PANDA,,PROPAGANDA IN FOCUSWEF/グレート・リセットパンデミック 総括プロパガンダ・全体主義メディア、ジャーナリズム暗号通貨・地域通貨

失敗か陰謀か?COVID-19を「構造的深層事象」として理解する

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

COCK-UP OR CONSPIRACY? UNDERSTANDING COVID-19 AS A ‘STRUCTURAL DEEP EVENT’

www.pandata.org/cock-up-or-conspiracy/#

2022年3月31日

「科学」についての議論が高まるにつれ、人々はCOVID-19の裏の意図、特に地球レベルのアクターに関して、もっと多くのことがあったのではないかと疑問を投げかけている。それは無能だったのか、それとも調整だったのか?


ピアーズ・ロビンソン博士

はじめに

COVID-19が大きな話題となってから2年が経った。今、我々は、世界中のすべての政府ではないが、多くの政府によって積極的に推進されてきた主要な政策対応(包括的なロックダウンと人口注入)のいくつかが崩れ去るのを目撃している兆候である。もちろん、綻びは一様ではなく、多くの国が高いレベルの規制を維持し、措置を復活させるための基盤も存続している。また、これまでのCOVID-19の対応に問題があったことを認めたがらない人も多い。しかし、ロックダウンの効果に対する疑念は今や広く知られるところとなり、一方でmRNA注射は安全ではないとの認識が高まっている。また、科学者や学者を含む非常に多くの人々が、ロックダウンが死亡率を下げ、大量注射が合理的で有効な解決策であるという権威や主流の主張とは相反する見解を示していることは、少なくとも明らかである。

「科学」をめぐる議論が高まるにつれ、特に世界経済フォーラム(WEF)世界保健機関(WHO)いわゆる「ビッグ・ファーマ」といったグローバルレベルの関係者に関して、COVID-19には裏の意図があるのではないか、と疑問を持つ人が増え始めている。COVID-19の初期には、そのような話はすぐに「陰謀論的」ナンセンスとして退けられ、大まかに言えば、COVID-19問題のいかなる側面についても、非主流派の疑念を呈する人々は「権威ある」声や企業メディアによる中傷にさらされることになったのである。このような力学は、「COVID-19」の起源に関する憶測に関しても顕著に表れていた。しかし、今日、いわゆる「ラボ・リーク説」は「逸脱の領域」から「正当な論争の領域」に移行し、主流の科学や企業メディアから人気のポッドキャストまで、多くの人々がそれを論じている。同時に、WEFとその政治的アジェンダ(おそらくより正確に言えばビジョン)に対する一般の認識も高まっている。実際、ある方面からは、昨日までの陰謀論が今日は事実であるという言葉が常に聞かれる。では、もしこれがウイルスの仕業でないとすれば、実際には何が起こっているのだろうか?

COVID-19と「構造的深層事象」概念

何よりもまず、政治的・経済的な意図とCOVID-19との交わりを理解しようとする試みは、必ずしもばかばかしいとか、とんでもない陰謀論のにおいがするといった考えを払拭する必要がある。政治と経済の強力なアクターが、やみくもに不合理に歴史の中でつまずくのではなく、むしろ戦略を立て、計画し、結果を出すために行動を起こしていることは事実である。彼らは間違いを犯すかもしれないし、計画が常に成功するとは限らない。しかし、それは彼らが努力しないわけではなく、時にはその目的と目標に成功することもあるのだ。例えば、タバコ産業は、自社製品に関する科学的・政治的な言説を形成し、その危険性に対する人々の認識を遅らせるために、長い間懸命に努力し、一定の成功を収めた。

第二に、強力なアクターが自らの利益を明確に認識し、それを実現し、保護し、促進しようとする欲求に導かれていることもまた事実である。こうした利害がどこから来るかといえば、物質的あるいはイデオロギー的な影響に還元されるかもしれない。しかし、出自は問題ではなく、強力なアクターは依然として自分たちの利益と自分たちのやりたいことについての概念を持っているのである。

第三に、強力な政治的・経済的アクターは、強力であるということも事実である。彼らは、他の力の弱い主体にはない資源と技術を自由に使うことができる。利用できる強力な手段の一つがプロパガンダであり、これを広める技術と資源を持つ者に大きな影響力とレバレッジを付与する。自分たちの世界に安住しているリベラル派にとって、権力者は自分たちの政治的、経済的、社会的目標を知識のある大衆に中継し、大衆はその目標に同意するか、あるいは拒否するかするだけだと考えている。しかし、自由民主国家においてプロパガンダが広範に行われているという事実は衝撃的であった。実際、筆者の経験では、多くの「リベラルな」学者は、タバコ産業が喫煙の害に関する科学を形成した例や、イラク侵攻を正当化するために使われた大量破壊兵器(WMD)に関するインチキ主張など、よく知られた例でさえプロパガンダの役割を認識しようと苦労している。いわゆる自由民主主義国家において、プロパガンダが権力行使の主要な要素であることを認識することは、論理的に、a)強力な主体が大衆を操作できない、あるいはしない、b)市民は十分に自律的で知識があり、同意を与えたり差し止めたりできるという前提を正当化するものを排除することになる。

歴史には、権力を持つ主体が目標をうまく追求し、その過程で国民を操作した例が数多く存在する。9.11の後、英米の当局者が、「イスラム原理主義者のテロ」との戦いという公式シナリオの範囲を大きく逸脱した一連の行動、いわゆる「政権交代」戦争を計画していたことがわかった。あるイギリス大使館の公電は、9月11日の4日後に、「ワシントンの『政権交代派』は、(国際テロに対する)一つの目的のために結成された連合が、地域の他の問題を解決するために使われるかもしれないと主張している」と述べている。英国のトニー・ブレア首相は、数週間のうちに米国のジョージ・W・ブッシュ大統領と連絡を取り、「サダム打倒が第一の目的なら、シリアとイランを一度に叩くより、賛成したり黙認したりしながら行う方がはるかに簡単だ」などと述べた。この二人の西側指導者が地政学的なレベルで共謀しているとき、下っ端の「スピン・ドクター」であるジョー・ムーアは、日々の「メディア管理」の観点から9・11の効用についてコメントし、「悪いニュースを葬るには良い日」だと指摘した。ジョー・ムーアは辞任に追い込まれ、ブッシュとブレアは 2003年のイラク侵攻と最近終了した20年間のアフガニスタン占領を含む、国際システムにおける20年以上にわたる紛争の線路を敷いたのである。

ピーター・デール・スコット教授(カリフォルニア大学バークレー校)は、「構造的深層事象」という考えを展開した。これは、強力なアクターが、実質的かつ長期的な社会の変革を可能にするような形で、しばしば事象を扇動、利用、増長させる働きをするという考えをとらえる上で有用である。スコットによれば、こうした出来事にはしばしば合法的な活動と違法な活動の組み合わせが含まれ、合法的で公に面した政治構造だけでなく、政府の秘密裏の部分、いわゆるディープステートが関与する。ディープステートは、「公、憲法で定められた国家、政府の外の富、権力、暴力といったその背後にある深い力」の間のインターフェースとして理解されている。例えば、スコットは、JFK暗殺が冷戦の維持を可能にする出来事となった一方で、9.11は同様に世界的な「テロとの戦い」を可能にする出来事であり、これらの出来事には、主流や公式の説明では通常認識されない様々なアクターが関わっていると論じている。スコット氏は、自分のアプローチは必ずしも単純化された大陰謀を意味するものではなく、むしろ、ある時点では利害が一致し、自分たちの目的を追求するために出来事を利用する、強力で影響力のあるグループの不透明なネットワークという考えに基づいていると主張していることに注目することが重要であろう。

COVID-19に適用される「構造的な深い出来事」という読み方は、利害が重なり合い、アジェンダを推進するために働き、COVID-19のおかげでそうすることが可能になった行為者の群れを指し示すことになる。このような読み方は、COVID-19が扇動された出来事であるという可能性を必ずしも含むとも排除するものでもない。構造的深層事象」という読み方を真剣に検討する根拠は何か。

失敗したCOVID-19の対応、注射の非力さ、プロパガンダ

COVID-19に対する主要な対応、すなわちロックダウン、布のマスク着用、大量注入には欠陥があったという強い、おそらく圧倒的な言い分がある。科学者や医療専門家の多くは、ロックダウンは有害で効果がないこと、集団注射は益となるよりも害となる可能性があることを、政府や住民にはっきりと繰り返し警告しているのである。平たく言えば、呼吸器系ウイルスに反応して(健康な)集団全体を長期間隔離し、さらに実験的なmRNA注射を集団全体に繰り返し打とうという考えは、科学的に確かなものではないように思われるのだ。

また、ロックダウンとその後の注射への支持を集めるために、驚くべき広範な宣伝活動が行われたことも明らかになっている。例えば、西側諸国の政府の多くには、思考や行動を形成するための行動心理学ユニットが政府の最高レベルについていることが理解されている。Iain Davisによると 2020年2月にWHOは「健康のための行動的洞察と科学に関する技術諮問グループ(TAG)」を設立していた。「このグループはCass Sunstein教授が議長を務め、メンバーは世界銀行、世界経済フォーラム、ビル&メリンダゲイツ財団の行動変化の専門家たちである」。英国のSusan Michie教授もTAGの参加者である』。英国では、SPI-B(Scientific Pandemic Influenza Group on Behaviour)の行動科学者が2020年2月13日に再集合し、その後、英国政府に対して、非薬品介入(NPI)のコンプライアンスを確保する方法について助言した。大まかに言えば、これらのプロパガンダ技術は、ロックダウンを遵守させ、最終的には一連の注射を受け入れるよう集団に強制するために、知覚された脅威を最大化することを含んでいたようである。

2020年秋、アンソニー・ファウチと国立衛生研究所所長フランシス・コリンズは、グレートバリントン宣言を速やかに閉鎖する必要性について議論した。Collinsは電子メールで、この「3人のフリンジ疫学者の提案は・・・多くの注目を集めているようだ・・・その前提を迅速かつ破壊的に公表して打ち消す必要がある」と書いている。文明的で堅実な科学的議論というより、中傷キャンペーンが続いた。

従来の企業メディア、ソーシャルメディア・プラットフォーム、学界の大部分は、このプロパガンダを広め、COVID-19に関する公式見解を促進する上で重要な役割を果たしたようである。所有権の集中、広告収入への依存、エリート筋への肩入れ、中傷キャンペーンへの脆弱性、イデオロギー的位置づけなど、すべてがレガシー・メディアの自律性を著しく制限していると理解されている(これらの要因は間違いなく学界も形成している)。COVID-19では、こうした力学は、たとえば、イギリスの放送局に対するOfcomの指示のような直接的な規制の影響や、当局やWHOの意見から逸脱した見解に対する「ビッグ・テック」による検閲によって悪化している。Trusted News Initiative(TNI)とCoalition for Content Provenance and Authenticity(C2PA)は、彼らが主張する「誤報」に対抗するために主要なレガシーメディアを調整しており、これは「公式」な物語を持ち上げる一方で、正当な科学批判を抑制する役割を担っているように思われる。現在、いわゆる「誤報」や「偽情報」を防止することを目的とした法律により、エリートによるメディアの言論統制をさらに強化する動きが進行中である。

社会的封鎖や強制的な大量注射といった極端で間違いなく欠陥のある政策対応と、住民のコンプライアンスを確保することを目的とした広範なプロパガンダ活動が組み合わさると、いくつかの点で説明可能かもしれない。たとえば、次のようなことだ。

  1. 失敗テーゼ(cock-up thesis)を持ち出して、このすべてを、善意ある、あるいはイデオロギーに駆られた行為者が物事をひどく誤り、その間に互いに模倣したことによる不合理なパニック反応として説明することができるかもしれない。
  2. こうした政策対応は、狭い意味での既得権益と腐敗の結果であると言えるかもしれない。
  3. 強力なアクターは、COVID-19を利用して実質的な政治的・経済的アジェンダを推進しようとし、その一環としてCOVID-19イベントの主要な側面の推進を支援したのかもしれない。

季節性呼吸器ウイルスの封じ込めを目的とした2年間の大規模な社会的混乱と、実質的な科学的挑戦にもかかわらずCOVID-19のシナリオのいくつかの側面が維持されていることから、失策や無能というよりも、政策の背後に汚職や協調的政治・経済の推進力があるのではないかと思いたくなる。推測を越えて、説明2と3を真に受ける確立された根拠があるのだろうか。

医療機関の操作と搾取。NIHとCDCにおける規制の掌握、世界保健機関(WHO)とパンデミック対策アジェンダ

既得権益と腐敗の証拠は、特に米国の規制機関やWHOの行動の分析から得られている。特に、米国大統領首席医務官であるファウチの影響下にある米国国立衛生研究所(NIH)と疾病対策予防センター(CDC)という主要機関が、深刻な利益相反に悩まされていることを示す証拠が現れてきたのである。このような状況を説明するために、「レギュラトリー・キャプチャー」(規制の虜)という言葉がよく使われる。

例えば、ロバート・F・ケネディ・ジュニアの『The Real Anthony Fauci』では、米国主導のCOVID-19への対応について詳細に分析し、いわゆる「ビッグ・ファーマ」とアンソニー・ファウチの腐敗した関係を文書化し、あらゆる意味で、製薬会社と公務員が相互に利益を得る取り決めを行う「規制の虜」が存在することを論じている。この相互浸透が、COVID-19の対応、特に「ワクチンだけ」の解決策への取り組み、イベルメクチンやヒドロキシクロロキン(HCQ)といった予防的治療の抑制を支えているとケネディ氏は理解しているのである。 例えば、KennedyはTess Lawrie博士とWHOの研究者アンドリュー・ヒルのケースを紹介し、Hillはイベルメクチンの有効性を裏付ける結果の発表を遅らせるよう圧力があったことを認めたようである、と述べている。 ヒドロキシクロロキンについては、ケネディが書いている。

2020年までに、ビル・ゲイツはWHOを支配し、 ヒドロキシクロロキンの信用を落とすためにWHOを利用した。

6月17日、ゲイツ氏が米国に次ぐ最大の資金提供者であり、ゲイツ氏とファウチ博士が強い支配力を持つWHOは、世界中の何百もの病院での ヒドロキシクロロキン臨床試験を停止するよう要求した。WHOのTedros Adhanom Ghebreyesus長官は、各国に ヒドロキシクロロキンとクロロキンの使用を中止するように命じた。ポルトガル、フランス、イタリア、ベルギーは、COVID-19の治療に ヒドロキシクロロキンを使用することを禁止した。

より広い意味では、WHOはCOVID-19の政策対応の一部を調整するという意味で重要であった。 WHOは本来独立した組織であるが、Gavi(グローバル・ワクチン・アライアンス)やCEPI(Coalition for Epidemic Preparedness Innovations)といった企業の影響を受けた組織の増加や、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じた民間資金調達により、ますます企業の影響下に置かれるようになってきている。また、WHOは現在、加盟国政府との間で、WHOが将来パンデミックを宣言したときに、国家を超えた迅速な対応を可能にするために、この組織に前例のない権限を与える条約を交渉中であり、このように中央集権化し国家主権を上書きする可能性もある。

このような分析から、我々が今日まで経験してきた有害な封鎖と大規模なプロパガンダに支えられた注射戦略は、政治家や官僚による善意のエラーと言うよりは、むしろ汚職、利益相反、既得権益の結果であるという結論に至るかもしれない。

世界経済フォーラムと「グレート・リセット」(Great Reset)

世界経済フォーラム(WEF)は、一部のアナリストによってCOVID-19のイベントと関連付けられており 2020年には創設者のクラウス・シュワブがCOVID-19と題した共著を出版している。グレート・リセット』を出版した。シュワブは、「パンデミックは、我々の世界を振り返り、再構築し、リセットするための、稀だが狭い機会の窓を表している」と宣言している。WEFが推進する政治経済ビジョンの重要な要素の一つは、サービスの提供に関して政府、企業、市民社会のアクターを統合する「ステークホルダー資本主義」(Global Public-Private Partnerships, GPPP)である。もう一つの重要な要素は、「第四次産業革命の革新」、特に人工知能、コンピューティング、ロボット工学の発展を活用し、社会をデジタル化モデルへと抜本的に変革することだ。このようなビジョンに関連するスローガンとして、「何も持たずに幸せになる」、「スマートシティ」、「ビルドバック・ベター」などがよく挙げられる。

また、WEFが組織化された勢力として、かなりの影響力を持っていることも明らかである。WEFは、ヤング・グローバル・リーダーズ・プログラムやその前身であるグローバル・リーダーズ・フォー・トゥモローを通じて、個人の訓練や教育に携わっており、彼らはその後、大きな力を持つ地位に就いている。また、多くの国のリーダー(メルケル、マクロン、トルドー、アーダーン、プーチン、クルツなど)がWEFヤング・グローバル・リーダーズ・フォーラムの卒業生またはメンバーであり、「顕著な役割を果たし、典型的にはゼロ・コビッド戦略、ロックダウン、マスク・義務化、『ワクチン・パスポート』などを推進した」と指摘されている。2017,シュワブはこう嘯いた。

メルケル夫人、ウラジーミル・プーチンなどまで我々の名前を挙げると、彼らは皆、世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーズになっているのである。しかし、今とても誇りに思っているのは、トルドー首相やアルゼンチン大統領など、若い世代の人たちである。であるから、我々は内閣に浸透している。昨日、私はトルドー首相のレセプションに出席したが、この内閣の半分、あるいはそれ以上の半分が、実は世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーであることを知った。

WEFのヤング・グローバル・リーダーズ・フォーラムの企業メンバーにはマーク・ザッカーバーグがおり、「明日のグローバル・リーダー」にはビル・ゲイツやジェフ・ベゾスなどがいる。

金融危機、中央銀行、中央銀行デジタル通貨(CBDC)

2019年秋のレポ市場における大規模な危機は 2008年の銀行危機を上回る規模の差し迫った金融危機を解決することを目的としたハイレベルな計画によって引き起こされたことが立証されている。 一部のアナリストによると、その対応の一つとして、中央銀行を通じた通貨管理の推進が強化されたようである。中央銀行デジタル通貨(CBDC)である。国際決済銀行(BIS)のアグスティン・カーステンス総支配人は2020年10月に次のように述べている。

我々は現金との同等性を確立するつもりだが、そこには大きな違いがある。例えば、現金の場合、誰が今日100ドル札を使っているのかわからない。CBDCとの重要な違いは、中央銀行がその中央銀行責任の表現の使用を決定する規則や規制を絶対的に管理し、またそれを実施する技術を持つことだ。

プログラム可能なCBDCは、当局が個人の「デジタル財布」を通じて自動的に税金を差し引くことを可能にするだけでなく、個人がいつ、どのようにお金を使うかを完全にコントロールできるようになる可能性がある。一部のアナリストによれば、この開発により、国レベルの金融政策に対する重要な統制も事実上排除されることになる。

プログラマブル CBDC に関連する技術は、4IR やデジタル化された社会に関する概念に関連するものと重なる。特に、デジタル・アイデンティティは、意図された CBDC の潜在的な構成要素であり、個人の生活のあらゆる側面に関連する情報が政府、企業、およびセキュリティ・サービスのような他の強力なエンティティに利用可能となるデジタル・グリッドを作成するための基盤を提供するものである。また、デジタルIDとCOVID-19対応の一環である「ワクチンパスポート」の作成推進との関係も注目される。マイクロソフトとロックフェラー財団は、Gaviと並んでID2020の中心的なプレーヤーである。その目的は、健康状態やワクチン接種の有無と統合されたグローバルレベルのデジタルIDフレームワークであると思われる。

これらの政治経済現象はいずれも,COVID-19が主要な政治的・経済的アジェンダを推進するために利用された出来事である可能性を強調するという意味で,「構造的深層事象」(スコット)のテーゼにより近い結論へと導くものであった。この仮説は、少なくとも部分的には、汚職と狭い範囲の既得権益で今回の事態の大半が説明できるという考えとは異なるものである。

民主主義への脅威とその意味するところの理解

WEF、デジタルID、中央銀行に関して確認された政治的・経済的プロセスは、推測や理論的なものではなく、直接観察可能であり、現在も進行中である。また、これらのアジェンダと民主主義への脅威との潜在的な相互作用を明記しておく価値がある。移動の制限、抗議の権利、働く自由、社会参加の自由など、住民の自治を制限する強制的かつ攻撃的な試みがますます増えていることは、今や明らかであり、経験的に実証されていることだ。最も顕著なのは、かなりの数の人々が、社会参加を継続するために、定期的に注射を打つよう強制され、時にはそれを要求されていることだ。こうした動きには、注射に抵抗する人々に対する主要な政治指導者の、時には攻撃的で差別的な声明が伴っている。市民の自由と「従来通りの民主主義」に対する脅威は、間違いなく前代未聞のものである。経済的な影響は悲惨で、COVID-19では、最貧困層から超富裕層への劇的かつ継続的な富の移動が見られた(例:Oxfam, 2021)。

さらに、プログラム可能なCBDC、サービスや実世界空間へのアクセスを決定する「ワクチン・パスポート」、企業や政府がすべてのオンライン行動を利用可能にすることを組み合わせると、個人の生活、活動、機会をほぼ完全にコントロールするシステムを実現することができる。このような管理システムは、中国で現在特定の地方で実施されている社会信用システムで見ることができる。デジタルIDによって個人データと貨幣を統合すれば、個人の資産を容易に剥奪することも可能になる。

もちろん、(その有効性を否定する証拠が増えているにもかかわらず)ロックダウンと大量射出が持続しているのは、政府の不手際によるものであり、政治・経済プロジェクトと市民の自由が急速に縮小しているのは偶然の一致である可能性もある。

しかし、WHOやWEFのような組織が、主要多国籍企業、政府間組織(IGO)大規模民間財団、その他の非政府組織(NGO)からなる、選挙によらない極めて強力な政治経済団体の広いネットワーク(星座)の中に存在しているという事実を脇に置くのは不注意であろう。これには、順不同だが、国際決済銀行(BIS)をはじめとする中央銀行、資産運用会社のブラックロックやバンガード、外交問題評議会(CFR)ローマクラブ、ロックフェラー財団、ケロッグ財団、チャタムハウス、三極委員会、大西洋評議会、オープン・ソサエティ財団、ビル&メリンダ・ゲイツ財団などの世界レベルの団体、いわゆる「ビッグファーマ」やApple、Google(Alphabet Inc傘下)Amazon、Microsoftといった「ビッグテック」などの大企業が含まれる。そしてもちろん、政府自身もこの星座の一部であり、最も力のある米国、中国、インドが大きな影響力を持っている。さらに、欧州連合(EU)の超国家機関は、ウルスラ・フォン・デア・ライエン大統領を通じて、EUデジタルCOVID証明書を推進し、EU市民全員に注入するよう要求している。

このように、複数の政治的・経済的アクターが利害を一致させることで、政治的・経済的アジェンダを推進することができたと考えることができる。このシナリオでは、COVID-19は、強力なプレーヤーによって利用された動員イベントであった可能性が高い。また、現在のウクライナ戦争も、同様の方法で宣伝され、利用される出来事であるのかもしれない。

実際、最近の出版物では、まさにこのような広範なテーゼが展開されている。Kees van der Pijlは、『States of Emergency』のなかで、「生政治的な権力掌握」が起こっていると論じている。そこでは、情報・IT・メディアの複合体が、世界中で高まる不安と進歩的社会運動の強化を鎮めようとする新しい階級ブロックとして結晶化したのである。COVID-19を隠れ蓑に、ウイルスに対する人々の恐怖心を冷酷に利用し、ファン・デル・パイルは、この新しい階級集団が、強制注射やデジタルID、検閲、公共領域の操作を必要とするハイテク、デジタル化社会を通じて、いかに支配を強要しようとしているかを追跡している。つまり、ファン・デル・パイルは、権力の大規模な集中を伴う完全なモニタリング社会と民主主義の終焉を描いているのである。Iain Davisの『Pseudopandemic』も同様に、COVID-19の出来事を、彼がエリート「寄生虫階級」と表現する人々の利益に主に奉仕するように見える、グローバルな官民パートナーシップ(GPPP)と「ステークホルダー資本主義」を中心に構築されたテクノクラート秩序の継続的出現を可能にした、主としてプロパガンダとして機能する現象であると提唱している。ロバート・F・ケネディの『The Real Anthony Fauci』は、公衆衛生機関や「ビッグ・ファーマ」に関する腐敗を記録することに重点を置いているが、我々の民主主義に対するその結果については明確である。この本の序盤で彼は、ファウチが「世界中で公衆衛生を損ない、民主主義と憲法上の統治を破壊し、我々の市民統治を医療全体主義に移行させる上で中心的役割を果たしてきた」と指摘している。本書の後半でケネディは、軍事、医療、情報プランナーの相互関係を論じ、「民主的ガバナンスの解体を調整する根本的なアジェンダ」についての疑問を投げかけている。

9.11以降、バイオセキュリティーカルテルが台頭し、グローバルな緊急事態を管理する企業、政治、軍のテクノクラートの間で、同じような反応を振りまくためのシグナル・メカニズムとしてシミュレーションを採用した。シナリオ・プランニングは、複数の権力中枢が、世界中の民主主義社会に強制的な統制を同時に課すための複雑な戦略を調整するために不可欠な装置となったのである。

このほかにも、コーリー・モーニングスター、ポール・シュレイヤー、ホイットニー・ウェッブなどによる重要な分析があり、いずれも同様の路線で展開されている。忘れてはならないのは、ジェームズ・コーベットが2020年3月に、バイオセキュリティ国家の差し迫った危険性を最初に警告した一人であることだ。また、パトリック・ウッドなどは、COVID-19が登場するずっと前から、こうした動きについて警告を発していた。 このほか、トランスヒューマニズム、テクノロジーやデジタル化社会による延命や「強化」、WEFの成果物や主要人物の公開討論に見られるように、テクノロジーと進歩に関する一連の信念は、過去300年の啓蒙思想に遡ることができるようである。テクノロジーと人間とは何かをめぐる哲学的な論争は、おそらく深く埋もれてしまってはいるものの、啓蒙主義的な「プロジェクト」の中心にあり続けている。これと関連して、西洋の宗教的カルトとしての科学主義が挙げられるかもしれない。

我々が目撃している複雑な政治的・経済的プロセスにラベルを付ける試みには、「グローバル・ファシズム」「グローバル・コミュニズム」「ネオ封建主義」「ネオ農奴制」「全体主義」「技術主義」「集中化対補完性」「ステークホルダー資本主義」「グローバル官民パートナーシップ」「企業権威主義」「権威主義」「専制」「グローバル資本主義」といった記述用語が含まれている。COVID-19注射に使用されているmRNA技術の一部を発明したロバート・マローン博士は、グローバルな全体主義の脅威について公然と言及している。

人類が直面する課題

政治、メディア、学界の企業や主流派の立場にある人々にとって、「陰謀論者」のレッテルを貼られることへの恐怖は、通常、強力で影響力のある政治・経済主体が政治・経済の課題を推進するためにCOVID-19に対する反応をどのように形成しているかを真剣に評価する気力を失わせるに十分なものである。しかし、このような恥ずかしがり屋、いや、臆病者のままでは、今や利害関係があまりにも大きくなりすぎている。この論文にあるように、「構造的な深い出来事」というテーゼに沿った分析を真剣に受け止めるべき強力かつ確立された根拠があり、我々の市民的自由、自由、民主主義に対する明確かつ現在の危険が存在するのである。

すでに始まった作業を土台にして、研究者はCOVID-19の反応を形成し、さまざまな政治的・経済的アジェンダを推進しようとしたネットワークと権力構造をより完全に探究しなければならない。プロパガンダや、COVID-19を可能にする出来事としての利用など、用いられた技術をより完全に分析することは、今や研究者にとって不可欠な課題である。同様に重要なのは、民主主義と倫理の研究者が、自由と市民権に関してこうした展開が持つ意味をさらに解明することだ。こうした作業は、結局のところ、何が起きているのかについての理解を深めるだけでなく、一部の人々によって「グローバルな全体主義」あるいは「ファシズム」と呼ばれているものに反対しようとする人々に指針を与えることができるのである。

もちろん、このような研究課題が最終的に「構造的深層事象」というテーゼの反証につながり、過去2年間に目撃されたすべてが全くの大失敗であったことが確認されるということもあり得るだろう。しかし、もしそうでなく、我々全員が「深層心理は存在しない」と思い込んで、頭を砂に埋めたとしたら、我々自身と将来の世代を失望させることになる。たとえそれが、我々全員が経験していることを失態や無能に還元する以上の説明を問うことを意味するとしても、不快な可能性に真剣に取り組むことがこれほどまでに重要だったことはない。

巻末資料

1. David Bell、Isa Blumi、Heike Brunner、Jonathan Engler、Nick Hudsonのコメントと意見に感謝する。

2. Sheldon Wattsは、科学が他の目的のために書き換えられることが多いという歴史的背景を説明している。コレラの場合、19世紀末のランセット誌の主編集者は、インドからの英国船の検疫という大英帝国の経済モデルを損なう貿易上の利害を調整するために、それ以前の10年間の自らの発見と実際に矛盾することを行った。人間の伝染病から、東洋の黒人の病気に変身したのである。ワッツ、シェルドン “From rapid change to stasis: Watts, Sheldon. “From rapid change to stasis: Official responses to cholera in British-ruled India and Egypt: 1860 to c. 1921.”. Journal of World History (2001): 321-374. この文献を紹介してくれたIsa Blumiに感謝する。

ピアーズ・ロビンソン博士

ピアーズ・ロビンソン博士は、プロパガンダ研究機構の共同ディレクターであり、シェフィールド大学政治・社会・政治ジャーナリズム学科主任/教授(2016-2019)国際政治学上級講師(マンチェスター大学2010-2016)政治コミュニケーション学科講師(リバプール大学1999-2005)であった。プロパガンダ、メディア、国際政治、紛争に関する研究・執筆を行う。

会社概要

PANDAは、コビッドに対する世界の反応が過剰であり、社会の構造に大きな裂け目を生じさせるほどのダメージを与えると認識した、様々な分野の専門家が集まり 2020年4月にPANDA(Pandemics Data & Analytics)を設立した。政治的、経済的に独立した組織として、PANDAは科学的根拠に基づく説明を開発し、国際的なデータと照らし合わせて検証することを目指している。PANDAは、開かれた科学と合理的な議論を支持し、欠陥のある科学を良い科学に置き換え、ディストピア的な「ニューノーマル」の束縛から自由と繁栄を取り戻すために活動している。

PANDA Pandemics ~ Data & Analytics は、COVID-19への対応に伴う人的コストを世界規模で計算できるような説明を検討し、政策に反映させることを目指す学際的なグループである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました