血管性認知症・4型

血管性認知症・4型

頭蓋内動脈瘤の治療戦略の可能性 動脈瘤の病態を標的とする
Potential Therapeutic Strategies for Intracranial Aneurysms Targeting Aneurysm Pathogenesis

Front Neurosci.2019; 13: 1238. 2019年11月26日オンライン公開 doi:10.3389/fnins.2019.01238 pmcid: pmc6902030 PMID:31849575 GPT-4+Alzhacker 解説 弛緩性頭蓋内動脈瘤(
血管性認知症・4型

脳内出血後の抗凝固療法再開について
Anticoagulation Resumption After Intracerebral Hemorrhage

2018年5月21日オンライン公開 要旨 レビューの目的 脳内出血後の経口抗凝固薬(OAC)再開の判断は、臨床家の間で大きな議論を呼び起こす。また、脳出血後の患者を対象とした無作為化臨床試験も行われていない.本総説は、脳内出血後の抗凝固療法再開に関するエビデンスを包括的にまとめた
ビタミン 総合

ホモシステインの低下 ライフエクステンション

Homocysteine Reduction 1 概要 概要と速報 血流中のホモシステイン濃度の上昇は、様々な健康問題とリンクしている。 高タンパク食、特に赤肉や乳製品を含むものは、ホモシステインの血中濃度を増加させることができる。 あなたが、高ホモシステインである、またはリスク
リスク因子(認知症・他)

アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患における血液脳関門の破壊

Blood–brain barrier breakdown in Alzheimer’s disease and other neurodegenerative disorders 要旨 血液脳関門(BBB)は、脳微小血管内の連続的な内皮膜であり、細胞間の接触を封鎖しており、硬膜
血管性認知症・4型

血管性認知障害と認知症

Vascular Cognitive Impairment and Dementia JACC科学専門家パネル 要旨 加齢に伴う認知機能障害は、現代の公衆衛生上の主要な課題の一つとして浮上している。欧米ではアルツハイマー病が認知症の主な原因とされているが、東アジアでは血管性認知障
36の発症因子

アルツハイマー病リスク ホモシステインが上昇する8つの要因と8つの改善方法

概要 ホモシステインは、メチオニン代謝サイクルでアミノ酸メチオニンからシステインを生合成する際に必須の中間代謝物(含硫アミノ酸)。ホモシステインは毒性作用をもち、血中の高いホモシステイン濃度は、心血管疾患の危険因子として知られている。 血管内皮細胞へも影響があるため、血管と関与す
ビタミンC

ビタミンC 15の脳保護効果と8つの潜在的リスク

アスコルビン酸・高濃度ビタミンC点滴・認知症・アルツハイマー病関連研究 概要 アスコルビン酸(ビタミンC)は、いちご、ほうれん草、ブロッコリーなどに含まれる水溶性の抗酸化物質で、多くのサプリメントにも配合されている。 中枢神経系の高いビタミンC濃度 中枢神経系のアスコルビン酸濃度
36の発症因子

脳血流を改善する40の方法

リコード法 36項目/脳血流を増やしサラサラにする 関連記事 認知症患者の脳血流は破綻しているのか 脳血流を改善する9つの戦略 脳血流を改善する40の方法 食品・サプリメント 食事療法による脳血流改善。ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸、ウリジン、コリン、リン脂質、葉酸、ビ
36の発症因子

脳血流を改善する9つの戦略

「人は自分の動脈と同じくらい老朽化している」 17世紀の内科医 トーマス・シデナム 関連記事 認知症患者の脳血流は破綻しているのか 脳血流を改善する9つの戦略 脳血流を改善する40の方法 ブレデセンプロトコル(リコード法)36の課題のうちのひとつ、脳血流の改善方法をまとめてみた。
36の発症因子

認知症患者の脳血流は破綻しているのか

脳血流と脳血管(認知症・アルツハイマー) ※ 脳血流の改善は、アルツハイマー病予防または治療するための効果的なアプローチである可能性がある。 ロバート・ヴァッサー 関連記事 脳血流を改善する9つの戦略 脳血流を改善する40の方法と研究論文 リコード法36の因子のうちのひとつ、認知
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました