ロバート・マローン

オミクロンがオヴァートンの窓を割った 新しいパラダイムシフトへようこそ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Omicron has Cracked Open the Overton Window
Welcome to the new paradigm shift

rwmalonemd.substack.com/p/omicron-has-cracked-open-the-overton?r=ta0o1

ロバート・W・マローンMD, MS

政治的可能性のオヴァートンの窓とは、大衆が検討し受け入れようとするアイデアの範囲は限られているという概念である。政治家は、オヴァートンの窓の中に収まるような政策を提唱することでしか効果を発揮できず、破壊的なグループはオヴァートンの窓を広げたり縮めたりすることがあるというものである。COVID-19の場合、政府や世界の保健関係者、そしてレガシーメディアのおべっか使いが、マスクの使用、ワクチン接種の戦略、ロックダウンなどの問題に関して、オヴァートンの窓を制限し、さらには閉じてしまうために、「高貴な嘘」を使用している。はっきり言って、「オヴァートンの窓」は政治的な概念であり、科学的な言説を制限するために積極的に操作されている。

政府関係者は、NGOやThe Trusted News Initiative、3レター機関を通じて、メディアやソーシャルメディア、ビッグテックを協力させることで、意図的に窓を制限する破壊的なグループとして行動している。NIHのメディアキャンペーンを通じて、アンソニー・ファウチ、フランシス・コリンズ博士をはじめとする多くの人々が、オヴァートンの窓を制限したり、閉じたりするように行動している。 また、団体や個人に対する中傷キャンペーンを効果的に利用して、オヴァートンの窓を制限し、自分たちの政策的立場が世間から疑問視されないようにし、政府の権限を拡大してきた。 現在では、「オヴァートンの窓」の背景にある政治科学が深く理解されており、このアイデアは、政府組織や機関がこれまで考えられなかった方法で、一般市民にアイデアを売り込むために利用されている。

最もよくある誤解は、議員自身がオヴァートンの窓をシフトさせるビジネスをしているというものである。これは全くの誤りである。議員は実際には、窓がどこにあるのかを察知し、それに合わせて動くという仕事をしているのだ。

– ジョセフ・リーマン

マキナック公共政策センターのジョセフ・リーマン所長によれば、政治家はオヴァートンの窓を検知することはできても、それに直接影響を与えることはあまりできないという。 例外としては、トランプ大統領のようなポピュリストでカリスマ性があり、過激な指導者がいるかもしれない。実際、トランプ氏は、オヴァートンの窓の拡大が成功の鍵となった。トランプ氏と、彼の最初のキャンペーンマネージャーであるスティーブ・バノン氏は、どちらも優れたマーケッターであり、メディアを操ることに長けているため、ソーシャルメディアでのマーケティングキャンペーンのツールとしてオヴァートンの窓を使用したのは、意図的なものであった可能性が高いと言える。

一般的に、オヴァートンの窓を動かす政治的アクターは、シンクタンクや社会運動だと考えられている。オヴァートンの窓の外にある政策も含めるべきだと有権者や国民を説得したり、「承認された」オヴァートンの窓の中に収まるように何をすべきかを制限したりするのは、これらのグループであると考えられている。NIHは、必要に応じてオヴァートンの窓を制限したり拡大したりすることで、米国政府のパンデミック対応政策(およびHHSの主要リーダーの官僚・政治家としてのキャリア)を有利にするために活動する、そのようなアドボカシーグループの一つになっていると言えるであろう。

「Great Barrington Declaration」は、ソーシャルメディアキャンペーンを成功させ、COVID-19のオヴァートンの窓を拡大することに成功した「アウトサイダー」の科学者グループの例である。 この宣言には100万人近い署名が寄せられており、パンデミック対応方針に関する健全で科学的な原則を繰り返し述べており、基本的に次のような内容となっている。

集団免疫を獲得するためのリスクと利益のバランスを考慮した最も人道的アプローチは、死のリスクが最小限の人には通常の生活をさせ、自然感染によってウイルスに対する免疫力を高める一方で、リスクが最も高い人をよりよく保護することである。これをFocused Protectionと呼んでいる。

-グレートバリントン宣言

この問題の反対側では、米国政府の保健社会福祉省(HHS)がNIHを通じ、レガシーメディア(Trusted News Initiativeを通じて)が、普遍的なワクチン接種、義務化、子どもへの強制的なワクチン接種に関するオヴァートンの窓を閉じるために、急進的な影響力を持って行動している。 彼らは、活動家である科学者や医師を誹謗中傷したり、主流のメディアを対立するように仕向けたりして、制限しようとしてきた。情報公開法によって入手した下記の電子メールには、フランシス・コリンズ、アンソニー・ファウチ、クリフ・レーン、ローレンス・タバックが、主要な著者の “テイクダウン “と人格攻撃に関与していると記されている。これらの米国保健省の高官は、今回のパンデミック対応や過去のパンデミック対応を主導してきた人物であり、覚えておくべき重要な人物である。このような政府高官の行為は、自由で開かれた民主的な社会では許されるものではない。

「この研究者たちは、社会を隔離することに反対していたわけではない。しかし、ウイルスに対するパニックの中で、この2人の官僚の声は、その権威を利用して反対者に汚名を着せ、議論を潰してしまったのである。メールの1週間後、コリンズ博士は『ワシントンポスト』紙に「グレートバリントン宣言」について語っている。「コリンズ博士はワシントンポスト紙にグレートバリントン宣言について次のように述べている。「これは疫学の中でも最も縁遠いものである。「これは主流の科学ではない。これは危険だ」と。彼のメッセージは広がり、代替戦略はほとんどの選挙区で却下された。

Dr.ファウチはコリンズ博士に、テイクダウンは進行中だと答えた。技術系ニュースサイト「Wired」の記事では、科学的な対立を否定し、ロックダウンは藁人形であり、二度と戻ってこないと主張している。それが事実であればいいのだが。翌月には患者数が増え、制限が戻ってきた。

Dr.ファウチは、左翼雑誌「ネイション」の記事をメールで送信し、彼のスタッフはさらにいくつかの記事を送信した。

このメールはフィードバック・ループを示唆している。メディアはDr.ファウチを疑う余地のない権威として引用し、Dr.ファウチはメディアから論点を得ていたのである。フェイスブックはグレートバリントン宣言への言及を検閲した。これが集団思考の仕組みだ。」

ウォール・ストリート・ジャーナル紙

Dr.ファウチは、「高貴な嘘」を繰り返し使うことで、オヴァートンの窓を制限しようとする試みが特にひどい。 「高貴な嘘」とは、政治家が意図的に宣伝するもので、多くの場合、アジェンダを推進するためのものである。「高貴な嘘」は本質的に父性的である。騙す側は、嘘をつくことが社会の最善の利益につながると考えている。ファウチの誤報や嘘は、政治家を含む一般市民や政府関係者の行動に影響を与えることを目的としている。 彼は「高貴な嘘」を効果的に使って、オヴァートンの窓を広げたり制限したりし、事実上、政治家が行動できる物語をコントロールして、有権者の安全範囲内に収まるようにしている。

今回のパンデミックでファウチが最初についた「高貴な嘘」の一つは、マスクの使用に関するものであった。 彼はまず、COVID-19に対してマスクは効果的な予防にはならないと述べた。これは、アメリカでマスクが不足していることを認める代わりに、事実として述べたものである。その後、マスクを1枚、あるいは2枚着用することを推奨した。CDCは、ほとんどのマスクの効果がせいぜい10%程度であることを示すデータが出てからも、この義務を支持した。 その後、Dr.ファウチは、これまで見たこともないようなウイルスの広がりを見せていると述べた。その一方で、データによれば、高齢者やハイリスクの人々を除いて、病気の重症度はインフルエンザ・ウイルスとよく似ているという。

Dr.ファウチの 「高貴な嘘」のもう一つの例は、機能性研究の獲得に関する公の発言である。この1年半の間に、機能獲得型研究に関するファウチの立場は、「そんなことはなかった」から「研究室に資金を提供しなかったのは怠慢だった」に変わった。もちろん、この嘘はたまたま自分の保身のためについたものなので、実際には立派な嘘の範疇には入らず、自分の関与を隠蔽するための嘘に過ぎない。

ファウチは、集団免疫を獲得するためには人口の60%の人がワクチンを接種する必要があると述べてワクチンキャンペーンを開始した。彼は、自分が言うところの「集団免疫」を達成するために必要なワクチン接種者の割合を一貫して高めていった。60%から始まって、70%、85%、90%、そして最終的にはブースターを使って100%以上の接種率にしたのである。 ウイルスが蔓延することが明らかになった後も、彼は集団免疫を提唱し、ワクチン、子供へのワクチン、ワクチンの義務化を推進した。

「オヴァートンの窓」の概念が政治の世界や公論に組み込まれるにつれ、政府が「オヴァートンの窓」を操作する能力も常態化してきた。政府がオヴァートンの窓をコントロールするために、ビッグテクノロジー、ソーシャルメディア、MSMを利用することは、今や標準的な行動パターンとなっている。「Trusted News Initiative」は、その一例である。 NIHがソーシャルメディア、MSM、政府高官、シンクタンクを利用して、公共政策の視点を共有していない疫学者を中傷することもその一つである。

COVID-19に関する発言を制限することで、ワクチン接種の義務化、隔離、マスクの使用といった形の権威主義が、世界中の政府の対応を支配するようになった。 そして、米国政府の公衆衛生は、アメリカや世界に政策決定を強制するツールとしてプロパガンダを常態化させた。

オミクロンはオヴァートンの窓を拡大する破壊的な出来事である

COVID-19の新しい変異株、オミクロンが爆発的に登場した。 この変異株は、5つの重要な点で異なっている。

  • 感染力が強く、間もなく米国で主流となる変異株
  • 病原性が低い
  • 現在使用されているワクチンとの相性が悪い
  • 自然免疫がオミクロンを十分に防御している。
  • 病気の症状が風邪に似ている

政府の中には、3回目、4回目、さらには5回目のブースター接種を義務化しているところもあり、さまざまな団体、インフルエンサー、さらにはWHO(主要メディアを含む)が、オミクロンに関する新たなデータを前に、公共政策全体の対応に疑問を持ち始めている。

突然、これらのワクチンがかつて考えられていたほど安全で効果的ではないことを示すデータの一部が、ツイッターやリンクインのような場所に現れ、その投稿は削除されていない(つまり、あからさまに検閲されている)。 WHOは、全世界でのワクチン接種とブースターの必要性を疑問視しており、ブースターがCOVIDを「長引かせる」可能性があるとさえ指摘している。 Real Clear Politicsのような一部のメインストリームメディアでも、BBCが主導する「Trusted News Initiative」のシナリオから外れた記事を宣伝している。

一方、バイデン大統領は、予防接種を受けていない人は「重症化して死亡する冬」に直面するというミームを広めることで、一般の人々が信じるものを制限しようと努力している。 残念ながら、彼は「オーバートンの黄金律」に従うことを忘れてしまった。 政治家はオヴァートンの窓を感知することができるだけで、それを縮小したり拡大したりすることはできないからだ。

先週、イスラエル保健省は、私に対する中傷キャンペーンを行うことで、彼らが義務づけている小児用ワクチンに関するオヴァートンの窓をあからさまに制限しようとした。 私の罪は、子供にワクチンを使用することに疑問を持ち、義務化に反対していることである。 彼らにとって残念なことに、彼らは「オーバートンの黄金律」を忘れてた。政治家はオヴァートンの窓の範囲内でしか行動できず、その窓はオミクロンによって拡大された。アメリカでは、すでに大多数の親が子供にワクチンを接種することに反対していたが、オミクロンの軽度の症状についてわかっていることから、その意見は拡大している。

もちろん、大衆形成の精神病(催眠)にかかった人たちにとっては、オミクロンはまだワクチンや義務化への執着を揺さぶるには十分ではない。 しかし、説得力のある第3者にとっては、視点がシフトしている。 このシフト、つまりオヴァートンの窓を拡大することによって、政治家は政治的に許容される言論を拡大することができ、米国政府や世界によるパンデミック対応に健全さを取り戻すことができるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました