トリプトファン代謝

アミノ酸

アルツハイマー病脳におけるアミノ酸異化作用 友人か敵か?

Amino Acid Catabolism in Alzheimer's Disease Brain: Friend or Foe? 要旨 アルツハイマー病治療薬開発のための新たなターゲットの発見が切望されている。アルツハイマー病脳で起こる神経細胞のブドウ糖代謝の低下は、病気の進行に中心的な役割を果たす可能性がある。エネルギー...
筋力トレーニング

食事性タンパク質とアミノ酸摂取 認知的健康の維持との関連性

Dietary Protein and Amino Acid Intake: Links to the Maintenance of Cognitive Health 要旨 高齢化社会の急速な進展に伴い、アルツハイマー病や関連する認知症(ADRD)の発症率が増加している。これらのADRDの増加に対抗するために、科学者や臨床医は...
トリプトファン代謝

脳内キヌレニンとBH4経路 炎症による抑うつ症状の病態生理と治療との関連性

Brain Kynurenine and BH4 Pathways: Relevance to the Pathophysiology and Treatment of Inflammation-Driven Depressive Symptoms 要旨 うつ病は世界的に増加しており、特に抗うつ薬の有効性を高める薬剤の開発が停...
腸内微生物叢

微生物とモノアミン ディスビオシスの神経精神医学的影響の可能性

Microbes and Monoamines: Potential Neuropsychiatric Consequences of Dysbiosis 進化の観点から見ると、世代を超えて確実に伝達される腸内細菌の遺伝子は、私たち自身の遺伝子とほぼ同じくらい、ヒト生物の一部である。重要な「継承種」の絶滅につながるマイクロバイオ...
コロナウイルス

COVID-19 キヌレニン経路/トリプトファン・アルギニン・硫黄代謝の変化

COVID-19感染はキヌレニンと脂肪酸代謝を変化させ、IL-6レベルと腎臓の状態と相関している キヌレニンurenine pathway キーポイント キヌレニン経路のトリプトファン代謝はCOVID-19患者で増加している COVID-19感染は窒素および炭素代謝の異常と有意に関連している COVID-19...
36の発症因子

キヌレニン経路の恒常性を回復する13のアプローチ

キヌレニン経路と神経変性疾患・アルツハイマー病 概要 キヌレニン経路は必須アミノ酸であるトリプトファンの主要な経路のひとつ。 トリプトファンの代謝は非常に複雑、主な代謝経路は4つ存在する。 ヒドロキシル化 → セロトニン、メラトニン 脱カルボキシル化 → トリプタミン 脱アミノ → インドールピルビン酸 ...
アミノ酸

トリプトファン(認知症・アルツハイマー)

トリプトファン 研究 早期アルツハイマー病患者の血清アミノ酸、トリプトファンおよびメチオニンレベルが有意に低下 アルツハイマー病患者のトリプトファン枯渇後、MMSEスコアが有意に低下。 トリプトファンのセロトニン合成はアミノ酸摂取後5時間 リ...