピズムを示している...
食事・栄養素(免疫)

COVID-19 炎症負荷に対抗し免疫を高める食事方法(医学的研究)

日常生活中での慢性炎症 緩和因子としての食生活の変化 要約 西洋社会のほとんどの人が採用しているライフスタイルは、代謝性疾患(糖尿病、癌、心血管疾患、神経変性疾患など)の傾向に重要な影響を与えている。 これは、STAT3(シグナル変換器および転写活性化因子3)、IKK(IκBキナーゼ)、MMP9(マトリックスメタロペプチダー...