アミロイド

アミロイド

アミロイドβ、タウなど様々な大きさの比較

アルツハイマー病の発症に関与すると考えられているアミロイドβ、タウなどの神経疾患と関連するタンパク質。 これらは人間から見て小さいだけでなく生物学的レベルにおいても非常に小さな存在なのだが、肉眼では全く見えないのでいかに小さいかピンと来ない。 そこであらゆる物を100万倍にしてみると、(または自分がスモールライトで100万分の...
睡眠

アルツハイマー病における睡眠とβアミロイド沈着 アルツハイマー病メカニズムの解明と革新的な治療法の可能性

Sleep and β-Amyloid Deposition in Alzheimer Disease: Insights on Mechanisms and Possible Innovative Treatments 要旨 アルツハイマー病の前臨床段階への関心の高まりは、早期介入戦略の設計に有用な修飾可能なリスク因子と予測...
統合医療・精密医療

アルツハイマー病の現在と将来の治療 最新情報

Konstantina G Yiannopoulou1 and Sokratis G Papageorgiou2 要旨 アルツハイマー病(AD)の治療戦略は、まだ広範囲に及ぶ研究が行われている。現在では、この病気のための対症療法のみが存在し、そのすべてが神経伝達物質の障害を相殺しようとしている。3 コリンエステラーゼ阻害剤...
5型(外傷性)

ミクログリア クリアランス・活性化を調節する32の因子

アミロイドβのミクログリア-クリアランスを増加させる 関連記事 アミロイドβクリアランス 脳のアクアポリンAQP4 概要 アミロイドβは脳内において平衡バランスを保っており、アミロイドβの恒常性バランスが崩壊することによってアルツハイマー病を発症するという仮説が存在する。 アミロイドβのクリアランスメカニズムは複雑で複数...
2型(萎縮性)

レプチン抵抗性を改善する7つのアプローチ

アルツハイマー病患者のレプチン抵抗性   概要 食べすぎないための食欲抑制ホルモン? レプチンは、全身の脂肪細胞で作られ、視床下部内で作用することで食欲を抑制し、体脂肪を減少させる脂肪蓄積の調節ホルモンとして知られている。そのためレプチン研究初期の頃は「満腹ホルモン」「痩せホルモン」などと呼ばれてきた。 しかし、レプチンの作...
アミロイド

アミロイドβオリゴマーの毒性と蓄積を防ぐ22の治療アプローチ

アルツハイマー病アミロイドβ形成と凝集 関連記事 アミロイドβオリゴマー仮説 APPβ切断(BACE1)を減少させる APPγ切断を減少させる APPα切断を増加させる ネプリライシンを増やす インスリン分解酵素(IDE)を増やす アミロイドβクリアランスを増加させる アミロイドβのミクロ...
36の発症因子

アミロイドβオリゴマー仮説

アルツハイマー病患者のアミロイドβオリゴマー形成と凝集 アミロイド薬の研究が失敗した理由は、間違った形態の分子をを追跡するように設計されていたのかもしれない。 アミロイドは頻繁にその形態や折り畳み方を変える「シェイプシフター」だ、しかし薬物は非常に特異的に形態にしか作用しない。 そのため、仮にアミロイド薬のようなムーンショッ...
アミロイド

ARIA(アミロイド関連画像異常)

ARIA(アミロイド関連画像異常) 概要 amyloid-related imaging abnormalities 抗アミロイド薬(特にアデュカヌマブなどの人モノクローナル抗体)の使用により、アルツハイマー病患者の神経画像で見られるもっとも一般的な異常。アルツハイマー病患者で自然発生的に生じることはめったにない。 ARIA-...
36の発症因子

cAMPとcGMP PDE阻害剤(認知症・アルツハイマー病)

cAMP・cGMP サイクリックAMP(環状アデノシン一リン酸)およびサイクリックGMP(環状グアノシン一リン酸)は、細胞の情報伝達においてセカンドメッセンジャーとしての役割をもつ重要な親水性環状ヌクレオチド。 細胞内シグナル伝達で重要な役割を果たすため、さまざまな障害に関与する。 cAMPおよびcGMP...
1.5型(糖毒性)

認知症リスク因子 インスリン分解酵素(IDE)の低下 5つの改善アプローチ

Insulin Degrading Enzyme 概要 インスリン分解酵素(IDE)の多彩な機能 インスリン分解酵素(IDE)は、インスリン代謝に関与する酵素として発見された。そのため、これまでの研究もほとんどが、糖尿病の発症に関するものとして調査されている。 しかし、アミロイドβ、アミリン、グルカゴンなどのポリペプリドを...