未来学・シンギュラリティー・人工知能

変化する世界秩序に対処するための原則 | なぜ国家は成功し、失敗するのか
Principles for Dealing With the Changing World Order : Why Nations Succeed and Fail

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Principles for Dealing With the Changing World Order : Why Nations Succeed and Fail

目次

  • タイトルページ
  • 献辞
  • この本の読み方
  • はじめに
  • 第1部 世界のしくみ
    • 第1章 大きなサイクルの小さな秘密
    • 第2章 決定因子
    • 決定要因補遺
    • 第3章 貨幣、信用、負債、経済活動の大きなサイクル
    • 第4章 お金の価値の変化
    • 第5章 内部秩序と無秩序の大きなサイクル
    • 第6章 外部秩序と外部無秩序の大循環
    • 第7章 大きなサイクルに照らした投資
  • 第2部 過去500年の世界のしくみ
    • 第8章 過去500年の小さな出来事
    • 第9章 オランダ帝国とギルドの盛衰のビッグサイクル
    • 第10章 大英帝国の興亡とポンド
    • 第11章 アメリカとドルの大循環
    • 第12章 中国と人民元のビッグサイクル
    • 第13章 米中関係と戦争
  • 第3部 未来
    • 第14章 未来
  • 付録世界の主要国の現状と展望をコンピュータで分析する
  • 著者について
  • 用語集
  • 著作権について

この本をどう読むか

この本を書くにあたって、私は完全なものにするか、簡潔なものにするかで悩み、その両方を実現するために、カ所を太字にして速読版を作ることにした。簡潔なバージョンを読みたければ、太字のカ所を読めばいいし、もっと読みたければ、すべて読むことができる。

また、現実と上手に付き合うための、時代を超えた普遍的な真理を伝えたいと思い、赤い点を前につけて斜体で表記した。

また、一部のテーマについては、すべての読者ではなく、一部の読者にとって興味深いと思われる装飾を施したので、それぞれの章の補遺として紹介することにした。読むも飛ばすも自由だ。

また、巻末には、いくつかの図表に見られる略語を説明する用語集を掲載した。

最後に、本書が長くなりすぎないように、参考資料、引用文献、指標の詳細データなど、多くの補足資料をeconomicprinciples.org で提供している。

はじめに

これからの時代は、私たちが生きている間に経験したこととは根本的に異なるものになるだろうが、歴史上の多くの時代とは似ている。

なぜそう言えるのか?それは、これまでがそうだったからだ。

この50年余りの間、私は自分の責任をうまく処理するために、国やその市場の成功や失敗につながる最も重要な要素を理解する必要があった。私は、これまで直面したことのないような状況を予測し、対処するためには、歴史上の類似した事例をできるだけ多く研究し、それがどのように起こったかのメカニズムを理解する必要があることを学んだ。そうすることで、うまく対処するための原則が身についた。

数年前、私は、私が生きている間には起こったことのない、しかし歴史上何度も起こったことのある大きな展開がいくつも出現しているのを目撃した。最も重要なことは、巨額の負債とゼロまたはゼロに近い金利が重なり、世界の3大基軸通貨で大量の紙幣が印刷されていること、およそ1世紀ぶりの大きな富、政治、価値の格差により、各国、特に米国内で大きな政治的、社会的対立が起きていること、既存の世界権力(米国)と既存の世界秩序に挑戦する新しい世界権力(中国)が台頭していること、などを私は見ていた。直近では、1930年から1945年までが類似の時代であった。このことは、私にとって非常に気になることであった。

過去の類似の時代を研究しない限り、何が起きているのか、何が襲ってくるのかを本当に理解し、対処することはできないと思った。その結果、帝国、基軸通貨、市場の盛衰を研究することになった。つまり、現在起きていること、そして今後数年間に起きるかもしれないことを理解するためには、1930年から45年の間、オランダ帝国とイギリス帝国の興亡、中国王朝の興亡など、歴史上の類似した事例の背後にあるメカニズムを研究する必要があったのである1。過去のパンデミックはこの研究の一部となり、病気、飢饉、洪水といった驚くべき自然現象は可能性として考慮する必要があることを教えてくれた。なぜなら、滅多に起こらない驚くべき自然現象は、どう考えても最大の恐慌や戦争よりもインパクトが大きいからだ。

私は歴史を学ぶうちに、歴史は生物のように比較的明確に定義されたライフサイクルで進行し、各世代が次の世代に移行するにつれて進化していくことがわかった。実際、人類の歴史と未来は、時代とともに進化する個々のライフストーリーの集合体と見ることができる。私は、これらのストーリーが、歴史の始まりから今に至るまで、一つの包括的な物語として流れ、同じことが何度も何度も、基本的に同じ理由で起こり、なおかつ進化しているのを見たのである。多くの事件が互いにリンクしながら進化していくのを見ることで、それを支配するパターンや因果関係がわかり、学んだことをもとに未来を想像することができた。これらの出来事は歴史上何度も起こり、帝国や帝国のほとんどの側面、例えば教育レベル、生産性のレベル、他国との貿易レベル、軍事力、通貨やその他の市場などの上昇と下降のサイクルの一部となっている。

これらの側面や権力はそれぞれ周期的に変化し、すべて相互に関連していた。例えば、各国の教育水準が生産性の水準に影響を与え、それが他国との貿易の水準に影響を与え、それが貿易路を守るための軍事力の水準に影響を与え、それらが一体となって通貨やその他の市場に影響を与え、さらに他の多くのものに影響を及ぼしているのだ。例えば、大成功を収めた帝国や王朝は、そのサイクルが200年、300年と続くことがある。私が研究した帝国や王朝はすべて、古典的なビッグサイクルの中で興亡を繰り返しており、このビッグサイクルには明確な目印があり、私たちはその中でどの位置にいるのかを確認することができる。

このビッグサイクルは、

  • 1)創造性と生産性が高く、生活水準が大幅に向上する平和で豊かな時代と、
  • 2)富と権力をめぐる争いが絶えず、富や生命、その他私たちが大切にするものが大量に破壊される不況、革命、戦争の時代との間で揺れ動くもの

である。平和・創造的な時期は、不況・革命・戦争時期よりもずっと長く、通常は5:1くらいの割合で続くと見たので、不況・革命・戦争時期は、通常の平和・創造的な時期の間の移行期間であると言うことができる。

平和な時代、創造的な時代の方が多くの人にとって楽しいのは確かだが、これらの現実はすべて進化を進めるための目的を持っているので、広い意味では良いとも悪いとも言えない。不況・革命・戦争期は多くの破壊をもたらすが、浄化ストームのように、弱さや過剰な負債などを取り除き、(痛みを伴いながらも)健全な基盤に戻るという形で新たな始まりを生み出す。紛争が解決されると、誰がどのような力を持っているかが明らかになり、多くの人々が平和を切に願うので、新しい通貨、経済、政治システム、すなわち新しい世界秩序が生まれ、次の平和・創造的な時代が促進される。このビッグサイクルの中には、他のサイクルもある。例えば、約100年続く長期債務循環と、約8年続く短期債務循環がある。この短期サイクルの中にも、長い繁栄期と短い不況期があり、さらにその中にも短いサイクルがある、というように。

このようなサイクルの話で頭が混乱する前に、私が伝えたいことは、サイクルが揃うと、歴史の地殻変動が起こり、すべての人々の生活が大きく変化するということだ。これらのシフトは、時には恐ろしいと時には素晴らしいだろう。そして、それは必ず未来に起こることであり、ほとんどの人はそれを予期することができない。つまり、あるサイクルで条件が極端から極端に振れることは、例外ではなく、普通のことなのである。少なくとも好況・好景気・繁栄期と不況・内戦・革命期がない国は、非常に稀な世紀であったから、両方を予想すべきなのである。しかし、歴史を通じてほとんどの人は、未来は最近の過去を少し修正したようなものになると考えてきた(現在もそう考えている)。それは、本当に大きな好況期と本当に大きな不況期は、多くのものと同様、一生に一度くらいしか訪れないので、何世代にもわたって歴史のパターンを研究してきた人でなければ、驚くようなことがないからだ。好景気と不景気の振れ幅が大きいので、私たちが遭遇する未来は、多くの人の予想と大きく異なる可能性がある。

例えば、私の父をはじめ、世界恐慌や第二次世界大戦を経験した多くの同世代の人々は、戦後の好景気を想像していなかった。そのような経験をした人たちが、苦労して貯めたお金を借金してまで株式市場に投入しようとは思わないだろうから、好景気の恩恵にあずかれなかったのは理解できるところである。同様に、数十年後、借金による好景気だけを経験し、不況や戦争を経験しなかった人たちが、投機のためにたくさん借金をして、不況や戦争はあり得ないと考える理由も理解できる。貨幣についても同じことが言える。第二次世界大戦後、貨幣は「ハード」(=金と連動)であったが、1970年代に政府が借入金に対応し、企業の破産を防ぐために貨幣を「ソフト」(=不換紙幣)にしたのである。その結果、本書を執筆している時点では、ほとんどの人が「もっと借りるべきだ」と考えている。たとえ借入れや借金による好景気が歴史的に不況や内外の紛争を引き起こしてきたとしても、である。

このように歴史を理解することは、未来がどうなるかを知るための貴重なヒントを与えてくれる問題提起でもある。例えば、私の人生では、ドルは世界の基軸通貨であり、金融政策は経済を活性化する有効な手段であり、民主主義と資本主義は優れた政治・経済システムであると広く認識されてきた。歴史を学べば、どんな政治システムも、どんな経済システムも、どんな通貨も、どんな帝国も永遠には続かないことがわかるのに、それらが破綻すると、ほとんどすべての人が驚き、破滅するのだ。当然ながら私は、私や私が関心を寄せる人々が、いつこうした恐慌・革命・戦争の時代に突入するかを知り、それをうまく乗り切る方法を知るにはどうしたらよいか、と自問した。私の職業上の責任は、どのような環境にあっても富を維持することなので、このような壊滅的な時代を含め、歴史を通じて機能してきたであろう理解と戦略を開発する必要があった。

本書の目的は、私が学んだことで、私に役立ち、また皆さんのお役に立つと思われることをお伝えすることだ。この本を読んで、ぜひ検討ほしい。

過去に学ぶことで未来を予測することを学んだ方法

短期間での投資判断を求められる投資運用者が、長期的な歴史に注目するのは奇妙に思えるかもしれないが、私はこれまでの経験を通じて、この視点が必要であることを学んだのである。私のアプローチは、学術的な目的のために作られたものではなく、自分の仕事をうまくこなすために従っている、非常に実践的なものである。そのため、私は約50年間、主要な経済とその市場、そしてその両方に影響を与える政治状況を注意深く観察し、何が起こっているかを十分に理解し、それに賭けることができるよう努力してきた。私は、長年にわたって市場と格闘し、それをうまくやるための原則を考え出した結果、将来を予測し、うまく対処する能力は、物事を変化させる原因と結果の関係についての理解にかかっており、原因と結果の関係を理解する能力は、過去にそれらがどのように変化したかを研究することから得られるということを学んだ。

私は、自分のキャリアの中で最大の失敗は、自分が生きている間には起こらなかったが、過去に何度も起こった市場の大きな動きを見逃したことであると痛感し、このアプローチにたどり着いたのである。1971年、22歳のとき、夏の仕事としてニューヨーク証券取引所のフロアで事務員をしていたとき、私にとって最初のビッグサプライズが起こった。トレーダーたちは、トレーディング・フロアで水鉄砲の喧嘩をしていたほど、お互いに楽しむことが好きな人たちである。私は、世界の大きな動きを見て、それがどのようにマーケットを動かすかを賭けるこのゲームに夢中になっていた。時にはドラマチックな展開になることもあった。

1971年8月15日の日曜日の夜、リチャード・ニクソン大統領が、アメリカは紙幣を金と交換することを認めるという約束を破棄すると発表した。私はニクソンの話を聞きながら、アメリカ政府が約束を破り、私たちが知っている貨幣が存在しなくなったことを理解した。これは良くないことだ、と私は思った。月曜日の朝、私は株価が急落して大混乱に陥ることを予想して、取引所のフロアに足を踏み入れた。しかし、予想に反して大混乱に陥った。ドルが急落したため、株式市場は下落するどころか、約4パーセントも急騰したのである。私はショックを受けた。というのも、私はそれまで通貨の切り下げを経験したことがなかったからだ。その後、歴史を調べてみると、通貨切り下げが株式市場に同様の影響を及ぼした事例は数多くあることがわかった。さらに勉強して、その理由がわかり、今後何度も役に立つ貴重なことを学んだ。過去100年以上の間に、すべての主要国で起こった経済や市場の大きな動きを理解する必要があると頭に叩き込むには、さらに何度か手痛い驚きがあったのである。

つまり、過去に何か大きな重要な出来事(世界恐慌など)があったとしても、それが自分の身に起こらないとは言い切れないので、その仕組みを理解し、対処できるようにしなければならないのである。調べてみると、同じようなこと(例えば、恐慌)が起こっているケースがたくさんあり、医者がある種の病気の症例をたくさん研究するように、それを研究することで、その仕組みを深く理解することができることがわかったのである。私は、自分の体験を通して、また優れた専門家に話を聞き、素晴らしい本を読み、優れた研究チームと統計やアーカイブを掘り下げることによって、これらを質的にも量的にも研究した。

その結果、富と権力の上昇と下降の典型的な流れをビジュアル化することができた。この原型を見ることで、これらの事例がどのように進行していくのか、原因と結果の関係が見えてくる。このような典型的なテンプレートがあれば、そこからの逸脱を研究し、それを説明することができる。そして、このメンタルモデルをアルゴリズムに落とし込み、アーキタイプに照らし合わせて状況を把握し、それに基づいて意思決定を行うことができるようにする。このプロセスにより、因果関係の理解が深まり、「Xが起きたらYを賭ける」という「if/then」形式の意思決定ルール、つまり自分の現実に対処するための原則を作ることができるようになる。そして、そのテンプレートと予想されることに照らして、実際の出来事を観察するのだ。私は、ブリッジウォーター・アソシエイツのパ ートナーとともに、これらのことを非常にシステマティックに行っている。事象が予定通りであれば、次に起こる典型的な事象に賭けを続け、もし事象がテンプレートから外れ始めたら、その理由を理解し軌道修正する。このプロセスによって、私は、典型的な進行の原動力となる大きな因果関係を理解し、多くの謙虚さを身につけることができた。私はこの作業を継続的に行っており、死ぬまで続けるつもりである。したがって、あなたが読んでいるものは進行中の作業なのである2。

このアプローチは、私のあらゆるものの見方に影響を与えた

このように事象を捉えることで、私の視点は、押し寄せる物事の吹雪に巻き込まれることから、物事の上に立ち、時間を通してそのパターンを見ることへと変わった。3 この方法で関連する事柄を理解すればするほど、それらが互いにどのように影響し合っているか、例えば、経済のサイクルが政治のサイクルとどのように連動しているか、そしてそれらが長い時間にわたってどのように作用しているかがわかるようになる。

人は進化の大きな瞬間を見逃しがちだが、それは起きていることのほんの一部しか体験していないからだと思う。私たちは、大局的なパターンやサイクル、その原動力となる相互に関連する重要な事柄、サイクルの中での自分の位置、そして今後の展開について広い視野を持つ代わりに、ごく短い生涯の中でパンくずを運ぶという仕事に夢中になっているアリのようなものなのである。このような観点から、私は、歴史上、限られた数の人格タイプ4が限られた道を歩み、限られた状況に遭遇して、限られた数の物語を生み出し、それが時を経て繰り返されてきたと考えるようになった。その中で、登場人物が着ている服、話している言葉、使っている技術だけが変化しているのだ。

この研究とそのきっかけ

ある研究がきっかけで、別の研究が始まり、この研究をすることになった。具体的には

歴史上の貨幣と信用の循環を研究した結果、長期債務と資本市場の循環(通常約50年から100年続く)を意識するようになり、その結果、今起きていることを、その視点を持たなかった場合とは全く異なる方法で見ることができるようになった。例えば 2008年の金融危機に対応して、金利が0%になり、中央銀行がお金を刷って金融資産を買った。私は1930年代にそれが起きたことを研究していたので、90年前に中央銀行が大量の貨幣と信用・負債を作り出すという行動が金融資産価格を押し上げ、それが貧富の格差を広げ、ポピュリズムと紛争の時代を招いた経緯と理由を理解することができた。今 2008年以降の時代にも同じような力が働いている。

2014年、私は投資判断に関係することなので、多くの国の経済成長率を予測したいと思った。私は、多くの事例を研究することで成長の要因を見つけ出し、10年単位で各国の成長率を予測するための、時代に左右されない普遍的な指標を考え出すというアプローチをとった。その過程で、なぜ良い国と悪い国があるのか、より深く理解できるようになった。そして、これらの指標を組み合わせて指標と方程式を作り、主要20カ国における10年間の成長率を予測するために使用した(現在も使用し続けている)。なぜなら、こうした時代を超えた普遍的な因果関係を見ることで、「Xを変えれば、将来的にYの効果がある」ということを知ることができるからだ。また、10年間の先行経済指標(教育の質、負債水準など)が、中国やインドなどの新興大国に比べて、米国がいかに悪化しているかも分かった。この研究は「生産性と構造改革」と呼ばれている。この研究は、「生産性と構造改革:なぜ国は成功し失敗するのか、そして失敗した国が成功するために何をすべきか」と呼ばれている。(この研究、そしてここで紹介した他のすべての研究は、economicprinciples.orgで無料公開されている)。

2016年のトランプ当選直後、先進国でのポピュリズムの増加が明らかになる中、私は 「Populism」という研究を始めた。「The Phenomenon」という研究を始めた。それによって、1930年代に富と価値観の格差が、現在と似たような深い社会的・政治的対立を引き起こしたことが、私の中で浮き彫りになったのである。また、左派のポピュリストと右派のポピュリストが、どのように、そしてなぜ、より国家主義的、軍国主義的、保護主義的、対立的であり、そうしたアプローチが何をもたらすのかも教えてくれた。経済的・政治的な左派と右派の対立がいかに強力だろうか、そしてこの対立が経済、市場、富、権力に大きな影響を与えることを知り、現在起こっている事象をより深く理解することができた。

こうした研究や、身の回りで起きているさまざまなことを観察していると、アメリカでは人々の経済状況に非常に大きな格差が生じており、それは経済の平均値だけを見ていると見えなくなっていることがわかった。そこで、所得上位20%、その次の20%、さらに下位20%と五分位に分け、それぞれの人々の状況を調べてみた。その結果、2つの研究が生まれた。経済、社会、政治における最大の問題。上位40%と下位60%という2つの経済」では、「持てる者」と「持たざる者」の境遇に大きな差があることがわかり、ポピュリズムがより大きな極論になっていることが理解できた。このような発見と、妻の慈善活動を通じて、コネチカット州のコミュニティとその学校における富と機会の格差の現実と密接に接したことが、「資本主義の改革が必要な理由と方法」という私の研究につながったのである。

同時に、長年にわたる他国との取引や研究を通じて、私は世界経済と地政学上の大きな変化が、特に中国で起きているのを目の当たりにした。私は37年間、中国に通い続け、幸運にも経済政策のトップやその他の幅広い人々の考え方に触れることができた。そのため、彼らがどのような考えで行動し、その結果、目覚ましい発展を遂げたのかを間近で見ることができる。中国が生産、貿易、技術、地政学、そして世界の資本市場において、米国と効果的に競争するようになったのは事実であり、彼らがどのようにそれを成し遂げたのか、偏見なく検証し理解することが必要である。

本書の基となった私の最新の研究は、私が生きている間に起こったことのない3つの大きな力と、それらがもたらす疑問を理解する必要性から生まれたものである。

1. 長期債務と資本市場のサイクル

私たちの生涯で、この原稿を書いている時点ほど、多くの負債に対して金利がこれほど低く、あるいはマイナスになったことはない。貨幣や負債資産の価値が、その需給関係から問われている。2021年には16兆ドル以上の債務がマイナス金利となり、赤字財政を賄うために異常に多くの新規債務を近々売却する必要がある。これは、巨額の年金・医療保険債務が目前に迫っているのと同時に起きていることだ。このような状況から、私はいくつかの興味深い疑問を抱いた。当然ながら、なぜマイナス金利の国債を持ちたがるのか、どこまで金利を下げればいいのか。また、金利を下げられなくなったとき、経済や市場はどうなるのか、次の不況が必然的に訪れたとき、中央銀行はどのように景気刺激策を講じることができるのか、とも考えた。中央銀行は通貨を大量に印刷し、その価値を下げることになるのだろうか。金利が低いのに、債券の通貨が下がったらどうなるのだろう?このような疑問から、世界の主要な基軸通貨(ドル、ユーロ、円)建ての債券を投資家が手放した場合、中央銀行はどうするのだろうかと考えるようになった。基軸通貨とは、取引や貯蓄のために世界中で受け入れられている通貨である。世界の基軸通貨を印刷できる国(現在は米国だが、これは歴史的に変化している)は非常に強力な立場にあり、世界の基軸通貨建ての債務(つまり、現在は米ドル建ての債務)は、世界の資本市場と世界経済の最も基本的な構成要素である。また、過去のすべての基軸通貨は基軸通貨でなくなり、その特別な力を享受していた国々はしばしば悲劇的な結末を迎えてきたという事実がある。そこで、私は、ドルが世界の主要な基軸通貨として衰退するのか、いつ、なぜ衰退するのか、ドルに代わるものは何か、それによって世界はどのように変わるのか、といったことも考え始めたのである。

2. 内部秩序と無秩序のサイクル

富、価値観、政治的格差は、私が生きている間のどの時点よりも大きくなっている。1930年代やそれ以前の二極化が進んだ時代では、右と左のどちらが勝つかで、経済や市場に大きな影響を与えることを学んだ。だから当然、今のギャップはどうなるのだろう、と。歴史を振り返ると、貧富の差や価値観の違いが大きく、かつ不況になると、パイの分け方について多くの対立が生じる可能性があることがわかった。次の不況が訪れたとき、人々や政策立案者はどのように関わり合うのだろうか。私が特に懸念したのは、中央銀行が景気刺激のために十分な金利引き下げを行うには限界があることだ。これらの伝統的な手段が有効でないことに加え、お金を刷って金融資産を買うこと(現在は「量的緩和」と呼ばれている)は、金融資産の価格を押し上げ、貧しい人々よりも金融資産を多く保有する富裕層に利益をもたらすため、貧富の格差を広げることにもなる。今後、どうなるのだろうか?

3. 外的な秩序と無秩序の連鎖

アメリカは生まれて初めて真のライバル国に遭遇している。(ソ連は軍事的なライバルであっただけで、経済的には決して重要なライバルではなかった)。中国は、ほとんどの点で米国のライバルとなり、ほとんどの点でより速いスピードで強くなっている。このままでは、帝国が支配的になるための最も重要な方法で、中国は米国より強くなる。あるいは少なくとも、価値ある競争相手となるだろう。私は人生の大半を両国を間近で見てきたが、今、特に貿易、技術、地政学、資本、経済・政治・社会イデオロギーの分野で、いかに対立が急速に高まっているかがわかる。これらの紛争と、その結果として起こる世界秩序の変化が、今後どのように展開され、私たちにどのような影響を及ぼすのか、考えずにはいられない。

そこで、過去500年間の主要な帝国とその通貨の盛衰を、現在最も重要なアメリカ帝国とアメリカドル、その前のイギリス帝国とイギリスポンド、その前のオランダ帝国とオランダギルダーという3大帝国に焦点をあてて見てみた。また、ドイツ、フランス、ロシア、日本、中国、インドの6つの帝国は、財政的にはそれほど支配的ではないものの、重要な帝国であることに注目した。その理由は、1)中国は歴史上非常に重要であり、2)現在も重要であり、将来もさらに重要である可能性が高い、3)王朝が興亡する事例が多く、そのパターンと背後にある力をより理解するのに役立つ、からだ。これらの事例では、他の影響、特に技術や自然の作用がいかに重要な役割を果たしたか、より明確な像が浮かび上がってきた。

これらの事例を帝国や時代を超えて検証した結果、大帝国は通常150年前後、およそ250年続き、その中で経済、債務、政治の大きなサイクルが50年から100年続くことが分かった。このような栄枯盛衰を個別に研究することで、平均的にどのように機能するのか、また、どのように機能するのか、なぜ機能するのか、典型的なパターンを理解することができたのである。それがとても勉強になった。今は、それを皆さんにお伝えすることが課題だ。

あまりに近くで見ていたり、個々のケースではなく平均値で見ていると、このサイクルを見逃してしまうことがある。ほとんどの人が今起きていることについて話しているが、誰もこの大きなサイクルについて話さない。全体や平均を見ると、個々の上昇や下降のケースは見えないが、それははるかに大きなものである。例えば、株式市場の平均値(S&P500など)を見て、個々の企業を見ないと、平均値を構成する個々の事例のほとんどすべてに、誕生、成長、死の時期があるという重要な事実を見逃してしまうことになる。このうちの一つでも経験したら、(S&Pがインデックスを作成するために行っているような)分散投資やリバランスを行うか、上昇期と下降期を群衆に先んじて見分け、うまく動けるようにならない限り、とんでもない上昇を経験し、その後、とんでもない下降を経験し、破滅することになるのだろう。「移動する」というのは、単にマーケットでのポジションを移動するという意味ではなく、帝国の興亡の場合、住む場所を含め、ほとんどすべてにおいて「移動する」という意味だ。

つまり、大局を見るためには、細部にこだわってはいけないということだ。私はこの大局的な絵を正確に描こうとするが、正確には描けない。また、あなたがそれを見て理解するためには、正確な方法でそうしようとしても無理なのである。それは、私たちが非常に長い時間軸でメガマクロのサイクルや進化を見ているからだ。それらを見るためには、細部を手放さなければならないだろう。もちろん、細部が重要な場合は、しばしばそうだが、非常に大きな不正確な絵から、より詳細な絵に移行する必要があるだろう。

このメガ・マクロの視点で過去に起こったことを見ると、物事の見方が大きく変わる。例えば、対象となる時間のスパンが非常に大きいため、私たちが当たり前だと思っている最も基本的な事柄や、それを説明するための用語の多くが、全期間にわたって存在しているわけではない。そのため、一見大きなことであっても、相対的に見れば小さなことにとらわれず、全体像をお伝えするために、不正確な表現をしてしまうのである。

例えば、国、王国、国、州、部族、帝国、王朝の違いについて、どこまでこだわるべきかを悩んだ。現在、私たちは国という単位で考えることがほとんどである。しかし、私たちが知っているような国が誕生したのは、ヨーロッパで30年戦争が起こった後の17世紀になってからだ。つまり、それ以前には国は存在せず、一般的には国家や王国が存在していたのである。現在でも王国が存在し、国であることと混同されているところもあれば、両方であるところもある。一般的には、王国は小さく、国は大きく、帝国は大きい(王国や国を越えて広がっている)。両者の関係は一概に言えないことが多い。大英帝国は、そのほとんどが王国であり、それが次第に国へと発展し、さらにイギリスの国境をはるかに越えて広がる帝国となり、その指導者は広い地域と多くの非英国系民族を支配するようになった。

また、国家、国、王国、部族、帝国など、一元的に支配している主体がそれぞれ異なる方法で人口を支配しているため、正確さを求める人にとってはさらに混乱することになる。例えば、帝国とは支配勢力に占領された地域である場合もあれば、支配勢力から脅しや報酬によって影響を受けた地域である場合もある。大英帝国は一般に帝国内の国々を占領し、アメリカ帝国は報酬と脅しによってより多くの国を支配してきた。ただし、この記事を書いている時点でアメリカは少なくとも70カ国に軍事基地を持っているので、完全にそうとは言えない。アメリカ帝国が存在することは明らかだが、その中身はあまり明らかではない。とにかく、正確に伝えようとすると、一番大事なことが伝わらないということだ。だから、私の大げさな不正確さを我慢してほしいのである。また、厳密に言えば、すべての国が国であったわけではないが、今後、私がこれらの主体を国と呼ぶ理由もおわかりいただけると思う。

このような観点から、異なる時代に異なる制度を持った国を比較することは不可能であると主張される方もおられるだろう。しかし、私は、大きな違いがあれば、それを説明し、時代を超えた普遍的な共通点は、その違いよりもはるかに大きいと断言したいのである。違いを理由に、私たちに必要な歴史の教訓を与えてくれる類似点を見ることができなくなるのは悲劇的なことだ。

私の知らないことは、私の知っていることよりもはるかに大きいことを忘れないでほしい。

このような問いかけをするとき、私は最初から、宇宙を理解しようとする蟻のような気持ちだった。答えよりも疑問が多く、他の人たちが人生をかけて研究してきた数々の分野を掘り下げていくことになるのだとわかっていた。私の境遇の利点は、歴史を深く研究してきた世界最高の学者や、歴史を作る立場にある、あるいはあった人たちと話ができることだ。そのおかげで、最高の三角測量ができた。それぞれがパズルのいくつかのピースについて深い視点を持っていたが、私のすべての疑問に適切に答えるために必要な全体的な理解を持っている人はいなかった。しかし、彼ら全員と話し、私が学んだことと、私自身が行った調査を三角測量することで、ピースがうまくはまり始めたのである。

ブリッジウォーターの人々やツールも、この研究にとってかけがえのないものだった。世界は複雑であるため、過去を理解し、現在起こっていることを処理し、その情報を使って未来に賭ける、という非常に競争力の高いゲームを行うには、何百人もの人と大きなコンピューターパワーが必要だ。例えば、私たちは約1億件のデータを積極的に消費し、その情報を世界の主要国で取引可能なあらゆる市場の取引に体系的に変換するロジックフレームワークを走らせている。すべての主要国、すべての主要市場に関する情報を見て処理する能力は、他に類を見ないものだと私は信じている。この機械を通して、私は自分の生きている世界の仕組みを見て、理解しようとすることができ、この研究をする上で頼りにしていたのである。

それでも、自分が正しいとは言い切れない。

しかし、私が知っていることは、私が自信を持って将来を見通すために必要なことのごく一部に過ぎないことも知っている。また、自分が納得できるまで学んでから行動したり、共有したりすると、学んだことを活かせなかったり、伝えられなかったりすることも経験上知っている。だろうから、この研究では、私が学んできたことを上から目線で大局的にとらえ、自信のない将来への展望を述べているが、私の結論は事実ではなく、理論として捉えていただくようお願いする。また、私はこれまで何度も失敗を繰り返してきましたので、分散投資も大切にしている。だから、私は分散投資を何よりも大切にしているのだ。だろうから、私の考えを率直にお伝えするのが精一杯だと理解いただきたい。

なぜ、この本を書いたのかと思われるかもしれない。以前であれば、私は学んだことを黙っていたかもしれない。しかし、私は今、黙々と成果を上げることよりも、自分が学んだことを他の人に伝えることの方が重要だと思うようになった。私の主な目的は、世界の仕組みに関する私のモデルを皆さんにお伝えすること、過去500年の歴史と現在起きていることがどのように、そしてなぜ「韻を踏んで」いるのかを示す一つの消化しやすいストーリーを共有すること、そして皆さんと他の人々がより良い未来を手に入れるために、より良い決断を下す手助けをすることにある。

この研究の構成

すべての研究と同様に、私は学んだことを、より短くシンプルな方法(オンラインで見られるビデオなど)より長く包括的な方法(本書のような)そして追加の図表や歴史的事例が必要な人のためのさらに包括的な方法(本書に掲載されていないすべてのものとともにeconomicprinciples.org で入手可能)で伝えようと努めている。最も重要な概念を理解しやすくするために、本書は正確さよりも分かりやすさを優先して、平易な言葉で書かれている。その結果、私の表現はおおむね正確だが、必ずしも正確でない部分もある。

第一部では、私が学んだことを、具体的な事例研究の成果として、帝国の興亡を単純化した典型例としてまとめたいと思う。この指標は、異なるタイプのパワーを示す8つの指標から構成され、各パワーの浮き沈みを概観することができる。次に、帝国の興亡の鍵を握る18の決定要因について詳しく説明し、先に述べた3つの大きなサイクルについてさらに詳しく説明する。第Ⅱ部では、個々の事例をより深く掘り下げ、過去500年にわたる主要な基軸通貨帝国の物語を、現在の米国と中国の対立に焦点を当てた章も含め、紹介する。最後に、第Ⅲ部の結論として、これらのことが将来に何を意味するのかを論じたい。

  • 1 はっきり言っておくが、私は過去のサイクルについて述べているのであって、変化の原因となる因果関係を理解せずに、過去に起きたことが未来にも必ず続くと信じているわけではない。私の目的は何よりも、皆さんと一緒に因果関係を見つめ、その理解に基づいて、これから起こるかもしれないことを探り、それを最善の方法で処理するための原則に合意することだ。
  • 2 例えば、私は過去50年間に多くの負債サイクルを経験し、負債サイクルは経済や市場に大きな変化をもたらす最も重要な力であるため、このアプローチに従っている。もしあなたが、大きな債務危機を理解し、それを構成するすべてのケースを見るための私のテンプレートに興味があれば、economicprinciples.orgで無料のデジタル形式で、あるいは書店やオンラインで販売されている印刷物で「大きな債務危機をナビゲートするための原則」を入手することができる。私は、多くの大きな、重要な事柄(例えば、恐慌、ハイパーインフレ、戦争、国際収支危機など)をこのアプローチに従って研究してきたが、それはたいてい、私の周りで発芽しているように見える珍しい事柄を理解せざるを得なかったからだ。その視点が、他の企業が苦戦していた 2008年の金融危機をブリッジウォーターがうまく切り抜けることを可能にしたのである。
  • 3 私は、ほぼすべてのことにこの方法で取り組んでいる。例えば、私はビジネスを構築し、運営する上で、人々の考え方の現実を理解し、その現実にうまく対処するための原則を学ばなければならなかったが、私はこの同じアプローチでそれを行った。このような非経済的、非市場的なことについて私が何を学んだかについては、拙著『プリンシプル』でお伝えしている。この本は、「Principles in Action」というiOS/Androidアプリで無料公開されているし、通常の書店でも販売されている。
  • 4 私の著書『プリンシプル』『人生と仕事』では、これらのさまざまな考え方について、私の見解を述べている。ここでは説明しないが、興味のある方はそちらを見てほしい。

第Ⅰ部世界のしくみ

第1章 大きなサイクルの簡単な説明

冒頭で説明したように、世界の秩序は今、急速に変化している。それは、私たちが生きている間に起こったことはないが、過去には何度も起こったことだ。私の目的は、それらの事例とそれを推進したメカニズムを紹介し、その視点で、未来を想像することを試みることだ。

以下は、過去3つの基軸通貨帝国(オランダ、イギリス、アメリカ)過去500年の6つの重要な帝国(ドイツ、フランス、ロシア、インド、日本、中国)および600年頃の唐の時代にさかのぼる中国の主要王朝の盛衰を研究して私が見たダイナミクスを超拡散して記述したものである。この章の目的は、すべてのサイクル、特に現在のサイクルを見るときに使用する原型を提供することにある。

これらの過去の事例を研究する中で、私は論理的な理由で発生した明確なパターンを見た。ここでは簡単にまとめ、次の章でより詳しく説明する。この章とこの本の焦点は、富と権力の大きな周期的変動に影響を与える力についてだが、私は、文化や芸術、社会的風習など、生活のあらゆる側面で波及効果のあるパターンも見てきましたので、後ほど触れる。この単純なアーキタイプと第2部で示すケースとの間で、個々のケースがアーキタイプ(本来はそれらの平均値に過ぎない)にどのように適合し、アーキタイプが個々のケースをどの程度説明しているかを見ることになる。そうすることで、今何が起きているのかをより深く理解することができるのではないかと思っている。

私は、世界がどのように動いているかを解明し、それにうまく対処するための時代を超えた普遍的な原則を得ることを使命としている。それは、私にとって情熱であり、必要なことでもある。先に述べたような好奇心と懸念が私をこの研究に引きずり込んだが、この研究の過程で、世界の仕組みの全体像が予想以上に理解できたので、それを皆さんと分かち合いたいと思う。長い時間をかけて、民族や国がどのように成功し、失敗していくのかがより明確になり、私が知らなかった浮き沈みの背後にある巨大なサイクルが明らかになったのである。

例えば、私は研究を通じて、ほとんどの国の多くの人々が時代を超えて影響を受けている最大のものは、富と権力を作り、奪い、分配するための闘争であることを知った。これらの争いは、時代を超えた普遍的な方法で起こり、人々の生活のあらゆる側面に大きな影響を及ぼし、潮の満ち引きのようなサイクルで展開される。

また、いつの時代も、どの国でも、富を持っているのは富の生産手段を所有している人たちであることもわかった。その富を維持し、あるいは増やすために、彼らは、彼らと共生関係にある政治権力を持つ人々と協力して、ルールを決め、執行している。私は、これが国や時代を超えて同じように起こっていることを目の当たりにした。その正確な形は進化してきたし、これからも進化し続けるだろうが、最も重要な力学はほとんど変わりません。例えば、農地が最も重要な富の源泉であった時代の地主である君主や貴族から、資本主義が資本資産を生み出し、富や政治力が一般的に家系に受け継がれなくなった現在、資本家や選挙で選ばれた政治家あるいは独裁者へと)富や力を持つ人々の階級は時代と共に進化してきたが、それでも基本的には同じ方法で協力し、競争していたのである。

私は、このような力学が、時間の経過とともに、ごく一部の人口が総資産や権力の例外的に大きな割合を獲得し支配するようになり、その後、過剰に拡大し、不況に遭遇し、最も裕福でなく力のない人々が最も傷つき、それが紛争につながり、革命や内戦を生み出すことを目の当たりにした。このような紛争が終わると、新しい世界秩序が生まれ、そのサイクルが再び始まる。

この章では、このような大局的な構図と、それに付随する詳細についてお話しする。ここに書かれているのは私自身の見解だが、本書で私が表現している考え方は、他の専門家とも十分にトライアンドエラーを繰り返していることを知っておいてほしい。2年ほど前、冒頭で述べたような疑問に答える必要があると感じたとき、私は研究チームとともに勉強に没頭し、アーカイブを調べ、パズルの断片をそれぞれ深く理解している世界最高の学者や実務家と話をし、洞察力のある著者の関連する名著を読み、私が行った先行研究と50年近くグローバル投資を行ってきた経験を振り返ろうと決心したのである。

私はこの仕事を、大胆で、謙虚で、必要で、魅力的な仕事だと考えているので、重要なことを見落としたり、間違っていたりすることを心配し、私のプロセスは反復される。私は研究を行い、それを書き上げ、世界最高の学者や実務家に見せてストレステストを行い、改善の可能性を探り、また書き上げ、またストレステストを行い、ということを、収穫が少なくなるところまで繰り返する。この研究は、その成果である。世界最大の帝国とその市場の盛衰を決定する公式が正確に正しいとは断言できないが、おおむね正しいという自信は持っている。また、私が学んだことは、今起きていることを整理し、私が生きている間には起きないが歴史上繰り返し起きてきた重要な出来事に対処する方法を想像するために不可欠であることも分かっている。

大きなサイクルを理解する

本書で説明する理由から、私たちは今、相対的な富と権力、そして世界秩序における典型的な大転換を目の当たりにしており、それはあらゆる国のすべての人々に深い影響を及ぼすと私は考えている。この大きな富と権力のシフトは、ほとんどの人が歴史のパターンを頭に入れていないため、「これもその一つ」と考えることができず、明らかではない。そこで、この第1章では、帝国とその市場の興亡の背後にある原型的な仕組みがどのように機能していると私が考えているかを、ごく簡単に説明することにする。私は18の重要な決定要因を特定した。これらの要因は、帝国の浮き沈みを引き起こした基本的な波動のほとんどすべてを説明することができる。それらを少し見てみよう。それらのほとんどは、浮き沈みの非常に大きな1つのサイクルを作り出す傾向のある方法で相互に補強し合う古典的なサイクルで蒸し返される。この典型的なビッグサイクルは、帝国の興亡を支配し、通貨や市場(私は特にこれに関心がある)を含む帝国のすべてに影響を与える。最も重要なのは、冒頭で述べた「長期債務と資本市場のサイクル」、「内部秩序と無秩序のサイクル」、「外部秩序と無秩序のサイクル」の3つのサイクルである。

この3つのサイクルは一般的に最も重要であるため、後の章で少し深く見ていくことになる。そして、この3つのサイクルを歴史と現代に適用し、実際の事例でどのように作用しているかを確認する。

これらのサイクルは、平和と戦争、好景気と不景気、左派と右派の対立、帝国の合体と崩壊など、相反するものの間を行ったり来たりするもので、人々が物事を均衡レベルを超えて極端に押し進めるために起こるもので、それが反対方向に行き過ぎたスイングにつながるのが一般的だ。一方向への揺れの中には、反対方向への揺れを引き起こす要因が含まれている。

これらのサイクルは、人間のライフサイクルの基本がいつの時代も変わらないのと同じ理由で、本質的に変わらないのである:人間の本質は時間が経ってもあまり変わらないからだ。例えば、恐怖、欲、嫉妬などの基本的な感情は不変であり、サイクルを駆動する大きな影響力を持っている。

しかし、人間のライフサイクルの原型は、子供は親に育てられ、自立し、子供を育て、仕事をし、老い、引退し、死ぬまで続くというもので、基本的に同じである。同様に、大きなお金、クレジット、資本市場のサイクルも、過剰な負債と負債資産(例えば、債券)を積み上げ、その負債をハードマネーで返済できなくなるまで、本質的に変わらない。いつものように、これは人々が負債資産を売って買い物をしようとすることにつながるが、お金の量と買うべきものの価値に対して負債資産があまりにも多すぎるために、それができないことがわかる。これが起こると、債務不履行が発生し、貨幣を製造する人々はより多くの貨幣を製造するようになる。このサイクルは何千年もの間、本質的に同じであった。内部の秩序と無秩序、外部の秩序と無秩序のサイクルも同様だ。これからの章では、人間の性質やその他の力学がどのようにこれらのサイクルを動かしているのかを探っていくる。

進化、サイクル、そして道程の凸凹

進化は宇宙で最大かつ唯一の永続的な力だが、私たちはそれに気づくのに苦労している。私たちは何が存在し、何が起こっているかを見ているが、進化や、物事を存在させ、起こさせている進化の力を見ていない。あなたの周りを見てほしい。進化的な変化を見ることができるだろうか?もちろん、見えない。しかし、あなたは今見ているものが、あなたの視点ではゆっくりとではあるが、変化していることを知っている。その変化を見るために、私たちはモノを測る方法を工夫し、その変化を見なければならない。そして、その変化を見ることができたら、なぜそのような変化が起こるのかを研究するのだ。それが、これからの変化とそれへの対処を考える上で必要なことだ。

進化とは、適応と学習によって起こる、改善への上昇気流である。その周りにはサイクルがある。私にとっては、ほとんどのことが、上向きのコルク栓のように、周囲にサイクルを持つ改善への上昇軌道として推移しているように見える。

進化は、知識の獲得が知識の喪失を上回るため、比較的スムーズで安定した向上が見られる。一方、サイクルは、振り子のように、一方向に過剰なものを生み出し、他方で反転し過剰なものを生み出す、行ったり来たりするものである。例えば、時間の経過とともに私たちの生活水準は、私たちがより多くを学び、より高い生産性をもたらすので上昇するが、実際の経済活動はその上昇トレンドの周りで上下に動く負債サイクルがあるため、経済には浮き沈みがある。このようなトレンドの進化、時には革命的な変化は、常にスムーズで痛みを伴わないわけではない。間違いが起こり、学習が行われ、より良い適応がなされるため、時には非常に急激で痛みを伴うこともある。

進化とサイクルが一緒になって、富、政治、生物学、技術、社会学、哲学など、あらゆる分野で見られるコークスクリュー型の上昇運動を生み出しているのだ。

人間の生産性は、世界の富、権力、生活水準を長期にわたって上昇させる最も重要な力である。生産性、すなわち学習、建設、発明によってもたらされる一人当たりの生産高は、時代とともに着実に向上してきた。しかし、その理由は常に同じである。つまり、人々の教育の質、創意工夫、労働意欲、そしてアイデアを生産に結びつける経済システムなどである。これらの理由は、政策立案者が自国にとって最良の結果を得るために理解すべきものであり、投資家や企業が長期的な投資先を決定するために理解すべきものである。

このような絶え間なく増加するトレンドは、人類の進化能力の産物である。人類は、脳によって学習し、抽象的に考えるというユニークな能力を持つため、他のどの種よりも優れた進化を遂げることができる。その結果、私たちは技術や方法の発明を独自に進化させてきた。その進化は、世界秩序の変化を構成する絶え間ない進化につながった。通信や輸送の技術的進歩は、世界中の人々の距離を縮め、人々や帝国の関係のあり方を大きく変えてきた。このような進化は、寿命の延長、より良い製品、より良い方法など、あらゆるものに見受けられる。私たちの進化の仕方も、より良い創造と革新の方法を考え出すという形で進化してきた。これは、人類の歴史が刻まれている限り、ずっと続いていることだ。その結果、ほとんどのもののチャートは、上下の動きよりも、改善への上り坂が多くなっている。

このことは、過去500年間の一人当たりの推定生産高(すなわち推定実質GDP)と平均寿命のグラフに示されている。これらは、不完全ではあるが、おそらく最も広く合意されている幸福の尺度である。この2つの指標は、不完全ではあるが、最も広く合意されている指標だ。

このようにトレンドが顕著であるということは、人間の創意工夫の力が他のあらゆるものに比べていかに強力だろうかを示している。このようにトップダウンで大局的に見ると、一人当たりの生産高は、初期には非常にゆっくりではあるが、着実に向上しているように見え、19世紀に入ってからは、生産性向上の速さを反映して、上昇の傾斜が非常に急になっていることがわかる。このように生産性の向上が遅いものから速いものへと変化したのは、主として幅広い学習の向上と、その学習の生産性への転換によるものであった。15世紀半ばにヨーロッパでグーテンベルクが印刷機を開発し(中国では何世紀も前から印刷が行われていた)より多くの人々が知識や教育を受けられるようになり、ルネサンス、科学革命、啓蒙主義、資本主義の発明、イギリスでの第一次産業革命に貢献した。これらについては、後ほど詳しく説明する。

資本主義の発明、起業家精神、産業革命による広範な生産性の向上は、富と権力を、土地所有が主要な権力の源泉であり、君主、貴族、聖職者が協力してその支配を維持する農業経済から脱却させた。そして、産業経済へと移行した。産業経済では、発明的な資本家が工業製品の生産手段を作り出し所有し、政府関係者と協力して、彼らが富と権力を持つことができるシステムを維持した。言い換えれば、そのような変化をもたらした産業革命以来、私たちは富と権力が主に教育、発明、資本主義の組み合わせからより多くもたらされ、政府を運営する人々は富と教育の大部分を支配する人々と協力するというシステムの中で活動してきたのである。

このような大きなサイクルを伴う進化がどのように起こるのかもまた、進化し続けている。例えば、古くは農地と農業生産が最も価値があり、それが機械とその生産物が最も価値があると進化してきたが、現在は物理的な存在が明らかでないデジタルなもの(データと情報処理)が最も価値があると進化している5。

上昇トレンドの周辺にあるサイクル

このような学習と生産性の向上は進化的であるため、重要ではあるが、誰がどのような富と権力を持つかという大きな急激なシフトを引き起こすことはない。突然の大きな変化は、好況、不況、革命、戦争などから起こるが、これらは主にサイクルによって引き起こされ、これらのサイクルは論理的な原因と結果の関係によって駆動されている。例えば、19世紀末の生産性向上、起業家精神、資本主義の力は、大きな貧富の差と過剰債務を生み出し、20世紀前半には、反資本主義、共産主義、国内および国家間の富と権力を巡る大きな対立につながる経済不況を招いた。このように、進化は大きなサイクルを伴って進行しているのだ。昔から成功の方程式は、教養のある人々が互いに礼節をわきまえながら、イノベーションを生み出し、資本市場を通じて資金を調達し、そのイノベーションを資源の生産と配分に変える手段を所有し、利潤の獲得によって報われるシステムであった。しかし、長期的には資本主義は富と機会の格差や過剰債務を生み出し、経済の低迷や革命・戦争を引き起こし、国内・世界の秩序を変化させてきた。

以下のグラフを見ればわかるように、歴史は、これらの乱世のほとんどすべてが、富と権力をめぐる争い(すなわち、革命や戦争という形の紛争で、多くの場合、貨幣や信用の崩壊と大きな貧富の格差が原因)や、厳しい自然現象(旱魃、洪水、疫病など)に起因していたことを示している。また、これらの期間がどの程度悪化するかは、その国の強さとそれに耐える能力によってほぼ決まることも示している。

貯蓄が多く、負債が少なく、基軸通貨が強い国は、貯蓄があまりなく、負債が多く、基軸通貨が強くない国よりも経済や信用の崩壊に耐えることができる。同様に、強力で有能なリーダーシップと市民集団を持つ国は、そうでない国よりもうまく管理することができ、創意工夫に富む国は、そうでない国よりもうまく適応することができる。後述するように、これらの要素は測定可能な時代を超えた普遍的な真理である。

このような激動の時代は、人類の適応能力と発明能力の進化的な上昇トレンドに比べると小さいため、これまでのGDPや平均寿命のグラフにはほとんど現れず、比較的小さな揺れとしてしか現れない。しかし、このような揺れは、私たちがあまりに小さく短命であるため、私たちには非常に大きく見えるのだ。例えば、1930年から45年の恐慌と戦争の時代を考えてみよう。アメリカの株式市場と世界の経済活動の水準を次の図に示した。見てもらったように、経済は約10%、株式市場は約85%下落し、その後、回復に転じた。

これは、歴史が記録されている限りずっと起こっている古典的な貨幣と信用の循環の一部であり、第3章でより完全に説明する。簡単に説明すると、信用崩壊は負債が多すぎるために起こる。通常、中央政府は持っていないお金を大量に使い、債務者が借金を支払いやすいようにしなければならず、中央銀行は常にお金を刷って自由に信用供与しなければならない。1930年代の債務不況は、1929年に崩壊した借金によるバブルとなった20年代の好景気の自然な延長線上にある。その結果、中央銀行による巨額の資金と信用創造を財源とする中央政府の巨額支出や借入につながる恐慌が発生した。

当時は、バブルの崩壊とそれに伴う経済の破綻が、1930年から45年にかけての富と権力をめぐる内外の戦いに最大の影響を及ぼした。当時も現在と同様、また他の多くの場合と同様、大きな貧富の格差と対立があり、それが債務・経済破綻によって高まると、社会・経済制度の革命的変化や大きな富の移動が起こり、各国の異なる制度でそれが顕在化したのである。資本主義か共産主義か、民主主義か独裁主義か、など、どの体制がベストなのかをめぐって衝突や戦争が起きた。大きな富の再分配を望む人と望まない人の間には、常に議論や戦いがある。1930年代には、母なる自然がアメリカに手痛い旱魃をもたらしたこともあった。

私が調べた事例全体を見渡すと、過去の経済や市場の下落は、債務再編や債務の貨幣化プロセスにどれだけの時間がかかったかによって、数年の差はあれ、3年程度で終わっている。債務の穴を埋めるためにお金を印刷するのが早ければ早いほど、デフレ不況の終結が早くなり、お金の価値が心配になるのも早くなる。1930年代の米国の場合、株式市場と経済は、新しく選ばれた大統領フランクリン・D・ルーズベルトが、人々がお金を金と交換できるようにするという政府の約束を破り、人々が銀行からお金を引き出し、他の人々が物を買ったり投資したりできるように、政府が十分なお金と信用を作り出すと発表した日に底を打った。1929年 10月の最初の株式市場の暴落から 3年半を要した6。

それでもなお、国内および国家間で富と権力をめぐる争いが起こった。6 ドイツと日本という新興国が、イギリス、フランス、そして最終的にはアメリカ(第二次世界大戦に巻き込まれた)という既存の世界の主要国に挑戦したのである。戦時中は、戦争に使われたものの経済生産高が上がったが、一人当たりの生産高で見るとそうであっても、破壊が多かったので、戦時中を「生産的」な時代と呼ぶのは語弊があるだろう。戦争が終わると、世界の一人当たりのGDPは約12%減少したが、その多くは戦争に負けた国の経済の落ち込みが原因であった。この数年間のストレステストは、多くのものを一掃し、勝者と敗者を明確にし、1945年の新たな始まりと新しい世界秩序につながったのである。その後、平和と繁栄の時代が長く続き、それが行き過ぎたため、75年後の今、すべての国が再びストレステストを受けることになったというのが、古典的な流れである。

歴史上のほとんどのサイクルは、基本的に同じ理由で起こっている。例えば、1907-19年は米国の1907年パニックで始まり、1929-32年の20年代の狂乱の後の通貨と信用の危機と同様に、好景気(米国では金ピカ時代、ヨーロッパ大陸ではベルエポック、英国ではヴィクトリア時代と同じ時期)が負債によるバブルとなり、経済と市場の下落を招いた結果である。これらの衰退はまた、大きな貧富の差があったときに起こり、大きな富の再分配を招き、世界大戦の一因となった。1930-45年のような富の再分配は、税金と政府支出の大幅な増加、大きな赤字、そして赤字を貨幣化する金融政策の大きな変さらによってもたらされた。そして、スペイン風邪がストレステストとそれによるリストラを激化させた。このストレステストと世界経済・地政学的再編は、1919年にヴェルサイユ条約で示された新しい世界秩序につながった。それが1920年代の借金による好景気をもたらし、1930年から45年にかけて、同じことが繰り返されるようになった。

これらの破壊・再建期は弱者を荒廃させ、強者が誰だろうかを明らかにし、物事を行うための革命的な新しいアプローチ(すなわち新しい秩序)を確立した。このことが、やがて大きな貧富の差を伴う債務バブルとして過度に拡大し、債務破綻を引き起こし、新しいストレステストと破壊・再建期(すなわち戦争)が生じ、新しい秩序が生まれ、最終的には再び強者が弱者に対して相対的に強くなり、といった繁栄の時代の土台となったのである。

この破壊・復興期は、それを経験した人たちにとってどのようなものなのだろうか。皆さんは経験したことがないだろうし、経験談はとても怖いので、自分が経験することに不安を感じる人が多いと思う。確かに、破壊と再建の期間は、経済的にも、そしてより重要なこととして、失われた、あるいは損なわれた人命の面でも、多大な人的被害をもたらしてきた。その結果、一部の人々にとってはより深刻なものとなったが、事実上、被害を免れる人はいない。しかし、歴史が示すように、不況下でも大多数の人は雇用を維持し、戦争でも無傷であり、自然災害でも生き残ることができる。

そのような中で苦労した人の中には、この非常に困難な時代が、人と人との距離を縮め、人格の強さを築き、基本的なことに感謝することを学ぶなど、重要で良いことをもたらしたと表現する人さえいるのだ。例えば、トム・ブローカは、1930年から45年の時代を経験した人々を、その性格の強さから「偉大なる世代」と呼んだ。世界恐慌や第二次世界大戦を経験した私の両親や叔父叔母、また、この破壊の時代を経験した他の国の人たちと話をしたときにも、そのように見ていたのである。経済的な破壊期間や戦争期間は、通常、それほど長くは続かない。また、干ばつ、洪水、伝染病などの自然災害の長さや深刻さはさまざまだが、適応するにつれて痛みは軽減されるのが一般的だ。このように、経済、革命・戦争、自然災害という3つの大きな危機が同時に起こることは稀である。

私が言いたいのは、このような革命や戦争の時期は、通常、多くの人間の苦しみをもたらすが、人はそれをうまく切り抜けられるという事実を、特に最悪の時期には、決して見失ってはいけないということだ。だからこそ、私は人類の適応力と創意工夫を信頼し、投資することが賢明であると信じている。だろうから、今後数年間、あなたも私も、そして世界の秩序も、大きな挑戦と変化を経験することは間違いないが、人類は、この困難な時代を乗り越え、新たな、より高いレベルの繁栄へと導く、非常に実際的な方法で、より賢く、より強くなっていくと私は信じている。

では、過去500年間の主要国の富と権力の上昇と衰退のサイクルについて見てみよう。

過去の富と権力の大きなサイクルの転換

先に示した生産性上昇のグラフは、全世界を対象にしたものである(測定可能な範囲で)。これでは、国と国との間で起こった富と権力のシフトはわからない。それがどのように起こるかを理解するために、まず大局的な基本から始めよう。記録された歴史を通じて、さまざまな形態の人々の集団(部族、王国、国など)は、自ら富を築き、他人から富を奪い、あるいは地中から富を発見することによって、富と権力を獲得してきた。他のどの集団よりも多くの富と力を集めたとき、彼らは世界をリードする勢力となり、世界の秩序を決定することができるようになった。そして、その富と力を失うと、世界の秩序は、そして人生のあらゆる側面が、大きく変化したのである。

次のグラフは、過去500年間の11の主要帝国の富と権力の相対的な推移を示したものである。

これらの富と権力の指標7 は、これから説明する8 種類の決定要因の合成である。これらの指標は完璧ではないが、全体像を把握するのに非常に有効である。このように、ほぼすべての帝国が、隆盛期と衰退期を繰り返していることがわかる。

図中の太い線は、オランダ、イギリス、アメリカ、中国の4つの最も重要な帝国を表している。これらの帝国は、現在のアメリカドル、その前のイギリスポンド、その前のオランダギルダーという3つの基軸通貨を保有していた。中国を加えたのは、中国が2番目に強力な帝国/国として台頭してきたことと、1850年頃以前のほとんどの年に一貫して強力であったためである。このグラフが示すストーリーをごく簡単にまとめると、次のようになる。

  • 中国は何世紀にもわたって支配的であったが(経済的にもその他の面でも常にヨーロッパに勝っていた)1800年代から急激に衰退していった。
  • オランダは比較的小さな国であったが、1600年代に世界の基軸通貨帝国となった。
  • イギリスも同じような道を歩み、1800年代にピークを迎えた。
  • 最後に、米国は150年以上にわたって世界の超大国となったが、特に第二次世界大戦中と戦後はそうであった。
  • 現在、米国は相対的に衰退しており、中国が再び台頭してきている。

次に、同じグラフを600年までさかのぼって見てみよう。私が最初のグラフ(過去500)に注目したのは、2番目のグラフ(過去1,400)よりも、私が最も熱心に研究した帝国に焦点を当て、よりシンプルだからだ。とはいえ、11カ国、12回の大きな戦争、500年以上の歴史は、単純とは言いがたい。複雑さを軽減するために、戦争時代の陰影は省いてある。このように、1500年以前は、中国がほぼ常に最強であったが、中東のカリフ、フランス、モンゴル、スペイン、オスマン帝国も入っている。

ここで重要なことは、この研究で取り上げた有力国は最も豊かで強力であったとはいえ、必ずしも最も裕福な国ではなかったということだ。それには2つの理由がある。第一に、富と権力は多くの人が求め、最も争うものだが、これらのものを最も重要視せず、それをめぐって争おうとは考えない人々や国もある。また、富や権力を多く持つことよりも、平和を持つことや人生を味わうことの方が大切だと考え、この研究に参加できるほどの富や権力を得るために懸命に戦うことは考えないだろうが、富や権力のために戦った人よりも多くの平和を享受している人もいるのだ。(ところで、富や権力を得ることよりも、平和や人生を味わうことを優先させることは、大いに結構だと思う。興味深いことに、国家の富や権力と国民の幸福度にはほとんど相関がなかった。これはまた別の機会に述べたい)。第二に、この国のグループには、富と生活水準が非常に高いが、大帝国となるほどの規模ではない「ブティック・カンパニー」(スイスやシンガポールなど)を除外していることだ。

富と権力の8つの決定要因

先のグラフで各国について示した富と力の単一の尺度は、18の尺度のほぼ均等な平均値である。決定要因の全リストは後で調べるとして、まずは次のグラフに示した重要な8つに注目しよう。教育、2)競争力、3)技術革新、4)経済生産高、5)世界貿易シェア、6)軍事力、7)金融センターの強さ、8)基軸通貨地位。

このグラフは、私が調査したすべての帝国について、それぞれの強さの尺度の平均を示したもので、最も新しい3つの基軸国(すなわち、米国、英国、オランダ)に最も重きを置いている8。

このグラフの線は、上昇と下降がなぜ、どのように起こったかをうまく物語っている。教育水準の向上が技術革新の進展につながり、それが世界貿易や軍事力に占める割合の増加、経済生産の強化、世界有数の金融センターの建設、そして遅ればせながら基軸通貨としての通貨の地位の確立につながったことがわかる。そして、これらの要因のほとんどが長期にわたって一緒に強くなり、その後、同じような順序で衰退していったことがおわかりいただけると思う。世界共通の基軸通貨は、世界の共通語と同じように、帝国が衰退し始めた後も残る傾向がある。それは、その通貨が一般的に使われるようになった強みよりも、使う習慣の方が長く続くからだ。

私はこの周期的で相互に関連した上下動をビッグサイクルと呼んでいる。これらの決定要因といくつかの追加力学を用いて、次にビッグサイクルをより詳細に説明する。しかし、その前に、これらの強さの尺度はすべて帝国の弧の中で上昇し、下降していることを再確認しておく必要がある。つまり、教育、競争力、経済生産高、世界貿易のシェアなどにおける強みと弱みは、論理的な理由によって、他の強さや弱さに貢献するのだ。

典型的なビッグサイクル

大まかに言えば、これらの上昇と下降は、3つの局面で起きていると見ることができる。

上昇期

上昇期:新しい秩序が生まれた後に訪れる、繁栄した建築物の時代。それは、a)負債が比較的少ない、b)人々の間の富、価値観、政治的格差が比較的小さい、c)繁栄を生み出すために人々が効果的に協力し合う、d)優れた教育とインフラ、e)強力で有能なリーダーシップ、f)1つか複数の世界の支配国が導く平和な世界秩序、が存在し、それによって国が根本的に強くなった時である。

頂点

この時期は、a) 多額の負債、b) 貧富の格差、政治的格差、c) 教育とインフラの衰退、d) 国内の異なる階層間の対立、e) 拡張しすぎた帝国が新興国に対抗するための国家間の闘争などの行き過ぎが特徴で、これが。..をもたらす。

衰退

戦いと再編の苦しい時期で、大きな対立と大きな変化をもたらし、内外の新しい秩序が確立される。次の新しい秩序と繁栄する新しい時代の構築のための舞台となる。

では、それぞれについて詳しく見ていきよう。

勃興期

上昇期は、次のような状況になったときに始まる。
  • その国の富と権力を増大させる優れたシステムを設計し、権力を獲得するために十分な強さと能力を備えた指導者が現れるときである。歴史的な大帝国を見ると、このシステムには通常……
  • … 強力な教育、それは単に知識や技能を教えるだけでなく、教えることも含まれる。..
  • … 強力な性格、礼節、労働意欲の育成。これらは、一般的に家庭、学校、および/または宗教施設で教えられている。うまくいけば、社会の中で規則や法律、秩序を健全に尊重するようになり、汚職率の低下につながり、人々が協力して生産性を向上させるのに効果的である。このようなことがうまくいけばいくほど、基礎的な製品の生産から
  • イノベーションを起こし、新しい技術を発明する。例えば、オランダは優れた発明家であり、最盛期には世界の主要な発明の4分の1を生み出した。そのひとつが、世界中を旅して富を集める船である。彼らはまた、私たちが知っているような資本主義を発明した。イノベーションは、一般的に。..であることによって強化される。
  • … 世界最高の思考を受け入れ、最良の方法を学ぶことができること、そして。..
  • 労働者、政府、軍、すべてがうまく機能することによって。
これらのことの結果として、国は。…..。
  • 生産性を高め、世界市場での競争力を高める。
  • … 世界市場での競争力が増し、それが。…..世界貿易に占める割合の上昇に表れている。
  • 世界貿易に占める割合が高まる。今日、米国と中国は、経済生産高と世界貿易の割合の両方でほぼ同等になっていることから、この現象が起こっていることがわかる。
  • 世界貿易が拡大すればするほど、国は貿易ルートと外国の利益を守らなければならず、攻撃から自国を守る準備をしなければならないので、強大な軍事力を身につける。
この好循環がうまくいけば、次のようになる。
  • この好循環は、強力な所得増加をもたらし、その所得は次のような財源に充てられる。
  • インフラ、教育、研究開発への投資
  • 国は、富を作る、あるいは得る能力のある人々にインセンティブを与え、力を与えるシステムを開発しなければならない。これらの過去の事例を見ると、最も成功した帝国は、資本主義的なアプローチで生産的な起業家にインセンティブを与え、育成していた。中国共産党が運営する中国ですら、国家資本主義的なアプローチで、人々にインセンティブを与え、能力を発揮させるようにしている。そのインセンティブと経済的有効性をうまく発揮させるために、国は。…..。
  • 資本市場、特に貸付市場、債券市場、株式市場を発展させなければならない。これによって、人々は貯蓄を投資に変え、技術革新や開発の資金を調達し、素晴らしいことを実現している人々の成功を分かち合うことができる。創意に富むオランダ人は、最初の上場企業(オランダ東インド会社)とその資金調達のための最初の株式市場を創設した。これらは、多くの富と権力を生み出す彼らの機械に不可欠な要素だった。
  • 当然の帰結として、すべての偉大な帝国は、その時代の資本を集め、分配するための世界有数の金融センターを開発したのである。オランダが卓越していた頃のアムステルダム、英国がトップにあった頃のロンドン、現在のニューヨーク、そして中国は上海に独自の金融センターを急速に発展させている。
  • 国際取引を拡大して最大の貿易帝国になると、その取引はその通貨で決済でき、世界中の人々がその通貨で貯金したいと思うので、世界一の基軸通貨となり、他の国がその通貨で融資したいと思うので、他の国より多く、低い金利で借入ができるようになる。

このように、金融、政治、軍事力の相互支援につながる一連の因果関係は、記録に残る歴史と同じくらい長い間、共に歩んできた。世界で最も強力になった帝国は、すべてこの道をたどってトップになったのである。

トップ

頂点に立つと、国はその隆盛を支えた成功を維持するが、成功の報酬の中に衰退の種が含まれている。時間が経つにつれて、義務が積み重なり、上昇の原動力となった自己強化の状況が崩れていく。

  • 富と権力を手に入れた国の人々は、より多くの収入を得るため、より安く働く他の国の人々に対してより高価で、より競争力のない存在となる。
  • 同時に、他の国の人々は、当然、先進国の手法や技術を真似るので、先進国の競争力はさらに低下する。例えば、イギリスの造船会社がオランダの設計者を雇い、より良い船を設計し、より安価なイギリスの労働者で建造することで競争力を高め、イギリスが台頭し、オランダが衰退していったのである。
  • また、先進国の人々は豊かになると、あまり働かなくなる傾向がある。余暇を楽しむようになり、より上質で生産性の低いものを追求し、極端な話、退廃的になっていく。富と権力を得るために戦わなければならなかった世代から、それを受け継いだ世代へと、頂点に立つ過程で価値観が変化する。新しい世代は、戦いに慣れておらず、贅沢三昧で、楽な生活に慣れているため、困難に直面したとき、より脆弱になる。
  • さらに、人々はうまくいっていることに慣れるにつれ、良い時代が続くことに賭けるようになり、そのためにお金を借りるようになる。それが金融バブルを引き起こす。
  • 資本主義体制では、経済的利益は不均等にもたらされるため、貧富の格差が拡大する。富裕層はより大きな資源を利用して権力を拡大するため、貧富の格差は自己強化される。また、富裕層は自分たちに有利なように政治システムに影響を与え、子供たちにより良い教育などの特権を与えるため、富裕な「持つ者」と貧しい「持たざる者」の間に価値観、政治、機会の格差が生じる。裕福でない人々は、このシステムを不公平だと感じ、恨みを募らせる。
  • しかし、多くの人々の生活水準が向上している限り、こうした格差や不満が紛争に発展することはない。

この間、先進国の財政状況は変化し始める。基軸通貨を持つことで、より多くのお金を借りることができるという「法外な特権」9が与えられ、より深い借金を負うことになる。このことは、短期的には先進国の消費力を高め、長期的には先進国を弱体化させる。

  • 必然的に、その国は過剰な借金をするようになり、外国の金融機関に多額の借金をするようになる。
  • これは、短期的には消費力を高めるが、長期的には国の財政を弱め、通貨を弱めることになる。つまり、借入れと支出が多いとき、帝国は非常に強く見えるが、借入れによって国内の過剰消費と帝国維持のための国際軍事紛争を賄い、ファンダメンタルズを超えた国力を維持しているため、実際には財政が弱体化しているのだ。
  • また、帝国を維持・防衛するための費用は、それがもたらす収入よりも大きくなるため、帝国を持つことは採算が合わなくなる。例えば、大英帝国は巨大化し、官僚化し、競争力を失い、ライバル国(特にドイツ)の台頭により、ますます高価な軍拡競争と世界大戦を引き起こした。
  • 富める国は、より多く貯蓄する貧しい国から借金をする。これは、富と権力の移動の最も早い兆候の一つである。1980年代、アメリカは一人当たりの所得が中国の40倍となり、ドルが世界の基軸通貨であったためにドルでの貯蓄を望む中国から借金をするようになったことから始まった。
  • 帝国が新たな貸し手を失い始めると、自国通貨を保有する人々は、購入、貯蓄、融資、参入よりも、売却して撤退することを考え始め、帝国の強さは低下し始める。

衰退期

衰退期は、通常、内部の経済的弱体化と内部抗争、あるいは費用のかかる外部抗争、またはその両方から生じる。通常、国の衰退は徐々に、そして突然にやってくる。

内部的には。..
  • 負債が非常に大きくなり、経済が悪化して帝国が負債を返済するのに必要なお金を借りることができなくなると、国内に大きな困難が生じ、国は負債を踏み倒すか新たに大量のお金を印刷するかの選択を迫られる。
  • その国は、ほとんどの場合、最初は徐々に、そして最終的には大量に新しいお金を印刷することを選択する。これによって通貨が切り下げられ、インフレになる。
  • 一般に、政府の資金繰りに問題があるとき、つまり金融や経済の状況が悪く、貧富や価値観、政治的格差が大きいとき、貧富や民族、宗教、人種間の内部対立が大きくなる。
  • それが政治的な過激さを生み、左派や右派のポピュリズムとして現れる。左派は富の再分配を求め、右派は富裕層の富を維持しようとする。これは「反資本主義」の段階であり、資本主義、資本家、エリート一般が問題の責任を負わされるのだ。
  • 一般にこのような時期には、金持ちに対する税金が上がり、金持ちは自分たちの富と幸福が奪われることを恐れ、より安全だと思う場所、資産、通貨に移動する。こうした流出は国の税収を減らし、典型的な自己強化、空洞化のプロセスを引き起こす。
  • 富の流出がひどくなると、国は富の流出を禁止する。富の流出がひどくなると、国は富の流出を禁止する。流出しようとする人々はパニックを起こし始める。
  • このような乱世は生産性を低下させ、経済のパイを縮小させ、縮小する資源をどう分配するかという争いをさらに引き起こす。ポピュリストの指導者が両陣営から現れ、支配と秩序をもたらすことを誓う。その時、民主主義は無政府状態をコントロールできず、混沌に秩序をもたらす強力なポピュリストの指導者に移行する可能性が最も高いため、民主主義が最も問われることになる。
  • 国内の対立が激化すると、富の再分配と大きな変革を強いるために、何らかの形で革命や内戦に発展する。これは平和的で既存の国内秩序を維持することもできるが、暴力的で秩序を変えることの方が多い。例えば、富の再分配を目的としたルーズベルト革命は比較的平和的だったが、同じ理由で1930年代に起こったドイツ、日本、スペイン、ロシア、中国での国内秩序を変える革命は、より暴力的なものだった。

こうした内戦や革命は、私が新しい内的秩序と呼ぶものを生み出す。第5章では、内部秩序がどのように循環的に変化していくのかを探ってみたいと思う。しかし、今のところ重要なのは、内部秩序は世界秩序の変化を伴わずに変化することがあるということだ。内部の無秩序と不安定を生み出す力が、外部の課題と合致したときに初めて、世界秩序全体が変化しうるのだ。

外的な..
  • 既存の大国や既存の世界秩序に挑戦できるような大国が台頭してきた場合、特に既存の大国内で内紛が起きている場合は、大きな国際紛争のリスクが高まる。典型的には、台頭する国際的な敵対勢力は、この国内の弱点を利用しようとする。特に、台頭する国際大国がそれに匹敵する軍事力を構築している場合は危険である。
  • 外国のライバルから自国を守るためには、多額の軍事費が必要であり、それは国内の経済状況が悪化し、主要な大国が最も余裕がないときにも行わなければならない。
  • 国際紛争を平和的に裁く制度がないため、これらの紛争は通常、力の試練を通じて解決される。
  • より大胆な挑戦がなされると、主導権を握っている帝国は、戦うか退却するかの難しい選択を迫られる。戦って負けるのは最悪だが、退却するのも悪い。なぜなら、退却すると相手の勢力を拡大させることになるし、どちらにつくべきかを考えている他の国々に、自分の弱さを示すことになるからだ。
  • 経済状況が悪いと、富と権力を求めて争うことが多くなり、必然的に何らかの戦争に発展する。
  • 戦争は恐ろしいほどコストがかかる。同時に、戦争は世界秩序を富と権力の新しい現実に再編成するために必要な地殻変動を引き起こす。
  • 衰退する帝国の基軸通貨と債務を保有する人々が信頼を失い、それを売却するとき、それはそのビッグサイクルの終わりを意味する。

負債、国内での内戦や革命、海外での戦争、通貨への信頼の喪失など、これらの力がすべて揃ったとき、世界秩序の変革が起こるのが普通である。

これらの勢力を典型的な経過でまとめたのが次の図である。

最後の数ページで、私はあなたに多くのことを投げかけた。もう一度ゆっくり読んでみて、この順序に意味があるかどうか確かめてほしい。後ほど、いくつかの具体的な事例をより深く掘り下げていきますので、正確ではないにせよ、これらのサイクルのパターンが浮かび上がってくるのがわかると思う。正確な発生時期よりも、発生する事実と発生する理由の方が議論の余地がない。

要約すると、富と生活水準の向上をもたらす生産性の上昇トレンドの周辺には、負債水準が比較的低く、富や価値観、政治的格差が比較的小さく、繁栄を生み出すために人々が効果的に協力し、優れた教育やインフラ、強力で有能なリーダーシップ、そして1つまたは複数の世界支配国が導く平和な世界秩序があるため、国が基本的に強いと考えられる繁栄期を築くサイクルが存在する。これらは、豊かで楽しい時代である。しかし、それが行き過ぎた場合、つまり常に行き過ぎた場合は、破壊と再構築という気の滅入るような時期を迎える。この時期には、高水準の負債、大きな富と価値観と政治的格差、異なる派閥の人々がうまく協力できず、教育やインフラの不備、新興ライバル国の挑戦を受けて過剰な帝国を維持するための闘いという国の根本的弱点から、戦闘、破壊、そして再構築による新しい秩序の構築という痛みを伴う時期が始まり、新しい時代の構築への段階となる。

これらのステップは、時代を超えた普遍的な因果関係によって論理的に展開されるため、これらの指標を見ることで、その国の立ち位置の健康指数を作成することができる。これらの指標が「強い/良い」であれば、その国の状態は「強い/良い」であり、これからの時代は「強い/良い」可能性が高く、これらの項目の評価が「弱い/悪い」であれば、その国の状態は「弱い/悪い」可能性が高く、これからの時代は「弱い/悪い」可能性が高くなるのだ。

次の表は、そのイメージをつかみやすくするために、ほとんどの指標を色に置き換えたもので、濃い緑が「非常に良い」、濃い赤が「非常に悪い」である。これらの数値の平均が、その国がどのサイクルのどの段階にあるかを示す。これらのパワー・リーディングと同様に、これらを再構成してわずかに異なるリーディングを生み出すことは可能だが、大まかなところでは、これらは大まかな指標となる。ここでは、典型的なプロセスを例示するためにこれを示しているのであって、特定のケースを見ているわけではない。ただし、本書の後半で、主要国すべてについて具体的な量的読解を示す予定である。

1. これらの要因は、上昇するものも下降するものも、すべて相互に補強しあう傾向があるので、大きな貧富の差、債務危機、革命、戦争、世界秩序の変化がパーフェクトストームとして訪れる傾向があるのは、偶然ではないだろう。帝国の興亡のビッグサイクルは、次の図のようになる。不況、革命、戦争による破壊と再編の悪い時期は、旧体制を大きく破壊し、新体制の出現を促すもので、通常10年から20年程度かかるが、その幅はもっと大きくなることがある。陰影で示したのがその期間である。その後、平和と繁栄の時代が続き、賢い人々が調和して働き、どの国も世界の大国が強すぎるために争おうとはしない。このような平和な時代は約40年から80年続くが、その範囲の変動はもっと大きいこともある。

例えば、オランダ帝国が大英帝国に道を譲ったとき、大英帝国がアメリカ帝国に道を譲ったとき、次のようなことがほとんど、あるいはすべて起こった。

古いものの終わり、新しいものの始まり(例:オランダからイギリスへ)
  • 債務再編と債務危機
  • “持つ者 “から “持たざる者 “への大規模な富の移転につながる内部革命(平和的または暴力的)。
  • 対外戦争
  • 通貨の大混乱
  • 新しい国内・世界秩序
古いものの終わり、新しいものの始まり(例:イギリスからアメリカへ)
  • 債務再編と債務危機
  • 富を持つ者から持たざる者への大規模な移転につながる内部革命(平和的または暴力的)。
  • 対外戦争
  • 通貨の大混乱
  • 新たな国内・世界秩序

現在の状況についてのプレビュー

  • 2.先に説明したように、最後の大規模な破壊と再編の時期は1930-45年に起こった。その結果、新しい世界通貨システム(1944年にニューハンプシャー州のブレトンウッズで構築)と米国支配の世界統治システム(ニューヨークに国連、ワシントンDCに世界銀行と国際通貨基金を設置)の構築と1945年に始まった新しい世界秩序の構築の時期が始まったのである。新世界秩序は、米国が最も豊かな国であり(当時は世界の金塊の3分の2を保有し、金が貨幣だった)圧倒的な経済力を持ち(当時は世界の生産の約半分を占めていた)最も強力な軍事力(当時は核兵器の独占と最強の通常戦力を有していた)であるという当然の帰結であった。
  • 3.本稿執筆時点では、それから75年が経過し、主要な基軸通貨帝国でもある旧帝国は、古典的には、多額の債務を抱え、典型的な金融政策がうまく機能しない長期債務サイクルの終盤に差し掛かっている。政治的に分断された中央政府は最近、借りているお金を大量に出すことで財政の穴を埋めようとし、中央銀行はお金を大量に印刷することで助けようとしている(つまり、政府債務を貨幣化すること)。こうしたことはすべて、富と価値の大きな格差があり、貿易、技術開発、資本市場、地政学で世界をリードする大国が台頭し、それに対抗しているときに起こっているのだ。その上、この原稿を書いている時点では、パンデミックにも悩まされている。
  • 4.同時に、人間の優れた思考とコンピュータの知能が、これらの課題に対処する素晴らしい方法を生み出している。私たちがお互いにうまく付き合うことができれば、この難局を乗り越え、これまでとはまったく異なる新たな繁栄の時代へと進むことができるに違いない。同時に、多くの人々にとってトラウマとなるような急激な変化が起こることも、同様に確信している。

世の中の仕組みは、一言で言えばそういうことだ。では、もう少し拡大して説明する。

  • 5 今、人類は、科学的手法の発見と活用以上に劇的な方法で、思考方法を進化させ、生産性を高めている。これは、人工知能の開発を通じて行われている。人工知能は、発見をし、それを処理し、何をすべきかを指示することのできる代替的な脳による代替的な思考法である。人類は本質的に、過去のパターンを見抜き、多くの異なるアイデアを素早く処理する膨大な能力を持ち、常識をほとんど持たず、人間関係の背後にある論理を理解するのが困難で、感情を持たない代替種を作り出しているのだ。この種は、賢くもあり愚かでもあり、役に立つこともあれば危険なこともある。大きな可能性を秘めているが、盲目的に従わず、うまくコントロールする必要がある。
  • 6 2008年は暴落から貨幣の印刷まで2カ月かかったが2020年はわずか数週間である。
  • 7 これらの指標は、多くの異なる統計から構成されており、直接比較可能なものもあれば、大まかな類似性や大まかな指標となるものもある。ある時点で止まったデータ系列を、過去にさかのぼって続く系列とつなぎ合わせなければならないケースもある。さらに、グラフに示した線は、これらの指数の30年移動平均を、ラグが生じないようにシフトさせたものである。平滑化された系列を選んだのは、平滑化されていない系列のボラティリティが大きすぎて、大きな動きを見ることができないからだ。今後、超長期で見る場合はこのような非常に平滑化されたものを使い、近くで見る場合は平滑化または非平滑化されたものを使うつもりである。
  • 8 主要な指標をケースごとに平均化することで、過去の指標との相対的な位置づけを示す。グラフの値は、1がその指標の歴史に対するピークを,0が谷を表すように示されている。時系列は年単位で表示され,0はほぼその国がピークに達した時(すなわち、指標全体の平均がピークに達した時)を表している。この章の残りの部分では、原型の各段階をより詳細に説明する。
  • 9 「法外な特権」とは、フランスの財務大臣ヴァレリー・ジスカール・デスタンが米国の立場を説明するために作った基軸通貨の表現方法である。
  • 10 自然の営み、外的秩序、地質学はサイクル分析に含まれない。リーディングでは、歴史が限定された決定要因のプロキシを使用する。

保護記事

管理用・限定公開

著者について

レイ・ダリオ(Ray Dalio)は、50年近くグローバル・マクロ投資家として活躍してきた。世界最大のヘッジファンドであり、業界をリードする機関投資家集団であるブリッジウォーター・アソシエイツの創設者兼共同CIOである。

ダリオは、ロングアイランドのごく普通の中流階級の子供として育ち、12歳の時に投資を始め、26歳の時に2LDKのアパートからブリッジウォーターを創設し、ファウチュン誌が評価する米国で5番目に重要な民間企業にまで成長させた。その過程で、彼は政策立案者のアドバイザーとなり、TIME誌は彼を「世界で最も影響力のある100人」の一人に選出した。CIOやWiredでは、その独自の創意工夫と業界を変える思考法から「投資界のスティーブ・ジョブズ」と呼ばれている。また、フォーブスでは、米国で最も寛大な慈善家50人の一人に選ばれている。

2017年、彼は自分の成功の裏にある原則を、一連の書籍とアニメーションの動画で伝えることにした。彼の著書『プリンシプル』。「Life and Work」は、ニューヨークタイムズ紙のベストセラー第1位、Amazonのビジネス書年間第1位となり、世界中で300万部以上売れ、30カ国以上の言語に翻訳されている。YouTubeの30分アニメ「How the Economic Machine Works」と「Principles for Success」は合わせて1億回以上視聴され、「Principles for Navigating Big Debt Crises」は経済学者、政策立案者、投資家から高い評価を得ている。

この新著「変化する世界秩序に対処するための原則」では、ダリオ氏独自の世界観で、偉大な基軸通貨帝国の盛衰を研究している。ダリオ氏は、このページで紹介されているモデルが、これからの時代の変化に備える読者の助けになることを願っている。

AvidReaderPress.com

サイモン・アンド・シュースター・ドットコム

www.SimonandSchuster.com/Authors/Ray-Dalio

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

このページのコンテンツはコピーできません

error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました