証拠が無いということは、無かったことの証拠にはならない

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

因果関係・相関関係
Absence of EvidenceIs Not Evidence of Absence

Lawrence I. Bonchek, M.D., FACC, FACSEditor in Chief

http://www.jlgh.org/JLGH/media/Journal-LGH-Media-Library/Past%20Issues/Volume%2011%20-%20Issue%203/Editors-Desk-Absence-of-Evidence.pdf

The ins and outs of floss and flossing - Simply Dental
It may have the reputation as brushing’s boring cousin, but flossing is a crucial part to any dental maintenance plan… There’s a reason dentists ask their patie...

哲学者・数学者のバートランド・ラッセルは、反論できない主張については、疑う人ではなく主張する人に証明の重荷があると主張した。例えば、「地球と火星の間で小さなティーポットが太陽の周りを回っている」と証拠もなしに主張しても、反論できなくても誰も信じてはいけない、というのが有名な話である。何かが存在しないという否定を証明することは、しばしば不可能である。

ラッセルの「宇宙のティーポット」論は、主に宗教的ドグマとその懐疑論者を対象としたものであったが、カール・ポパーは「反証可能性」という関連概念を用いて、科学的思考と非科学的思考を区別した。反証できないものは非科学的であり、反証できない理論を真実だとするのは疑似科学である。

ラッセルとポパーが唱えた「検証可能な概念」と「検証不可能な概念」の区別は広く受け入れられているが、それでも科学的知識のある人たちの間では、科学的な命題が決定的な証拠を持たないということが何を意味するのか、混乱している。一般の人々(およびメディア)は、仮説的に証明が可能であるにもかかわらず証明がない場合、その命題は誤っているに違いないと考えがちである。このような誤りがあるからこそ、「証拠が無いということは、無かったことの証拠にはならない」ということを強調する必要があるのである。

エビデンスが無いということで誤解される主な理由の一つは、適切にコントロールされた研究を行うことがいかに困難であるかが理解されていないことである。しかし、「些細な医療問題」は、我々の日常生活において重要な役割を果たしている。例えば、ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された記事には、「Feeling Guilty About Flossing? 」(フロスを使うことに罪悪感を感じていませんか?)その記事によると、米国保健社会福祉省が定期的なフロスの使用を推奨していなかったのは、う蝕や歯周病の予防にフロスが有効であることを証明する、十分にコントロールされた研究が存在しないからだそうだ。この記事では、コクラン・データベース・レビューを引用し、フロスを使うと1〜3ヶ月後に歯垢が減るかもしれないという「非常に信頼性の低い」証拠しか見つけられなかったとしている。記事自体は、見出しほどの誤解を招くものではなかったが、それでもダメージは大きかった。その翌日には、オンラインのNew York Times紙に、不要になったフロスの他の用途として、緊急時の物干し竿や釣り糸、写真を吊るす、指輪を外す、絞殺するなどの記事が掲載され、嘲笑ストームが吹き荒れた2。

フロスの長期的な効果を実証するには、1〜3ヶ月という期間が短すぎることは明らかだろうが、10年間の研究には誰が資金を出し、どのように実施するのだろうか。コクラン・レビューは、すでに行われた研究の結果を明らかにするだけで、資金不足や非現実的な理由で行われていない研究についてはコメントできない。

一方で、フロスを、証拠が無いということは、無かったことの証拠にはならないような望ましい対策のカテゴリーに入れ、主に見出しをつけようとする一般紙の記事を無視することは賢明だと思われる。(前回の論説では、印象的な見出しを生む話題を求めて医学文献をスキャンするという、メディア独自の「データマイニング」の傾向について述べた3)。)

しかし、証拠がなければ、命題は真実であるとも真実でないとも言えないことに注意しなければならない。フロスは、確認できる証拠がないために、命題が真実でないことを証明していると誤認してしまうタイプのエラーの例である。逆に、確証的な証拠がないことで、命題が真であることが証明されていると思い込んでしまうエラーもある。今号のJLGHに掲載されているスコット・ペイスト博士のマリファナに関する記事は、この2番目のタイプの誤りを示している。ペンシルバニア州では、様々な「重篤な医学的症状」に対して「認定された医療用」としてマリファナを承認しているが、そのほとんどで効果の主張が立証されていない。

適切な研究が行われていないため、一般市民や議会は、正当な理由があるにもかかわらず、逸話的な証拠で説得されているようだ。

まず、マリファナには向精神作用があるため、被験者が有効成分を摂取したかどうかわからない盲検試験を行うことは困難である。これは、喫煙と同じ経験をする必要がない摂取型のマリファナでも問題となる。(Paist博士によると、将来的にはVapeや陶酔感をもたらさないカンナビノイドの分離が可能になれば、盲検化された研究が可能になるかもしれないとのことである。)

第二に、マリファナの研究には、供給不足という特殊な問題がある。というのも、これまで医療研究用にマリファナを栽培することが連邦政府から認められていたのは、ミシシッピ大学だけだったからである。合法的な大麻の供給は非常に制限されており、入手するのに何年もかかることが多く、時には入手できないこともあった。現在、DEAとオバマ政権はその制限を解除しており、医療用大麻に関する研究がさらに進むはずである。

この記事がタイムズ紙に掲載された後、科学欄に掲載された手紙には、科学的手法に対する無知が蔓延していることが書かれていた(読者は平均よりも科学的リテラシーが高いと思われる)。大麻の医療効果はすでに証明されていると勘違いしていたこのライターは、オバマ政権が「供給量を増やすのは研究が必要だから」と説明したことに憤慨した。彼は激怒した。

「大麻の医療効果が科学的に証明されていないと言うのは、地球温暖化やタバコのガン化が科学的に証明されていないのと同じだ。また、タバコが癌を引き起こすことについても科学的に解明されていない。

大麻の状況が地球温暖化や煙草と癌と同じだという指摘には、我々はただ面食らうしかない。地球温暖化や煙草と癌について、どうやって無作為化試験を行うのだろうか?その場合、自然界の実験を利用し、データの解釈に注意を払わなければならない。マリファナの場合は、活性物質が簡単に投与できる形になっているので、明らかに害はない。おまけに、喜んで実験に参加してくれる人も簡単に見つかるはずだ。

最後に、「証拠が無いということは、無かったことの証拠にはならない」ということを主張する必要性が最も強く、根強く存在しているのが進化生物学の分野であり、この公理の有効性を最も説得力のある形で裏付けている。進化論を否定する人たちは、化石の記録には大きな穴があり、移行型が存在しないと主張し続けているが、進化の過程の穴を埋める新しい化石が次々と発見されているのだ**。

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました