NATOの結束に広がる亀裂

NATOアンチウォードットコム

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

The Growing Fissures in NATO’s Unity

original.antiwar.com/ted_snider/2024/04/04/the-small-fissures-in-natos-unity/

テッド・スナイダー著投稿日

ウクライナでの被害と、NATOがウクライナの対ロシア防衛を十分に強力に支援できないことが明らかになったにもかかわらず、西側の勝利の欄の1つの項目は、ドナルド・トランプによる被害の後、NATOがより団結しているという主張である。NATOがトランプ2期目の可能性に備えることは別としても、その勝利はそれほど明白ではないかもしれない。

ウラジーミル・プーチンは「NATOは分裂し、分裂すると考えていた。その代わり、NATOはこれまで以上に結束し、団結している」とジョー・バイデン大統領は2023年2月21日に、また7月13日にはヨーロッパで再び述べた。「NATOはかつてないほど強くなっていると言えるだろう。「プーチン大統領の戦争は戦略的に失敗し続けている」とアントニー・ブリンケン国務長官は2023年2月8日に述べた

しかし、亀裂が生じた。NATOの小国は大国に腹を立て、中堅国も同様に腹を立て、NATOの大国は互いに腹を立てている。

最近、NATOの小国や新しい国々が、「NATOに一等国と二等国があるのか」という分裂的な問題を提起している。「我々は対等なのか、それとも対等ではないのか」とエストニアのカジャ・カラス首相は問いかけた。

NATOの東欧加盟国は、2つの点で見過ごされていると感じている。第一は、NATOのトップの仕事に彼らの代表がいないことである。もうひとつは、ロシアに対してより積極的な姿勢をとり、ロシアとNATOのレッドラインを軽視していることである。

リトアニア、ラトビア、エストニアのバルト三国はかつてソ連の一部であったが、西ヨーロッパのNATO大国はウクライナの対ロシア支援に積極的であるため、自分たちを脇に追いやっていると主張する。彼らは、西側の大国が「(自分たちより)はるかにロシアについて知っている人々に相談することなく、ロシア政策を行っている」と不満を示している。

NATOの東欧加盟国は一貫して、消極的な西側中心のNATOを、ウクライナを守るためにロシアとの戦いに引きずり込むと考えてきた。ポーランドとチェコを筆頭とする東側諸国は、ウクライナを最大限に武装させ、戦争をエスカレートさせるリスクを排除することを、より積極的に推進してきた。ポーランドはウクライナに戦車と戦闘機を送るキャンペーンを主導した。チェコ共和国は最近、欧州連合(EU)の不足分を補うため、欧州以外の国から30万発の砲弾を購入する寸前だと発表し、EUはさらに50万発の砲弾を入手できると発言した。GDP比では、エストニアがウクライナへの主要な援助国であり、リトアニアが3位、ラトビアが5位、ポーランドが8位である。これはアメリカ、イギリス、フランス、ドイツを上回っている。

リトアニアはモスクワの政権交代を求めている。ガブリエリウス・ランズベルギス外相は、「我々の立場からすれば、現政権が権力を失うまでは、その周辺諸国はある程度、危険にさらされることになる」と述べた

バルト諸国と同様、ポーランドやチェコのような中堅国も、西側の大国に対して怒りを露わにしている。「ウクライナはヨーロッパ全体を守っているのだから、自国を守ることができなければならない」とチェコの外相は主張した。「ウクライナが負けるのではなく、西欧文明全体が負けるのだ」。ポーランド外相は、「ウクライナの成功は、今や米国の信頼性の問題だ」と訴えた

ハンガリーはNATOと連帯してきたわけではない。他の多くの東欧諸国とは異なり、ハンガリーは西側のNATO列強よりも攻撃的ではなかった。ハンガリーはウクライナに武器を送ることを拒否し、軍事的解決よりも和平交渉を提唱し、ロシアへの制裁に批判的である。

クロアチアのゾラン・ミラノビッチ大統領もロシアへの制裁に反対しており、「ワシントンとNATO」が「ウクライナの助けを借りてロシアに対して代理戦争を仕掛けている」と非難している。セルビアも比較的タカ派的ではない。

トルコはNATOと歩調を合わせている。戦争の交渉による解決を仲介しようとし、対ロ制裁体制を拒否する一方で貿易を大幅に拡大してきた。

スロバキアはウクライナへの弾薬の送付を停止し、戦争終結のための和平交渉を提唱している。NATOの亀裂は、スロバキアとチェコの関係にも表れている。3月6日、チェコのペトル・フィアラ首相は、チェコとスロバキアの政府間協議は「重大な相違点」があるとして保留すると発表した。スロバキアのロバート・フィーコ首相によれば、その相違点とはウクライナをめぐる相違点だという。「チェコ政府はウクライナの戦争を支持することに関心があるだけで、スロバキア政府は公然と平和を主張している」。

分裂はNATOの東側加盟国と西側加盟国の間だけでなく、小国と大国の間だけでもなかった。NATOの結束は西側勢力ブロックの間にも及んでいる。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、ウクライナに西側諸国軍隊を派遣することは「捨てるべきでない選択肢」だと述べたとき、エストニア、リトアニア、ラトビアは彼を支持したが、ドイツは「ヨーロッパ諸国やNATO諸国から派遣された兵士がウクライナの地に駐留することはない」と主張した。マクロン大統領は、「臆病者にならないことが適切なヨーロッパ」の時代が来たと答えた。ドイツのボリス・ピストリウス国防相は、「地上軍とか、勇気があるとかないとかいう話は……ウクライナを助けるということに関して、われわれが抱えている問題を解決する助けにはならない」と述べた。米国高官によれば、マクロンの発言もワシントンを怒らせたという。

ドイツのオラフ・ショルツ首相が、ウクライナにフランス軍とイギリス軍が駐留していることを明らかにしたとき、フランスとイギリスは激怒し、この戦いを公にした。ベン・ウォレス元英国国防相は、「ショルツの行動は、ヨーロッパの安全保障に関しては、彼は間違った男であり、間違った時期に間違った仕事に就いていることを示している」と述べた。英国議会の外交委員会のアリシア・カーンズ委員長は、ショルツの発言を「無責任であり、同盟国に対する平手打ち」と呼んだ

ベルリンを拠点とするある外交官は、「マクロンとショルツは会話すらしていない」と語っているという。ニューヨーク・タイムズ紙は、「フランスとドイツの当局者は、2人の指導者の間に深刻な衝突があることを内々に認めている」と報じている。両首脳は3月15日にベルリンで会談し、「意見の相違を滑らかにする」ことを目指したが、その会談では「ベルリンとパリが対立している事柄について、実質的な内容はほとんど語られなかった」という。

ロシアのウクライナ侵攻によってNATOの結束が高まった面もあるだろうが、NATOがこれまで以上に結束しているとは言い難い。攻撃性の度合いやレッドラインを越える意思には深い違いがある。バルト三国には、NATOの一等国と二等国に対する憤りがある。中小の大国は大国に対して怒っており、ドイツ、フランス、イギリスでは大国同士が公然と怒っている。


テッド・スナイダーは、Antiwar.comとリバタリアン研究所で、米国の外交政策と歴史に関するコラムを連載している。また、『Responsible Statecraft 』や『The American Conservative 』などにも寄稿している。彼の活動を支援したい方、メディアやバーチャル・プレゼンテーションの依頼は、tedsnider@bell.netまでご連絡ください。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました