環境リスク

電子廃棄物(E-Waste)101 | 知っておくべきすべてのこと
E-Waste 101: Everything You Need to Know

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.ecowatch.com/e-waste-explained.html

By: Linnea Harris

更新日 2022年11月25日

編集:イルマ・オメルホジッチ

Workers sort through a pile of used mobile phones in New Delhi,India

インドのニューデリーで、中古携帯電話の山を仕分ける作業員。Kuni Takahashi/Bloomberg/Getty Images

クイック・キーファクト

  1. E-wasteは、世界で最も急速に増加している廃棄物であり、毎年5,000万トンから6,000万トンが排出されている。
  2. 2021年に廃棄される電子機器廃棄物だけでも、万里の長城を超える重さがあり、世界で最も重い人工建造物となっている。
  3. E-wasteの75-80%はアフリカやアジアの国々に輸送され、貧しい地域や疎外されたコミュニティは健康や環境に悪影響を及ぼしている。
  4. 電子機器には鉛、水銀、カドミウムなどの有害物質が含まれており、埋立地や、金や銅などの有価物を採取しようとする南米の「裏庭リサイクル業者」が製品を燃やすと、周囲の環境に溶出する。
  5. 年間発生する電子機器廃棄物のうち、適切にリサイクルされているのは20%以下である。
  6. 電子機器廃棄物には、適切なリサイクルによって取り出すことができる貴重な物質が含まれている。リサイクルされていないE-wasteには、570億ドル相当の回収可能な貴金属が含まれていると推定されている。
  7. 米国の25州とワシントンD.C.にのみ、E-wasteのリサイクルを義務付ける、埋立地での廃棄を禁止する、他国への輸出を禁止するなどの何らかの法律が制定されているのである。

E-Wasteとは?

E-wasteとは、電子機器廃棄物、E-scrap、使用済み電子機器、WEEE(Waste Electrical and Electronic Equipment)とも呼ばれ、廃棄、寄付、リサイクルされた電子機器のことを指す。しかし、「廃棄物」という言葉は誤解を招く恐れがある。多くの製品は、再利用やリサイクルすることで、内部にある望ましい物質を取り出すことができるなど、まだ価値がある。

「E-waste」という包括的な用語には、温度交換機器(冷暖房機器など)、スクリーンやモニター、ランプ、大型機器(洗濯機、食洗機、コピー機、印刷機など)、小型機器(掃除機、電子レンジ、電子おもちゃや工具、ラジオ)、小型IT・通信機器(携帯電話、GPS、パーソナルコンピューター)という6種類の廃棄物が含まれている。

一般廃棄物とは異なり、E-wasteは非常に危険で、ベリリウム、カドミウム、水銀、鉛などの有毒物質を含むため、これらの製品のリサイクルには徹底した分別と取り扱いが必要である。E-wasteは、その複雑な処理要件もあって、しばしば南半球の国々に輸出され、使用済み電子機器から貴重な材料を採掘する現地の人々の健康や安全に害を及ぼしている。

E-wasteの発生状況

E-wasteは増え続ける廃棄物の流れである。グリーンアライアンスによると、世界で最も急速に増加しており、2014年から2019年の間に21%増加している。毎年5,000万トンから6,000万トンが排出されており、これは世界の年間廃棄物の約2-3%に相当する。これは、世界の年間廃棄物の約2〜3%に相当する。一見、取るに足らない数字に見えるが、E-wasteの排出量の増加がもたらす結果は極めて深刻である。

なぜ、こんなにたくさんあるのか?

2007年にiPhoneが発売されたとき、その年に売れた台数は140万台だった。現在では、2.5日ごとに同じ台数の携帯電話が販売されている。これは、経済や生活のあらゆる場面で電子機器への依存度が高まっていることを表しており、そこから電子機器廃棄物が大量に発生している。2021年には6,330万トンの電子機器廃棄物が廃棄されると推定されており、これは万里の長城よりも重く、世界で最も重い人類の建築物であり、今後も 増え続けると予想されている。20-30年には、電子機器廃棄物は 8,160万トンに達すると予測されている。これはエンパイアステートビル100棟分以上に相当する量である。

計画的陳腐化

携帯電話やパソコンの新製品や更新が、以前よりずっと早くなったように感じることはないだろうか?これは事実であるだけでなく、テクノロジー企業が意図的に採用している戦術で、古いモデルがどんどん時代遅れになるように仕向けている。たとえ完璧に機能する製品でも、「古い」という認識だけで買い替えが進むことがある(「知覚的陳腐化」と呼ばれる)。現在、携帯電話は平均して2〜3年程度しか持たない。また、新製品が発売されるたびに、新しい充電器やアダプター、互換製品が発売され、古い製品は使えなくなり、ゴミ箱行きになる。

しかし、メーカーによっては、ある一定の期間しか使えないように意図的に製品を設計することもある。これは「計画的陳腐化」と呼ばれる現象である。故障した携帯電話やパソコンの修理代が、実は新製品を買うよりも高いということもある。これも購買意欲を高めるための意図的な戦術である。また、新しいソフトウェアのアップデートが旧モデルと互換性がないこともよくあり、世界が5Gにアップグレードしている現在、携帯電話の全世代がまもなく時代遅れになることが予想される。

E-wasteのリサイクル

マサチューセッツ州ホリストンにあるElectronic Recyclers Internationalの工場で、電子リサイクル可能な廃棄物として解体されるのを待っている電子廃棄物の中を歩く従業員。Zoran Milich/Moment Mobile/Getty Images


E-wasteには多くの有害化学物質が含まれているため、廃棄された電子機器は、プラスチック、金属、内部回路を分離する複雑なリサイクル工程を経なければならない。E-wasteのリサイクルは、廃棄物を埋立地に捨てる代わりに、人体や環境に害を及ぼす可能性のある化学物質を除去するために行われる。リサイクルサービスは、地方自治体や州政府(米国外の一部の国では連邦政府)、または民間のリサイクル事業者によって提供されている。

E-waste(電子機器廃棄物)リサイクルのメリット

E-wasteには、有害な毒物だけでなく、将来の製品に再利用できる貴重な素材も含まれている。EPAによると、 100万台の携帯電話をリサイクルすると、35,000ポンド以上の銅、772ポンドの銀、75ポンドの金、33ポンドのパラジウムが回収されるそうだ。これらの材料を抽出することは経済的なメリットがある。2018年の調査では、アルミニウム、銅、金の採掘は、適切にリサイクルされた電子機器から回収するよりも13倍高価で あることが判明している

リチウムは多くの産業で利用されており、電気自動車のバッテリーにも欠かせない。リチウムは、電気自動車への需要が大きいことと、採掘に時間がかかることから、供給不足に陥っている。リサイクルされた電子機器廃棄物からリチウムを採掘すれば、市場に多く供給され、電気自動車の価格高騰を防ぐことができるのである。

どのように行われるのか?

E-wasteのリサイクルプロセスでは、有価物と有害物を分離するために多くの段階を経ている。まず、廃棄物を手作業で種類やモデルに分類し、部品として再利用できるもの、または新しい製品になるものを調べる。そして、残ったものを分解し、有害物質を除去する「脱製品化」という工程を経ます。例えば、コピー機には可燃性のトナーが含まれており、リサイクルの後工程で爆発する可能性がある。残りの非有害廃棄物は機械で破砕し、破砕物から有価物を取り出す。巨大な磁石が鉄や鋼鉄などの強磁性体を捕獲する。このように、金属やその他の望ましい物質を見つけ出し、取り除く作業が、リサイクル産業の収益性を高めているのである。最後に、水を使って残りの材料を分離する(プラスチックは浮き、重いものは落下する)。

なぜE-wasteのリサイクルはこんなに複雑なのか?

2019年、世界で発生したE-wasteのうち、回収され、適切にリサイクルされたのは、プロセスの複雑さもあり、わずか17.4%にとどまっている。6つのE-wasteカテゴリーはそれぞれ、発生量、経済価値、人の健康や環境に対する脅威が異なるため、回収・リサイクルの方法が大きく異なり、さまざまな技術が必要とされる。また、スマートフォンのようにバッテリーを取り外すことができず、簡単にリサイクルできない製品も少なくない。また、リサイクルのための機械は技術の変化に合わせて常にアップグレードしなければならず、手作業による選別では作業者が長時間にわたって低濃度の化学物質にさらされることになる。しかし、アルミニウム、コバルト、銅、金、鉄、鉛、プラチナ、銀、スズなど、ほとんどの電子機器廃棄物に含まれる10/60の元素は、機械的な処理ではリサイクルすることができないのである。

規制の欠如

米国では、電子機器廃棄物をめぐる適切な規制がないことも、廃棄をより複雑にしている。他の国々ではE-wasteに関する法律がもっと厳しいのに、25の州とDCだけは、E-wasteのリサイクルを義務づける、埋立地での廃棄を禁止する、他国への輸出を禁止するなどの何らかの法律を制定しているのである。州によっては、企業と提携して州全体の回収システムを導入したり、メーカーにリサイクル目標を課しているところもある。しかし、米国では、メーカーが顧客が購入した製品にリサイクルオプションを提供することを義務付ける包括的な連邦法がない。結局のところ、メーカーも消費者も、自分たちで廃棄物の処理方法を考えなければならず、コストがかかったり、不適切なリサイクルにつながったりする可能性があるのである。

E-wasteの取引と人体への影響

2022年10月30日、バングラデシュのダッカで、E-wasteとされるテレビのリサイクルのスクラップヤードで作業する男性の姿。カジ・サラフディン・ラズ/NurPhoto/Getty Images


電子機器廃棄物のリサイクルには多くの利点があるが、リサイクル業者によって処理方法が異なる場合がある。中には、廃棄物を適切にリサイクルすること(複雑でコストがかかる)よりも、廃棄物を海外に輸出することを優先する企業もある。このように、E-wasteは人道的にも環境的にも大きな問題を抱えているのである。

E-wasteの投棄

2019年に正式に回収・リサイクルされたE-wasteは17.4%であり、80%以上が回収されていないことが分かっている。EPAによると、これらの使用済み電子機器のうち不定量が、裕福な欧米諸国から、材料を拒否するか適切に処理する能力がない低所得国へ出荷されている。高所得国では、E-waste全体の4分の1近くが輸出されていると推定される。E-wasteの中には、デジタル技術に十分にアクセスできない国々に届けるという意図で出荷されるものもあるが、この公式な理由は、違法輸出を隠すためのベールとしても使われることが多いのである。中国、ガーナ、インド、ナイジェリア、パキスタン、ベトナムが主な輸出である。このように、貧しい地域や社会から疎外された地域が、西洋のE-wasteによって健康と環境の代償を払う羽目になっているのである。

バックヤードリサイクラー

インド、インドネシア、フィリピン、タイなど、これらの輸出先となる多くの国では、E-wasteからの素材採取が重要な収入源となっている。世界のE-wasteの中心地と言われる中国の貴州では、75%の世帯がインフォーマルなリサイクルに従事している。

このような「バックヤード・リサイクラー」は、電子機器廃棄物の中から貴金属やその他の貴重な材料を回収することで収益を得ている。回路基板などのアイテムは文字通り金鉱であり、2016年のE-wasteに含まれる金は、毎年採掘される量の約10%に相当する。有価物でないものは、露天焼却や水銀、塩酸、硝酸などの酸の浴槽で溶かす。腐食したり、放射線にさらされたりすると、電子機器に含まれる有害な化学物質が大気中に放出されるのである。

この仕事に従事している人の多くは女性と子どもである。WHOによると、約1290万人の女性と1800万人の子どもと青年がインフォーマルな廃棄物分野で働いており、1000以上の有害物質にさらされていると言われている。特に、鉛、水銀、カドミウム、ヒ素などの化学物質への暴露は、安全装置の欠如と相まって、これらの労働者にとって極めて有害であり、癌やその他の健康問題に直接関連している。e-wasteの有害物質にさらされると、母親は流産、低体重児出産、自然流産、死産などの悪影響を受け、子どもは神経認知の問題や肺機能の低下を引き起こし、後年がんや心血管疾患になる可能性も高くなる。

労働者だけでなく、これらの野外焼却作業付近の地域社会にも影響が及んでいる。EWM(電子廃棄物関連混合物)は非常に毒性の高い組み合わせで、放出された場所から非常に遠くまで広がり、吸入や汚染された土壌、食品、水との接触によって遭遇することになるのである。

なお、「南半球」に蓄積されるE-wasteのすべてが輸出品であるわけではない。例えば、ガーナや西アフリカの他の地域では、かなりの割合のE-wasteが現地で生産されている。

その他のE-wasteの悪影響

環境負荷

電子機器廃棄物に含まれる有害物質は、裏庭での非公式なリサイクルや埋立地からの浸出によって、環境、特に水質汚染に大きな悪影響を及ぼしている。雨によって電子機器廃棄物に含まれる化学物質が溶け出し、他の水路に流れ、川を酸性化し、野生生物を毒し、飲料水を汚染する。

PCB(ポリ塩化ビフェニル)やDDT(殺虫剤)などの工業化学物質を含む、発がん性のある残留性有機汚染物質(POPS)は、環境悪化に抵抗し、水路や大気中に流出する可能性がある。これらの汚染物質は、魚介類に生物濃縮され、大気中の塵埃を汚染し、大気中に放出されると温室効果を増大させる可能性さえある。冷蔵庫やエアコンなどの温湿度交換機器も、温室効果ガスをゆっくりと放出することで、気候変動に直接的に寄与している。The Conversationによると、スクラップヤードから毎年9800万トンが漏れていると考えられており、これはエネルギー部門からの排出量の0.3%に相当する。

リソースの損失

E-wasteがリサイクルされず、その貴重な物質が抽出されない場合、莫大な費用と資源が失われる。リサイクルされていないE-wasteには、金、銀、プラチナなどの回収可能な貴金属が570億ドル相当含まれていると推定されており、これはほとんどの国のGDPよりも多いのである。このような既存の資源を失うことは、より多くの金属や希少物質を抽出するためにさらなる採掘が必要となり、酸性廃液やその他の汚染、景観の変化をもたらすことになる。また、コバルトのように、主に危険な紛争が発生している地域で採掘される素材もある。

E-Wasteソリューション

2013年2月26日、フィラデルフィアのトーレスデール・コンビニエンス・センターで、数百台のテレビやさまざまな電子機器が山積みになっている横のゴミ箱に「Electronic Recycling Only」のサインが掲示されている。Mark Makela/Corbis/Getty Images


正規のE-wasteリサイクル(および新興のE-wasteリサイクル技術)以外にも、増大するE-waste問題に対する解決策は存在する。

電子機器修理

耐久性のある製品がない場合、「修理する権利」法が州レベルで扱われており、企業は消費者に製品の簡単な修理を行うために必要な部品を提供することを義務づけることになる。iFixitのような団体も、消費者にDIYソリューションを提供している。彼らは、電話からタブレット、ゲームシステム、ハンドツールに至るまで、最も一般的な製品の無料修理ガイドを掲載している。

方針転換

E-wasteの生産と廃棄に有意義に対処するためには、適切な法律が不可欠である。

2019年末時点で、世界人口の71%を占める78カ国が、e-wasteを管理するための政策、立法、規制を実施しているか、その計画を持っている-しかし、ほとんどの場所で、これらは法的な拘束力を持たない。EUのように、E-wasteに対して意味のある行動をとっている国もある。EUは、E-wasteに関する法律を非常に厳しく取り締まっている。EU市民は電子機器廃棄物の無料リサイクルプログラムへのアクセスを保証され、低所得国への輸出は禁止され、メーカーはリサイクルの一翼を担わなければならない。

しかし、米国では、E-wasteのリサイクルを義務づける連邦法や、Global Southの国々への輸出を禁止する法律がなく、リサイクル率はかなり低くなっている。また、187の国連加盟国が加盟し、有害廃棄物の国際的な移動を規制する「有害廃棄物の越境移動に関するバーゼル条約」(1989)にも加盟していない。米国は国際E-waste管理ネットワーク(IEMN)-各国政府が集まってE-wasteに関するベストプラクティスを交換する-に参加しているが、拘束力はなく、政府の公式見解を示すものではない。一部の州では拡大生産者責任(EPR)法を制定し、電子機器のメーカーは古い製品を回収してリサイクルするシステムを導入しなければならないと定めている。

生産者からの変更

企業によっては、自らE-wasteの対策に取り組んでいるところもある。例えばAppleは現在、下取りしたiPhoneをクレジットで購入できるようにしており、他のいくつかの企業と同様に、使用済みのApple製品から材料を採掘して新しい製品を作っている。また、Appleは2018年に、1時間に200台のiPhoneを解体できるリサイクルロボット「Daisy」を導入したが、それでも、製品の生産と廃棄の速度には追いついていない。

テイクアウト

E-wasteの生産量増加と有害な廃棄は、国境を越え、人間、環境、経済の健全性と結びついている複雑な問題である。しかし、電子機器の生産と不適切な廃棄に対抗するための個人の行動から始まる、マクロとミクロの両方のレベルの解決策がある。

支援方法

  • 買うものを減らす 新しいiPhoneが発売されても、数年おきに大金を支払う必要はない。その代わり、パソコンや携帯電話、キッチン用品など、電化製品をできるだけ長く使えるように手入れをしよう。
  • 修理する 製品が故障した場合は、自分で修理するようにしよう。iFixitで修理ガイドを見るなどして、安全かつ効果的に故障を修理する方法を学ぼう。自分で修理できない場合は、専門家に修理を依頼してほしい。
  • 再販する(出品する) あなたが不要になった製品でも、他の人がいるかもしれない。Facebook Marketplace、eBay、Poshmark、その他のオンライン小売店で中古の電子機器を出品する。
  • リサイクルする 製品をリサイクルする必要があるときは、正しくリサイクルしてほしい。デバイスから個人情報をすべて削除し、バッテリーを取り外して別々にリサイクルする。Call2Recycle,Earth911,Consumer Technology Associationのオンライン検索ツールを使って、電子機器(バッテリーを含む)のリサイクルを受け付けている場所を探す。リサイクル業者が見つかったら、その業者が正規の業者かどうかを確認しよう。E-Stewardsは、回収した廃棄物を単に輸出するだけでなく、審査に合格したリサイクル業者を見つける手助けをしてくれる。
  • より良い政策のための提唱をする 利益よりも人の健康と環境を優先する、E-wasteに関するより良い包括的な法律のための戦いに参加する。
この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました