環境リスク

3型(有害金属)

パラケルスス再訪 複雑な世界における用量概念

Paracelsus Revisited: The Dose Concept in a Complex World 要旨 パラケルススが「毒のないものは何か」という有名な独白を作った時に、「毒のないものは何もない。すべてのものは毒であり、毒のないものはない。毒でないものは用量だけで決まる」という言葉を残した。当時の胎児毒性学は...
認知症のリスク因子

高周波電磁界曝露が中枢神経系に及ぼす影響について

Possible Effects of Radiofrequency Electromagnetic Field Exposure on Central Nerve System 要旨 電気・通信技術の発展に伴う人類の技術的進歩により、人工的な電磁場(EMF)への曝露が進んでいる。今後も技術的な成長が見込まれており、EMFの被...
3型(有害金属)

細胞危険応答 / Cell Danger Response (CDR)

慢性疾患と細胞危険応答(CDR) Self-defense is Nature's eldest law.   John Dryden 自己防衛は自然界最古の法である。 ジョン・ドライデン 概要 細胞危険応答(CDR)とは 細胞危険応答(CDR)とは、宿主を侵入者から保護するための進化的に備わった細胞およびミトコンドリア...
環境リスク

全身麻酔の認知機能低下リスク(認知症・アルツハイマー病)

General anesthesia/リコード法 はじめに 全身麻酔 一般的な麻酔薬は脂溶性が高く細胞に浸透し、多くの細胞成分と相互作用する。 麻酔薬は、遺伝子発現、タンパク質合成、プロセシング、細胞機能に影響を及ぼし、多くの組織で長期的にも生化学的な影響をもたらすことが明らかになっている。 麻酔薬の安全性 ヒトで...
認知症症状・BPSD

「遊び」がもたらす12の認知機能増強作用 (環境エンリッチメント)

環境エンリッチメントの研究 (認知症・アルツハイマー病) 概要  Environmental Enrichment (EE) 環境エンリッチメント 環境エンリッチメント(EE)とは、小屋、玩具、ランニングホイール、他の動物との関わり合いなどによって感覚的刺激、社会的刺激、運動刺激などを付加させた環境飼育のこと。 飼育...