ワクチンワクチンの安全性・有害事象

ワクチンシェディングとは何ですか、私はそれを心配する必要がありますか?
What is Vaccine Shedding and Should I be Concerned About it?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

worldcouncilforhealth.org/resources/what-is-vaccine-shedding/

second shot of vaccine P96N9G2 scaled

「ワクチンシェディング」とは、通常、人に生ウイルスワクチンを注射した後に、生存しているウイルス粒子が体外に放出されることと定義されています。シェディングは、唾液、気道から放出される微小な飛沫、または排泄物を通して起こります。曝露された人は、その後、感染する可能性があり、継続的な感染の連鎖が始まることもあれば、始まらないこともあります。

歴史的に、弱毒化された標的ウイルスを含む生ワクチンのみがシェディングされると考えられてきました。シェディングされる弱毒生ワクチンの例としては、インフルエンザ(鼻腔内投与、筋肉内投与のいずれであっても)水痘(水ぼうそう)経口ポリオワクチンなどが挙げられます。2017年には、循環ワクチン由来ポリオウイルス(cVDPV)によるポリオ疾患の症例が、野生ポリオウイルスの症例よりも多くなっています。

免疫力が低下している人は、最近弱毒性生ワクチンを接種した友人や家族と接触しないように長い間注意されてきました。

はしか、風疹、帯状疱疹ワクチンを含む他の生ウイルスワクチンでもシェディングが記録されていますが、シェディングの結果としての感染は記録されていません。

  • ワクチン接種後1日から14日の尿から麻疹ウイルスRNAが検出され、フランスではワクチン接種後の小児の咽頭ぬぐい液からワクチン型ウイルスが分離された。
  • 風疹ウイルスはワクチン接種後7-28日でワクチン接種者の鼻や喉に排泄され、母乳を介したウイルス感染も記録されています。
  • 水痘(水ぼうそう)ワクチンの接種により、ワクチン型ウイルスが肺で複製されていることが確認されており、最近接種した人では、古典的な水痘だけでなく帯状疱疹の痛みからも感染することが報告されています。

ワクチンシェディングは、異なる生ワクチンの間だけでなく、個人間でも大きく異なる可能性があります。弱毒生ワクチン注射後に発生する場合、個人差やその他の変数が、シェディング量の多寡、シェディング期間、他者への感染の可能性、シェディングされたウイルスに曝露した人に疾患が発生するかどうかに影響します。

COVID-19ワクチンで脱毛することはありますか?

vaccinating during a pandemic

COVID-19ワクチンは、弱毒性生ワクチンではありません。すべてではありませんが、多くはmRNAワクチンです。これは新しい遺伝子ベースの技術で、最近まで臨床試験の場以外ではヒトに使用されたことはありませんでした。最も広く使われているCOVID-19ワクチンは、mRNA型(ファイザー、モデルナなど)とアデノウイルスベクター型(アストラゼネカ、ジョンソン&ジョンソンなど)で、COVID-19を引き起こすSARS-CoV-2のスパイクタンパク質を改変したものを大量に生産するよう体内の細胞に指示を与える遺伝物質を含んでいます。このスパイクタンパク質は、その後、体内のリンパ系や血管系を循環する可能性があります。

スパイクタンパク質の体内存在は、中和抗体による免疫反応を引き起こすことを目的としていますが、通常、注射した人が野生ウイルスにさらされた場合、せいぜい短期間の重症新型コロナウイルス感染症からの保護が得られるに過ぎません。しかし、スパイクタンパク質は、自然感染によるものであれ、注射によって生じたものであれ、それ自体に毒性があることが分かっており、人によっては副作用を引き起こす可能性があります。

特にCOVID-19を注射した人がSARS-CoV-2に感染した場合、他の人に感染する可能性のある生ウイルスが放出されるウイルス排泄は珍しいことではありません。ウイルスのシェディングは、感染して免疫力が低下した人では3ヶ月以上続くこともあります。

COVID-19「遺伝子ワクチン」を注射した後に体内で生成される改変されたスパイクタンパク質は、気道、唾液、糞便を介して放出され、曝露した人に毒性をもたらす可能性があります。しかし、そのような暴露は、ウイルス全体が存在しないので、感染には至りません。科学者の中には、生存しているウイルス粒子を含まないので、これを「ワクチンシェディング」と見なさない人もいますが、私たちの考えでは、これはシェディングの一形態、すなわち「COVID-19ワクチンによるスパイクタンパク質のシェディング」と見なすことができます。

さらに、今回の接種物には未公表の成分も含まれているため、スパイクタンパク質の他に、シェディングやトランスフェクションされる可能性のある物質が含まれているかどうかも不明です。

その証拠に、私たちは何を知っているのでしょうか?

shutterstock 1131956183

広く報告されている逸話的証拠に基づき、最近COVID-19を注射した人と接触した後、注射していない人に有害反応や症状が発生する関連性があるように思われます。これには、小児の異常な鼻血、女性の月経不順、授乳中の乳児の消化管出血、異常な皮膚発疹、COVID-19様症状などの報告が含まれます。

残念ながら、SARS-CoV-2スパイクタンパク質を含む注射が集団にシェディングされることを確認または否定する研究は行われておらず、人々や医療従事者からの逸話的証拠だけが、何が起こっているかを示す唯一の指針となっています。逸話的証拠だけでは、COVID-19ワクチンによるスパイクタンパク質のシェディングが起こるかどうかを明確に証明するには十分ではありませんが、証拠写真を伴うこうした報告が医療従事者や一般市民の間で、特にソーシャルメディアを通じて一般的に共有されているという事実は、それが正当な懸念事項であり、集中的な研究の対象になるに値するものであることを示しています。

ワクチンにはシェディングがあることが知られており、免疫不全者に感染を引き起こすなどの害があること、また現在、野生ポリオウイルスよりもcVDPVの方が多く発生していることから、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質を含む注射に関連して、この分野の研究が必要なことは明らかです。

Cell誌に掲載された査読付き論文 によると、モデルナやファイザーの注射をした人は、COVID-19の重症者よりも実際にスパイクタンパク質を多く作り出していたことが明らかになりました。

ファイザーはスパイクプロテインが鞘に収まることを認めたのですか?

「RNAベースのCOVID-19ワクチン」の研究プロトコルを詳述したファイザーの文書(プロトコルC4591001)を、ワクチンが漏出することの証明として指摘する者もいます。この文書の8.3項では、有害事象と重篤な有害事象の報告が扱われており、「試験介入」への曝露がそのような報告の根拠となる事例が示されています。

プロトコルの側面はこの特定の研究に特有のように見えますが、シェディングの証拠として指摘されている部分は、局所軟膏や摂取可能な錠剤を含む異なる介入に関するファイザーの過去の研究でも見られます。

しかし、2021年5月、ツイッター社は、ルイジ・ウォレン氏が、スパイクタンパク質は実際にシェディングされるが、おそらく病気を引き起こすほどではない、という科学者としての専門的な意見を表明したため、同社を停職処分にしました。ウォーレンはバイオテクノロジー企業Cellular Reprogrammingの社長兼CEOで、モデルナの共同創業者であるデリック・ロッシとmRNAワクチン技術について共同研究を行っていました。

スパイクタンパク質のシェディングを心配する必要があるのでしょうか?

shutterstock 1489866197

ワクチンによるスパイクタンパク質のシェディングについては、まだ科学的なコンセンサスが得られていません。しかし、注射後に体内で大量のスパイク・プロテインが生成されるメカニズムを裏付ける証拠は豊富にあり、また、COVID-19を注射された人に触れて副作用や症状(一部は新型コロナウイルス感染症と一致)に苦しむ人々の逸話的報告も増え続けています。

人がさらされるスパイクタンパク質の負荷(量)は、リスクの主要な決定要因であると思われ、より大きな曝露は、COVID-19を注射した人々が同じような時間に注射をしました、混雑し、換気の悪い環境と関連しています。このような状況は、特定の年齢層をターゲットにした注射やブースター・キャンペーンの後によく見られます。健康専門家の中には、菌のシェディングに関するかなりの不確実性があるため、社会的距離を置くことが賢明であると考える人もいます。注射後1週目から6週目までの間に、曝露が最も多くなる傾向があります。

また、COVID-19を注射した人は、感染した場合、注射していない人と 少なくとも同量(おそらくそれ以上)の生存ウイルスを シェディングすることが分かっており、注射していない人に旅行やアクセス制限や検査負担を課す当局をばかにしているようなものです。

また、スパイクタンパク質は、SARS-CoV-2の自然感染によるものであれ、COVID-19ワクチンの結果であれ、私たちの身体の様々な細胞や組織に害を与える可能性があることは明らかです。注射されるかどうか、あるいは注射した人と接触するかどうかは、利益を得る可能性と比較検討されなければなりません。これが、世界保健協議会 (WCH)が、選択とインフォームド・コンセントを強く提唱し、注射の義務化に強く反対する重要な理由です。

そこで、WCHでは、注射による害に対処している現場の医師や医療関係者と幅広く協議し、日常生活に取り入れやすいツールを盛り込んだ「スパイクプロテインデトックスガイド」を作成しました。

日本語訳
スパイクプロテインのデトックスガイド World Council for Health

また、WCHは、私たちの免疫システムを継続的に最適化することで、私たちの体に侵入してくる病原性のあるさまざまなウイルスやバクテリアに対応できるようにするとともに、免疫システム、特に自己免疫の合併症を発症するリスクを軽減することを推奨しています。

SARS-CoV-2の危機を脱した国がどんどん増えているのは、政府が支援するCOVID-19ワクチンキャンペーンではなく、自然に獲得した免疫と回復力のある免疫システム、それにSARS-CoV-2の突然変異 (例えばオミクロンなど)が関係しているという証拠が増え続けているのです。

自然免疫の重要性について、保健当局や主流派の医療機関が消極的であることを考えると、私たちはお互いに、そして周りの人々に対して、健康力を高め、自然免疫と回復力を最適化するためにできることをする義務があるのです。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました