PDE阻害

認知症 治療標的

アルツハイマー病に対するホスホジエステラーゼ阻害剤 臨床試験と疫学の系統的レビューとメカニズム論的根拠の提示

Phosphodiesterase Inhibitors for Alzheimer’s Disease: A Systematic Review of Clinical Trials and Epidemiology with a Mechanistic Rationale オンライン公開 2020年6月16日. 要旨 背景 ...
認知症 治療標的

アルツハイマー病の治療のためのシルデナフィル システマティックレビュー

Sildenafil for the Treatment of Alzheimer’s Disease: A Systematic Review 要旨 アルツハイマー病では一酸化窒素/環状グアノシン一リン酸(cGMP)シグナル伝達が障害され、cGMPを分解するホスホジエステラーゼ5(PDE5)がアップレギュレーションされる。シ...
適応外薬

アルツハイマー病に対するシロスタゾールの薬理学的可能性

Pharmacological Potential of Cilostazol for Alzheimer’s Disease オンラインで公開2019年5月22日 要旨 アルツハイマー病は、ゆっくりと進行する認知症であり、臨床的には認知機能障害と記憶障害を特徴とし、神経病理学的には、アミロイドβタンパク質(アミロイドβ)を含む...
適応外薬

勃起不全および軽度の認知障害を有する患者の脳灌流および認知に及ぼす低用量タダラフィルの1日1回投与の効果

The Effect of Daily Low Dose Tadalafil on Cerebral Perfusion and Cognition in Patients with Erectile Dysfunction and Mild Cognitive Impairment 要旨 目的 本研究の目的は、低用量タ...
コロナウイルス

COVID-19 ホスホジエステラーゼ5型(PDE5)阻害剤

シルデナフィル、タダラフィル、シロスタゾール COVID-19感染症におけるNO-cGMP-PDE5経路の標的化 数多くの臨床研究および実験研究により、一酸化窒素(NO)-環状GMP-ホスホジエステラーゼ5型(PDE5)経路が、代謝性疾患患者の低悪性度炎症を調節し、心血管系を保護する役割を果たすことが明らかになっている。 ...
36の発症因子

cAMPとcGMP PDE阻害剤(認知症・アルツハイマー病)

cAMP・cGMP サイクリックAMP(環状アデノシン一リン酸)およびサイクリックGMP(環状グアノシン一リン酸)は、細胞の情報伝達においてセカンドメッセンジャーとしての役割をもつ重要な親水性環状ヌクレオチド。 細胞内シグナル伝達で重要な役割を果たすため、さまざまな障害に関与する。 cAMPおよびcGMP...