1.5型(糖毒性)

1.5型(糖毒性)

アルツハイマー病におけるインスリン抵抗性

Insulin Resistance in Alzheimer's Disease 糖尿病、肥満、認知症の疫学的な関連性は、公衆衛生上の重要な課題であると同時に、これらの状態をさらに理解する機会でもある。この3つの疾患の間で重要な交点はインスリン抵抗性であり、これは糖尿病と肥満の末梢組織で起こることが古典的に記述されており、最近...
1.5型(糖毒性)

2型糖尿病とアルツハイマー病における脳内インスリン抵抗性:概念と難問

Brain insulin resistance in type 2 diabetes and Alzheimer disease: concepts and conundrums ゾーイ・アルバニタキス,2 シャノン・L・マコーレー・ランバック,3 アーロン・M・ケーニッヒ,1 ホアウ・ヤン・ワン,4 レックスフォード・S・アヒマ...
1.5型(糖毒性)

インスリン感受性・インスリンシグナル伝達の改善(アルツハイマー病・認知症)

糖尿病とアミロイド・認知症リスク 概要 アルツハイマー病におけるインスリン インスリンシグナル伝達と関連するタンパク質は、海馬や側頭葉などアルツハイマー病と関連する多くの脳領域で検出されている。 インスリンシグナル伝達はアルツハイマー病患者の脳組織で損なわれており、インスリン作用の改善がアルツハイマー病の認知機能改善のため...
1.5型(糖毒性)

認知症リスク因子 インスリン分解酵素(IDE)の低下 5つの改善アプローチ

Insulin Degrading Enzyme 概要 インスリン分解酵素(IDE)の多彩な機能 インスリン分解酵素(IDE)は、インスリン代謝に関与する酵素として発見された。そのため、これまでの研究もほとんどが、糖尿病の発症に関するものとして調査されている。 しかし、アミロイドβ、アミリン、グルカゴンなどのポリペプリドを...
1.5型(糖毒性)

いつでも飲めるたんぽぽコーヒーラテ(インスタント)

アルツハッカーインスタントコーヒー はじめに カフェインの影響 カフェインがもたらす健康効果を多くの研究によって支持されており、一般的に200~400mg/日までであれば十分に許容される。 これはコーヒー換算で3~6杯分に相当する。 しかし間違ったタイミングによるカフェイン摂取がもたらす睡眠への影響と危険性は...
1型(炎症性)

PPARとアルツハイマー病

ペンパイナッポーアッポーペン♪ ピコ太郎 ヾ(- -;)「それはPPAP」 関連記事 PPARとアルツハイマー病 PPARガンマを活性する30の方法 PPARアルファを活性化させる コレステロールセンサー肝X受容体(LXR) 20の活性方法 オメガ3系多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFA) DP...
1.5型(糖毒性)

糖質制限についての注意(作成中)

糖質制限についての注意 関連記事 アルツハイマー病・神経変性疾患へのケトン食研究 ケトン食・ケトン体 20の神経保護効果と15の健康リスク 認知機能改善食事プログラム ケトフレックス12/3 ケトン体質になるための14のステップ 糖質制限についての注意 リコード法 ケトンダイエットの計算 ケトン...
1.5型(糖毒性)

アルサプ 認知症回復プログラム 1.5型(糖毒性)

スタートアップオプション 1.5型(糖毒性) はじめに 空腹時インスリン4.5以上、空腹時血糖値90以上、HbA1c5.5以上のいずれかに該当する場合にこのオプションを検討する。 1.5型は1型と2型の要素を併せもつため、1型、2型にも対応しつつ1.5型の特徴である糖代謝の改善に多面的に取り組むことになる。 1.5型へ...
1型(炎症性)

PPARガンマを活性させる82の方法

PPARγを活性化させる 関連記事 PPARとアルツハイマー病 PPARガンマを活性する30の方法 PPARγ活性 栄養化合物 EPA・DHA PPARγのアップレギュレーション リノレン酸 セージ抽出のリノレン酸。12-O-メチルカルノシン酸、α-リノレン酸によるPPARγの活性 リノール酸 ...
1.5型(糖毒性)

ビタミンB1(認知症・アルツハイマー)

ビタミンB1(チアミン・ベンフォチアミン) ビタミンB1、チアミン/Tiamine、スルブチアミン/Sulbutiamine、ベンフォチアミン/Benfotiamine 概要 チアミン欠乏症によるウェルニッケ脳症が有名 チアミンが欠乏のウェルニッケ・コルサコフ症候群では多くの脳領域で20~30%のグルコース代謝が減少す...