Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

PPARガンマを活性させる82の方法

PPARγを活性化させる

利用規約・免責事項への同意が必要です。

関連記事

PPARとアルツハイマー病

PPARガンマを活性する30の方法

PPARγ活性 栄養化合物

EPA・DHA

PPARγのアップレギュレーション

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12438303

リノレン酸

セージ抽出のリノレン酸。12-O-メチルカルノシン酸、α-リノレン酸によるPPARγの活性

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20696231

リノール酸

PPARα、γの活性化

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10940341

MCTオイル 

オメガ6脂肪酸

オメガ3脂肪酸

ビタミンA

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19364826

ビタミンD

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19364826

ビタミンE

トコトリエノール

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19866471

αトコフェロール

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19083475

γトコフェロール

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14521714

アルファリポ酸

グリシン

セレニウム

亜鉛

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15226458

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18593933

リチウム

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23527032

フラクトオリゴ糖・マンノオリゴ糖

RXR

PPARはRXRとヘテロダイマーの形をとることにより活性化される。

そのためPPARγを活性させるには、RXRも活性化させる必要がある。

ビタミンA

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15203375

βカロテン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17911009

PPARガンマ活性 ハーブ類

緑茶カテキン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18951882

アストラガルス

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16549448

クルクミン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8118391

ミルクシスル

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17911009

バナナレクチン
ニンニクレクチン
メランジン(ミカン)Limnocitrus littoralis

Limnocitrus littoralis

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17853346

甘草

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20022509

レスベラトロール

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16849586

イタチハギ(Amorfrutins)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22509006

ネオリグナン/ごま、アカゴマ

PPARγアゴニスト

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11790964

トリゴネリン
ヒマワリヒヨドリ(Chromolaena odorata)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23186307

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19242902

ジャズダマ
香醋
カルノシン酸/セージ、ローズマリー

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16858665

エラグ酸/赤ワイン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21773583

しょうが
シナモン
ルテオリン

PPARγパーシャルアゴニスト

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22391103

www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/warc/2010/wenarc10-31.html

THC デルタ9 – テトラヒドロカンナビノール

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16213464

グッグル

グッグルの木から抽出されたググリピッド(Commiphora mukul)のPPARγ活性による高糖尿病効果

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18926687

スクリーニング

52のハーブ抽出物 トップ10

  • Alisma plantago aquatica (ze xie/european waterplantain)ウォータープランテーン
  • Catharanthus roseus (madagascar periwinkle) ニチニチソウ
  • Acorus calamus (sweet calamus) ショウブ
  • Euphorbia balsamifera (balsam spurge) ユーフォルビア・バルサミフェラ
  • Jatropha curcas (barbados nut) ナンヨウアブラギリ
  • Origanum majorana (marjoram) マジョラム
  • Zea mays (corn silk) とうもろこしの毛
  • Capsicum frutescens (chilli) キダチトウガラシ
  • Urtica dioica (stinging nettle) イラクサ

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17152989

57000以上のハーブ バーチャルスクリーニング

  • オレアノン酸(Oleanonic acid) オレオレジン/Pistacia lentiscus var
  • キオス・マスティックガム(Chios mastic gum)

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21069556

PPARγ、PPARαの二重活性アゴニスト
  • ゲニステイン
  • ビオカニンA
  • サルガキノイン酸
  • サルガヒドロキノイン酸
  • レスベラトロール
  • アモルファスチルボール

α-エレオステアリン酸

81の天然化合物スクリーニング

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21904603

200の天然化合物 バーチャルスクリーニング

psi-baptigenin

3′,4′-(メチレンジオキシ)-7-ヒドロキシイソフラボン

ヘスペリジン(hesperidin)
  • レッドクローバー(Trifolium pratense)
  • マンリョウ(Ardisia crenata Sims)
  • ブラジリアンチューリップウッド(Dalbergia frutescens)
  • 柑橘類

アピゲニン、クリシン、ビオカニン-A、ゲニステイン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18086153

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19067454

PPARγ活性化 医薬

ピオグリタゾン

(直接PPARγを刺激するのではなくCdk5によるPPARγのリン酸化を阻害する)

アルツハイマー患者へのピオグリタゾン臨床第三相試験

www.takeda.co.jp/news/2013/20130827_5943.html

徐放製剤0.8mg/ 日 投与 2年間

無作為化オープンコントロール試験(2型糖尿病アルツハイマー病患者)

投与群では頭頂葉の血流と認知機能が改善したが対照郡では改善を示さなかった。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19923038/

ピオグリタゾンは脳内を透過するが、限定的である。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9037440/

ロシグリタゾン

ランダム化比較試験、軽度から中等度のアルツハイマー病患者。

ApoE4非保有者がロシグリタゾンに応答して認知的と機能的改善を示したが、ApoE44対立遺伝子保有者は改善を示さず機能低下が観察された。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16446752/

ロシグリタゾンによるマウスの脳のミトコンドリア生合成増加

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17361034/

テルミサルタン

PPARパーシャルアゴニストであるテルミサルタンは、マウスのアミロイドβ沈着の減少を示し、認知機能低下を予防した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18715543/

その他

ロサルタン
イルベサルタン

他のアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬に比べPPARγ作用は弱目

ベキサロテン

dislocon.blog.fc2.com/blog-entry-417.html

シルデナフィル

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20471953

NSAID

インドメタシン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15686492

イブプロフェン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15686492

PPARγ活性化 ライフスタイル

運動
寒さ
空腹 断食
ケトンダイエット
日光浴
LLLT 660nm 30mw 5.4J

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22882462

PPARγ阻害因子

オレウロペイン

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3896615/

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20495905

レスベラトロール

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18555852

銀ナノ粒子

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26551752

葉酸

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25037819

ケルセチン

PPAR3つのアイソフォームを活性化を阻害

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18393431

AMPK活性因子

AMPKはPPARγを阻害するため、AMPK活性因子はPPARγの阻害を促進する。

ベルベリン

AMPK活性(漢方の黄檗)癌細胞の増殖抑制作用がある。

メトホルミン

AMPK活性