ステロイドホルモン環境リスク

健康、老化、そしてホルモンバランス Robert Malone

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Health, Aging, and Hormonal Balance

ゲスト論説

簡単なプロローグ

COVID-19,早期治療の有効性、ワクチンのリスクとベネフィットの比率に関する従来のメディアのプロパガンダと検閲を打破するための戦いで、ジルと私はかなり過酷な旅行スケジュールを維持している。よく「よくこんなことを続けられるね」と言われる。正直なところ、私たちがそうであるのかどうかわからない。事態が落ち着き、政府は次の危機に軸足を移し、COVID論争と恐怖ポルノが沈静化したら、私はもっと木を植え、フェンスを直し、牧草地に肥料と種をまき、放置されている農場の雑用に取り組む時間ができることを望んでいた。ハ!愚かな私。

このところ、出張が多く、この先数カ月は出張が続きそうだ。行こう!が新常識のようだ。確かに重要な活動であり、戦う価値のある活動(医療の自由、言論の自由、子供たちの命を救う)だが、私たちはもう60代だ。若い人のスケジュールを維持しなければならない。

数年前、この「世界的危機」が始まる前、私は本当にペースを落とし始め、退職に向けた滑走路に落ち着きつつあった。旅行も、人生の他の多くのことも、輝きを失いつつあった。ジルは、私たち夫婦の加齢の影響、特に母親が患っていた骨密度の減少を心配していた。ジルはいつも通り、この問題に果敢に挑戦し、決してあきらめなかった。そして、ホルモン補充療法は、私たちが想像しているよりもずっと複雑であることを知った。若い人も年配の人も、重要なホルモンを慎重に医学的に管理することで、第二の人生のようなものを発見しており、それが閉経後の女性の骨密度の低下に大きな影響を与えることがデータで証明されていた。そこで、私たちはバイオアイデンティカルホルモン補充法の世界に足を踏み入れたのだ。

私たちは全米を回り、特に高齢者の多いフロリダの医療界では、ホルモンレベルの慎重な管理のメリットを謳う医師や医療従事者に多く出会った。私は個人的に、この種の治療を受けている人々の活力に驚いているし、それが私たち自身の人生にもたらした違いにも驚いている。若々しく、スタミナがあり、10年前には続けられなかったようなスケジュールを維持できるようになったのである。

重度のコビッドを発症する最大のリスクは、肥満と糖尿病であることを心に留めておくこと。SARS-CoV-2に関連する死亡や病気の多くを引き起こしている根本的な疫病はこれである。そして、重症化を防ぐためにできる最善のことのひとつは、健康的な生活を送り、体重を減らし、血糖値をコントロールし、ビタミンD濃度を1ミリリットルあたり50ナノグラム以上にしておくことであるということだ。

数週間前、私たちが信頼しているシャーロッツビルのクリニックに、健康診断とオイル交換に行ったとき、同じくこの治療で人生を変えた臨床研究仲間に偶然会った。私たちはしばらく話をし、話を比べた。そして、彼が私たちのサブスタックにゲスト記事を書いてくれるかどうか尋ねた。さっそく、彼の体験談を紹介しよう。


平均的な人間になりたい?

ジム・ベイカー

5年前、私は自分が平凡だとは思っていなかった。

4人の父親として、また愛する夫として、そして2014年に臨床試験ビジネスからの撤退を成功させた起業家として、私は人生のあらゆる面で卓越性を達成することを目標に自分を築いてきた。夫として、父親として、あるいは経営者として、日々より良くなるように努力している。しかし、この目標を達成するためには、健康が必要だ。私の体は、卓越性を追求する旅の障害物ではなく、道具として機能しなければならない。そのため、私は常に健康的な食事、週6日の運動、アルコール摂取量の管理、そして従来の医学的なアドバイスに従うよう、最善を尽くしてきた。

妻も同様に、常に健康的な生活を心がけてきた。しかし、5年前から更年期障害の症状がひどくなり、衰弱してしまった。妻は、ケーリーNCで高く評価されている産婦人科の元患者であったが、その産婦人科は2016年に売却された。彼女は、彼の売却後、彼はバイオアイデンティカルホルモン補充療法(BHRT)甲状腺、副腎および伝統的なウェルネス療法を通じて体のバランスをとる全身的アプローチをとるウェルネスに焦点を当てた新しい診療所を開設したことを知った。 カウンセリングとラボワークの結果、妻はホルモン補充療法の完璧な候補者となった。治療を受け、ホルモンバランスを整えるための予防策を取り始めて間もなく、妻の更年期症状は消え、健康な自分を取り戻したように感じられたのである。陳腐な表現だが、妻の人生は本当に良い方向に変わった。

しかし、その間も私は、健康や身体的なことに関しては(ゴルフを除けば)平均かそれ以上であるかのような錯覚に陥っていた。しかし、私も妻と同じように、ホルモンや身体のバランスを整えることで、より良い生活を送ることができるのではないかと考えざるを得なかった。しかし、妻の経験とは裏腹に、自分にもウェルビーイングを向上させる余地があると確信するためには、自分なりに調べてみる必要があった。

そもそもホルモンバランスが崩れる原因は何なのか、ホルモンバランスが崩れている人はどれくらいいるのか、という2つの疑問を解決するために調査を開始した。驚いたことに、ホルモンバランスを崩す原因には、さまざまなものがあることがわかった。また、ホルモンバランスが崩れているのは、妻だけではないこともわかった。

調べてみると、30年前に比べて、男性も女性も平均してテストステロン値が3~4倍も低下していることがわかった。これは、男性であれ女性であれ、ほとんどの人が知らず知らずのうちにホルモンバランスの乱れに悩んでいることを意味し、私にとって衝撃的なことであった。そこで、自分でもホルモン検査をしてみたところ、54歳の私のホルモン値は286、54歳の父のホルモン値は1,000近くもあることがわかり、ショックを受けた。では、このホルモンの減少の原因は何なのだろうか?

意外なことに、ホルモンバランスを崩す最も一般的な原因は、80年代半ばに従来の銅製配管に代わって住宅や商業施設に大量に導入された塩ビ配管なのだそうだ。PVCはポリ塩化ビニルの略で、鉛、カドミウム、フタル酸エステルなどの化学物質を含んでおり、PVCの耐久性を高めるためのものであるが、同時にかなり危険なものでもある。これらの化学物質のうち、フタル酸エステル類は内分泌撹乱物質であり、アンドロゲンをブロックする。ひいてはホルモンを模倣したりブロックしたりし、体内でのテストステロンの形成を妨害する可能性がある。PVC配管は、ほとんどすべての商業施設や住宅で見られるので、あなたが飲んだり、料理したり、泳いだり、入浴したりする水はすべて、PVC配管を経由して流れている可能性が高いのである。残念ながら、PVC配管が壊れ始めると、異物である危険な化学物質が水道に放出され、その後、体内へと入っていくのである。つまり、老若男女を問わず、すべての人が塩ビ配管に含まれる危険な化学物質の影響を受けているのである。実際、世界保健機関(WHO)は、6歳から12歳の男子のテストステロン値がここ数年で24~34%減少していることを確認している。同様に、WHOは妊婦の100%からこれらの化学物質が検出されたことも報告している。ありがたいことに、WHOはPVC配管に含まれる化学物質がいかに危険かを認識しており、これらの化学物質を「ジェンダーベンダー」とまで呼んで、女性・男性の染色体や精子・卵子の生成を阻害するだけでなく、肥満、2型糖尿病、不妊、認知症、記憶喪失の原因になるとまで言っているのだそうだ。これらのデータから、現在、全米でこれらの化学物質を一括して非合法化し、排除する運動が展開されている。

ホルモンバランスを崩す原因の第2位は、BPAプラスチックである。 残念ながら、PVCと同様、BPAは危険であり、この国のほぼすべての人が毎日BPAにさらされている。BPAとは、ビスフェノールAの略である。1960年代から特定のプラスチックや樹脂を作るために使われてきた工業化学物質で、食品や飲料を保存する容器によく使われている。BPA汚染の最大の原因は、水筒である。残念ながら、私たちは1日に推奨される水分摂取量を確保しようとすると同時に、水を入れるプラスチックに含まれる危険な化学物質で体を蝕んでいるのである。

第三に、アメリカは世界でもトップクラスの薬漬けの国であるため、ホルモンレベルの低下は、私たちが服用する特定の薬の結果である可能性がある。例えば 2018年現在、3030万人のアメリカ人が心臓病と診断され、その後、病気を管理するために脂質低下薬の一種であるスタチン系薬剤を処方されている。しかし、スタチンを服用すると、男性の35~50%がテストステロンレベルの低下を経験することが研究で明らかになっている。大雑把に見積もって、全米で約1,500万人の男性がスタチン剤だけでテストステロンの減少を経験していることになる。

ホルモンバランスを崩す原因として4番目に多いのが、砂糖の摂取だ。残念ながら、多くのアメリカ人が健康的な食生活を送っていると思っているかもしれないが、多くの個人が砂糖を多く含む「不健康な健康食品」を食べているだけなのである。例えば、オートミール1杯には、ルートビアフロートとツイ ズラー1袋を合わせたよりも多くの砂糖が含まれている。大量の砂糖を継続的に摂取すると、体重増加、腹部肥満、HDLの減少とLDLの増加、トリグリセリドの上昇、高血圧、尿酸値の上昇など、さまざまな症状を引き起こす可能性がある。しかし、最も重要なことは、砂糖の摂取量が増えると2型糖尿病を引き起こす可能性があり、この病気にかかるとテストステロンのレベルが57%低下することだ。

5つ目は、睡眠不足もホルモンバランスの乱れの原因になることだ。私たちの体は、安定した質の高い睡眠をとるように設計されている。睡眠不足になると体がおかしくなり、その影響のひとつがテストステロンの減少である。睡眠不足になると、テストステロンが自然に補充されなくなる。レム睡眠サイクルに入り、よく眠るためにはテストステロンが必要だが、テストステロンが少ないと睡眠不足にもなるから、悪循環に陥る可能性がある。私たちはどちらも失うことになる。

ホルモンバランスの乱れの6番目に多い原因は、芳香剤、香水、殺虫剤など、さまざまな環境毒素によるものである。ほんの数年前、イギリスの研究者たちが、農家が破壊的な雑草を駆除するために使用する除草剤、アトラジンを大量に生産または使用している製薬工場周辺の湖を調査した。その結果、これらの湖では、アトラジンが大量に検出されただけでなく、オスのカエルがいなくなり、胚発生の段階ですべてメスに変化していることがわかった。研究者たちは、この転換はアトラジンが原因であると結論づけ、EUでこの化学物質を禁止した。残念ながら、アトラジンはアメリカではラウンドアップに次いで使用量の多い農薬で、主に私たちのトウモロコシ、ソルガム、サトウキビなどの食品に使用されている。残念ながら、最近の研究では、ラウンドアップに含まれる化学物質とホルモンの不均衡との関連性が指摘されており、アトラジンよりもさらに多くの人々に影響を及ぼしている。実際、私たちの93%の尿からラウンドアップ(グリホサート)が検出されたという研究結果もある。ラウンドアップやアトラジンのような有害物質に含まれる、生命を脅かす化学物質が体内に入ると、私たちのシステムに大混乱を引き起こす。

最後に、アルミニウムや水銀などの重金属は人体に有害であり、体内に蓄積されるとホルモンバランスの乱れを引き起こすこともある。これらの化学物質が私たちの体内に入る最も一般的な方法をご存知だろうか?それは環境を通してだけでなく、標準的なワクチンによってもである。世界で最もワクチンを接種している国であるにもかかわらず、米国より乳児死亡率が低い国が他に33カ国もあるのは、このためなのだろうか?

自分なりに研究を重ね、平均以上になることを目指した結果、BHRTを受けるという決断に至った。 この決断を後悔したことはない。

BHRTが合成ホルモン治療やクリーム、注射、経口治療と異なるのは、その有効性と有害事象(効果があり、副作用がゼロまたは最小限であること)プロフィールである。1930年代半ばから存在し、安全性と有効性が証明されている、すべて天然のバイオアイデンティかるホルモンペレットである。合成ペレットとは異なり、植物性(ヤマイモ、大豆、オリーブオイル)であり、あなたの身体と生物学的に同等であることが特徴である。 私たちのホルモンプロバイダーが言うように、「テストステロンはあなたの体のエンジンオイルであり、あなたの車のエンジンオイルとフィルターは、潤滑油と汚染物質や摩耗から他の部品を保護するために設計されている。しかし、時間が経つにつれて、それらの要素は薄くなり、同じように保護することができなくなる。同じオイルで4,000マイル走った後、エンジンをかけるとエンジンの音が違うことにお気づきだろうか?何かが間違っていることが分かる。オイルを交換して初めて、あなたのクルマは最適なパフォーマンスを取り戻する。5,000~7,500マイルごとに(運転習慣によりそれ以上の頻度で指示される稀なケースを除いて)オイルを交換することが、車の健康にとって非常に重要だ。」

私たちの体も同じように機能する。時間の経過とともにホルモンのレベルは低下し、新しくして回復させる必要がある。ペレット補充療法は、最初にペレットを背中の脂肪部分の表皮の下に入れる挿入から始まる。診察室で行う10分程度のとても簡単な処置である。 各ペレットは、体がオイル交換を必要とするまで、4~6ヶ月間持続する。治療を始めてから、日々の生活やトレーニング、何をするにも調子がいいことに気づいた。

私の世界では、医療は自由であり、規律は自由に等しいと信じている。残念ながら、従来の医学的な解決策を求めると、私たちには常に選択肢がない。症状を治療するための薬を渡され、痛みはライフスタイルや年齢のせいだと決めつけられてしまうのである。従来の医療では、症状を和らげることはできても、体に負担をかけ、実際の病気を治すことはできなかった。医療従事者が話を聞き、症状ではなく原因を治療する、ホールボディ・アプローチの医療を受けることが重要だ。 BHRTは、私の健康を完全に良い方向へ変化させ、その結果、生活のあらゆる面で自分を律することができるようになり、毎日をより良く過ごすことができるようになった。

私のように、年齢を重ねても選択肢を持ち、人生を最大限に楽しむ自由を得たいものである。例えば、旅行に行くなら、一日中ツアーバスに座っているのではなく、歩いたり自転車に乗ったりできる自由が欲しい。山を見るなら、頂上までハイキングして景色を見る自由が欲しい。大人になった子供たちと一緒に運動したければ、歩くのではなく、走る自由が欲しい。ほとんどの人が同じことを望むと思う。自分の体なのだから、一人しかいないのだから。 知識を求め、なぜ私たち全員がどんどん病気になっていくのか、本当に学んでほしい。最も重要なことは、自分自身であること、そして自分にとってベストであることを行うことだ。

それでも平凡でありたいと思うだろうか?

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました